ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 16, 2013

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞?  The Velvet Underground newspaper?

(English follows)
ルー・リードが亡くなって以来、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコばかり聴いている私。私、普段はあんまり自覚がなかったんだけど、本当はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの音楽は好きなのね。「毛皮のヴィーナス」を聴くと、今年の4月にこの曲を東京のステージでカヴァーしたパズ・ランチャンタンのことを思い出すわ。パズにまた会いたい。でも、ルー・リードにはもう会えないのね。寂しい……。

ルー・リードを偲んで、今日は私のお宝をみんなに披露するわ。ひとつはアンディ・ウォーホルの有名だけどすごくレアなアートブック『INDEX』(1967年)。表紙にも、本の中にも、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが登場しているの。それに、バンドの「ノイズ」(リハーサル風景)を録音したソノシートもついているの。もうひとつはウォーホルの『Inter/View』(vol.1, no.2, 1969年)。
ウォーホル本の広告に、なぜかニコが出ているの。そして最後に、ルー・リードが1975年に初来日した時のチラシ。とっても素朴なデザインよね。今ではありえない。これは以前、気前のいい友達がくれたの。

一方、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは、面白いお宝を持っているんだって。それは『Air Mail』、通称「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞」で、芥川賞を取った『限りなく透明に近いブルー』(1976年)で小説家デビューを果たす前の村上龍がひとりで作っていた1974年のミニコミ。へー、そんなものがあったのね! 驚き!

「『Air Mail』は捨ててないよ。絶対に僕のアーカイヴにあるはず。探しておくよ。あれは当時100円だったんだ。でもきれいなデザインのミニコミだった。ヴェルヴェッツについて書かれた彼のエッセイには、ジョルジュ・バタイユの影響が濃厚だった。興味深かったね。そして、彼の本名は村上龍之介なんだけど、彼は当時から村上龍というペンネームで書いていたんだよ」と河添さん。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、今では歴史の大きな一部。でも、河添さんによれば、70年代の日本ではヴェルヴェッツもルー・リードもただの「アンダーグラウンドな伝説の一部」にすぎなかったんだって。昔の日本にはルー・リードのファンは少なかったんだって。確かに、60年代と70年代は、日本の音楽ファンはもっぱらブリティッシュ・ロックを高く評価していたものね……。

ルー・リード、安らかに眠って。

INDEX






Inter/View



Since Lou Reed passed away, I've often listened to the album of the Velvet Underground & Nico. I like the music of the group in fact, though I am not conscious of the fact usually.  In listening to "Venus In Furs", I'm obliged to remember Paz Lenchantin who covered this song in Tokyo, April this year.  I want to see Paz again.  However, we can't see Lou Reed again. I miss him...

In remembering Lou Reed, I'm pleased to show you some treasures of mine today.  One is a famous but rare artbook "Index"(1967) by Andy Warhol.  You can find the Velvet Underground both on the cover and the inside.  Also, a flexi disc that was recorded some noise (rehearsal) by the band is included.  Also, I have a copy of Warhol's "Inter/View" (Vol. 1, no.2, 1969). in the advertisement of the Warhol's book, I don't know why but a portrait of Nico appears.  And, lastly, I have a handbill of Lou Reed that was published when Lou Reed came to Japan for the very first time in 1975.  Very naive design, and that is impossible now.  The handbill was given to me in the past, by a generous friend of mine.

On the other hand, Tsuyoshi Kawasoe, a ULYSSES Boy, has a very special treasure.  It is "Air Mail", so-called "The Velvet Underground newspaper", that is a underground paper edited and written only by Ryu Murakami before he debuted as a novelist with "Almost Transparent Blue"(1976), an Akutagawa-prized novel.  Amazing, I didn't know about such that!

"I have not thrown that away.  I believe 'Air Mail' is still in my archives.  I'll look for that.  I remember it was 100 Yen at that time, but it was a beautifully designed publication. His essay on the Velvet Underground was obviously under the influence of Georges Bataille.  That was interesting for me.  And, his real name is Ryunosuke Murakami, but he was already writing under the name of Ryu Murakami at that time.", saying Tsuyoshi.

As you see, the Velvet Underground is a great part of the history.  However, according to Tsuyoshi, both the Velvets and Lou Reed were regarded just as "a part of the underground rock legend" in the 70's of Japan.  In the past, there were few Lou Reed fans in Japan.  Surely, in the 60's and the 70's, almost music fans in Japan appreciated much highly the British rock music mainly...

Lou Reed, R.I.P....

No comments: