ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Aug 7, 2013

1968年のロバート・ワイアット  Robert Wyatt in 1968

(English follows)
1968年9月、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのサポートでソフト・マシーンが2度目のアメリカ・ツアーを終えた後、ロバート・ワイアットだけはアメリカにとどまって、ハリウッドとニューヨークでこっそりレコーディングをしたの。そうしてできた4曲のデモが、何と今年の10月8日、初めて全部纏まって、『Robert Wyatt '68』というアルバム・タイトルで CUNEIFORMからリリースされることになったのよ! すごい!

トラック・リストは以下の通り。

1. Chelsea
2. Rivmic Melodies
3. Slow Walkn' Talk
4. Moon In June

注意してね。このうち2曲は時々発表されたものだけど、残りの2曲は未発表で音源は無くなってしまったと信じられていたものだわ。ブラヴォー。CUNEIFORMに敬礼よ!

レコーディングから45年。このスペシャルなアルバムは英ポスト・サイケデリアを偲ぶ絶好の機会を私達に与えてくれることでしょう。ちなみに私は彼の「Moon In June」は大好きなの。



In September 1968, after the Soft Machine had just finished their second tour of the USA supporting the Jimi Hendrix Experience, Robert Wyatt still stayed working on recording secretly in Hollywood and New York.  And all four of the demos he made are collected together for the first time and released under the title of "Robert Wyatt '68" from CUNEIFORM Records on October 8 this year!  GREAT!

Track list is as below;

1. Chelsea
2. Rivmic Melodies
3. Slow Walkn' Talk
4. Moon In June

Note, 2 of them were eventually found and issued, but half of these recordings were unreleased and thought lost forever.  Bravo.  Hats off to CUNEIFORM!

45 years has passed since then.  I believe this special album will give a good opportunity to us to remember the British post psychedelic culture.  Incidentally, I love his 'Moon In June' so much.

No comments: