ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 27, 2016

アルガ!  ALGA!

(English follows)
林拓のサード・アルバム『アルガ』がいよいよ発売!!! 今回はオドロキの2枚組よ! 彼は今では日本で最重要のアーティストだと私は思うわ! でも、林拓、あなたはこれからどこに行こうとしているの?  あなたは遂に自 分の傑作すら超えていくの? とにかく早くアルバムをゲットして!

ジャケット・デザインはいつものようにユリシーズよ。ユリシーズは常に林拓の力強い支持者なの。


Taku Hayashi's third album "ALGA" is coming out!!!  The album is a 2-CD set! AMAZING! I believe he's now the most important artist in Japan! But, Taku, where will you go from now on? Will you go beyond even your masterpiece finally? Anyway, guys, let's buy "ALGA" as soon as possible!

The cover designs of the album is by ULYSSES, as always. Yes, ULYSSES is always a great supporter for Taku Hayashi.

Dec 18, 2016

発売中!  Now On Sale!

(English follows)
ユリシーズ編『増補新版デヴィッド・ボウイ』(河出書房新社刊)が目下絶賛発売中よ! 私も即ゲット。すごく興味深い内容の本。多くの充実したテキスト。カッコいいページの数々。最高のボウイ本だわ! おススメよ!

ここに紹介するのはその目次ページ。反対面は特製ポスターになっているのよ!



"Expanded New Edition DAVID BOWIE" (Edited by ULYSSES, Published from Kawade Shobo Shinsha in Tokyo) is now on sale! I got a copy immediately. It is a very interesting book. Full of great texts. Many cool pages. I think this is the best David Bowie book! Highly recommended!

Here, this is a page of contents of the book. The back side is a special poster!

Dec 13, 2016

「増補新版デヴィッド・ボウイ」  “Expanded New Edition DAVID BOWIE”

(English follows)
ここ数か月にわたってユリシーズ・ボーイズ全員はすごくすごく忙しくしていたわ。彼らはデヴィッド・ボウイの本を作っていたの。題して「デヴィッド・ボウイ」。これは2013年に刊行されたものの増補新版で、新たに書き下ろされたり改定されたりしたテキストや、記事や、図版を含む、まさしく決定的で、スペシャルで、充実した、いかにもユリシーズ的な魅力に溢れるデヴィッド・ボウイ本になるそうよ。発売は12月20日、河出書房新社から。ニュー・アルバム『★』の発表とボウイの衝撃的な死で幕を開けた2016年を締め括ることができる唯一の本がこれよ。ご期待ください!


Ulysses Boys have been very very busy for the last few months. They have been making a David Bowie book. It is called "David Bowie". This is the expanded new edition of "David Bowie" published in 2013, which includes newly written and revised texts and articles, and illustrations. And it is going to be a David Bowie book which is just definitive, special, fulfilling and very much attractive like Ulysses. It will be released on December 20, 2016, from Kawade Shobo Shinsha. This is the only book that can conclude the year 2016 which has begun with the release of the new album "★" and a shocking death of Bowie. Stay tuned!

Nov 7, 2016

デヴェンドラ・バンハートのライヴ  Devendra Banhart's Shows

(English follows)
アロハ!今晩行われたデヴェンドラ・バンハート『エイプ・イン・ピンク・マーブル』発売記念イベント会場でうれしい発表があったわ!
来年4月に東京と大阪で彼のバンドとライヴをするの!

東京
Billboard Live TOKYO
2017/4/20(木)
1stステージ:開場17:30 / 開演19:00
2ndステージ:開場20:45 / 開演21:30

大阪
Billboard Live OSAKA
2017/4/22(土)
1stステージ:開場15:30 / 開演16:30
2ndステージ:開場18:30 / 開演19:30



Aloha! There was an exciting announcement at the Devendra Banhart's "Ape in Pink Marble" Album release event this evening.
He will be playing with his band in Tokyo and Osaka next April!
For details please visit Billboard Live website.

TOKYO
Billboard Live TOKYO
April 20, 2017 (Thursday)
1st stage: Doors open 17:30 / Show starts 19:00
2nd stage: Doors open 20:45 / Show starts 21:30

OSAKA
Billboard Live OSAKA
April 22, 2017 (Saturday)
1st stage: Doors open 15:30 / Show starts 16:30
2nd stage: Doors open 18:30 / Show starts 19:30

Oct 30, 2016

制作中のユリシーズ   Ulysses Is in the Middle of Making Something

(English follows)
アロハ! 最近ユリシーズ・ボーイズが全員集合して、ひそかにミーティングをやったり、何かをこそこそ書いたり作ったりしているわ。きっと本を出すつもりね。詳しいことは教えてもらえないけど、絶対にそうよ! 分かったらみなさんにも必ずお知らせするわ! 期待していて!


Aloha! Recently, all Ulysses boys have been gathering, having meetings secretly and writing and making something sneakily. Probably, they are going to publish a book. They don't tell me the details but I believe so! I will let you know when I find out! Look forward to it!

Oct 22, 2016

デヴェンドラ・バンハート再来日!  Devendra Banhart is coming to Japan Again!

(English follows)
アロハ!デヴェンドラ・バンハートが11月に再来日するわ!

デヴェンドラ・バンハート
『エイプ・イン・ピンク・マーブル』発売記念イベント
“ミニ・ライヴ&サイン会”
2016/11/07(月)19:00 @ HMV&BOOKS TOKYO

From Devendra Banhart Facebook

Aloha! Devendra Banhart is coming to Japan in November again!

Devendra Banhart "Ape in Pink Marble" Album release event
"Live in-shore performance & Album signing event"
November 7, 2016 (Monday) 7pm @ HMV&BOOKS TOKYO


Sep 30, 2016

今週の1枚  The Record of the Week

(English follows)
今週の1枚はこれ! フレッド・ガードナーズ・テキサス・ユニヴァーシティ・トルバドールズの「No Trumps」。分かるわよね? ハハ。


This is the record of the week! “No Trumps” by Fred Gardner’s Texas University Troubadours. You know what I mean. Haha.

Sep 13, 2016

アート・コレクターのデヴィッド・ボウイ  David Bowie as an Art Collector

(English follows)
すごいニュースよ! 11月にオークション会社サザビーズが「BOWIE / COLLECTOR」と題して、デヴィッド・ボウイの個人コレクションから約400点ものアートを3回に分けて競売にかけるの。パート1は11月10日「近現代美術」(イヴニング・セール)、パート2は11月11日「近現代美術」(デイ・セール)、そしてパート3は11月11日「ポスト・モダニスト・デザイン:エットーレ・ソットサス&メンフィス・グループ」。会場はロンドンのニュー・ボンド・ストリート。絶対に注目ね。これは、各芸術家のヴィジョンをめぐるボウイの高度にパーソナルで知的な応答ぶりが示される、とてもユニークなコレクションなの!

ボウイの発言。「僕が病的に購入する唯一の物はアートなんだ」。「僕は蒐集する人間だといつも自覚している。僕はコレクターなのさ。」(1998年に『ニューヨーク・タイムズ』で語ったこと)

そもそも、芸術界へのボウイの献身の深さは見逃すことができないわ。彼はアーティストであり、批評家であり、パトロンであり、出版人であり、キュレーターであり、雑誌編集者だったのだから。興味があったらあなたは11月はロンドンに行くべきよ。11月1日から10日まではボウイのプライヴェート・コレクションがロンドンのサザビーズのニュー・ボンド・ストリートで展覧されるわ!

Great news! In November, Sotheby's will stage “Bowie / Collector”, a three-part sale that includes a selection of around 400 items from the private collection of David Bowie. Part 1 is “Modern & Contemporary Art”, Evening Auction, on 10 November. Part 2 is “ Modern & Contemporary Art”, Day Auction, on 11 November. Part 3 is “Post-Modernist Design: Ettore Sottsass and the Memphis Group”, on 11 November. The Auction will be held at Sotheby’s New Bond Street, London. You can’t ignore this auction. This is a very unique collection of Bowie’s highly personal, intellectual response to each artist’s individual vision!

Bowie told The New York Times in 1998, “The only thing I buy addictively is art... I’ve always found that I collect. I’m a collector”.

Firstly, the depth of Bowie’s engagement with the art world can’t be overemphasised. He was an artist, critic, patron, publisher, curator and magazine editor. If you are interested in the sale, you should go to London in November. From 1 to 10 November, Bowie’s private collection will be exhibited at Sotheby’s New Bond Street galleries in London!

Sep 6, 2016

エントランス!  Entrance!

(English follows)
ガイ・ブレークスリーことエントランスが新作EP『Promises』を9月16日にスリル・ジョッキーからリリースするわ! ワオ! 何というジェントルでブルージーでサイケデリックな4つの新曲たち。決して忘れてはいけないこと。ガイはとても魅力的なソングライター兼シンガーとして成熟しつつあるのよ。

みんなも知っているように、エントランスは2001年に始まって、2006年にはパズ・ランチャンタンとデレク・W・ジェームスを加えたスーパー・トリオ「エントランス・バンド」になるわけだけど、ガイは35歳の誕生日を迎えた今年、エントランスをソロ・プロジェクトとして再生させたというわけね。

噂ではこれがガイの最後のソロになるそうだけど。日本のファンは相変わらずエントランス・バンドが再び日本でプレイしてくれる日を待ち望んでいるのよ!





Entrance, aka Guy Blakeslee, is releasing a new EP “Promises” on September 16 from Thrill Jockey! Wow! What gentle, bluesy and psychedelic 4 new songs!  You never forget, Guy is maturing as a very attractive songwriter / singer.

As you know, Entrance began 2001, and in 2006 it became a trio “The Entrance Band” with Paz Lenchantin and Derek W. James. Guy relaunched Entrance as a solo project on his 35th birthday this year.

People say this is Guy’s last solo. His fans in Japan still want The Entrance Band and dream of their play in Japan again!

Aug 28, 2016

ブリジット・セント・ジョンの新作  A New Bridget St. John Release

(English follows)
ワオ! 来月はチェリー・レッドから「フライ・ハイ」というタイトルでブリジット・セント・ジョンのニュー・アルバムが出るの! アルバムのハイライト、シングル曲、デモ、ライヴ・レコーディング、インタヴューなどをまとめた、ユニークなコレクションよ。ジョン・ピールのダンデライオン時代(1968年から72年まで)のレア曲や未発表曲も含まれているの。これは「買い」よね!


Wow! Next month, a new Bridget St. John’s album called “FLY HIGH” will come out from Cherry Red Records! It’s a unique collection of album highlights, singles & B-sides, demos, live recordings, interviews and so on. Including rarities and unreleased tracks from 1968 to 1972 of Bridget’s Dandelion Records of John Peel. MUST BUY!

Aug 25, 2016

夏の怪談  Horror Story in the Summer

(English follows)
今年オーストラリアはブリスベンでのミュージック・フェスティヴァル「グッドライフ」に行った人なら、ルーシーという名のステキな少女に出くわしたかも。でもルーシーは幽霊よ! 写真を見て。幽霊がグッドライフ・フェスの向こうで佇んでいるわ! ちなみにこの写真はフェイクじゃないのよ! そしてルーシーはかつてここで自殺した女の子なの。ある人は「彼女はグッド・ライフを過ごさなかったんだろうね」と言い、別のある人は「ルーシーはチケットを買わなきゃいけないかな?」と問いかけているわ。

あなたは今夏ミュージック・フェスに行った? そこで幽霊と出会った?



If you went to the music festival GOOD LIFE in Brisbane, Australia this year, you may have encountered a nice little girl called Lucy. But she's a ghost! See the photos. A ghost spotted in background of GOOD LIFE Festival photo! To be sure, it's not a fake! And Lucy is the girl who  has suicided here in the past. "I guess she didn't have a good life" a man said. "Does Lucy have to pay for the ticket?" one asked.

Did you go to a music festival this summer to see a ghost? Tell me!

Jul 31, 2016

真夏の夜の恐怖  Horror in the midnight summer

(English follows)
きゃー! 怖い! これは誰? レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジよね、もちろん。いつもはステキな彼だけど、演奏中はこんな顔していることもあったのね。何だか妖怪みたい……。 

ところで、長らく待たされている彼のソロ・アルバムは一体どうなっているのかしら? ニュースはないの?


Eek! How fearful! Who is this? Jimmy Page of Led Zeppelin, of course. His face was sometimes like a ghost during his playing, though he was usually cute and beautiful...

What is going with his long-awaited solo album? Any news?

Jul 30, 2016

こんなローリング・ストーンズ写真って見たことない!  Never seen such a photograph of Rolling Stones before!

(English follows)
これはローリング・ストーンズのポートレイト写真?

イギリスの現代美術家キース・ヘインズは今回ローリング・ストーンズのアルバム51枚の背だけを並べて美しい写真作品を限定制作したの。可笑しいけど興味深いわ。色はとってもポップだし。それと、『ブラック・アンド・ブルー』の目には注目よ! ちなみにキース・ヘインズはそれ以前にデヴィッド・ボウイのアルバムの背を並べてこういう仕事をしているわ(今年の5月7日のブログを参照のこと!)




Is this a portrait photograph of the Rolling Stones?

This time, British contemporary artist Keith Haynes recreates the spines of 51 Rolling Stones albums to form this beautiful limited edition. Funny but interesting. The colors are really pop. Also, check out the eye of “Black and Blue”! By the way, he has already made such like a work with David Bowie albums before (See my blog on May 7, 2016).

Jul 24, 2016

お気に入りのヴィヴィアン・ゴールドマン  My Favorite Vivien Goldman

(English follows)
私の最近のお気に入りはヴィヴィアン・ゴールドマンの再発盤『Resolutionary (songs 1979-1982)』。クール・ミント味のポスト・パンク。ダブ。夏にピッタリ! 「パンク・プロフェッサー」と呼ばれている彼女は物書きで、ブロードキャスターなんだけど、1979年から82年まではミュージシャンでもあったのね。このアルバムにはすごいメンツが参加しているわ。PILのジョン・ライドンとキース・レヴィン、レインコーツのヴィッキー・アスピナル、ポップ・グループのブルース・スミス、前衛音楽家のスティーヴ・べレスフォードとデヴィッド・トゥープ、偉大なロバート・ワイアット。もちろんフライング・リザーズもね! すごくおススメするわ!


My recent favorite re-issued album is "Resolutionary (songs 1979-1982)". Cool-mint tasted post-punk rock. Dub. Good for the summertime! Vivien, who is called a "punk professor", is writer/broad caster, but was also a working musician between 1979 to 82. You'll find her great musical crew; PIL's John Lydon and Keith Levine, The Raincoats' Vicky Aspinall, The Pop Group's Bruce Smith, avant-garde artists Steve Beresford and David Toop, great Robert Wyatt, and The Flying Lizards of course! Highly recommended!

Jul 20, 2016

ジミ・ヘンドリックスのアパート  Jimi Hendrix Apartment

(English follows)
ジミ・ヘンドリックスが1968年から69年までガールフレンドのキャシー・エッチンガムと住んでいたロンドンのアパートが一般公開されていて、彼が部屋をどんなふうに使っていたかを見ることができるわ。意外と地味な部屋? でも、彼には良かったのよ。「僕自身の最初の本物の家だ」と、彼は恋人に言っていたの。それに、クリスチャン・ロイドの本『Hendrix at Home: A Bluesman in Mayfair』によれば、部屋を借りていた当時は隣人がいなかったおかげで、ジミ・ヘンドリックスはそこで好きなだけ大きな音を出しながら音楽を作ることができたの。

アパートの場所は23 Brook Street, Londonよ。クラシックの作曲家ヘンデルが住んでいた家のお隣。夏休みはロンドンに行って2人の偉大な音楽家の家を訪ねてみる?





The London apartment where Jimi Hendrix lived with his girlfriend Kathy Etchingham in 1968-69 has opened to the public, restored to look just how the rock star used it. Such a plain living unexpectedly? But Jimi felt comfortable. He said "It's my first real home of my own" to his lover. Also, according to Christian Lloyd's book "Hendrix at Home: A Bluesman in Mayfair", Jimi had no neighbors when he rented the flat, so he could make music as loud as he wanted.

The apartment address is 23 Brook Street, London. It's next to the house composer George Frideric Hendel. Would you go to London in the summer vacation to visit at the 2 great musicians places?

Jul 7, 2016

10イヤーズ・ゴーン  10 Years Gone

(English follows)
ビートルズの『アビイ・ロード』のジャケットをパロッた人ならたくさんいるわ。でも、現代美術家のマテア・ペロッタはロスのスタジオでシド・バレットの『マッドキャップ・ラーフス』を模している……。

シド・バレットが亡くなって今日で10年。先日パリのオークションで彼のシングル盤「オクトパス」が10,500ユーロ(!)の高値で売却されたことを除けば、シドをめぐる新しいニュースは特にないわ。EMIがシドの未発表曲を正式にリリースしてくれたらいいのにね。

クレイジー・ダイヤモンド、あなたにここにいてほしい。




You know, there are so many people who copied the cover of The Beatles’ “Abbey Road”.  However, the contemporary artist Mattea Perrotta recreates Syd Barrett’s Madcap Laughs photo-sessions in her studio in Los Angeles...

10 years has passed since Syd Barrett passed away.  No news on Syd, except for his single record “Octopus” that was sold at 10,500 euros (!) at an auction in Paris the other day.  It would be so nice if EMI releases his previously unreleased songs officially.

Wish you were here, crazy diamond.

Jul 3, 2016

デヴェンドラ・バンハートのニューアルバム  Devendra Banhart's New Album

(English follows.)
先月来日したデヴェンドラ・バンハートの新しいアルバムが9月23日に発売されるの。アルバムタイトルは"Ape in Pink Marble"。1曲目の"Midle Names"がYouTube試聴できるからぜひ聞いてみて!
デヴェンドラは今度日本に来る時はフルバンドで来ると言っていたわ。楽しみ!

Ape in Pink Marble 曲目リスト:
1. “Middle Names”
2. “Good Time Charlie”
3. “Jon Lends A Hand”
4. “Mara”
5. “Fancy Man”
6. “Fig In Leather”
7. “Theme for a Taiwanese Woman in Lime Green”
8. “Souvenirs”
9. “Mourner’s Dance”
10. “Saturday Night”
11. “Linda”
12. “Lucky”
13. “Celebration”





A new album of Devendra Banhart, who has visited Japan last month, will be released on September 23.  The album title is "Ape in Pink Marble".  Please listen to the first song, "Midle Names" on YouTube!
Devendra said that he would come to Japan with his band next so I am already excited!

Ape in Pink Marble track list:
1. “Middle Names”
2. “Good Time Charlie”
3. “Jon Lends A Hand”
4. “Mara”
5. “Fancy Man”
6. “Fig In Leather”
7. “Theme for a Taiwanese Woman in Lime Green”
8. “Souvenirs”
9. “Mourner’s Dance”
10. “Saturday Night”
11. “Linda”
12. “Lucky”
13. “Celebration”

Jun 19, 2016

ファミリー・ジャムズのDVD   The Family Jams DVD


(English follows)
すっかり言い忘れていたわ。デヴェンドラ・バンハート、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァーがアメリカで2004年におこなった歴史的ツアーの記録映画『ザ・ファミリー・ジャムズ』(監督=ケヴィン・バーカー)のこと。これのDVDが写真集付きでFactory 25から発売中なのよ!

「時間はバーカー氏のこの映画を本人の想像以上に価値のあるポップ・カルチュアの産物とするだろう。この映画の魅力は心を浮き立たせるような鑑賞を保証する。仮に出演しているミュージシャンたちがどこかに消えてしまったとしても」(ロニー・シェイブ、『ヴァラエティ』誌)

出演はデヴェンドラ・バンハート、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァー、ケヴィン・バーカー、アントニー&ザ・ジョンソンズ、ザ・プリーズド、エスパーズ、リンダ・パーハックス。彼らは「永遠」よ!

最後に、『ザ・ファミリー・ジャムズ』のポスターを2種ご紹介するわ。ひとつは2010年アメリカの、もうひとつは2013年日本のポスター。そう。『ザ・ファミリー・ジャムズ』を日本で上映したのはユリシーズよ!




I forgot to tell you; about a documentary film directed by Kevin Barker "The Family Jams" that follows Devendra Banhart, Joanna Newsom and Vetiver as they tour the USA in 2004. Now "The Family Jams" DVD, with a photobook, is available through Factory 25!

"Time makes Mr. Barker's film a more valuable pop-culture artifact than he might have imagined, but its charms guarantee enjoyable viewing even if these folks had vanished into obscurity." (Ronnie Scheib, Variety)

The film features Devendra Banhart, Joanna Newsom, Vetiver, Kevin Barker, Antony & The Johnsons, The Pleased, Espers and Linda Perhacs. You know, these folks are FOREVER.

Lastly, I show you 2 film posters of "The Family Jams". One is American (2010) and another is Japanese (2013). Yes, "The Family Jams" was screened in Japan by ULYSSES!

Jun 12, 2016

デヴェンドラ・バンハート・イン・ジャパン  Devendra Banhart in Japan

(English follows)

日本にやってきたデヴェンドラ・バンハート。東京ではBOOKMARCで絵画展「Help Me Find My Noodle」を開催し(19日まで)、レセプション・パーティではライヴ・ペインティングとサイン会が行われたわ。そして東京と京都ではライヴ。6度目の来日で何と初となるソロの弾き語り! リラックスした雰囲気の中で、いつもの風変わりな歌声。新曲「Linda」も披露してくれたわ(とてもきれいで悲しい名曲なの!)。ファンとのあたたかい交流にも事欠かなかったデヴェンドラ。彼はやっぱりステキな人だった!

大好きな細野晴臣と遂に会うこともできたデヴェンドラは、今回の来日を自身でも堪能してくれたと思うわ。次回の来日はいつ? ニュー・アルバムのリリース時かしら? そのあたりのことを尋ねたところ、デヴェンドラは「新作は9月に出すよ!」と教えてくれたわ。ワオ!





Devendra came to Japan.  In Tokyo, he had an art show called "Help Me Find My Noodle" at BOOKMARC (until June 19th) and at the reception party, he had live painting and book signing.  And he had gigs in Tokyo and Kyoto.  It was his 6th visit to Japan and the first solo acoustic show!  He had his whimsical voice as usual in a relaxed atmosphere.  He performed a new song called "Linda" (It was a great but beautiful and sad song!).  Devendra didn't lack warm interact with his fans. He was indeed a nice guy!

And Devendra finally could meet his favorite musician Haruomi Hosono, so I think he really enjoyed visiting Japan himself.  When will he come to Japan next?  When he has released a new album?  I asked him and he said the new album will be released in September.  Wow!

May 29, 2016

雨の日はデヴィッド・ボウイと  Rainy Days with David Bowie

(English follows)
日本はもうすぐ梅雨。でも素敵な傘があれば気にならないわ。この傘を見て! 雨の中、デヴィッド・ボウイと一緒にずっと歩くことができるのよ!

これはフランスのブランドBYMBOWの商品のひとつ。注文に応じてハンドメイドで作られているの。興味があったらEtsyで買うことができるわ。BYMBOWのモットーは「クール」なのよ。


The rainy season is right around the corner in Japan. But you don’t have to care at all if you have a beautiful umbrella. Look at this! You can walk in the rain for hours with David Bowie!

This is one of the accessories from French brand BYMBOW. BYMBOW’s umbrellas are specially printed and sewn to order. You can buy at Etsy if you want. BYMBOW’s motto is “COOL” by the way.

May 18, 2016

テリー・レイドの未発表曲集! Previously Unreleased Material of Terry Reid!

(English follows)
大興奮! イギリスの偉大なSSWテリー・レイドがアルバム『The Other Side Of The River』をリリースするわ! これは彼の1973年の大名盤『リヴァー』のコンパニオン・ディスクよ。『リヴァー』のレコーディング・セッションで残された6曲の未発表曲と5曲のオルタネイト・トラックスが収録されているの。サザン・ソウル・ロック? カントリー・ブラジリアン・ファンク? 彼の歌声はとにかくグル―ヴィよ。絶対に買わなくちゃ!

「イギリスには3つの大事件が起こっているわ。それはローリング・ストーンズであり、ビートルズであり、そしてテリー・レイドだった」と言ったのは1968年のアレサ・フランクリン。でも、才能、人間関係、チャンスにも恵まれた人だったのに、テリー・レイドは決して有名にはならなかったアーティストなの。不思議よね。

彼は今、感染症で胸を患っているところなんですって。早く良くなって、テリー!


What a great exciting news! British great singer / songwriter Terry Reid releases new album “The Other Side Of The River”! This is a so-called companion disc of his 1973 masterpiece album “River”. The album features all previously unreleased material from the River sessions, including 6 never-before-heard Reid songs and 5 very different alternative takes. Southern-Soul Rock? Country-Brazilian Funk? His voice is so groovy anyway. MUST BUY.

Aretha Franklin said in 1968, “There are only 3 things happening in England; The Rolling Stones, The Beatles, and Terry Reid”. However, Terry Reid never found fame despite his talent, great connections and chances. Strange.

They say he has a chest infection now. Get well soon, Terry!

May 15, 2016

ザ・スミスのファンのために  For The Smiths Fans

(English follows)
この写真を見て。ご存知のように、ザ・スミスはこれを1988年のアルバム『ランク』のジャケットに使ったわ。

写真家はジョン・D・グリーン。モデルはイギリス女優のアレクサンドラ・バステロ。ジョンは1966年にイギリスで最も美しい女性たちを連作で撮影し、それらを1967年に『バーズ・オブ・ブリテン』という素晴らしい写真集にまとめたわ。でも、ジョンはこれまで一度も『バーズ・オブ・ブリテン』で展覧会をしたこともなければ、そこからの写真を販売したこともないの。

だから、これはいいニュースよ。ロンドンのギャラリーのSNAPが、この秋に彼の大きな展覧会を開催するのよ。もしもあなたがザ・スミスのファンで、壁に美しいアレクサンドラの写真を飾りたいなら、ギャラリーに連絡して。アレクサンドラがお好みのサイズで手に入れることができるのよ。そしてどのサイズの写真も限定販売で、それぞれにジョン・D・グリーン本人によるサインとナンバリングが入るわ。


Look at this photograph. As you know, The Smiths used this as the cover photo for their 1988 album “Rank”.

The photographer is John D Green. The model is Alexandra Bastero, a British actress. John took a series of some of the most beautiful women in the U.K. in 1966, and published them in 1967 in the wonderful book “Birds of Britain”. But John has never exhibited or offered his “Birds of Britain” archive editions for sale before.

So it’s good news. London based gallery SNAP will have his major exhibition this autumn. If you’re a fan of The Smiths, and would like beautiful Alexandra on your wall, get in touch with the gallery. She comes in a range of sizes, and each limited edition photograph is signed and numbered by John D Green.

May 14, 2016

デヴェンドラ・バンハート来日!  Devendra Banhart is coming to Japan!

(English follows)
ワオ! 私たちが大好きなデヴェンドラ・バンハートが6月に来日するわ!

6月5日(日)@VACANT、東京
6月7日(火)@Metro、京都

これは彼からのメッセージ。「日本でちょっとしたショウをやるよ。もしかしたら新曲をいくつか披露するかもしれないな」。新曲? そういえば、彼はそろそろ待望のニュー・アルバムをリリースするはずなのよ! 今回の来日は絶対にいい機会よね!



Wow! Our favorite Devendra Banhart is coming to Japan in June!

June 5th (SUN) @ VACANT, Tokyo
June 7th (TUE) @ Metro, Kyoto

Words from Devendra. “I’ll come in June to have a little singing, and maybe play a few new tunes” New tunes? I believe he will release his long-awaited new album very soon. So It’s a quite good chance for us to enjoy his shows!

May 7, 2016

こんなボウイ写真は見たことない!  Never Seen Such A Photo of Bowie!

(English follows)
こんなデヴィッド・ボウイ写真は見たことがないわ! 

英ポップ・アーティストのキース・へインズが最近「アルバム・ジャケットの背」というタイトルの写真連作を作り始めていて、これは「背#2:ボウイ」という作品。彼はデヴィッド・ボウイのアルバム44枚の背を再制作しているの。可笑しい。でも興味深い……。ボウイはいろいろなアーティストに今もクリエイティヴな刺激を与えるアーティストなのね。


Never seen such a photo of David Bowie!

British pop artist Keith Haynes has recently started a series of photographic works called “Spines of LPs”, and this is “Spines#2 Bowie”. The artist recreates the spines of 44 David Bowie albums. Funny and interesting... Bowie is an artist who still gives inspiration to various artists anyway.

Apr 29, 2016

DJトークショー 〈三浦光紀の仕事〉ベルウッド編  DJ Talk Show: The Works of Kouki Miura / Stories from "Bellwood Records" period

(English follows)
高田渡、細野晴臣、矢野顕子、あがた森魚、はっぴいえんど、はちみつぱい、大瀧詠一、小室等 etc…。
70年代初頭、日本の音楽シーンに変革を起こしたレーベル「ベルウッドレコード」を立ち上げ、数々の歴史的名盤をプロデュースしてきた三浦光紀氏。
これまで黒子に徹し自ら語ることの少なかったその長い音楽人生の中から、「ベルウッドレコード」時代に焦点を当て、音源を聴きながら製作秘話を語っていただきます。
他では聞けない超スペシャルなイベント、ぜひお越しください。

2016年5月7日(土)18:30開場/19:00開演
場所=ホホホ座(京都・左京区浄土寺) http://hohohoza.com
料金=¥2,000(ホホホ座1階500円商品券付)
ご予約:件名を「ベルウッド」とし、お名前(カタカナで)・電話番号・人数をご明記の上、1kai@hohohoza.comまで送信下さい。
電話予約は075-741-6501まで。店頭でもご予約可能です。

オープニング・アクト=林拓(ミュージシャン) http://algajapan.wix.com/anapple
※店頭で軽食&ドリンクの販売あり


Wataru Takada, Haruomi Hosono, Akiko Yano, Morio Agata, Happy End, Hachimitsu Pai, Eiichi Ohtaki and Hitoshi Komuro etc...
In early 1970s, Mr. Kouki Mura has established a record label called "Bellwood Records" which has caused a change in Japanese music scene, and he has produced many historical outstanding records.
He has been committed to work behind the scene and rarely tells the stories.  We will focus on "Bellwood Records" period from his long music life, and he will recount untold stories while listening to music.  This will be a very special event, so why don't you come and join us?

May 7, 2016 (Saturday)  
Doors open at 6:30pm / Talk show starts at 7:00pm
Venue: Hohoho Za (Jodoji, Sakyo-ku, Kyoto)
Tickets: 2,000 Yen (Including Hohoho Za 1st floor 500 Yen gift voucher)
Reservation: Please send an email including your name, phone number and number of tickets with subject line "Bellwood" to 1kai@hohohoza.com.  Or by phone: 075-741-6501.  Reservation can be made at Hohoho Za as well.

Opening act: Taku Hayashi (Musician) 
*Refreshments and drinks are available for sale.

Apr 22, 2016

ミック・ロックのドキュメンタリー映画  Mick Rock’s Documentary Film

(English follows)
大興奮! シド・バレット、デヴィッド・ボウイ、クイーン、ルー・リード、イギー・ポップ、ブロンディ、その他多くのミュージシャンを撮影したことで世界的に有名な写真家のミック・ロックのドキュメンタリー映画『Shot! The Psycho-Spiritual Mantra of Rock』が、ビルボード主催のトライベッカ・フィルム・フェスティヴァルで、「絶対見るべき映画の一本」として4月22日に上映されるの。でも、チケットはソールドアウトなんだって!


Thrilled for the documentary film “Shot! The Psycho-Spiritual Mantra of Rock” of Mick Rock, the world famous rock photographer of Syd Barrett, David Bowie, Queen, Lou Reed, Iggy Pop, Blondie and many others, to be called one of the most see films at the Tribecca Film Festival this year by Billboard! But, unfortunately, tickets of the 22nd this month for the screening are officially sold out!

Apr 21, 2016

ジョシュア・バーケットを忘れないで!  Don’t Forget Joshua Burkett!

(English follows)
ジョシュア・バーケットを忘れないで! 彼は90年代初期から今日に至るまでずっとアヴァン=フォーク/フリーク・フォーク・シーンの秘めたる中心人物なのよ。彼はベン・チャズニーに影響を与え、シックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスの音楽性を確立させたわ。それに2014年にはあの著名な伝説のエド・アスキューとコラボしてアルバムをリリースしているの。

私は彼のファンよ。ハンドメイドのパッケージが印象的な彼のアルバム『Life Less Lost』は、まさに全部が美しいの。ところで彼のアルバムって日本では買えるのかしら?……


Don’t forget Joshua Burkett! He has been the secret heart of the Avant-folk / freak folk scene from the early 90s all the way through today. He inspired Ben Chasny to make Six Organs of Admittance like Six Organs. Also, he even worked with world-famous legendary Ed Askew in 2014 to make an album.

I’m a fan of Joshua. His album “Life Less Lost” with it’s impressive handmade package is just totally beautiful. I wonder if his albums are available in Japan?...

Apr 18, 2016

パリのボウイ写真展  David Bowie Photo-Exhibition in Paris

(English follows)
注目! 今パリのAギャラリーですごい展覧会が開催中なの。題して「The Man Who Ruled The World」。デヴィッド・ボウイを被写体とする写真展よ(5月10日まで)。写真家たちは世界的に有名な、そうそうたる顔ぶれ。アルバート・ワトソン、ハーブ・リッツ、ランキン、テリー・オニール、マーク・セリガー、クロード・ガシアン、スティーヴ・シャピロ、ギャヴィン・エヴァンス、ロン・ガレラ(!)、フランク・オッケンフェルズ3世、リン・ゴールドスミス、マーカス・クリンコ、グレッグ・ゴーマン。パリに行きたい!








Attention! Now a great exhibition is held at A. galerie, Paris. It's called "The Man Who Ruled The World", that's a photo show of David Bowie (till 10 May). The photographers are all world-famous big names. Albert Watson, Herb Ritts, Rankin, Terry O'Neill, Mark Seliger, Claude Gassian, Steve Schapiro, Gavin Evans, Ron Galella(!), Frank Ockenfels Ⅲ, Lynn Goldsmith, Markus Klinko, Greg Gorman. I want to go to Paris!

Apr 17, 2016

ガイ・ブレークスリーのサード・ソロ?  Guy Blakeslee's Third Solo Album?

(English follows)
エントランス・バンドのフロントマンとして最もよく知られているガイ・ブレークスリーが、1月にリーヴィング・レコーズからセカンド・ソロLP『ミドル・シスター』を発表しているわ。このアルバムは全編インストゥルメンタルで、A面はアコースティックのインプロヴァイズド・ギター・ミュージック、B面はエレクトリックでノイジーなの。素晴らしい実験音楽アルバムよ。ジョン・フェイヒーとカンの間、あるいはサンディ・ブルとテリー・ライリーの間にいる彼について考えてみて。

ガイは「クリーン」になって以来、以前にもましてクリエイティヴだわ。実際、彼のお友達でもある私の友達によれば、ガイはすでにサード・ソロ・アルバムの完成で忙しくしているそうなの。インストゥルメンタル・アルバムにはならないわ。2014年の彼の最初のソロ・アルバム『オフェリア・スロウリー』のようにガイは歌っているの! ワオ!


Guy Blakeslee, best known as the front-man for The Entrance Band, released his second solo LP called "The Middle Sister" (from Leaving Records) in January. It's an instrumental album. Side A is all acoustic, improvised guitar music. Side B is all electric and noisy. Great experimental album. Think of him between John Fahey and Can. Or think of him between Sandy Bull and Terry Riley.

Guy has been much more creative than before, since he became "clean". In fact, according to my friend who's a friend of Guy, has been already busy to complete his third solo album. It won't be an instrumental album. Guy is singing, like his 2014 first solo LP "Ophelia Slowly". WOW!

Apr 10, 2016

リンダ・パーハックスのサード・アルバム  Linda Perhacs’ Third Album

(English follows)
偉大な、偉大な、リンダ―・パーハックス。彼女は目下3枚目のアルバムを準備中よ。彼女いわく、アルバムは「私達全員の心の中にある肯定性に捧げられたもの。多くのアーティストたちとの共同作業」とのことよ。

アルバムにはジュリア・ホルタ―が参加するわ。そして、たぶんデヴェンドラ・バンハートも? 一方、共同プロデューサーとしてウィルコのパット・サンソンがフェルナンド・ペルドーモと一緒に仕事をしているの(フェルナンドはリンダのセカンド『ザ・ソウル・オブ・オール・ナチュラル・シングズ』でクリス・プライスと一緒にプロデュースを担当したわ)。ゴージャスなアルバム? でも、リンダの音楽は寡黙に、もっと多くの魂の肯定性を願うものであることを、ファンは、そして『ユリシーズ』の読者は、みんな知っているわ。

ニュー・シングルは「ザ・ダンサー」。アイチューンズでも、バンドキャンプでも、それ以外でも購入可よ! そして私たちは今、彼女の3枚目のアルバムが待ち遠しい! 「買い」ね!



Great, great Linda Perhacs is presently releasing her third album. According to the artist, it is dedicated to the positive in us all, and it is a collaborative creation with many other artists.

Julia Holter is playing with Linda for the album. Maybe Devendra Banhart, too? Also, Wilco’s Pat Sansone is working as Linda’s co-producer along with Fernand Perdomo (Fernand was the co-producer of Linda’s second album “The Soul Of All Natural Things” with Chris Price). It will be a gorgeous album? But every fan of her and every reader of “ULYSSES” know well that her music wishes silently for more positives of heart and soul.

Her new single called “The Dancer” is now released and available on iTunes, Bandcamp, and more. And we are very looking forward to her third album! Must buy.