ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 29, 2015

ラマダン  Rhamadan

(English follows)
4月8日、日本ではシド・バレットのソロ・アルバム『帽子が笑う…不気味に』、『その名はバレット』、そして『オペル』の3枚が、紙ジャケ仕様で限定リリースされるわけなんだけど……。ここで注目したいのは、『帽子が笑う…不気味に』にボーナストラックとして初めて収録される謎めいた「ラマダン」よね。約20分も続くジャズ風インストゥルメンタル。録音は1968年5月14日。そして、シドとプレイしているのは当時ティラノザウルス・レックスのメンバーだったスティーヴ・ペレグリン・トゥック。危険な雰囲気!

シド・バレットとスティーヴ・ペレグリン・トゥックとの関係はよく知られているわよね。シドの「ランキー」でもスティーヴはプレイしているわ。それに、スティーヴの「シドのワイン」ではシドがレコーディングに参加しているし。彼らがここにいてくれたらいいのに。


As you see, all of the Syd Barrett album “The Madcap Laughs”, “Barrett” and “Opel” will come out in the limited editions of mini LP format on the 8th April, Japan only... Now we are interested especially in enigmatic “Rhamadan” that will be included as a bonus track for the first time for “The Madcap Laughs”. It’s a jazzy instrumental about 20 minutes in length. Recorded 14th May, 1968. And those who was playing with Syd is Steve Peregrine Took who was the member of Tyrannosaurus Rex at that time. Dangerous mood!

It’s well known about the relationship between Syd Barrett and Steve Peregrine Took. Steve also played in Syd’s oeuvre “Lanky”. On the other hand, Syd took part in the recording sessions on Steve’s song “Syd’s Wine”. Wish they were here...

No comments: