ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 8, 2013

ようこそ日本へ、親愛なるグレッグ・ロゴーヴ!  Welcome Back To Japan, Dear Greg Rogove!

(English follows)

1月26日の『ファミリー・ジャムズ』の上映会は本当に素晴らしかったわ! お礼が遅れちゃったけど、来場者のみなさまには謹んで感謝の言葉を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました!

そして、その『ファミリー・ジャムズ』のアーティストたちと深い関係で繋がっているグレッグ・ロゴーヴと、先週末会ったのよ! グレッグのことならみんなはもうよくご存じよね? 彼はデヴェンドラ・バンハートのバンド『ザ・グロッグス』のパワフルなドラマーで、昨年はソロ・アルバム『ピアナ』(エリック・サティやドビュッシーの音楽を連想させる胸を打つようなピアノ曲集で、これは名作よ!)をリリースした、偉大なミュージシャンよ。私たちは彼のことが大好きで、とても尊敬しているから、ユリシーズ・オフィシャル・ブログでは彼のロング・インタヴューを掲載したこともあったわ。さいわい、今回はアンノウン・モータル・オーケストラのメンバーとして来日し、Hostess Club Weekender(at Zepp DiverCity Tokyo)に出演したグレッグから、いろいろな話を聞くことができたわ!

「実は僕は、アンノウン・モータル・オーケストラのパーマネント・メンバーではないんだ。すでに半年ほど一緒に働いたし、彼らの音楽には親近感を覚えているんだけど、僕は僕自身の新しいプロジェクトに集中しなければいけないんだよ」

「デヴェンドラ(・バンハート)はじきに新作『Mala』を発表するよね。僕も数曲レコーディングに参加したんだ。面白いアルバムだと思うよ。デヴェンドラの声はクリーンに、そしてクリアになったね。思うに、彼にとってこの2年間はとても大きな意味があったんだ」

「ノア(・ジョージソン)がユリシーズによろしくって言ってたよ。彼は今、大忙しなんだ。たくさんのミュージシャンたちのレコーディングにプロデューサーとして関わっているからね! でも、彼と連絡を取り合うのってすごく大変だよ。何しろ彼は電話に出たがらないし、メールも書きたがらない。でも、僕たちはすごく仲のいい友達なんだ!」

「ユリシーズが『ファミリー・ジャムズ』を上映したんだってね。みんなの反応はどうだったかな。良かった? あの映画が撮影された当時のアメリカは本当にすごかったんだよ。一挙にたくさんの素晴らしいミュージシャンが誕生したんだ。僕は監督のケヴィン・バーカーとは友達だよ。ケヴィンは知的で物静かな人。ユニークなキャラクターなんだ」

「ユニークといえば、今回ビンキ・シャピロと共同でアルバムをリリースしたアダム・グリーンもユニークだな。僕は彼のソロ・アルバムに少し関与したことがあるよ。アダムは面白い人なんだ。彼の声もいいと思うよ。低音がセクシーでね(笑)。アダムとビンキのことは、今度君に紹介するよ」

「昨年僕がGAPのファッション・モデルをしたことはもう言わないで! メッチャクチャ恥ずかしいんだから!」

「かつてのイギリスの音楽は素晴らしかったね。タイムマシンでもあれば、60年代後半から70年代初頭のロンドンに行って、ミュージシャンとして活動してみたいと思うよ。現在もイギリスには人気のあるミュージシャンたちがいるし、彼らの多くはアメリカでもよく売れているんだけど、僕に言わせれば、ストレンジな事態なんだなあ……」

「アルバム『リヴァー』(1973)のテリー・レイドは、僕のフェイヴァリット・アーティストの一人だよ!」

グレッグは相変わらずとても感じの良い人。でも、それだけではなくて、彼は旺盛なクリエイティヴィティの持ち主であることが再確認できたわ。『ピアナ』に続く彼の新しいプロジェクトには大いに期待したいわ!

PIANA / Greg Rogove






Source: youtu.be via Gap on Pinterest


Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

The screening of "The Family Jams" on January 26th was really great!  Sorry it's late, but I would like to say thank you for coming to the screening.  Thank you very much again!

And I met Greg Rogove last weekend, who is deeply connected with artists in "The Family Jams" !   You know about Greg well, don’t you?  He is a powerful drummer of Devendra's band "The Grogs", and he is a great musician who released a solo album "PIANA" last year.   (It is a masterpiece, that is a moving piano suite associates with the music of Erik Satie and Debussy!)  As we love and respect him, we have posted his long interview on Ulysses Official Blog.  Luckily, we could speak on various things with him who came to Japan as a member of Unknown Mortal Orchestra and played at Hostess Club Weekender at Zepp DiverCity Tokyo this time.

"Actually, I am not a permanent member of Unknown Mortal Orchestra.  We have worked together for about 6 months and I feel intimate with their music, but I have to concentrate on my own new projects."

"Devendra (Banhart) will release a new album 'Mala' soon.  I participated to record a few songs.  I think it is an interesting album.  Devendra’s voice has become clean and clear.  I think these 2 years has a big meaning for him. "

"Noah (Georgeson) said hello to Ulysses.  He has been very busy at the moment.  He has been involved with recordings of many musicians as a producer!  But it is hard to get in touch with him.  He does not want to pick up the phone and write emails.  But we are very good friends!"

"Did Ulysses have a screening of 'The Family Jams'?  How was everyone's reaction?   Was it good?   America was really great when it was filmed.  Many nice musicians appeared at the same time.   I am a friend of the director, Kevin Barker.  He is intelligent and a quiet person.  Very unique character."

"Talking of unique, Adam Green, who has just released an album with Binki Shapiro is unique too.   I have been involved with his solo album a little.  He is a very funny person.  His voice is good.  His low voice is sexy (lol).  I will introduce Adam and Binki to you."

"Please don't say another word about me being a fashion model for GAP last year.  It is a big shame!"

"British music in the past was great.  I would like to be a musician in the late 60s or early 70s if we have a time machine.  They have popular musicians in England now and many of them are doing well in the US but for me it is a strange situation..."

"Terry Reid of his album 'River' (1973) is one of my favorite artists!"

Greg is a very sweet person as ever.  But not only that, I reaffirmed that he has active creativity.  I much look forward to his new projects following "Piana".

No comments: