ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jun 5, 2013

アダム・グリーンへのインタヴュー  Interview with Adam Green

(English follows)
ワオ! 元リトル・ジョイのビンキ・シャピロとコラボして、今年ステキなアルバムを発表したアダム・グリーンが、私の質問に答えてくれたの! アダムってすごく面白い人! ぜひ読んでください! ありがとう、アダム! あなたのライヴをいつかぜひ東京で見たいわ!……


− デビューアルバムのリリース前から、お二人(アダムとビンキ)のことをすでに知っていたので、あなた方のデュオとしての活動には大変興味を持っていました。今世紀のアメリカの音楽は生産的で、また創造的であり、あなたのアルバムを聞くと期待通り素晴らしいので驚いています。今回インタビューができて光栄です。


− 今までに1960年代の男女ユニットについて意識したことはありますか?私たちは、あなた方が以下のようなアーティストと同じ系統だと思っていますが、それを意識したことはありますか?

 リー・ヘイゼルウッドとナンシー・シナトラ
 ソニーとシェール
 ゲンスブールとバーキン
もちろん、あなた方はジョンとヨーコとは違うと思っています!

アダム・グリーン  今まで自分のことをそのように考えたことはないですよ。あなたの指摘したデュオは全部、とってもクラシックですよね。僕はまずザ・モルディ・ピーチズでデュエットによる活動を始めたのですが、その当時でも僕がこれらの人と比較されていたのかどうかは分かりません。僕は彼らの作品が好きですし、あなたの比較も分かります。でも、多分ビンキと僕の今回のレコードは、スコット・ウォーカーとニコがデュエットしているような感じなんじゃないかなあ。またはエルヴィスがママ・キャスとデュエットしているみたいな。でも、実際はアダム&ビンキのデュエットにもっと近いのかも。

− アダム、あなたはアルバムを作ろうとして、ビンキに一緒にやってくれないかと頼んだのだと聞きました。なぜ彼女と一緒にやりたかったのですか?

アダム・グリーン ビンキと一緒にやるということにはとてもたくさんの理由があるんですよ。だって彼女はとても芸術的で、才気があって、甘美な声の持ち主だから。彼女と一緒に曲を書くということが果たしてどのようになるかは最初は想像がつかなかったけれど、実際はすごく簡単でした。仕事がはかどり始めると、毎日か1日おきに曲が書けたんです。

− 河添剛さんは、それぞれの曲が短いところが気に入っています。それらは昔のポップ・ソングのようで、曲の終わりはフェードアウトするものもあります。彼によれば、普通CDは70分の長さなので、LPのように短いものを聞くとすごくわくわくするんだそうです。あなたは曲を短く書こうと意図したのでしょうか。

アダム・グリーン うん。僕たちは曲を簡潔にまとめようとしたんですよ。歌詞を一生懸命練りあえたので、それ以上よけいな言葉は不要だったし。それに僕たちはジャム・バンドではありません。全ての曲をアコースティック・ギターで作って、それらは最初はことごとくただのフォークソングで、他の楽器のパートのことはちっとも考えていませんでしたね。僕は短い曲が好きなんです。いつも短い曲ばかり書いてきたんですよ。短い曲を聴き終えて、もう一度聴いてみたいなと思ってもらえるのっていいなあ。

− なぜあなたの曲はカラフルなのに、CDジャケットとディスクデザインは全て黒いのですか? 意図的にそうしたのですか?

アダム・グリーン 僕は暗い黄色の曲をアルバムのために書きたいと思い、ビンキは少しゴスが入っているので全部の曲を灰色にしたかったのです。僕がオレンジのメロディーを加え始めて、それから二人でターコイズ色のメロディーに変えたほうがいいのではないかということになりました。それで、それに合う明るい黒のギターパートをいくつか録音した後、黄色の曲をミキシングして、黒と灰色とターコイズ色のアルバムになったのです。そのことをジャケットは本当に良く表していると思います。

− 最初にどうやってノア・ジョージソン(プロデューサー/アレンジャー/ギタリスト)に連絡を取ったのですか? それは難しかったですか? 噂によると、彼は電話に出ないし、メールにも返信をくれないそうですが。どうしてあなたは彼にプロデュースをたのんだのですか?

アダム・グリーン ノアは僕の『マイナー・ラヴ』というアルバムとリトル・ジョイのアルバムを手掛けたことがありました。だから僕たちは2人とも以前に彼と一緒に仕事をしたことがあるってわけです。僕はノアを10年以上の長きにわたって知っているので、だからメールの返事はちゃんともらえましたよ。でも彼にそのような噂があるのは面白いなあ。彼が言うには、彼の住んでいるところにはレセプション(受付)がいないから、だから電話に出ないそうなんです!

− ノアはこのアルバムを作るのに重要な役割を果たしましたか?

アダム・グリーン ああ、それはもう決定的に。このレコードがこのようなものになるよう作るに当たって、ノアは僕たちにとってもちろん対等なパートナーでした。僕は彼がドラムとベースを録音するやり方が好きなんです。いつもとてもかっこいい音だから。彼はとても趣味がいいんです。

− アルバムジャケットの写真はローレン・デュコフ、アルバムはノア・ジョージソンのプロデュース、それからジョシア・スタインブリックとトッド・ダールホフも参加しています。今回あなたは仲のよい友達だけと一緒だったわけですか?

アダム・グリーン そうですね。それと、ドラムのジェイソン・ボーゼルも忘れないでくださいね。僕たちには本当に才能のある友達がたくさんいるんですよ! 友達と一緒に音楽をやるのは楽しい。たくさんの知らない人と一緒にレコーディング・スタジオに入るのはどんな感じだろうと考えると、ちょっと怖い気がします。

− ツアーはどうですか? ノアも一緒ですか?

アダム・グリーン 僕たちはバンドでライヴをやっていますよ。ツアーによってメンバーは若干違いますけど。僕らのツアー日程はバラバラなので、普通は演奏する各都市でサポート・メンバーを調達したりするんです。僕たちの最初のコンサートは完売だったんですが、そのせいでツアーの最初から僕たちは早くいいバンドにならなくてはいけなかったから、ちょっときつかったなあ。あ、それと言い忘れていたけど、僕たちはファーザー・ジョン・ミスティーのツアーで何度か前座を務めたんですが、あれはすごく良かった。

− アダムとビンキのこのユニットは続けるつもりですか?それともこれは1回きりなのですか?

アダム・グリーン 分かりません。もう何曲か一緒にするかもしれませんが、分かりません。

− 最近はどんな曲を聴いていますか?

アダム・グリーン 最近はポール・ロバートソンをやたら聴いています。新しいバンドのものだと、ハー・マー・スーパースターの新しいアルバム、パーマ・バイオレッツのEP、デヴェンドラ・バンハートの新しいアルバム、ダーティー・プロジェクターズのスイング・ロー・マゼラン、マック・デマルコの2がとても好きですね。

From Adam Green's website
From Adam Green's website
From Adam Green's website

From Adam Green's website

Wao!  Adam Green, who released a great album this year collaborated with an ex-Little Joy singer Binki Shapiro, kindly answered my questions!  Adam is such a very funny guy!  Guys, please read the article as below!  Thanks Adam! I really want to see your show in Tokyo someday!...


-- We have been very interested in your activities as a duo before the release of your debut album because we have known both Adam and Binki.  Music in the US in this century is very productive and also creative, and when we listen to your album, we were surprised to find that it was wonderful as expected.  We are very honored to interview you this time!


-- Have you ever been conscious of male and female units of the 60’s?  We think you are in the same genealogy as below, have you been conscious about it?
 Lee Hazelwood & Nancy Sinatra
 Sonny & Cher
 Gainsbourg & Birkin
Of course I know you are different from John & Yoko!

Adam Green  I guess I never saw myself that way - all those duos seem very classic.  I got started doing duets in The Moldy Peaches and I don't know if people ever compared me to any of those people back then.   I like all of that stuff and I can understand the comparison, but maybe our record is more like Scott Walker duetting with Nico.  Or elvis duetting with Mama Cass or something like that.  Maybe it's more like Adam & Binki actually.

-- Adam, I heard you wanted to make an album and you asked Binki to work with you.  Why did you wanted to work with her?

Adam Green  There's so many reasons to work with Binki, she's very artistic and smart and her voice is very soothing.   I didn't know what writing with her would be like, but it turned out to be really easy.   We worked very fast - when we got on a roll we would write a new song every day or two.

-- Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES likes that each song is short.    They are like old pop songs and some songs fade away at the end.  Usually CDs are 70 minutes long so he feels it is exciting when he listens to the short ones like LP.  Did you intend to make songs short?

Adam Green  Yeah I think we wanted the songs to be concise.   We worked really hard on the lyrics and we didn't want to have any extra lyrics that didn't need to be there.  And we're not a jam band, all the songs were written on the acoustic guitar and they were just folksongs at first, without any really instrumental parts in mind.    I like short songs, I've always written short songs.  It's nice when you get to the end of a short song and you just want to play it again.

-- Why your CD cover and the disk design are all in black though your songs are colorful?  Did you do it intentionally?

Adam Green  I wanted to write dark yellow songs for the album and binki wanted all the songs to be grey cuz she's bit of a goth.  I started adding orange melodies and then we agreed that we should change them to turquoise melodies.   So after we tracked a couple of light black guitar parts that liked, we ended up mixing out the yellow songs and we ended up with a black and grey and turquoise album.  And the cover really reflects that.

-- How did you contact Noah Georgeson in the first place?   Was it difficult for you?    According to rumor, he does not answer the phone or reply to emails.  And why did you ask him to produce?

Adam Green  Noah had recorded my album "Minor Love" and also The Little Joy album.  So we had both worked with him in the past.  I've know Noah for a long time, over 10 years, so he did end up returning our emails.  Though it's funny that he has that reputation - he doesn't answer the phone because where he lives theres no reception, or so he says!

-- Did Noah play an important role for you in making this album?

Adam Green  Yeah definitely.  He was certainly an equal partner in making the record sound the way that it does.  I love the way he records drums and bass, they always sound so cool.  He's very tasteful.

-- The photo on the album cover was taken by Lauren Dukoff, the album was produced by Noah Georgeson, and Josiah Steinbrick and Todd Dahl Hoff are supporting – you had only your good friends to work with you this time?

Adam Green  Yeah pretty much.  Don't forget Jason Boesel on drums.  We've got a lot of really talented friends!  It's fun to play music with your friends.  I'm a little scared of what it might be like to go into the recording studio with a bunch of strangers.

-- How is your tour? Is Noah supporting?

Adam Green  We have a band, it's gone through some changes each tour.  Our tour dates are so sporadic that we usually just have local support depending on what city we are playing in.  It's been kind of crazy because our first concert was sold out, so from the start we had to become a good band pretty fast.  Oh I forgot to mention we have done some support shows on The Father John Misty tour, which was really awesome.

-- Do you plan to continue this unit of Adam & Binki or is this just one-off?

Adam Green  I dunno, we might do some more songs together.  We just don't know.

-- What kind of music do you listen to recently?

Adam Green  I've been listening to Paul Robeson a lot recently.  As far as new bands I really like Har Mar Superstars new album, Palma Violets EP, Devendra Banhart's new album, Dirty Projectors Swing Lo Magellen, Mac DeMarco 2

No comments: