ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 8, 2015

ローリング・ストーンズとマン・レイ  Rolling Stones with Man Ray

(English follows)
ワオ! 知らなかった! 偉大なダダイストのマン・レイが、ローリング・ストーンズと一緒に仕事をしたことがあったなんて!……

1972年、ドラマーのチャーリー・ワッツとバンドのフランス人マネージャーのドミニック・ランブランがマン・レイに会って、アルバム『メイン・ストリートのならず者』のジャケット・デザインを依頼したの。それで、マン・レイが制作したのがこれ。30.8センチ角の紙に、フォトモンタージュとインク・ドゥローイング。結局採用されなかったけど。でも、この作品はアルバムに収録されている「タンブリング・ダイス」を意識していることは明らかなのよ。

ちなみに、『メイン・ストリートのならず者』のジャケットは最終的には写真家のロバート・フランクが手掛けたわ。ロバート・フランクは偉大ね! 彼はストーンズの映画『コックサッカー・ブルース』の監督でもあるアーティストよね!


Wow! I didn’t know that! The great Dadaist Man Ray worked with Rolling Stones in the past!...

In 1972, Charlie Watts, the drummer of Rolling Stones, and Dominic Lamblin, their French manager, met Man Ray to ask to design the cover of the album “Exile on Main Street”. So, this is what Man Ray made. Photomontage and ink drawing on paper sized 30.8 x 30.8cm. Unfortunately, it was never used. However, it’s obvious that this work reminded a song of the album : “Tumbling Dice” .

Incidentally, the designer of the cover of “Exile on Main Street” was famous photographer Robert Frank. Robert Frank is great! As you know, he was a director of the notorious Rolling Stones film “Cocksucker Blues” too!

No comments: