ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 6, 2017

ヨハン・アシャートンの『ゴッズ・クラウン』  Johan Asherton’s “God’s Clown”

(English follows)

ワオ! ポップ・ザ・バルーン・レコーズからアルバム『ゴッズ・クラウン』がボートラ付きで再発中になっているわ(オリジナルは1988年4月リリース)! これはフランスのシンガー=ソングライターのヨハン・アシャートンによる本物の傑作なのよ!

日本におけるヨハン・アシャートンのナンバー1ファンを自任する河添剛さんの言葉。「驚くほど美しいデビュー作だよ。のみならず、極めて高い歴史的価値を有する。彼は喪失を、悲劇を、宝石のような夢想を、音楽にとって最も困難な時期に英語で歌った。しかも、あの深いみずみずしい声で! 以来彼はフランスで最も重要なシンガー=ソングライターのままなんだ。レナード・コーエン、マーク・ボラン、シド・バレット、ケヴィン・エアーズ、ルー・リード、ニッキ・サドゥンの偉大な隊列の中に、彼はずっと属している」

そして、ステキ! ヨハン・アシャートン本人から私たちにメッセージが届いたわ! ありがとう、ヨハン!

「ほとんどきっかり30年前、僕はスタジオに行って最初のソロ・アルバム『ゴッズ・クラウン』のレコーディングに着手した。親友で、エンジニアで、プロデューサーのパトリック・シュヴァロと、パーカッショニストのJ・C・“ジェシー”ポリゴとともに、数週間。そして、1987年末まで僕はこれを出してくれるレコード会社を探していた。ムジディスクがOKしてくれ、アルバムは1988年4月にリリースされた。アルバムは当初はヴォーカルとアコースティック・ギター中心でいく予定だった(たとえばジョニー・サンダースの『ハート・ミー』のような感じで)けど、パトリックがそこかしこにオーヴァーダブを施すことを提案し、しかも彼はうまくやってくれた。懐古するに、このアルバムは僕が長年にわたって聴いてきたいくつかの古いロック・アルバムに多くを負っているのだという気がする。ティラザウルス・レックスの『ア・ビアード・オブ・スターズ』とか、T・レックスが自分の名を冠したファースト・アルバムとか、シド・バレットの『マッドキャップ・ラーフス』とか、ケヴィン・エアーズの『バナナムール』とか、他の数枚といったような、偉大な歴史的達成に。そして、もうひとり、こっちはもっと現代的だが当時の僕にとって重要なアーティストとして、ニッキ・サドゥンがいた。彼のアルバムは、ジャコバイツのものもそうでないものもだが、僕に深甚な影響をもたらしていた。『ゴッズ・クラウン』は好評だった。僕はプロモーションのためにツアーに出た。たいていはソロで、そして時々ジェシーと。1989年から91年の間は新しいバンドと一緒にツアーをし、新しくレコーディングも始めて忙しくしていたんだけど、『ゴッズ・クラウン』の方は急速に忘れられてしまって、いつしかマニア向けのコレクターズ・アイテムになってしまった。
1990年代の後半、僕は熱狂的な美術評論家でロックンロールのエキスパートでもある河添剛という日本人から連絡をもらった。彼は『ゴッズ・クラウン』をひどく称賛していて、僕の音楽を日本で発表するお手伝いをしたいと言ってくれた。彼の努力は実り、何枚かの僕のCDが2000年から2002年の間に日本でもリリースされた(しかも、彼自身による素晴らしいジャケットと彼が書いたライナーノーツ付きで)。そのうちの1枚が『Diary of a Perfumed Clown - The legendary "God's Clown" recording sessions』だった。つまり『ゴッズ・クラウン』のラフ、デモ、アウトテイクスを集めたアルバム。これはオリジナルの『ゴッズ・クラウン』を再発見するきっかけになった。音源をリマスターしたり、超クールなポップ・ザ・バルーン・レーベルからそれを美しいデジパック仕様で出すまでに15年もかかってしまったけど。新しい『ゴッズ・クラウン』にはボーナス・トラックも収録されているよ。そのうちのひとつがマーク・ボランの「ザ・ヴィジット」のカヴァーで、1987年にあるEP用にレコーディングしたものなんだ」

私が最後に言えることはただ、このアルバムは必聴だということ。おススメよ!


Wow! Remastered and expanded edition of “God’s Clown”, originally released in April 1988, is now on sale from Pop the Balloon Records! The album is a real masterpiece by French singer-songwriter Johan Asherton!

According to Tsuyoshi Kawasoe, who is the number 1 fan of Johan Asherton, “Amazingly beautiful first solo album. Not only that, but also it has quite historic values. Johan sang songs in English about loss, tragedies, and dreams like jewels, in such a different period for music. Also, with such deep and young voice! Since then, he has remained the most important French singer-songwriter. He still belongs to the great file of Leonard Cohen, Marc Bolan, Syd Barrett, Kevin Ayers, Lou Reed and Nikki Sudden”.

And, BEAUTIFUL! Johan Asherton kindly gave his words for our blog readers! Merci beaucoup, Johan!

Thirty years ago, almost to the day, I went into the studio to start recording my first solo album, "God's Clown". I worked for a few weeks together with my good friends, engineer/producer Patrick Chevalot and percussionist J.C. "Jessie" Poligot, and by late 1987 I was looking for a record-deal. Musidisc picked it up and the album was released in April 1988. Although the album was at first intended to be purely vocals/acoustic guitar (something a la Johnny Thunders' "Hurt Me" for instance), Patrick suggested some overdubs here and there, and he did well. In retrospect, I think this album owes a lot to some of the classics I'd been listening to over the years, milestones such as "A Beard of Stars" by Tyrannosaurus Rex, the first (and eponymous) T. Rex album, Syd Barrett's "The Madcap Laughs", Kevin Ayers' "Bananamour", and a few others. Another more contemporary, important artist for me at the time, was Nikki Sudden, whose albums -with or without the Jacobites- were very influential. The album got positive reviews, and I went on the road to promote it, mostly solo, and sometimes with Jessie. Between 1989/1991, I was touring with a new band, busy recording other things, while "God's Clown" quietly disappeared to become something of a minor collector's item.
In the late 1990's, I was contacted by an enthusiastic young art critic and rock'n'roll expert from Japan, Tsuyoshi Kawasoé, who sent me much praise for the album, offering to help me release some of my music in his country. Tsuyoshi succeeded in his endeavour, and several CDs (fantastically designed and annotated by himself) came out in Japan between 2000 and 2002. One of these was called "Diary of a Perfumed Clown - The legendary "God's Clown" recording sessions", a mix-match of works-in-progress, outtakes and demos. This contributed in reviving some interest in the original "God's Clown" album, although it would take some fifteen years to finally see it re-released in remastered form and in glorious Digipack format on the ultra cool Pop The Balloon label, with accompanying additional tracks - one of which being Marc Bolan's "The Visit", originally recorded for an EP back in 1987.
Johan Asherton, Paris, April 2017.

What I can say lastly is just that the album is HIGHLY RECOMMENDED. Listen, guys!

No comments: