ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 1, 2013

ポール・マッカートニーのピアノ  Paul McCartney's Piano

(English follows)
ポール・マッカートニーの新作が間もなくリリース。そして彼の日本公演は来月。あー、慌ただしいわ! そう、私は興奮しているの!……

そして、ひとつとっても気になることがあるのよね。今ポールがワールド・ツアーで使っているサイケデリックなペイントを施したピアノのこと。これは1967年にダドリー・エドワーズ(「ビンダー、エドワーズ&ヴォーガン」という伝説的なイギリスのデザイナー・グループのメンバー)がポールのためにペイントしたピアノよ。ポールはなぜ今あえてこのピアノを弾くの? そもそも彼が人前でこのピアノを使うのは初めてのことなのよ。でも、このピアノがあればポールはビートルズを思い出すことがとても簡単になるのかもしれないわ。事実、今回のツアーでは、ポールはたくさんのビートルズ曲をプレイしているのよね。興味深いわ……。

ちなみにダドリー・エドワーズは、60年代にポールやリンゴ・スターの家の壁にも絵を描いた人なのよ。それに、キンクスの編集盤『サニー・アフタヌーン』のジャケットに映っているサイケでカラフルなビューイックも彼のデザイナー・グループの仕事なの。すごくカッコいい。ロンドンの60年代ってステキな時代だったのねえ。


Paul McCartney's new album is coming soon.  Also, he will play in Japan next month.  Wow, I'm so busy!  Yes, I'm excited!...

In addition, I'm so interested in one thing; The psychedelically painted piano Paul uses this time.  It's the piano that Dudley Edwards, a member from the legendary British designer group "Binder, Edwards & Vaughn", painted for Paul in 1967.  I wonder why Paul dares to play this piano now.  It's for the very first time Paul plays this piano in front of the audience, that's true.  But I think it's probably so easy for Paul with the piano, to remember The Beatles.  In fact, Paul plays a lot of The Beatles songs this time for the World Tour he continues.  How interesting...

Incidentally, Dudley Edwards is a painter who also made the mural paintings for Paul and Ringo Starr's houses in the sixties.  Also, that psychedelic and colorful Buick that you can see on the cover of The Kinks' "Sunny Afternoon" was painted by Binder, Edwards & Vaughan.  So cool.  The sixties in London was a beautiful era, wasn't it?

No comments: