ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 27, 2014

ピップ・プラウドのこと  On Pip Proud

(English follows)
アシッド・フォークの季節到来? というわけで、今日の私はピップ・プラウドを聴いてみたの。すごい。ユニーク。変な感じ。幻覚状態の中での子供じみたわめき声。チューニングの合っていないギターがテンポを無視して鳴っている……。 

ピップ・プラウドはメルボルンの人。「オーストラリアのシド・バレット」って呼ばれていたの。でも、ピップの最初の3枚のアルバムはシドが1970年にファースト・ソロを出す前に発表されていたのよ。最初のアルバムは「De Da De Dum」(1967年、50枚のみのプレス)、次が「Adrenaline and Richard」(1968年、フィリップス)、3枚目が「A Bird in the Engine」(1969年、フィリップス)。それから彼はイギリスにわたってキャリアを展開させようとしたわ。でも、ジョン・ピールは彼をダンデライオンのアーティストにさせたがっていたし、ビートルズのアップルも彼に興味を持ったらしいんだけど、実際には大したことは起こらなかったみたい。きっと彼はあまりにも天才だったからよね!……

私が持っているのは『ア・フレイング・スペース(もつれた空)』というアルバム。これは60年代のアルバムと70年代の未発表音源を纏めた編集盤で、emから先月リリースされたものなのよ。あなたもきっとこれが好きになるわ。ピップみたいな人は他にはいないもの!(シド・バレットを除いて?)



The season of acid folk has come? So I listened to Pip Proud today. Amazing. So unique. Bizarre. Childish rants of an hallucinated mind. Accompanied by an out-of-tune guitar and paced at irregular tempos...

Pip Proud was born in Melbourne. He was described as “The Australian Syd Barrett”. However, Pip’s first three albums were all out before Syd released his first set in 1970. His first album is “De Da De Dum” (1967, only 50 copies were released), his second one is “Adrenaline and Richard” (1968, Phillips), and his third one is “A Bird in the Engine” (1969, Phillips). Then he travelled to Britain to further his career. People say John Peel wanted to sign him to Dandelion, and there was even talk of interest from The Beatles’ Apple, but nothing much actually happened. Probably because he must have been a too genius!...

I have a copy called “A Fraying Space”. It’s a compilation of 1960s albums and 70s unreleased tracks, that was released from em records last month. I believe you must love this album. There has never been anyone like Pip! (Except for Syd Barrett?)

No comments: