ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 21, 2014

Repost / 9メアリーとは誰か  Repost / Who Is 9mary?

Dec 1, 2012  9メアリーとは誰か Who Is 9mary?
(English follows.)

9メアリーに注目! 本名はフローレンス・モリッセイだという彼女は、17歳のイギリス人。ご覧の通り、とてもとてもビューティフルな女の子。まるでヒッピーの妖精ね。でも、すごく才能があるシンガー=ソングライターよ。彼女の歌を聴いて。彼女の声に震えて。アルバムはまだリリースしたことがない彼女だけれど、ユリシーズ・ボーイズは彼女に夢中なの。彼女を発見した河添剛さんは「9メアリーは秘められた黄金だ」と大絶賛。彼女は未来のスターだと彼は信じているの。

行動派の河添さんは、早速9メアリーにインタヴューしたわ。ぜひ読んでね!

* * * * * 

――やあ、フロ、というか9メアリー。アーティストの君にインタヴューするときにはどちらの名前で呼ばれたい?

9メアリー: フロよ(微笑む)。

――9メアリーという不思議な名前は、君のお父さんが見せてくれたある写真集から拝借したものだと聞いているけど。

9メアリー: 15歳のとき、本名ではなく仇名を名乗ってみたくなったんです。この名前が音楽をめぐってひとつの世界を創出することを私に許してくれているんです。それと、“9メアリー”と口にして言うのも、それを文字で見てもですけど、私自身にはもっと面白いことだし(というのも私は数字を使うことが好きだからですけど)楽しいことだとも感じたんです。

――君の歌は本当にすごいよ。半ば崇高であり半ば野卑で。あるいは、半ば美であり半ばおぞましい。その上、君の声ときたら実に印象的だ。僕は個人的には君が高い声ではなく低い声で歌う方が好きかもしれないけど。君はしばしば希望について歌っているが、音楽そのものには曖昧な憂愁が込められていて、それはまるでお花畑の中に遺棄された神秘的で純潔な廃墟のようだ。でも、それはもしかすると君達イギリス人がいまだにエルザベス朝の心性を保っているからなのかな。それとも、それは君自身の中にある特別な何かのあらわれなのか。はたまた、今世紀のアメリカのフリー・フォーク・シーンに君が影響されたことの結果なのか。どう?

9メアリー: ありがとう。おっしゃってくれた言葉はすごくありがたいし、あなたの言葉にはたくさんの意味がある。私はそういうのがすごく好きなんです。私自身はといえば、歌を書くリスクを引き受け、自分を試すことが好きなんですね……。私は自分の音楽が「パーフェクト」であることを求めません。私の歌で少なくともみんなに何かを感じてもらえれば私は嬉しいんですけど。それってすごくステキなこと……。ううん、正直言ってなぜそうなのかは私にはわかんないけど……、私が過去の音楽にものすごく影響されていると同時に、自分が住む現代社会にはどっぷり浸りきっていることがたぶん関係しているんだと思うんです。私の音楽はその2つの事柄の混淆で、それが今日の人々の耳にはいくらかノーマルではないものとして響くのかしら。でも、イエス、私は確かに今世紀のアメリカのフリーク・フォーク・シーンにもインスピレーションを受けています。

――子供のときの話を聞かせてくれますか。

9メアリー: 私は9人兄弟妹なの。私は上から2番目よ。私の子供時代(っていうか、私はまだ子供? 大人に片足引っ掛けた状態ね……。クリスマスの日には私は18歳になるんです!)、あれこそが今日の私と私の曲作りにとても影響を与えたんだわ。素晴しい両親からの支えがいつもあって、私はすごくラッキーでした。そのことではすごく感謝しているんです。子供時代のことでそれ以外のことだと、何を言ったら良いのか……。概してかなり幸福だったとは言えるとは思いますけど。

――いつ、そしてなぜ、歌を作るようになったの?

9メアリー: 14歳のときにたぶん歌を書き始めるようになったと思うんです。私の初めての「完成曲」は「Hush My Children」ってタイトルで。曲を書くようになった本当の理由なんてなかったんです。ある日まさに書き始め、それがどんどん私の強迫観念みたいなものとなり、気がついたらこうなったんですね……。歌を作りそれを歌う必要が私にはあると感じていて、その理由が私には分からないんです……。私はただそうしなくてはいけないんです。他の何よりも好きなことは音楽をやることなんです。

――ソングライターになる上で君が影響された人物や出来事は?

9メアリー: 特に何も……。先ほども言いましたけど、私は家族からの影響がとても大きいんです。それと、身近な人々や、日々関わらねばならない事柄だとかの影響もあります。私ってもっぱら憂さ晴らしだけで歌を書いているのかしら。自分を正気に保つために! 私が歌を作る理由は、私のそんな思いをみんなに共有してもらいたいからなんです。みんなが自分自身の人生のために私の歌から何かを得てくれればいいなあと思っています。

――ばかげた質問かもしれないけれど、君にとって美とは何だろう。そして、美にとって君は何だろう?

9メアリー: その質問、私は好きです。美とは心を動かす何か、感動させる何かで、それは人の心を悲しませ、涙を流させ、笑わせ、考え込ませる何か、ひととき自分自身のことを忘れさせてしまったり、まさに自分自身であらしめてくれたりするような何かなんです。

――デヴェンドラ・バンハートのことはどう思う?

9メアリー: 彼は私がオール・タイムで大好きなアーティストのひとりなんです。私がまだ10歳のとき、父親が彼の曲をよく車の中でかけていました。ココロジーとかアントニー&ザ・ジョンソンズなんかと一緒に。私と父親は曲に合わせて一緒に歌ったりしましたよ。私はデヴェンドラの音楽と強く結ばれているんだっていつも感じてきました。一度だけ、2011年にロンドンのシェファーズ・ブッシュ・エンパイアで彼のライヴを観たことがあるんですけど、すごく良かったなあ。彼は真の詩人で、霊感溢れるアーティストだわ。

――ケイト・ブッシュについて思うところはある?

9メアリー: 私が大好きなアーティストと較べれば、彼女についてはそのすべてを実際に知っているわけではないけど、でも、彼女が抜群に知的で、才能豊かで、能力の高い女性だと私は思っています。彼女が作品を巧みにコントロールするさまや、あのマジカルな声は、私は大好きです。彼女は完全に時代の先を走っていたんです。

――ビートルズは?

9メアリー: 私は彼らを敬愛しています。ビートルズで悪い曲なんか絶対にないでしょう! 彼らがやったことのすべてときたら、まったく信じられないわ。ビートルズの曲の、そのすべてが、まさしくぶっ飛びなんです!…… 兄のフィッツと一緒に、小さい頃に「バック・イン・ザ・USSR」を聴きながら、歌ったり踊ったりしたことを思い出します。曲がギター・ソロに入ると、私は床に仁王立ちしてエア・ギターをしていました(笑)。

――レッド・ツェッペリンは好き?

9メアリー: 好きだけど、ファンだとは言えません。実際、ツェッペリンの曲はiPodに入れていないし、頻繁には聴かないし、彼らの曲はたくさんは知らないし。でも、「カシミール」はすごく好きなんです。ツェッペリンがすごいバンドであることは否定しがたいことです。

――インクレディブル・ストリング・バンド、ティラノザウルス・レックス、ドノヴァン、シド・バレット(?)、ニック・ドレイクのような、かつてのブリティッシュ・アシッド・フォークについて思うところはありますか。

9メアリー: 私はその全員を愛しています。特に、ニック・ドレイク、ティラノザウルス・レックス、インクレディブル・ストリング・バンドを。ニック・ドレイクの「フルーツ・トゥリー」や「タイム・ハズ・トールド・ミー」なんてまさに驚嘆ものですよね。ああいうアーティスト達は私にすごくインスピレーションを授けてくれます。私は彼らの実験を愛しているし、彼らの歌詞はそれこそ知的かつ詩的なんです。今日び、霊感に溢れた音楽を新たに見つけることが難しくなってしまった私ですが、でも、過去のそういった音楽から不断の霊感を受けることができるのも、現在存在するゴミのような音楽の山の代わりにそういった音楽に簡単に触れることができるのも、とってもステキなことだと思うんです!

――ブルースは君には重要なものだろうか。

9メアリー: ええ。ルイ・アームストロング、BB・キング、エタ・ジェームスは、私が大好きなブルース・アーティスト。それと、エルヴィスの初期の作品なんかは「広義の」ブルースに分類できるかも……。私はエルヴィスが好きなんです。

――君はまだどこのレコード会社とも契約していない身分でありながら、イギリスだけではなく、フランス、ノルウェイ、アメリカでもライヴをやっている。ついこの間なんか、ニューヨークではココロジーのライヴの前座を務めたでしょう。すごいなあと感心するけど、でも他の若くて無名のアーティストがそれを知ったら君に嫉妬してもおかしくはない事態だとも僕は思う。君には腕ききのブッキング・マネージャーがいるのかな。

9メアリー: 私みたいな人間に嫉妬するなんて人がいるのなら、その人は嫉妬の感情を棄てて、自分自身の可能性に注意を払うことに専心すべきですよ。嫉妬なんてエネルギーの無駄遣いだわ。代わりに何か創造してよ。そして、ううん、私にはブッキング・マネージャーなんてまだいないんです……。今までのところでは、コンサートのオーガナイザー達が私に個人的に連絡をとってきたんです。

――アルバムを作る計画はありますか。

9メアリー: アルバム1枚分の曲なら私にはもう充分にありますし、それだけではなくて、ベッドルームでは今も絶えず曲を書き、デモをこしらえています。できれば早くアルバムを作りたいという気持ちはあります。でも、急いてはいけないんです。ファースト・アルバムを制作できるのは生涯で一度きりですもの。そのためには熟慮し、思いを深めることが大切です。ただ、それについて考えれば考えるほどますます気持ちは高ぶっていきます。

――僕は個人的に、君の服やアクセサリーがとても好きで。君のルックスにバッチリだと思っているんです。ところで、60年代のヒッピーについては君は何か知っているの?

9メアリー: 嬉しい! 私はファッションがすごく好きで、ジュエリーには夢中なんです。ジュエリーはいくらあっても足りないわ! そして、ええ、ヒッピーのことなら知っています。できれば60年代に行ってみたい。当時の人々は今よりずっとのんきで、概して幸せな気持ちだったみたいだし、音楽は輝いていたし、服はすごかった! でも、今この世界にいることだってかなりいいことだって私は思っているんです。だって、かっこよくて、知的で、才能のある人たちが、周囲にはたくさんいるんですもの!

――で、ご機嫌はいかが? 最近はどうしていましたか?

9メアリー: いい感じよ、ツヨシ、ありがとう! 音楽に専念するために最近学校を辞めたんだけど、この変化は私を幸福な気持ちにさせてくれているし、私の人生の新たなステップや私の将来に横たわる事柄への期待で胸の高まりを感じているんです。来る日も来る日も私は音楽に集中し、良いフィーリングの中での望ましいクリエイティヴな空間に目下身を置いているところなんです。

――日本に来ることがあったら何をしたい?

9メアリー: おお、私、日本にはすっごく行きたいんです! どこかでライヴもしたいし、日本の人はとてもラヴリーで親切だというので、日本を体験することは私にはとても素晴らしくて刺激的な体験になるんだと思っているんです。私の兄が数年前に日本を訪れていますが、彼はその魅力と美しさに気づきました。日本を探索することができたら本当にステキ。美に触れ、おいしいものを食べ、美しい花が咲き誇る樹々を見て……。かなりマジカルな体験になると思うんです。

――どうもありがとう! いい会話になりました!









Watch 9mary!  9mary, whose real name is Flo Morrisey, is a 17 year-old English.  As you see, she's a very beautiful girl.  She looks like a hippie fairly.  But she's a quite talented singer / songwriter.  Listen to her songs.  Feel her the way she sings.  Though she has never released any albums before, the ULYSSES BOYS are involved with her.
According to Tsuyoshi Kawasoe, who has found her very recently, she's "a woman of secret gold".  He adores her much highly.  Yes, he believes she's a bright star in the future.

Active Tsuyoshi interviewed her immediately.  Guys, read as below!


* * * * * 


-- Hi, Flo or 9mary.  Tell me which you like better to be called Flo or 9mary when you are interviewed as a singer / songwriter? 

9mary: Flo :) 

-- I know 9mary is from a photo-book your father showed you.  But why did you decide to name strange 9mary? 

9mary: I decided when I was 15 that i wanted to use a moniker instead of my real name as above everything it allows me to create a world around the music.  I also felt that '9mary' was more interesting (I like the use of a number) and pleasing to me verbally and visually. 

-- Your songs are really amazing.  Half sublime and half vulgar, or half beautiful and half dreadful.  Also, your voice is so impressive.  Personally saying, I maybe prefer your low toned voice to your high toned one.  You often sing about "hope", but your music sounds melancholic ambivalently, that's like a mysterious virginal ruin lost in the flower garden.  It's probably because you the English people still have the Elizabethan hearts?  Or, you have something specially unique in yourself?  Or, you have been inspired with the American freak folk scene of this century? 

9mary: Thank you, that's very kind and means a lot - I really like that description.  I like to take risks in my writing and to test myself..  I don't want my music to be 'perfect', if it can at least make people feel something like I do when I write the songs then that makes me happy.  That's so lovely…  well I don't know why that is to be honest..  perhaps its because I'm very influenced by old music but at the same time i am very much immersed in our modern society so I suppose my music is a blend of the two which creates something less 'normal' to the ears of people nowadays.  But yes I have also been inspired by the American freak folk scene of this century.

-- Please tell about your childhood.

9mary: I'm one of 9 children, I am the second oldest..  my childhood (i suppose i'm still a child?  but on the cusp of being an adult…I am 18 on Christmas Day!) has been very influential on me how I am today and my music and writing.  I am very fortunate to have such a wonderful family who I am extremely close with and love more than anything.  I am so lucky to always have the support of my wonderful parents for which i am very grateful for.  I don't really know what else to say about my childhood…  I would say in general it has been a pretty happy one.


-- Please tell me when and why you started to write songs. 

9mary: I started properly writing songs when I was 14, my first 'proper song' was called 'Hush My Children'.  I didn't have a real reason for starting to write songs - one day I just began writing and becoming more and more obsessed with my art and it went from there…  I feel i need to write and sing, I don't know why…  I just have to.  It's what I love to do more than anything.

-- Who or what inspired you, to be a songwriter?

9mary: There isn't really anyone or anything specific that inspired me to write..  Having said that I'm very inspired by my family and people who are close to me and things I have to deal with in day to day life.  I suppose I write mainly as an outlet for myself, it keeps me sane!  I also write because I want to share these thoughts I have with people, in hope they can gain something from them for their own lives. 

-- I'm afraid if it's a ridiculous question.  What means "the beauty" for you?  Or, what means yourself for "the beauty"?

9mary: I like the question.  I think beauty is anything that makes you feel - anything that moves you, it can be something that makes you sad, something that makes you cry, laugh, think, something that lets you forget yourself for a moment and just be. 

-- Tell me your opinion on Devendra Banhart.

I would count Devendra Banhart as one of my all time favourite musicians; my dad used to play his music in the car when I was about 10, as well as CocoRosie and Antony and the Johnsons and we would all sing along and I just have always felt like I have a strong connection with his music.  I've only seen him perform once at the Shepherds bush empire in London in 2011, it was really wonderful.  He's a real poet, and a very inspiring artist. 

-- Tell me your opinion on Kate Bush.

9mary: Compared to the artists who I count as my favourite I don't actually know a whole lot about her, however I think she is an extremely intelligent, talented and powerful woman.  I love how in control of her art she is and I think her voice is magical and she was definitely ahead of her time. 

-- Tell me your opinion on The Beatles.

9mary: I adore them - It's hard to find a bad Beatles song!!  I can't quite believe the amount of talent they had, think about all the amazing songs that they released…  its mind blowing!!  I remember my older brother Fitz and I used to sing and dance to 'Back In The USSR' when we were younger and when it was the guitar solo I would get on the floor and do air guitar haha. 

-- You like Led Zeppelin?

9mary: I like them but I wouldn't call myself a 'fan'; I don't have them on my iPod or listen to them often or know many of their songs to be honest.  However, I do really like their song 'Kashmir' and its undeniable that they were amazing. 

--Tell me your opinion on the British acid folkies in the old days like The Incredible String Band, Tyrannosaurus Rex, Donovan, Syd Barrett(?), and Nick Drake?

9mary: I love all of them - especially Nick Drake and Tyrannosaurus Rex and The Incredible String Band. Nick Drake's songs 'Fruit Tree' and 'Time Has Told Me' are just so amazing.  Those musicians are so inspiring to me, I love their experimentation and their lyrics are just so intelligent and poetic.  Nowadays I find it hard to come by much influential music so it's so nice to be able to have their music to constantly be inspired by and to just have available to listen to instead of the large amount of rubbish music there is today! 

-- Blues is important for you?

9mary: Yes blues is important to me.  Louis Armstrong, BB King and Etta James being among my favourite blues artists.  & I suppose some of Elvis' early works could be classified loosely as 'blues'..  I love Elvis. 

-- Though you don't work with any record companies, you play not only in England but also in France, Norway and America.  Recently you played in a show of CocoRosie in New York.  It's amazing.  In other words, it's not strange at all if you are envied by many other young and unknown artists.  I wonder if you are working with a good booking manager.

9mary: Anyone who is jealous of someone like me should try to forget about jealousy and focus their attention on their own ability.  Jealousy is a waste of energy, create instead.  And, no I'm not working with a booking manager at the moment..  so far all the shows I've played/am going to play have been organised by the organisers contacting me personally. 

-- Do you have a plan to make your album?

9mary: I have enough songs to make an album and am constantly writing and demoing new material in my bedroom.  I would really love to make an album sooner rather than later but I know that a debut album can't be rushed, you only have one first album and so these things need a lot of consideration and thought but it is something that I think and get excited about more and more everyday. 

-- I personally love your clothes and accessories deeply.  They are so perfect for your look.  You know about the hippies in the 60's by the way?

9mary: Thank you!  I really love fashion and am obsessed with jewellery - i feel i could never have too much jewellery!!  yes I know about the hippies in the 60's..  i'd love to be able to go back in time for a while to the 60s - people seemed much more carefree and generally happier and the music was brilliant and the clothes amazing!!  But I think we are pretty fortunate in our world now, there are so many cool, interesting and talented people around! 

-- So how are you?  How have you been these days? 

9mary: I am good thank you, Tsuyoshi!  I recently left school to concentrate on my music full-time and this transition has made me feel happy and i'm excited about this next stage of my life and what may lie ahead.  I'm just focusing on each day and I am in a good creative 'space' at the moment which is a nice feeling. 

-- What do you want to do if you came to Japan?

9mary: oh I would love to come to Japan so much!!  well id love to perform there, the people seem so lovely and kind and i think it'd be such a great, inspiring experience for me.  My older brother went there a few years ago and found it really fascinating and beautiful.  I think it'd just be wonderful to just explore the country and see it's beauty and eat the delicious food and see beautiful blossom trees…  it just seems pretty magical. 

-- Thank you very much for your answers! 

No comments: