ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 13, 2014

アネット・ピーコックの『ファースト』アルバム  Annette Peacock’s FIRST album

(English follows)
注目! 1968年から69年にかけてアネット・ピーコックがレコーディングした『Revenge』、ポリドールから1971年に発表されたんだけどずっと廃盤になっていたあのレコードが、リマスターされて、ジャケットを変えて、タイトルを『I Belong To A World That’s Destroying Itself』とあらためて、彼女のレーベル「Ironic」から再発されたわ! 

「これは私の最初の録音よ」と、アネット・ピーコックは言っているわ。「『Revenge』は、間違った世紀に発表された正しいアルバムだったの」 って。

『Revenge』はブレイ=ピーコック・シンセサイザー・ショウのライヴ・レコーディング。今さら言うまでもないわよね。当時の彼女の夫はジャズ・インプロヴァイザーのポール・ブレイで、彼はこのレコーディングにも何曲かで参加しているわ。すごくおススメ!


ATTENTION! In 1968 and 1969 Annette Peacock recorded “Revenge”, a long out-of-print record, originally released in 1971 from Polydor. But It’s now been remastered, repacked, and retitled “I Belong To A World That’s Destroying Itself” released from her own Ironic label.

“This is my first record”, she says. “It was the right album, in the wrong century...”

You know, “Revenge” is the live recordings from the Bley-Peacock Synthesizer Show. Needless to say, Annette Peacock’s husband at that time was the jazz improviser Paul Bley, who plays on some of the record. Yeah, it’s HIGHLY RECOMMENDED!

No comments: