ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jan 24, 2016

デレク・W・ジェームスが選んだ2015年のベスト・アルバム10枚  Derek W. James’ Top 10 Albums of 2015

(English follows)
ハロー! みんな、デレク・W・ジェームスのことはよく知っているわよね? デレクはエントランス・バンドの天才ドラマーで、クリストファー・オウエンスのバンドでもドラムをプレイしているし、DJとしても活躍中よね。昨年11月に東京で林拓と共演したことも記憶に新しいわ(あれは本当に本当に素晴らしいライヴ・パフォーマンスだった!)。誰もがデレクのことが大好き!

そんなデレクが私たちのために2015年のベスト・アルバムを10枚リストアップしてくれたの。以下の通り。すごく興味深いリストなの。ありがとう、デレク! またすぐに日本に来てね!

* * * * *

やあ! 僕のトップ10リストがこれだよ。

10位 Sam Prekop "The Republic" (Thrill Jockey)
モデュラー・シンセサイザーによる、美しい、問答無用のレコード。彼の他のアルバムとはかなり違う内容だけど、シー・アンド・ケイクあるいは彼のそれ以前の2枚のソロなんかも含めたサムの音楽のファンなら、真剣でカラフルなアンビエント・ミュージックとしての同一性をそこになお見出すことはできると思うよ。

9位 Dream Boys "Happy to Forget" (self released) 
悲しいかな、ドリーム・ボーイズのセカンドは通常のかたちではリリースされなかった。カセット・リリースのみ。僕は別に構わないけどね。ただ、大半の人がドリーム・ボーイズの音楽がどんなにすごいかを知らずにいるのは残念なことだと思う。ドリーミーで渋いギター・ポップの出来。ゴー=ビトゥイーンズ、クライアンテル、ライドなどを同時に想起させる音楽だ。

8位 Jeff Cowell "Lucky Strikes and Liquid Gold" (Numero Group)
ミシガン出身のジェフ・コーウェルによる、1975年のロスト・アルバム。すごい音が満載だよ。彼はちょっとキャット・スティーヴンス的な味わいでフォーキーなポップを展開していると同時に、中西部の労働者、カントリー風の味わいを持っている。「ミッド=ファイ」と呼んでおきたい音楽。というのも、本格的なスタジオ機材を駆使してのクリアーなプロデュースなんだけど、ホーム・レコーディングがたいていそうであるようなストレンジでどんよりした個性も同時にあるんだ。酒とひどいクスリにまみれていたからか、彼の音楽はぼろぼろの心痛や大っぴらにできないたわごとだらけだよ。

7位 Jim O'Rourke "Simple Songs" (Drag City)
ジム・オルークの音楽はどれも知的でちゃんとしているけど、バンドとのスタジオ作業を介したこの作品には他に抜きん出た超集約的偉大さがあるよ。オルークの音楽にとってごく自然な発展である一方、僕にはヴァン・ダイク・パークスの『ソング・サイクル』やスティーリー・ダンを想起させるものがあるな。

6位 Dungen "Allas Sak" (Mexican Summer/Kemado)
過去6枚のアルバムを通じ、たゆまずどんどん良くなっていくバンド。スウェーデン産のプログレにジャズとポップをブレンドしたその音楽はただのサイケに処理されることを回避して、より楽しめる音楽になることを目指している。彼らのミュージシャンシップとソングライティングは今や絶頂だ。ライヴ・バンドとしての彼らは相変わらずぶっ飛んで凄いよ。

5位 Natural Information Society & Bitchin' Bajas (Drag City)
2つのグループの素晴らしい取り合わせ! 両者はここで気心の合ったインプロヴィゼーションを展開し、共に新たな高みに到達している。マイルス・デイヴィスがテリー・ライリーとビッチズ・ブリュー・セッションをやったらこうなっただろう、みたいな。それぞれのバンドのアルバムの方も激しくおススメだよ。

4位 Karin Krogg "Don't Just Sing - An Anthology: 1963-1999" (Light in the Attic)
ノルウェーのジャズ・ヴォーカリストのカリン・クロッグは、半ば伝統主義者で半ば宇宙の探求者の、すごい女性なんだ。僕は様々に異なる彼女のキャリアのすべてを聴くのが好きだ。デクスター・ゴードンをフィーチャーした直情型のグルーヴもよし、ノルウェーのニュー・エイジ・ジャズの重鎮(ヤン・ガルバレク、アーリッド・アンデルセン、ヨン・クリステンセンなど)とプレイした異世界風の実験もまたよしだ。

3位 Jessica Pratt "On Your Own Love Again" (Drag City)
このアルバムを聴くまで「フォーク」にはハマったことがないよ。凄いわ。今じゃもう大好きだよ。信じられないほど素晴らしい歌詞とフレーズ。脳裏に焼き付いて離れないメロディ。骨格がむき出しになったプロダクション。美しい世界に入って行ける!

2位 The Cairo Gang "Goes Missing" (God?)
エメット・ケリーは以前にもまして確信が強まり情熱的になったみたいだ。極度にパーソナルな内容の詞を携え、古めかしいロックンロールのスタイルを借りて。以前のレコード『タイニー・レベルズ』はいたるところにガンガン響いたけど、新作はその先にすら行ってる。ジャングリーで、すごくロックしてる。エメット、あんたは天才だよ。

1位 EZTV "Calling Out" (Captured Tracks)
このバンドを僕は昨年6月にニューヨークで見たことがある。完璧なパワー・ポップを目撃した、僕らの世代から現れたものだと僕は思ったよ。シンプルで、頭が良くて、しかもなつっこい。僕は脳裏でシューズ、エミット・ローデス、それにビッグ・スターとの比較をすぐに思い描いたりもしたけど、しかし彼らは疑いようもなく新鮮だし、モダンでもある。そう、それがいいんだ! ありがたいことに、がっかりさせられることのないレコードだった。夏中ずっと聴いてたよ。信じられないくらい素晴らしいデビュー盤。あいつら、よくやったよ!



EZTVのTシャツを着てドラムを叩くデレク・W・ジェームス
Derek W. James drumming in EZTV T-shirt

Hi, guys! You all know about Derek W. James, don’t you? He is a genius drummer of The Entrance Band, he also plays together with Christopher Owens and he’s active as a DJ as well. It’s quite memorable for Japanese people that Derek played together with Taku Hayashi last November in Tokyo (Yes, it was a really really great live show!). Everyone loves Derek!

Here, Derek kindly sent us a list of his top 10 albums of 2015 as below. VERY INTERESTING! Thank you so much, Derek! We want to see you again very soon!

* * * * *

Hi. Here's my top 10 list! :

10: Sam Prekop "The Republic" (Thrill Jockey) - A beautiful, wordless record of modular synthesizer pieces. Although it's a rather different album for him, fans of Sam's music with The Sea and Cake or his two previous solo LP's will still find similarities with it's patient, colorful ambience.

9: Dream Boys "Happy to Forget" (self released) - Sadly, Dream Boys 2nd album doesn't get a proper release here and was only made available on cassette; which doesn't bother me although it's unfortunate that most people won't get to hear how great this music is. Dreamy, Autumnal guitar-pop perfection. Reminds me of The Go-Betweens, The Clientele, and Ride all at the same time..

8: Jeff Cowell "Lucky Strikes and Liquid Gold" (Numero Group) - This is a reissue of a lost album from 1975 by Jeff Cowell from Michigan and has a number of brilliant tunes on it. He's got a bit of a Cat Stevens folk-pop thing going on but with more of a Midwestern redneck/country outlook on life. I'd call it "mid-fi", as it was clearly produced with some type of legit studio equipment but it has a strange and murky character to it like a lot of home recordings do. Most likely fueled by booze and shitty drugs, this music reeks of trashy heartache and squirrelly shenanigans.

7. Jim O'Rourke "Simple Songs" (Drag City) - All of Jim O'Rourke/s music is brainy and accomplished, but this one takes the cake for hyper-focus brilliance with a band in the studio. It reminds me of Van Dyke Parks' "Song Cycle" or Steely Dan while still being a completely natural evolution for O'Rourke at the same time.

6. Dungen "Allas Sak" (Mexican Summer/Kemado) - 6 albums in and Dungen keep getting better and better. Their blend of jazz and pop into their particularly Swedish breed of prog-rock allows them to dodge being pigeon-holed as just another "psych" band and makes for a far more pleasurable type of music to listen to on record. Both their musicianship and songwriting is at it's peak and they continue to be an insanely great live band as well.

5. Natural Information Society & Bitchin' Bajas (Drag City) - A brilliant pairing on this one! Both groups here have sympathetic styles of improvising, but together they soar to new heights - like if Miles Davis had Terry Riley at the Bitches Brew sessions. I'd highly recommend their many individual releases as well.

4. Karin Krogg "Don't Just Sing - An Anthology: 1963-1999" (Light in the Attic) - Norwegian jazz vocalist Karin Krogg is one half traditionalist and the other space-voyaging superwoman. I love hearing all the different sides to her career, which includes straight-ahead grooves featuring Dexter Gordon and other-worldy experimental tracks as well with some Norways new-age jazz heavyweights (Jan Garbarek, Arild Andersen, Jon Christensen, etc.).

3. Jessica Pratt "On Your Own Love Again" (Drag City) - I hadn't gotten into a "folk" album in who knows how long until this came along but holy shit, i love this album so much now. Incredible lyrics and phrasing, haunting melodies and bare-bone production. A beautiful world to slip in to!

2. The Cairo Gang "Goes Missing" (God?) - Emmett Kelly sounds more confident and passionate than ever, bringing highly-personal lyrics back in fashion for rock and roll. His previous record "Tiny Rebels" turned heads everywhere and this takes it even further. Jangley and fucking rocking.. Emmett, you're a genius.

1. EZTV "Calling Out" (Captured Tracks) - I saw this band in New York last June and felt as though I'd just witnessed the most perfect power-pop anyone had made from my generation. Simple, clever, and familiar; straight away I was drawing comparisons in my head to Shoes, Emmit Rhodes, and Big Star, yet they were undeniably fresh and modern at the same time - yes that good! Thankfully their forthcoming album didn't disappoint and it became my go-to music all summer. An incredible debut indeed, well done lads!

No comments: