ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 6, 2015

初期ピンク・フロイド音源  The Recordings of Very Early Pink Floyd

(English follows)

すごいニュースよ。ピンク・フロイドが2枚組EPで初期音源をとうとう公式にリリースしたの。6曲入りの限定盤。タイトルは「1965-- Their First Recordings」。もちろん1967年のデビュー作『夜明けの口笛吹き』以前のもの。メンバーはシド・バレット、ロジャー・ウォータース、ニック・メイソン、リチャード・ライト、それにボブ・ラド・クロースよ。

この2枚組には4曲のシドのオリジナル(「Lucy Leave」「Double O Bo」「Remember Me」と「Butterfly」)と、ロジャーの最も初期の曲のひとつ「Walk with Me Sydney」(Sydneyはシド・バレットのことよ)、それにスリム・ハーポのカヴァー「I’m King Bee」が収録されているわ。

私は5人のメンバーがいたこの時代は彼らのことをピンク・フロイドと呼ぶべきではないと思うわ。実際これらは彼らがティー・セットとかシグマ・シックスと名乗っていた時に録音されたものでしょう? 私の友だちもそう思っているわ。でもいいニュースよね。



Great news. Pink Floyd released an official limited edition six song 2 EP set finally, titled “1965 - Their First Recordings” that was recorded prior to their debut album “The Piper at the Gates of Dawn” coming out in 1967. The personnel are Syd Barrett, Roger Waters, Nick Mason, Richard Wright, and Bob Rado Klose.

This set features 4 Barrett originals (“Lucy Leaves”, Double O Bo”, “Remember Me”, and Butterfly”), as well as “Walk with Me Sydney” (Sydney means Syd Barrett), one of Water’s earliest compositions, and the Slim Harpo cover “I’m King Bee”.

I think they were not called Pink Floyd at that time. When the 5 members were in the band, were these recordings done as Tea Set or Sigma Six... My friend agrees with my opinion. But it’s a good news anyway.

No comments: