ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 29, 2013

インデックス  Index

(English follows)

2013年はすごく楽しい年だったわ。ユリシーズは1月は東京で、5月は京都で、ケヴィン・バーカーの映画『ファミリー・ジャムズ』を上映し、4月はパズ・ランチャンタンの、12月はアナップルの素晴らしいライヴをオーガナイズしたし。それに、5月はデヴィッド・ボウイの本を出したことも忘れられないわ。ユリシーズは相変わらず活発なの。来年はどんな年になるのかしら。私はもちろんいつもワクワクしているわ!

そして、みなさま、いつもこのブログを読んでくれてありがとう! 今年も私はいろいろなアーティストのことを書きました。以下はそのリストです。

*アダム・グリーン&ビンキ・シャピロ(2月14日、6月5日)
*アナップル(4月25日、8月28日、10月27日、11月2日、11月23日、11月28日、11月29日、12月6日、12月7日)
*ビートルズ(6月12日)
*ダリル・リード(6月27日)
*デイヴ・カスワース(10月19日)
*デヴィッド・ボウイ(3月31日、5月8日、5月19日、5月27日)
*デヴェンドラ・バンハート(3月8日、7月23日)
*エントランス・バンド(9月5日、10月6日、12月26日)
*ザ・ファミリー・ジャムズ(1月18日、1月22日、3月16日、5月11日)
*フェルト(10月8日、10月13日)
*ジェネシス・P=オリッジ(8月6日)
*グレッグ・ロゴーヴ(2月8日)
*ジョー・ダレッサンドロ(8月19日)
*ジョセフィン・フォスター(3月17日)
*ケヴィン・エアーズ(2月25日)
*キング・クリムゾン(9月28日、9月30日)
*レッド・ツェッペリン(3月1日)
*ザ・ライク(7月11日)
*リンダ・パーハックス(7月4日)
*リトル・ジョイ(9月21日、9月25日)
*ルー・リード(11月16日)
*マーク・ボラン(10月25日)
*マーク・フライ(2月12日)
*MC5(10月25日)
*ニッキ・サドゥン(2月20日、6月16日、9月22日)
*ポール・マッカートニー(10月1日)
*パズ・ランチャンタン(4月4日、4月9日、4月12日、4月21日、6月19日)
*ロバート・ワイアット(8月7日、8月10日)
*ルーサン・フリードマン(4月14日)
*シェラ・マクドナルド(8月31日)
*スティーヴ・ペレグリン・トゥック(7月20日)
*シド・バレット(7月28日)
*トゥインク(7月20日、10月14日)
*エトセトラ(1月4日、1月7日、1月9日、1月13日、3月24日、5月15日、6月25日、6月29日、7月26日、11月18日)

まあ、私の趣味はずいぶん偏っているのね! アハハ!

それではみなさま、よいお年を! またお会いしましょう!





Now I think 2013 has been the enjoyable year.  ULYSSES screened Kevin Barker's film "The Family Jams" in Tokyo in January and in Kyoto in May.  Not only that but also ULYSSES organized the wonderful concerts of Paz Lenchantin in April and of Anapple in December.  Of course you don't forget the David Bowie book that was edited by ULYSSES came out in May, do you?  ULYSSES is still active.  What will go on next year?  I'm so excited anyway!

And, thanks for my beautiful readers!  As you know, I've written a lot about various artists here as below;

*on Adam Green & Binki Shapiro (February 14, June 5)
*on Anapple (April 25, August 28, October 27, November 2, 23, 28, 29, December 6, 7)
*on The Beatles (June 12)
*on Darryl Read (June 27)
*on Dave Kusworth (October 19)
*on David Bowie (March 31, May 8, 19, 27)
*on Devendra Banhart (March 8, July 23)
*on The Entrance Band (September 5, October 6, December 26)
*on The Family Jams (January 18, 22, March 16, May 11)
*on Felt (October 8, October 13)
*on Genesis P-Orridge (August 6)
*on Greg Rogove (February 8)
*on Joe Dallesandro (August 19)
*on Josephine Foster (March 17)
*on Kevin Ayers (February 25)
*on King Crimson (September 28, 30)
*on Led Zeppelin (March 1)
*on The Like (July 11)
*on Linda Perhacs (July 4)
*on Little Joy (September 21, 25)
*on Lou Reed (November 16)
*on Marc Bolan (October 15)
*on Mark Fry (February 12)
*on MC5 (October 25)
*on Nikki Sudden (February 20, June 16, September 22)
*on Paul McCartney (October 1)
*on Paz Lenchantin (April 4, 9, 12, 21, June 19)
*on Robert Wyatt (August 7, 10)
*on Ruthann Friedman (April 14)
*on Shelagh McDonald (August 31)
*on Steve Peregrine Took (July 20)
*on Syd Barrett (July 28)
*on Twink (July 20, October 14)
*on et cetra (January 4, 7, 9, 13, March 24, May 15, June 25, 29, July 26, November 18)

Wow, my taste on music so biased!  Ha, ha, ha!

So, guys, happy new year for you all!  See you very soon!

Dec 26, 2013

メリー・クリスマス!  Merry Christmas!

(English follows)
メリー・クリスマス! 私のパソコンはしばらく壊れていました! そして、その間、ユリシーズ・ボーイズはエントランス・バンドの新作『Face The Sun』にずっと夢中だったの。これは大変な傑作。みんな、ぜひ聴いて! 今やエントランス・バンドはアメリカで最高のロック・グループになったのよ!




Merry Christmas!  Sorry, my computer has been broken for a while!  And the ULYSSES Boys have been involved with the Entrance Band's new album "Face The Sun" so seriously during that time.  This is a really great masterpiece.  Guys, listen to the album!  Now the Entrance Band is one of the greatest rock group in America!

Dec 7, 2013

初期アナップル  Anapple in the Early Days

(English follows)
これは初期アナップルの貴重な映像よ。2012年末、場所は京都。あれから1年。バンドはとっても成長したわ。驚くほどに。みんな、もう『アルコイリス』はゲットしたかしら? まだの人は急いで! レコンキスタでも入手可能よ!





These are the precious films of early Anapple.  Filmed in Kyoto, at the end of 2012.  One year has passed since then.  The band has developed incredibly.  Have you already got their album "Arcoiris"?  If not, hurry up!  You can buy one at Reconquista too!

Dec 6, 2013

ありがとう!  Thank You!

(English follows)
先週土曜日はSOUPでのアナップルのライヴにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました! アナップルが、そして竹田賢一さんが、素晴らしい演奏をしたと聞きました(でも、私はとっても悲しい。当日私はぎっくり腰になってしまって、彼らのショウを見逃してしまったの……)。

幸いにも、アナップルのアルバム『アルコイリス』はゲットしました。私は音楽評論家ではないけど、これが大変な名盤だということはすごく分かります。アナップル、ありがとう! アナップル大好き! そして、私に言えることはただ、『アルコイリス』は決定的にクレイジーなアルバムだということ。しかも美しくて、野性的で、気持ちのいいアルバムなの。一方、ジャケット・デザインには本当にビックリしました!

これからもぜひアナップルを応援してください。ありがとう!


Thank you for everyone who came to the Anapple show at SOUP last Saturday!  I hear that both of Anapple and Ken-ichi Takeda played incredibly (But I am so sad.  I missed them for I had strained my back on that day...).

Fortunately, I've got a copy of Anapple's debut album "Arcoiris".  Though I'm not a music critique, I know well it's a great masterpiece.  Thanks, Anapple!  I love you!  And what I can say is that "Arcoiris" is definitely a crazy album.  Also, it's a beautiful, wild and comfortable album.  I'm really amazed to see the cover works by the way!

Please keep on supporting Anapple.  Thank you so much!

Nov 29, 2013

アナップルのプロモーション用ポスター!  Anapple's promotional poster!

(English follows)
アナップルの最初のプロモ―ション用ポスターが完成! ステキ―! デザインはユリシーズ(河添剛さん&倉茂透さん)よ。これ欲しいー! 30日にSOUPで行われるアナップルのレコ発ライヴでは、このポスターがみなさまを入り口でお出迎えします。楽しみにしていてね! そしてもちろん、アナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』もぜひお買い求めください! 『アルコイリス』は本当に傑作よ。激しくて、野性的で、サイケデリックで、美しくて、信じられないような歌の数々。誰もが彼らの音楽が好きになると思うの。おススメ!



Anapple's first promotional poster has just come out!  Beautiful!  It was designed by ULYSSES (Tsuyoshi Kawasoe & Toru Kurashige).  I want to have one!  The poster will be waiting for you at the entrance of SOUP where Anapple is playing for their album release party on the 30th.  Stay tuned!  Also, do not forget to buy Anapple's debut album "Arcoiris" then!  "Arcoiris" is a great masterpiece really.  It includes hard, wild, psychedelic, beautiful and incredible songs.  I believe everyone must love Anapple's music.  HIGHLY RECOMMENDED!

Nov 28, 2013

アナップルのミニ・ポスター!  Anapple's mini poster!

(English follows)
29日に発売されるアナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』。中には小さなサイズのポスターが封入されているの。裏面には歌詞が掲載されているわ。すてき、すてき、すてき! これは宝物のようにすごく美しい……。

30日のアナップルのライヴにはぜひ来てね! 以前もお知らせした通り、場所はSOUPよ。またね!


Anapple's debut album "ARCOIRIS" that is coming out on the 29th this week.  It includes a small sized poster (and you can find all lyrics on the back of the poster).  Wow, wow, wow!  This is so beautiful like a treasure...

Guys, please come to the Anapple's show at SOUP on the 30th (Saturday)!  See you then!  Bye for now!

Nov 23, 2013

アナップルのデビュー・アルバム!  Anapple's debut album!

(English follows)
ワオ! アナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』が11月29日に発売されるわ! 全10曲入り。リリース元はAlga。もちろんレコンキスタでも買えるわよ! すでに音を聴いたユリシーズ・ボーイの平治さんによれば、「アナップルを聴けばもう誰も安眠はできない」とのこと。河添剛さんによれば、「新たなるランボー。アナップルの叙情は野性的な幻視家のそれだ」とのこと。期待していてね! 『アルコイリス』が2013年のベスト・ロック・アルバムの一枚に数えられることは間違いないわ!

アルバムのジャケット・デザインはユリシーズによるもの(河添剛さん&倉茂透さん)。相変わらず超カッコいい! ちなみにこれは見開きの紙ジャケ仕様らしいわ。

そして11月30日は、アルバム発売を記念してSOUPでライヴ。こちらもすごく楽しみ。オープニング・アクトがあの竹田賢一さんだというのも嬉しいことだわ。みなさま、ライヴにはぜひお越しください! ステキな夜を一緒に過ごしましょう!

Arcoiris by Anapple

Wow!  Anapple's debut album "Arcoiris" is out on the 29th this month!  The album has 10 songs.  It's from Alga.  Of course, you can buy it at Reconquista!  According to ULYSSES Boy Osamu Taira, who has already listened to the album, you'll never sleep well after listening to Anapple.  According to Tsuyoshi Kawasoe, it's new Rimbaud, and the lyricism of Anapple is the one of the wild visionnaire.  Stay tuned, guys!  I believe "Arcoiris" is regarded as one of the greatest rock albums in 2013!

The sleeve design is by ULYSSES (Tsuyoshi Kawasoe & Toru Kurashige).  Sooooo cool as always!  It's a gate-fold sleeve / mini LP format, by the way.

Also, Anapple will play at SOUP on the 30th November, for celebration of the album release. It's exciting too.  Besides, I am so happy that the opening act is great Ken-ichi Takeda.  So, guys, please come to the show!  Let's enjoy the wonderful evening together!

Nov 18, 2013

ゴシップ  Gossip

(English follows)
お友だちから聞いた話。パトリシア・インダーという名前の女性がいるの。実は彼女の初恋の人は何とジョン・レノンで、50年代にはジョンから求婚すらされたことがあるんだって。ジョンは本気だったのかしら。でも、二人はその後分かれて、ジョンはパトリシア同様にブロンドの髪のシンシアと最初の結婚をしたわ。で、パトリシアがその後付き合うようになるのはモーターヘッドのレミーなの。当時レミーはサム・ゴパルのメンバー。それから彼女はレミーの子供を産むわ。赤ん坊は男の子で、ポールという名前。でも、この時の2人の関係も長続きしないの。それから数年たつと、パトリシアは今度は元ティラノザウルス・レックスのスティーヴ・ペレグリン・トゥックと仲良くなるわ。彼女の息子のポールによれば、スティーヴはとてもやさしい人で、幼いポールの面倒も良く見ていたんだって。信じられないわ! でも、スティーヴはその後あるフランス人女性と恋に落ちて、その女性のそばで死ぬの。1980年、ジョン・レノンが殺された年に。

面白いわね。ジョン・レノン、レミー、スティーヴ・ペレグリン・トゥックを結びつける女性が存在するなんてね。ロックの歴史はすごく深いのね。頭がくらくらしそうよ。




It's a story I heard from my friend.  There's a lady named Patricia Inder.  In fact, Patricia's first lover was John Lennon, and she was even asked to marry by him in the fifties.  I wonder if John was serious.  But they said goodbye each other, and John married Cynthia Powell who was a blonde haired woman like Patricia.  And then Patricia dated with Lemmy, a guy of Moterhead but a member of Sam Gopal at that time.  Then she has borne him a child whose name is Paul.  However, the relation of the two was never kept.  After a few years, Patricia was "good" friend with ex-Tyrannosaurus Rex guy Steve Peregrine Took.  According her son Paul, Steve was so gentle, and he also took good care of him.  Unbelievable!  However, Steve fell in love with a French woman and he died beside her in 1980 when John Lennon was killed.

Interesting, anyway.  There's a woman among John Lennon, Lemmy, and Steve Peregrine Took.  The rock history is so deep, and I almost feel dizzy.

Nov 16, 2013

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞?  The Velvet Underground newspaper?

(English follows)
ルー・リードが亡くなって以来、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコばかり聴いている私。私、普段はあんまり自覚がなかったんだけど、本当はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの音楽は好きなのね。「毛皮のヴィーナス」を聴くと、今年の4月にこの曲を東京のステージでカヴァーしたパズ・ランチャンタンのことを思い出すわ。パズにまた会いたい。でも、ルー・リードにはもう会えないのね。寂しい……。

ルー・リードを偲んで、今日は私のお宝をみんなに披露するわ。ひとつはアンディ・ウォーホルの有名だけどすごくレアなアートブック『INDEX』(1967年)。表紙にも、本の中にも、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが登場しているの。それに、バンドの「ノイズ」(リハーサル風景)を録音したソノシートもついているの。もうひとつはウォーホルの『Inter/View』(vol.1, no.2, 1969年)。
ウォーホル本の広告に、なぜかニコが出ているの。そして最後に、ルー・リードが1975年に初来日した時のチラシ。とっても素朴なデザインよね。今ではありえない。これは以前、気前のいい友達がくれたの。

一方、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは、面白いお宝を持っているんだって。それは『Air Mail』、通称「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞」で、芥川賞を取った『限りなく透明に近いブルー』(1976年)で小説家デビューを果たす前の村上龍がひとりで作っていた1974年のミニコミ。へー、そんなものがあったのね! 驚き!

「『Air Mail』は捨ててないよ。絶対に僕のアーカイヴにあるはず。探しておくよ。あれは当時100円だったんだ。でもきれいなデザインのミニコミだった。ヴェルヴェッツについて書かれた彼のエッセイには、ジョルジュ・バタイユの影響が濃厚だった。興味深かったね。そして、彼の本名は村上龍之介なんだけど、彼は当時から村上龍というペンネームで書いていたんだよ」と河添さん。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、今では歴史の大きな一部。でも、河添さんによれば、70年代の日本ではヴェルヴェッツもルー・リードもただの「アンダーグラウンドな伝説の一部」にすぎなかったんだって。昔の日本にはルー・リードのファンは少なかったんだって。確かに、60年代と70年代は、日本の音楽ファンはもっぱらブリティッシュ・ロックを高く評価していたものね……。

ルー・リード、安らかに眠って。

INDEX






Inter/View



Since Lou Reed passed away, I've often listened to the album of the Velvet Underground & Nico. I like the music of the group in fact, though I am not conscious of the fact usually.  In listening to "Venus In Furs", I'm obliged to remember Paz Lenchantin who covered this song in Tokyo, April this year.  I want to see Paz again.  However, we can't see Lou Reed again. I miss him...

In remembering Lou Reed, I'm pleased to show you some treasures of mine today.  One is a famous but rare artbook "Index"(1967) by Andy Warhol.  You can find the Velvet Underground both on the cover and the inside.  Also, a flexi disc that was recorded some noise (rehearsal) by the band is included.  Also, I have a copy of Warhol's "Inter/View" (Vol. 1, no.2, 1969). in the advertisement of the Warhol's book, I don't know why but a portrait of Nico appears.  And, lastly, I have a handbill of Lou Reed that was published when Lou Reed came to Japan for the very first time in 1975.  Very naive design, and that is impossible now.  The handbill was given to me in the past, by a generous friend of mine.

On the other hand, Tsuyoshi Kawasoe, a ULYSSES Boy, has a very special treasure.  It is "Air Mail", so-called "The Velvet Underground newspaper", that is a underground paper edited and written only by Ryu Murakami before he debuted as a novelist with "Almost Transparent Blue"(1976), an Akutagawa-prized novel.  Amazing, I didn't know about such that!

"I have not thrown that away.  I believe 'Air Mail' is still in my archives.  I'll look for that.  I remember it was 100 Yen at that time, but it was a beautifully designed publication. His essay on the Velvet Underground was obviously under the influence of Georges Bataille.  That was interesting for me.  And, his real name is Ryunosuke Murakami, but he was already writing under the name of Ryu Murakami at that time.", saying Tsuyoshi.

As you see, the Velvet Underground is a great part of the history.  However, according to Tsuyoshi, both the Velvets and Lou Reed were regarded just as "a part of the underground rock legend" in the 70's of Japan.  In the past, there were few Lou Reed fans in Japan.  Surely, in the 60's and the 70's, almost music fans in Japan appreciated much highly the British rock music mainly...

Lou Reed, R.I.P....

Nov 2, 2013

アナップルの東京ライヴ!  Anapple's Live in Tokyo!

(English follows)
ワオ! アナップルがデビュー・アルバム『アルコイリス』の発表を記念して東京でライヴをするの! 日にちは11月30日。場所は落合SOUP。サポートは竹田賢一(彼が日本のアンダーグラウンド界を代表するミュージシャンであると同時に偉大な音楽評論家でもあることは、誰もがよく知っていることよね?)。イヴェントを主催するのはユリシーズとレコンキスタ。絶対に、絶対に、絶対に見逃さないで! ものすごい夜になるのは間違いないわ! うまくは言えないけれど、アナップルの音楽はひどく美しくて、奇妙で、謎めいていて、時に荒々しくて、全面的にサイケデリックなの。そう、もちろん私はアナップルの大ファンよ! アナップルは天才!




Wow!  Anapple will play in Tokyo soon, to celebrate the release of their first album "Arcoiris"!  The date is November 30.  At Ochiai SOUP.  The support player is Ken-ichi Takeda (As you all know well, he is not only a legendary artist in the Japanese underground music scene but also a great music critic).  The event is organized by Ulysses Magazine and Reconquista.  Never, never, never miss that!  It must be the great evening for you all!  Sorry, I can't explain well, but Anapple's music is so beautiful, bizarre, enigmatic, sometimes wild, and totally psychedelic.  Yes, of course I'm a big Anapple fan!  Anapple is a rock of genius!

Oct 27, 2013

アナップルのデビュー・アルバム!  Anapple's Debut Album!

(English follows)
アロハ! 林拓が率いるアナップルのデビュー・アルバムのタイトルが決まりました!題して『アルコイリス』。ワオ! そして全曲ライヴ・レコーディングになるそうよ(アシッドでサイケデリックなフォーク・ロックを展開するアナップルの凄まじいライヴ演奏を考えれば、それってすごくいいことかもね)。ジャケットは見開きの紙ジャケ仕様。発売日は11月29日。すごく楽しみ! これは間違いなく2013年のロック・アルバムのベストの一枚になるわ! 要ゲットね!

ちなみに、ジャケット・デザインについての情報はまだないわ。風変わりでカッコいいものになる、とだけ林拓の友達から教えられたけど。でも、分かったらみんなにもすぐにお伝えします!


Aloha!  Taku Hayashi's new group Anapple is ready to release their debut album, and it's called "Arcoiris"!  Wow!  All songs are recorded live (It's so good probably, because we know well about Anapple's wild play on stage who does acid / psychedelic folk rock. The format is mini LP one with gate-fold sleeves.  The release date is November 29.  Stay tuned!  It must be one of the greatest albums of the year! Must buy!

By the way, still no information on the design of the album cover.  Taku Hayashi's friend said to me, "It will be strange but cool"...  I'll let you know soon the image anyway!

Oct 25, 2013

これは何?  What's This?

(English follows)
これは何? ポール・マウス? でも、サー・ポール・マッカートニーとは何の関係もないの。おかしいわねー。

実はこれは伝説のグループ、MC5が、1967年9月15日にジョージ・ボールルームに出演した際の、超レアなチラシなのよ! 他の出演者はギャング、パック、アッシュモリヤン、クインテット、アワセルヴズ。チラシのデザインはドニ―・ドープ(ヤバい名前ね……)。サイズは10.5×27センチ。チラシだけがコンサート前に一度プリントされたそうよ。ポスターは存在しないんだって。

最近知ったんだけど、MC5のヴィンテージ・ポスターってすごく高額なのね! どれも2,000ドル以上もするみたいね。ポスター・アートに詳しい人によると、MC5、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、アンディ・ウォーホル関係の60年代のヴィンテージ・ポスターとチラシはすごくレアで、どれもこれもすごく高いそうなの。私も何か欲しいけど、そんなんじゃとても買えないわ。ちょっとがっかりね。


What's this?  Paul Mouse?  But it's unrelated with Sir Paul McCartney.  Funny, isn't it?

In fact, it's a ultra rare handbill of the legendary MC5 for the concert of September 15, 1967, at George Ballroom.  Other performers were gang, the pack, Ashmollyam, Quintet and Ourselves.  The designer was Donnie Dope (Oh, a sick name...).  It measures 10.5 x 27cm.  The handbill was only printed once before the concert.  No poster is known to exist.

Recently I've known, the MC5 vintage posters are so expensive!  Each is over $2,000.  According to a guy who knows well about the poster art, the 1960s vintage posters and handbills of MC5, the Velvet Underground and Andy Warhol are extremely rare and so costly.  It's so hard for me though I want some.  I feel bad a little.

Oct 19, 2013

うわさ話?  Just a Rumor?

(English follows)
うわさ話? でも、これはある友達からこのあいだ聞いたことなんだけど、英レコード・レーベルのイージー・アクションは、クリエイションから1991年にデイヴ・カスワースがリリースした唯一のソロ・アルバム『All The Heartbreak Stories』の再発を目下こっそり計画中なんですって。実現すれば、それはボーナストラック付きの限定アナログ盤としてリリースされるそうよ。でも、おかしいの。この計画をデイヴ・カスワース自身はまだ知らないんだって!

とにかく『All The Heartbreak Stories』が再発されることはいいことよね。このアルバムは今では入手が困難だものね。しかも、隠れた名盤。ジャコバイツをいったん離れた後にデイヴが作った、ニッキ・サドゥン抜きの最初の「良い」アルバムなの。どの曲もパーソナルで、抒情的で、クールで、胸を打つほどロマンティックで、貧乏。デイヴ・カスワースは「貧乏なキース・リチャーズ」って言われているんだって。だとしたら、キースはお金持ちのデイヴ・カスワースだと私は言うわ!

デイヴのアルバムなら『Princess Thousand Beauty』もいつか再発されるといいな。彼のことに詳しいユリシーズ・ボーイの河添剛さんによれば、このアルバムも白眉なんだって。ニッキ・サドゥンも大絶賛してるんだって。私はこのアルバムは持っていないけど、でもデイヴはソングライターとしての才能はすごく高いんじゃない? 彼は単なるロックンローラーじゃないわ。過小評価されたトルバドールだと思うの。

All The Heartbreak Stories / Dave Kusworth






Just a rumor?  But, it's a story that a friend of mine told me the other day, the British record label Easy Action is now planning secretly to reissue Dave Kusworth's solo album "All The Heartbreak Stories" that was originally released in 1991 by Creation.  If the plan comes true, it will come out as vinyl and limited edition with bonus tracks.  But, funny.  Dave Kusworth himself doesn't know this plan yet!

Anyway, it's good for us that "All The Heartbreak Stories" will be released again.  The album is hard to find now.  But it's a hidden treasure.  It's his first great album without Nikki Sudden after Dave left the Jacobites.  Every song is personal, lyrical, cool, heartbreakly romantic, and poor.  People call Dave Kusworth "poor Keith Richards".  So I call Keith "rich Dave Kusworth"!

It would be so nice if Dave's another album "Princess Thousand Beauty" will be reissued too.   According to Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES who knows the works of Dave well, it's also definite.   Nikki Sudden also appreciated that much highly.  I don't have a copy, but I believe Dave is such a talented songwriter.  He's not only a rock'n'roller, but also a very underrated troubadour, I think.

Oct 15, 2013

BBCのマーク・ボラン  Marc Bolan at the BBC

(English follows)
アロハ! 今日はマーク・ボランの凄いニュース。みなさんもたぶんよく覚えていると思うけど、『Bolan at the BEEB』(2007年にポリドールから出た3枚組CDセット)はすごいア ルバムだったわよね! 長らく消失したものと思われていた楽曲「My Baby's Like A Cloud Form」まで収録されていて(でも、間違って「Cloudfall」って表記されていたけど)、ポリドールのこのセットの後ではマーク・ボランのBBCレコーディングなんかもう出ないって思っていたわ。

でも、今回ユニヴァーサルからリリースされた『MARC BOLAN at the BBC』は、もっともっと凄いの。こちらは何と6枚組CDボックスよ! マーク・ボランがBBC放送のために残したレコーディ ングの全音源。明らかに最大級の充実した内容よ。収録されている全118曲中(ジョンズ・チルドレン、ティラノザウルス・レックス、T・レックスをフィーチャーした、1967年から1977年まで)、これまでリリースされたことのないティラノザウルス・レックスの曲が16曲、T・レックスだと20曲以上が収録されているの。これこそが本当に一流のコレクションよ。それに、レア写真満載のゴージャスなブックレットもステキ。ジャケット写真も飛び抜けてる!(これは1971年のマーク・ボランね。彼ってものすごくきれいな顔の男の子だったのね)

『MARC BOLAN at The BBC』、これは全音楽ファンのための宝物。彼が死んで36年が経ったけど、私達はマーク・ボランを忘れたりはしないわ。マークの音楽は時間を超越しているし、霊感に溢れているもの。今や彼は若い世代のDNAの一部にもなっている。マークに挨拶を送るわ!
Marc Bolan at the BBC / Marc Bolan

Aloha!  Here's great news on Marc Bolan today.  As you probably remember well, "Bolan at the BEEB" (3 CD released in 2007 by Polydor) was an excellent job!  First release of the thought-to-be-lost gem 'My Baby's like a Cloud Form' (but wrongly listed as 'Cloudfall') included in this set, and we didn't expect another Bolan BBC release after the Polydor set.

However, "MARC BOLAN at the BBC", that Universal has just released this time, is much more important.  Amazingly, this is a 6 CD collection in a box!  It's obviously the most ambitious and complete collection of Marc Bolan's BBC recordings so far.  Of the 118 tracks in the box set, featuring John's Children, Tyrannosaurus Rex and T. Rex from 1967 to 1977, 16 of Tyrannosaurus Rex tracks and over 20 of T. Rex are previously unreleased.  This is a stellar collection really.  Also, the gorgeous booklet with full of rare photos is great.  And the cover photograph is superb!  (It's Marc in 1971.  He was a very beautiful boy.)

"MARC BOLAN at the BBC", it's a treasure for all music lovers.  We won't forget Marc Bolan though it's been 36 years since he died.  Marc's music is timeless and inspirational.  Now he is part of the DNA of the youth.  We salute you, Marc!

Oct 14, 2013

トゥインクのニュー・アルバム  Twink's New Album

(English follows)
アロハ! 筋金入りのアングラ・ロック好きな人には、今さら伝説のジョン"トゥインク"アルダーのことなんか説明不要よね。トゥインクはトゥモローやプリティ・シングスのメンバーだった人。シド・バレットとスターズを結成した人。スティーヴ・ペレグリン・トゥック(ティラノザウルス・レックス)やミック・ファーレン(デヴィアンツ)と友だち(?)だった人。そして、絶対に忘れてはいけないサイケの歴史的大名盤『Think Pink』(1970年)(私にはまだちょっと苦手だけど……)の作者。

ううん、彼はまだ死んでいないのよ! 彼は今マラケシュ(モロッコ)に在住。しかも幸いサンビームが先日トゥインクのニュー・アルバム『You Reached For The Stars』をリリースしたばかりよ。 アルバムはイタリアのバンドのテクニカラー・ドリーム(いい名前!)をバックに、ゲスト・ギタリストとしてブロッサム・トウズのブライアン・ゴッディング(!)も招いて、ローマでレコーディングされたの。マスタリングはアビィ・ロード・スタジオで、60年代にプリティ・シングスやトゥモロウのレコーディングを手掛けた有名なピーター・ミュウが担当。ゴージャスよね? で、肝心の音楽はといえば、これはもうまさしく精神拡張型ね! 『Think Pink』が好きな人には、これは絶対おススメのアルバムよ!

ボーナストラックが8曲入っているわ。「10,000 Words In A Cardboard Box (live)」とか「Suicide (live)」とか。ヤバいわよね~……。 

YOU REACHED FOR THE STARS /
TWINK AND THE TECHNICLOUR DREAM
Aloha!  The legendary John "Twink" Alder will require no introduction to seriously deep fans of underground rock.  Twink was a member of Tomorrow and Pretty Things.  He founded the Stars with Syd Barrett.  He was a friend (?) of Steve Peregrine Took (Tyrannosaurus Rex) and Mick Farren (The Deviants).  And, never forget, he's the artist of that psychedelic great historic masterpiece "Think Pink" (released in 1970) though it's still more than match for myself... 

No, he's NOT dead!  Twink lives in Marrakech, Morocco now.  Also, he's just come out a new album "You Reached For the Stars" from Sunbeam.  Wow.  The album was recorded in Rome with the Italian band Technicolour Dream (I love the name!) plus guest guitarist Brian Godding from Blossom Toes (!), and mastered at Abbey Road Studios buy noted engineer Peter Mew who had worked on Pretty Things and Tomorrow recordings in the 1960s.  Gorgeous, isn't it?  So, as for the music itself, it's really mind-expanded!  Highly recommended for those who love "Think Pink"!

"You Reached For The Stars" contains eight bonus tracks.  '10,000 Words In A Cardboard Box (live)' and 'Suicide (live)' are included.  So sick!...

Oct 13, 2013

フェルトの写真集  The Photo Book on Felt

(English follows)
再びフェルトのことで驚き。2011年には、ローレンスのドキュメンタリー映画『Lawrence of Belgravia』が完成していただけではなく、フェルトの写真集までイギリスで刊行されていたの。知らなかったー。

この写真集は1000部限定。布張りのハードカヴァー本で、ローレンス自身によるナンバリングとサインが入ったすごい豪華本。20人以上の写真家たちによるフェルトのたくさんのポートレイトが収められているの。ファンにとっては一生ものね。出版元は、ロンドンとパリに拠点を置くファースト・サード・ブックス。この出版社は要注目よ。パンク・ロック以降のミュージック・シーンに関する、個性的で質の高い写真集をこれからもどんどん刊行していくそうだから。

FELT / Photography by various photographers
Again, surprised with Felt.  In 2011, not only the documentary film on Lawrence called "Lawrence of Belgravia" was completed, but also the photo book on Felt released in England.  I didn't know that.

This photo book is the limited edition of 1000.  It's so gorgeous with hardback cloth-bound cover, and signed and numbered by Lawrence himself.  It contains many portraits of Felt taken by over 20 different photographers.  This book must be a great treasure for all fans, I believe.  The publisher is First Third Books, based in London and Paris.  You should keep attention to this publisher.  First Third Books will continue to release unique and high-quality photo books on the music scene after punk rock. 

Oct 8, 2013

ローレンスのドキュメンタリー映画?  A Documentary Film on Lawrence?

(English follows)
信じられないことに、ローレンスについての90分のドキュメンタリー映画が存在するの。タイトルは『Lawrence Of Belgravia』。監督はポール・ケリー。それは2011年の映画で、完成 に8年が費やされたそうよ。イギリスでは、さまざまなフィルム・フェスティヴァルですでに上映されてきたわ。今年の夏もね。

ローレンスのバックグラウンドや私生活のことはほとんど知られていないのよね。私達が知っているのはただ、彼がフェルトのリード・シンガーとして、デニムやゴー・カート・モーツァルトを結成する以前の80年代に、もっとも貴重なタイプの音楽を代表する人だった、ということくらいかしら。彼は巨大な謎。まれにみる才能を持ったアーティストでありながら、名声やリムジンに乗ることに憧れたりしなかった。『Lawrence Of Belgravia』は、そんなひとりのポップの天才の素顔に迫っているの。そして、幸い、DVDが近い内にリリースされるって!

ちなみにチェリー・レッドからリリースされた初期フェルトの3枚のアルバムにはユリシーズ・ボーイズもとても関心があるそうよ。彼らによれば、ローレンスはナイスな詩人だって。私はフェルトの曲だとシングルの「My Face Is On Fire」しか知らない。アルバムを試してみようかな。

Crumbling The Antiseptic Beauty / Felt



Unbelievably, there's a 90 min documentary film on Lawrence.  It's called "Lawrence Of Belgravia".  The director is Paul Kelly.  It's a film of 2011, that took 8 years to complete.  "Lawrence Of Belgravia" has already been screened for various film festivals in the UK.  It was screened this summer too.

Very little is known about Lawrence's background and personal life.  Only what we know is that as the lead singer with Felt, Lawrence was responsible for some of the most precious music of the 1980s before forming Denim and Go Kart Mozart.  He is a big enigma.  An artist of rare talents but left dreaming about fame and riding in limousines.  "Lawrence Of Belgravia" offers an intimate portrait of such a pop genius.  Also, fortunately, a DVD is coming out soon!

Incidentally, the ULYSSES Boys are much interested in the 3 albums of early Felt released from Cherry Red.  According to them, Lawrence is a nice poet.  I know only their EP "My Face Is On Fire".  I think I will try their albums.

Oct 6, 2013

LAのベスト・ロック・バンド  LA's Best Rock Band

(English follows)
ワオ! 『LAウィークリー』誌が今年のベスト・バンドとしてエントランス・バンドを選んだわ! でも、驚く必要はないかもね。しごく当然のことよね。実際、エントランス・バンドは私達にとってはずっと最大のスターだったもの!

前にもここでお知らせしたように、エントランス・バンドは11月にニュー・アルバム『Face The Sun』を発表するわ。ブルックリンの新興レーベルBeyond Beyond Is Beyondから。これは絶対聴いてね! 彼らはドラッグ中毒と、疲労と、悲しみの長いトンネルをくぐりぬけた後に、遂に本物の光を見出したの。音楽を照らす光、愛の光を。『Face The Sun』はあなたをきっと励ましてくれるはず。リリースを楽しみにしていてね!

一方、バンドのリーダー、ガイ・ブレークスリーは、目下ニューヨークにいてソロ・アルバムをレコーディング中。こちらは「エントランス」名義でリリースされるのかしら?

Face The Sun / The Entrance Band

Wow!  "LA Weekly" calls The Entrance Band best rock band of 2013!  But you don't have to be surprised.  The Entrance Band is the best, that's obvious.  In fact, The Entrance Band has been a great star for all of us!

As I let you know before, The Entrance Band will release a new album called "Face The Sun" in November, from the Brooklyn-based label Beyond Beyond Is Beyond.  Don't forget to listen to this!  After they went through a long tunnel of addiction, exhaustion, and sadness, they've finally found real light; light that shines on music, light of love.   I believe "Face The Sun" will encourage you.  Let's look forward to the album release!

On the other hand, Guy Blakeslee, the band leader, is now in New York to record a solo album. The album will be under the name of "Entrance"?

Oct 1, 2013

ポール・マッカートニーのピアノ  Paul McCartney's Piano

(English follows)
ポール・マッカートニーの新作が間もなくリリース。そして彼の日本公演は来月。あー、慌ただしいわ! そう、私は興奮しているの!……

そして、ひとつとっても気になることがあるのよね。今ポールがワールド・ツアーで使っているサイケデリックなペイントを施したピアノのこと。これは1967年にダドリー・エドワーズ(「ビンダー、エドワーズ&ヴォーガン」という伝説的なイギリスのデザイナー・グループのメンバー)がポールのためにペイントしたピアノよ。ポールはなぜ今あえてこのピアノを弾くの? そもそも彼が人前でこのピアノを使うのは初めてのことなのよ。でも、このピアノがあればポールはビートルズを思い出すことがとても簡単になるのかもしれないわ。事実、今回のツアーでは、ポールはたくさんのビートルズ曲をプレイしているのよね。興味深いわ……。

ちなみにダドリー・エドワーズは、60年代にポールやリンゴ・スターの家の壁にも絵を描いた人なのよ。それに、キンクスの編集盤『サニー・アフタヌーン』のジャケットに映っているサイケでカラフルなビューイックも彼のデザイナー・グループの仕事なの。すごくカッコいい。ロンドンの60年代ってステキな時代だったのねえ。


Paul McCartney's new album is coming soon.  Also, he will play in Japan next month.  Wow, I'm so busy!  Yes, I'm excited!...

In addition, I'm so interested in one thing; The psychedelically painted piano Paul uses this time.  It's the piano that Dudley Edwards, a member from the legendary British designer group "Binder, Edwards & Vaughn", painted for Paul in 1967.  I wonder why Paul dares to play this piano now.  It's for the very first time Paul plays this piano in front of the audience, that's true.  But I think it's probably so easy for Paul with the piano, to remember The Beatles.  In fact, Paul plays a lot of The Beatles songs this time for the World Tour he continues.  How interesting...

Incidentally, Dudley Edwards is a painter who also made the mural paintings for Paul and Ringo Starr's houses in the sixties.  Also, that psychedelic and colorful Buick that you can see on the cover of The Kinks' "Sunny Afternoon" was painted by Binder, Edwards & Vaughan.  So cool.  The sixties in London was a beautiful era, wasn't it?

Sep 30, 2013

キング・クリムゾンのレア・ポスター!  Rare Poster for the King Crimson!

(English follows)
ファンタスティック! これはキング・クリムゾンの超レアなポスターよ!(見たことある?)制作年は1969年。アーティストは伝説のアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(1969年)のジャケットを手掛けたバリー・ゴッドバーで、アルミ・ホイルの上にプリントされているの。カッコいい! これほしいなー。でも、一体どうしたら手に入れることができるのかしら?

King Crimson poster by Barry Godber

クリムゾン・キングの宮殿 / In The Court Of The Crimson King
Fantastic!  This is a super mega-rare King Crimson poster!  (Have you seen it before?)  Executed in 1969.  It's by the legendary LP "In The Court of The Crimson King" (1969) cover artist Barry Godber, and is printed on aluminium foil.  How cool!  I want this poster!  But I wonder how I can get it.

Sep 28, 2013

キング・クリムゾンの帰還  King Crimson is Returning

(English follows) 
2008年に最後にプレイしたキング・クリムゾンが、再活動するべく戻ってくる! お披露目は2014年9月1日、アメリカのどこかでやるそうよ。グループの歴史にとって第8期に当たる今回のラインナップは、ロバート・フリップ、ギャヴィン・ハリソン、ビル・リーフリン、トニー・レヴィン、パット・マステロット、メル・コリンズ(!)、そしてジャコ・ジャクスジク。7人のメンバー。4人がイギリス人で、3人がアメリカ人。そして、何とドラマーが3人! ひえ~。

ロバート・フリップ自身は2010年以来ライヴ・パフォーマンスからは遠ざかっていたわ。彼はカニエ・ウェストがやった「21世紀の精神異常者」のサンプリングをめぐってユニヴァーサル・ミュージックと法廷で争っていたの。で、結果はフリップの勝訴。それでキング・クリムゾンが帰還することになったわけね。

ところで、オリジナル・メンバーのイアン・マクドナルドは最近元気にしているのかなー……。私、クリムゾンのニュースに触れるたびに私が大好きなアルバム『マクドナルド&ジャイルス』をいつも思い出しちゃうのよね……(当然でしょ?)。

McDonald & Giles

King Crimson, who last played together in 2008, is returning to active service! They will do a live performance somewhere in USA on September 1, 2014.  The line-up, the 8th in the band's history, will be Robert Fripp, Gavin Harrison, Bill Rieflin, Tony Levin, Pat Mastelotto, Mel Collins(!) and Jakko Jakszyk.  7 members.  4 English musicians and 3 Americans.  And, amazing, 3 drummers!  Big surprise.

Robert Fripp himself has retired from live performance since 2010.  Because he was busy to sue Universal Music over the sampling of "21st Century Schizoid Man" by Kanye West.  Mr. Fripp just won in the result.  So King Crimson is back.

By the way, one of the original members Ian McDonald is fine recently?...  I always remember my favorite album "McDonald & Giles" when I read the news on King Crimson...  (Why not?)

Sep 25, 2013

デマ! A False Information!

(English follows) 
残念! 先日ここでお伝えした、リトル・ジョイがホット・ダニーとバンド名を変えて再結成したというニュース、あれはバンドと何の関係もないフェイスブックのあるファン・サイトが流したデマでした! でも、私達としては、リトル・ジョイが一刻も早く活動を再開することを祈り続けましょう!……

一方、これは本当の話。メンバーのロドリゴ・アマランテは新作アルバム『Cavalo』をリリースしたわ。それと、ビンキ・シャピロと最近コラボしているアダム・グリーンは今年ある女性と結婚したばかりなの(ビンキとアダムは恋人同士だと思っていたんだけど、それは私の勘違いだったのね……)。

Cavalo / Rodrigo Amarante
As for the news I told you the other day that Little Joy got the band back together in referring to themselves Hot Danny, much unfortunately, it was a false information(!) from a Facebook fan page that does not any relationship with the band!!!  But let's keep on praying that Little Joy will start working again as soon as possible...

On the other hand, these are true.  Rodrigo Amarante from Little Joy has released a new album  called "Cavalo".   Also, Adam Green who works together with Binki Shapiro recently married with a woman this year (I thought Binki and Adam were lovers, but it was my misunderstanding...).

Sep 22, 2013

ニッキ・サドゥンのアルバムがレコードで蘇る!  Nikki Sudden on Wax!

(English follows)
ワオ! ヌメロ・グループがニッキ・サドゥンのアルバムをレコードでどんどんリイシューしていくんだって! 初回は11月12日。1982年のデビュー作「Waiting on Egypt」、83年の「The Bible Belt」(デイヴ・カ スワース参加!)、そして同じくジャコバイツ(ニッキ・サドゥンとデイヴ・カスワース)の84年のセルフ・タイトル・アルバム、85年の「Robespierre's Velvet Basement」の4枚よ。

その次のレコード化の波は来年の2月。86年の「TEXAS」、87年の「Dead Men Tell No Tales」、それと「Kiss Your Kidnapped Charabanc」(バースデイ・パーティのローランド・S・ハワードとの共作)が出るわ。

ニッキ・サドゥンのアルバムをレコードで愉しむってステキなことよね!彼のアルバムは全部グレイト。もしもあなたがローリング・ストーンズやニール・ヤングやマーク・ボランやフェイセズやジョニー・サンダースのファンなら、ニッキのことも間違いなく好きになるわよ。それにニッキの音楽はすごく深いの。ニッキにもっと詳しくなりたい人は、ぜひ『ユリシーズ』3号を読んでね。19ページ分の特集記事があるわ!

ニッキがいなくて寂しい。彼は2006年に49歳の若さで心臓発作で亡くなったのよね……。

ところで、1988年のアルバム「Crown of Thorns」はヴァイナル化されないのかしら。ニッキ自身は「あれはイタリア製のブートレッグだ!」って怒っていたけど、でも私にとっては好きなアルバム。特にアコースティック・サイドがね。抒情的で、寂しくて、ポンコツで、しかもすごく美しい曲ばかり……。

Waiting on Egypt

The Bible Belt

Jacobites

Robespierre's Velvet Basement
Wow!  It was announced that the Numero Group would reissue a series of Nikki Sudden's album on vinyl!  The first of reissues drops on wax November 12.  This includes Nikki's 1982 debut "Waiting on Egypt", 83's "The Bible Belt" (with Dave Kusworth!), as well as the Jacobites (Nikki Sudden & Dave Kusworth)' 1984 self-titled debut and 1985's "Robespierre's Velvet Basement".

The next wave of reissue is in February, and will cover 1986's "TEXAS", 1987's "Dead Men Tell No Tales", as well as "Kiss Your Kidnapped Charabanc" with Rowland S. Howard from the Birthday Party.

It's so nice you can enjoy Nikki Sudden albums on vinyl, isn't it?  His albums are all great. If you are a fan of the Rolling Stones, Neil Young, Marc Bolan, the Faces and Johnny Thunders, you must love Nikki Sudden too.  Also, Nikki's music is so deep.  Please read "ULYSSES" vol. 3, if you want to know more about Nikki Sudden.  You can enjoy the 19 pages-feature article on Nikki!

We miss Nikki Sudden.  He died in 2006, from a heart attack at the age of 49...

By the way, 88's "Crown of Thorns" will not be reissued on vinyl?  Nikki himself said with anger, "That was a bootleg made in Italy!".  But I love the album, especially its acoustic side. The songs are lyrical, lonely, totally broken, and so beautiful...

Sep 21, 2013

HOT DANNY?  HOT DANNY?

(English follows)
ごめんなさーい! しばらくここを離れていて、ハワイで遅い夏休みを満喫していたの。あー、すごく楽しかった!

で、夏休み中に驚きのニュースが。何と、私が大好きなバンドのあのリトル・ジョイが突然再結成したのよ! もちろんファブリツィオ・モレッティ、ビンキ・シャピロ、ロドリゴ・アマランテのオリジナル・メンバーで! 彼らは新曲も作っているんだって。ワオ。でも、グループ名はリトル・ジョイからホット・ダニーに変更。どうして?



SO SOOOOOOORRY!  I've been out from here to enjoy my late summer vacation in Hawaii.  Ah, I had a fun time really!

On the other hand, it was amazing news during my stay in Hawaii.  Surprisingly, my favorite Little Joy has been getting the band back together suddenly!  Of course the members are Fabrizio Moretti, Binki Shapiro, and Rodrigo Amarante!  They are composing new songs now.  Wow.  But they're now referring to themselves Hot Danny, not Little Joy.  WHY?

Sep 5, 2013

Face The Entrance Band!  Face The Entrance Band!

(English follows)
ワオ。遂に!……

……そうよ。あの偉大なエントランス・バンド、私達が最も好きなバンドのひとつが、ビヨンド・ビヨンド・イズ・ビヨンド(Beyond Beyond Is Beyond)と契約し、11月19日に待望のニュー・ アルバム『Face The Sun』(太陽に顔を向けて)をリリースすることになったの! これはサーストン・ムーアのレーベル「エクスタティック・ピース」からリリースされた2009年のセルフ・タイトル作以来のセカンド・アルバム。私達はずっとこれを待っていたわ。エントランス・バンドに顔を向けながら。11月19日よ。この日を覚えておきましょう!

新作をすでに全部聴かせてもらっているという河添剛さんがこう言っているわ。

「このアルバムは、もともとは『スパイダー』というタイトルで呼ばれていたと思うよ。でも、僕は『Face The Sun』の方が好きだ。というのも、エントランス・バンドは僕の黒い太陽だもの。ただし、注意してもらいたいんだけど、彼らの新しい音楽はアラビアの蜘蛛の巣のように繊細で、ブルースの廃墟の中に突然咲いた獰猛な花のように美しくて、サイケデリアを超えて、善悪の彼岸で、あらゆる生き物のようにサイケデリックなんだ。つまり、大文字の啓示なんだよ。彼らは音楽の未来に顔を向けている……。ガイ・ブレークスリーは依然として世界で最も美しく、最も純粋で、最も悲劇的な声を持ったシンガーだ。マルチ・プレイヤーのパズ・ランチャンタンはエントランス・バンドの音楽を育てる偉大な母親だ。そして、デレク・W・ジェームス、彼はロバート・ワイアットやマイケル・ジャイルスやリンゴ・スターのように、ドラムを歌わせることができる稀な若者なんだよ。僕は彼らを信頼しているんだよ。僕は聴く前にエントランス・バンドを褒め、聴いた後に再びエントランス・バンドを褒めることがマナーだと思っているような人間なんだ」

2011年に、ユリシーズはエントランス・バンドのプロモーション・ポスターを作ったことがあるわ(すごくかっこいいの!)。それに、今年はパズ・ランチャンタンのライヴ告知ポスターも作った(これもかっこよかったわ!)。ユリシーズ・ボーイズはエントランス・バンドが大好き。彼らはずっとこう言っているわ、「Face The Entrance Band!」って。『Face The Sun』の詳細はいずれまた……。楽しみにしていてね!




Wow.  Finally!...

...YES.  The great Entrance Band, one of our favorite bands, has signed to BEYOND BEYOND IS BEYOND, and will release their long-awaited new album "FACE THE SUN" on November 19th!   You know, this is the second album since the 2009 self-titled album released on Thurston Moore's ECSTATIC PEACE label.  We've been waiting for that for long, in facing The Entrance Band constantly.  Let's keep November 19th in mind!

This is Tsuyoshi Kawasoe's saying who has already listened to "Face The Sun".

"I believe the album was originally called SPIDER.  But I prefer FACE THE SUN.  Because the Entrance Band is my black sun.  However, note, their new music is delicate like an Arabian spider web, beautiful like a flower that suddenly blooms in the ruin of blues, and psychedelic like every living beyond psychedelia or beyond good and evil.  In short, it's a REVELATION itself.  They all face to the future of music... Guy Blakeslee is still a singer with the most beautiful, the most innocent, and the most tragic voice.  Multi-player Paz Lenchantin is a great mother who raises the music of The Entrance Band.  And Derek W. James is an exceptional young guy who can "sing" with his drumming like Robert Wyatt, Michael Giles and Ringo Starr.  I trust them.  I'm a person who believe it's a good manner to adore The Entrance Band before enjoying them and after enjoying them again."

ULYSSES made a promotional poster for The Entrance Band in 2011 (So cool!).  Also, ULYSSES did a Paz Lenchantin poster for her solo show this year (It's so cool too!).  You see, the ULYSSES Boys love The Entrance Band so much.  They have emphasized consistently, "Face The Entrance Band!".  I'll tell you more about "Face The Sun"... so stay tuned!

Aug 31, 2013

バック・トゥ・ザ・ビジネス  Back To the Business

(English follows)
ワオ。オドロキよ。シェラ・マクドナルド、セプテンバー・プロダクションのあの歌姫が、9月に遂に新作アルバムを引っ提げてシーンに復帰するの。そのアルバムは、1971年の『Stargazer』以来となる、サード・アルバムなのよ!

彼女が1971年に突然失踪したことは有名な話。LSDの過剰摂取が原因で、いわば引退を余儀なくされたのね(シェラ自身はそのことについてあまり多くのことを語りたがっていないけど)。その後、紆余曲折の人生を経て、彼女はシーンに帰って来たわ! すごい! 幸い彼女は今はとても元気で、しかも、信じられないことに昔とおんなじルックスなの。そして、今年になって行われた彼女のコンサートでは、彼女は相変わらずカレッジ・フォークとトラッドのファンタスティックな交差点に立っていたわ。シェラはなおシェラのままよ!……

日本に来ないかなー。

Album / Shelagh McDonald

Stargazer / Shelagh McDonald

Amazing!  Shelagh McDonald, who was the queen of the September Production, will be back to the business with her new album in September.  The album is the third one after she released "Stargazer" in 1971!

As you know well, she suddenly disappeared in 1971.  She was forced herself to retire because of her too much having LSD (and she doesn't talk about that in detail now).  However, she's coming back after much meandering!  GREAT!  Fortunately, she's very fine now, and, incredibly, she's as beautiful as before.  Also, she still stood at the crossroads of college and traditional folk music like in thee past.  Shelagh remains Shelagh!...

It would be so nice if she comes to Japan to play... I wonder...

Aug 28, 2013

アナップル!  Anapple!

(English follows)
アロハ! 林拓のグループ「アナップル」が、11月にデビュー・アルバムをリリースする模様よ! 遂に! 詳細はまた後日にあらためてご報告します! しばしお待ちください!

そしてこれは5月にアナップルのライヴを京都で目撃した河添剛さんの報告。「今やアナップルは恐るべきトリオだよ。僕は彼らのことをただのサイケデリック・フォーク・ロック・バンドとはもう呼びたくない。アナップルはアナップルだ。アナップルは地獄のように優美で、天国のようにシュールだよ。ティラノザウルス・レックスのように美しく、アモン・デュールのように出口なしで、ロザリー・ソレルスのように心地いい。僕はアナップルが大好きだ」

アナップルがアルバムを出す前に、私はもう一度林拓のソロ『オデュッセイア』を聴くことにするわ。みなさんはもう聴いた? 本当にすごくいいアルバムなのよ。最高の一枚。だから私はアナップルのアルバムもすごく楽しみ!


Aloha!  Taku Hayashi's new band Anapple will release the debut album this November!  Finally!  For the further information, I'll let you know later!  Please be patient for a while.  Thank you!

And, this is a report from Tsuyoshi Kawasoe who saw Anapple show in Kyoto in May.  "Now Anapple is a terrible trio.  I won't call them just a psychedelic folk rock band any more.  Anapple is Anapple.  Their music is graceful like hell, and surrealistic like heaven.  Their music is as beautiful as Tyrannosaurus Rex, as darkly mazy as Amon Duul, and as comfortable as Rosalie Sorrels.  I love Anapple very much."

Before that, I'll listen to Taku Hayashi's solo album "Odyssey" again.  Have you already enjoyed this album?  This is a really great album.  One of my favorites.  So I'm looking forward to the Anapple album too!

Aug 19, 2013

ジョー・ダレッサンドロのこと  About Joe Dallesandro

(English follows)
ハロー! 実は私、先日初めてセルジュ・ゲンズブールの映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』を観たの。うーん。いろんな意味ですごい映画だった(笑)。映画の中のジェーン・バーキンはジョー・ダレッサンドロに何をされたの? 彼女はとても痛がっているように見えたわ! ジョー・ダレッサンドロはアンディ・ウォーホルの「スーパースター」のひとりで、事実たくさんのウォーホル映画に出演している有名なアンダーグラウンド俳優なんだけど、彼にとってはこの映画こそが最愛のフィルムなんだって。

ゲンズブールがジョーを起用した理由は、彼がすごくセクシーな男性だからだと思うんだけど、彼はなぜかミュージシャンに愛される特別な俳優だとも言えるかもしれないわ……。

たとえばルー・リードの曲「ウォーク・オン・ザ・ワイルド・サイド」。この曲の中で歌われている「リトル・ジョー」ってジョー・ダレッサンドロのあだ名よね。ローリング・ストーンズの有名なアルバム『スティッキー・フィンガーズ』のジャケットは、タイトなジーンズをはいたジョーの下半身の写真よ。それにザ・スミスのデビュー・アルバムのジャケット写真は、映画『フレッシュ』に出演時のジョーのスティル写真が使われてる。また、2005年にはノルウェイ出身のBriskebyが「Joe Dallesandro」っていうシングル盤をリリースしているわ。

彼の存在を忘れないようにするための様々な努力がこの音楽界の中で起こっているとしたら、それはすごく興味深いことだなあって思いました。ジョーは全然歌を歌えないのにね! 



"Sticky Fingers" / Rolling Stones

"The Smiths" / The Smiths

Hello!  In fact, I've seen the Serge Gainsburg film "Je t'aime moi non plus" the other day for the first time.  Mmm...  It was a too-much film in various senses for me.  lol.  In this film, what really happened to Jane Birkin by Joe Dallesandro?  She seemed to feel much pain!  Joe Dallesandro is one of Andy Warhol's superstars, and he is a famous underground actor who appeared in many Warhol films.  But they say this is his favorite film.

I think the reason why Gainsburg used Joe is that Joe is an extraordinary sexy boy, and probably you can say he is a special actor who is loved by musicians...

Remember, for example, Lou Reed's hit song 'Walk on the Wild Side'. 'Little Joe' was Dallesandro's nickname that was used in.  The famous cover of the Rolling Stones' album "Sticky Fingers" is the photograph of Joe's lower part of the body wearing the tight jeans.  And The Smiths used a still photograph of Joe from the film "Flesh" as the cover of their debut album.  In addition, Briskeby, from Norway, released their single called 'Joe Dallesandro' in 2005.

I think it's so interesting if not a few people in this music world try not to forget him.  Joe can't sing at all though!