ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 4, 2014

リー・ヘイゼルウッド!  Lee Hazlewood!

(English follows)
私は昨年リリースされたアダム・グリーン&ビンキ・シャピロのアルバムが大好き。そして、アダム・グリーン&ビンキ・シャピロが好きな人はナンシー・シナトラ&リー・ヘイゼルウッドが好きなの。ユリシーズ・ボーイズはいつもそう言ってるわ。だから私はリー・ヘイゼルウッドをもっと掘らなくちゃいけないの。ヘイゼルウッドの軍隊に入るためにも……。

リー・ヘイゼルウッド(1929年生まれ、2007年没)はプロデューサー、アレンジャー、作曲家、歌手、パフォーマー。60年代のナンシー・シナトラとのコラボで広く知られている人よね。彼の音楽はしばしば「カウボーイ・サイケデリア」なんて称されている。確かに変わっているけど、でもしっかり覚えておく価値がある音楽よね。ニック・ケイヴ、ボノ、リディア・ランチ、ボビー・グレスピー、ジーザス&ザ・メリー・チェーンは彼の大ファン。そうよねー。

私、ナンシー・シナトラ&リー・ヘイゼルウッドの「Some Velvet Morning」(1967年)は好きよ。時間を超えた曲。ゲンズブール&バーキンよりもクールだって思うわ。実は当時、リー・ヘイゼルウッドはピンク・フロイドをよく聴いていたの。シド・バレットの影響は明らかよ。うーん。

ユリシーズ・ボーイズによれば、ヘイゼルウッドのアルバム『Cowboy in Sweden』(1970年)はユニークなんですって。彼の重要なアルバムの1枚らしいわ。これはスウェーデンでレコーディングされたもの。多くのアメリカ人と違い、彼はたくさんの異なる国々を旅し、住みついたんだけど、スウェーデンは彼にとって特別心地いい国だったみたい。このアルバム、ジャケットがいいわよね!



Lee Hazlewood / Cowboy in Sweden
I love the album of Adam Green & Binki Shapiro that was released last year.  And those who love Adam Green & Binki Shapiro should be the fans of Nancy Sinatra & Lee Hazlewood too.  The ULYSSES Boys always say so.  So I have to dig Lee Hazlewood more and more, to join the army of Hazlewood...

Lee Hazlewood (1929-2007) was a producer, arranger, composer, singer and performer.  Most wildly known for his work with singer Nancy Sinatra in the 1960s.  His music is often described as "Cowboy Psychedelia".  It's just odd, but you have to pay attention to notice.  Nick Cave, Bono, Lydia Lunch, Bobby Gillespie and Jesus & The Mary Chain are great fans of him.  Of course.

I love the song called "Some Velvet Morning"(1967) of Nancy Sinatra & Lee Hazlewood.  The timeless song, that I think is cooler than Geinsbourg & Birkin.  In fact, Hazlewood was involved with Pink Floyd at that time, and the Syd Barrett influence on this song is apparent.  Mmm...

According to the ULYSSES Boys, Hazlewood's album "Cowboy in Sweden" (1970) is unique and one of his signature albums.  It was recorded in Sweden.  Unlike a lot of Americans, he has travelled and lived in a lot of different countries.  And Sweden was a special place for him.  I love the cover of this album!

No comments: