ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 8, 2013

ローレンスのドキュメンタリー映画?  A Documentary Film on Lawrence?

(English follows)
信じられないことに、ローレンスについての90分のドキュメンタリー映画が存在するの。タイトルは『Lawrence Of Belgravia』。監督はポール・ケリー。それは2011年の映画で、完成 に8年が費やされたそうよ。イギリスでは、さまざまなフィルム・フェスティヴァルですでに上映されてきたわ。今年の夏もね。

ローレンスのバックグラウンドや私生活のことはほとんど知られていないのよね。私達が知っているのはただ、彼がフェルトのリード・シンガーとして、デニムやゴー・カート・モーツァルトを結成する以前の80年代に、もっとも貴重なタイプの音楽を代表する人だった、ということくらいかしら。彼は巨大な謎。まれにみる才能を持ったアーティストでありながら、名声やリムジンに乗ることに憧れたりしなかった。『Lawrence Of Belgravia』は、そんなひとりのポップの天才の素顔に迫っているの。そして、幸い、DVDが近い内にリリースされるって!

ちなみにチェリー・レッドからリリースされた初期フェルトの3枚のアルバムにはユリシーズ・ボーイズもとても関心があるそうよ。彼らによれば、ローレンスはナイスな詩人だって。私はフェルトの曲だとシングルの「My Face Is On Fire」しか知らない。アルバムを試してみようかな。

Crumbling The Antiseptic Beauty / Felt



Unbelievably, there's a 90 min documentary film on Lawrence.  It's called "Lawrence Of Belgravia".  The director is Paul Kelly.  It's a film of 2011, that took 8 years to complete.  "Lawrence Of Belgravia" has already been screened for various film festivals in the UK.  It was screened this summer too.

Very little is known about Lawrence's background and personal life.  Only what we know is that as the lead singer with Felt, Lawrence was responsible for some of the most precious music of the 1980s before forming Denim and Go Kart Mozart.  He is a big enigma.  An artist of rare talents but left dreaming about fame and riding in limousines.  "Lawrence Of Belgravia" offers an intimate portrait of such a pop genius.  Also, fortunately, a DVD is coming out soon!

Incidentally, the ULYSSES Boys are much interested in the 3 albums of early Felt released from Cherry Red.  According to them, Lawrence is a nice poet.  I know only their EP "My Face Is On Fire".  I think I will try their albums.

No comments: