ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 3, 2015

ジミー・ペイジと一緒にいるブライアン・ジョーンズ  Brian Jones with Jimmy Page

(English follows)
再び映画のこと。あなたがブライアン・ジョーンズのファンなら、アニタ・パレンバーグが主演してフォルカー・シュレンドルフが監督した1967年の西ドイツ映画『A Degree of Murder』のことは知っている わよね。この映画はブライアン自身が作曲し、プロデュースし、アレンジし、プレイしたサウンドトラックのせいで広く認知されているわ(何とブライアンはシタール、オルガン、アコースティック・ギター、リコーダー、チェロ、ベース、メロトロン、ダルシマー、バンジョー、クラリネット、ハーモニカ、その他をプレイしているの!)。加えて、当時ヤードバーズのギタリストだったジミー・ペイジはそのレコーディング・セッションに参加しているの。この写真を見て! ステキ!

でも、とても残念なことに、サウンドトラックは法的にややこしい事情があるせいで公式にはリリースされたことがないのね。ブートレッグで楽しむことしかできないの? ブライアンは天才なのに!




I'm talking about another film... If you are a fan of Brian Jones, you know about "A Murder of Degree", a 1967 West German film directed by Volker Schlondorff, starring Anita Pallenberg. The film is widely recognized because of the soundtrack composed, produced, arranged and played by Brian himself (Amazingly Brian played the sitar, organ, acoustic guitar, recorder, cello, bass guitar, mellotron, dulcimer, banjo, clarinet, harmonica and so on!). In addition, Jimmy Page, who was the guitarist of the Yardbirds at that time, contributed to the recording sessions. Look at the pictures! Beautiful!

However, much unfortunately, the soundtrack has never had an official release, because of legal conflicts. I wonder if we enjoy only the bootleg album? Brian is a real genius though!

No comments: