ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 14, 2012

二人でお茶を(そしてここにルーサン・フリードマンがいてほしい)  Tea For Two (And Wish Ruthann Friedman Were Here)


(English follows.)
ユリシーズ・ボーイの河添剛さんと会って、カフェでティー・タイム。彼はとても興奮していたわ。なぜって彼は、ルーサン・フリードマンの待望の新作『チャイナタウン』を手に入れたばかりだから。『チャイナタウン』は『コンスタント・コンパニオン』以来の、何と42年ぶりのセカンド・アルバムなのよ! ゲスト・プレイヤーはとてもゴージャス。ヴァン・ダイク・パークス、アーロン・ロビンソン、ジョン・ミュラー、デヴィッド・ジェンキンス・・・・・・。

「これは傑作だよ。本当に素晴しいアルバムなんだ。ルーサン・フリードマンはジョニ・ミッチェルのようなタイプのシンガー=ソングライターだと一般には見做されているけど、ルーサンの音楽はもっと自由で、ユニークで、大胆なんだよ。彼女は音楽を野に放つ。彼女が野生の鳥の声で歌うことに、君は気づいた?」と、河添さん。

『チャイナタウン』は2012年の最重要のアルバムのひとつだと河添さんは断言したわ。嬉しいことに、『チャイナタウン』はビューティフルな紙ジャケ仕様なの(しかも見開きジャケットよ!)。私も買わなくちゃ! そしてあなたもぜひ買うべきよ! このアルバムは日本ではレコンキスタ(最高のレコード/CDショップよ!)が扱っているわ。レコンキスタはこちらよ。

最後に河添さんはお宝を見せてくれたわ。ひとつは、70年代にルーサンが文房具の会社を運営していた時分に開発して大ヒットした商品「easy writer」。20枚の便箋と10枚の封筒がセットになった、クールな文房具よ。こんな貴重なものを持っている日本人はきっと河添さんだけね! そしてもうひとつは、ローレン・デュコフの写真集『ファミリー』。2009年に河添さんがロスでルーサンに会ったとき、この本に彼女はサインしてくれたの。「僕の自慢の逸品なんだ。ロックンロール・メモラビリアってやつ」と言って、河添さんはにこにこしていたわ。

テーブルの上にはケーキ、紅茶、赤ワイン、灰皿、そしてルーサン・フリードマンにまつわる様々なもの。私達は音楽についてたくさんお話をしたわ。そして時間はどんどん流れていったの。

CHINATOWN / Ruthann Friedman


easy writer





I enjoyed tea time at a cafe, with ULYSSES BOY Tsuyoshi Kawasoe. Tsuyoshi was so excited. Because he had just gotten Ruthann Friedman's long-awaited new album called "Chinatown".  "Chinatown" is her second album after a long interval of 42 years (!) since Ruthann released her first album "Constant Companion"!  The guest players are so gorgeous.  Van Dyke Parks, Aaron Robinson, John Muller, David Jenkins and others...

"This is a masterpiece.  It's a really great album.  People generally regard Ruthann Friedmann as a singer / songwriter related to Joni Mitchell, but the music of Ruthann is much more free, unique and bold.  She sets her music at large. Can you see Ruthann sings with wild bird voice?", said Tsuyoshi.

Tsuyoshi declares that "Chinatown" is one of the most important music albums of 2012.  To my joy, "Chinatown" is a beautiful paper sleeve edition (Also, it's a gate-fold sleeve!).  I want to get a copy too! And I recommend you to get "Chinatown"!  In Japan, "Chinatown" is available at Reconquista (The best record & CD shop in Tokyo!).  Guys, visit here!

Lastly, Tsuyoshi showed some "treasures" to me.  One is well-sold "easy writer", that Ruthann once made in the 70's when she had a stationery company.  It's a cool stationery, containing 20 sheets and 10 envelopes.  I believe Tsuyoshi is the only Japanese who has such a precious thing!  Another is Lauren Dukoff's photobook "Family".  Ruthann gave her autograph on the page of her when Tsuyoshi stayed in LA, 2009 and met her.  "They are my proud beauties. You can call rock & roll memorabilia", said Tsuyoshi , smiling.

On our table, a slice of cake, a cup of tea, a glass of red wine, an ashtray, and some things on Ruthann Friedman. We talked a lot on music, and time passed by rapidly.

No comments: