ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 22, 2012

ジョセフィン・フォスター、最高!  I Love Josephine Foster!

アロハ! 以前ここでお伝えしたジョセフィン・フォスターのこと。彼女の新作『Blood Rushing』、通算6枚目のソロ・アルバムが、今週月曜日(9月17日)にファイア・レコーズから遂にリリースされたの。これがもうとんでもないほど素晴しいアルバムで、言葉を失ってしまうほどなのよ!

『Blood Rushing』で彼女が表現しているのは、ネイティヴ・アメリカンと伝統的なインド音楽の間を繋ぐ魅力的なフォーク・ロック・ミュージック。アシッド・フォークの本質を突く偉大な『Grapfic As A Star』(2009年)や、アンダルシアの民衆音楽に基づく『Anda Jaleo』(2010年)と違い、このアルバムはもっと音楽的な内容にこだわっているの。このアルバムが2012年発表の最も優れたアルバムの1枚であることは、疑問の余地はないわ! 彼女の10の収録曲をサポートしているのはヴィクトール・ヘレロ(エレキトリック&スパニッシュ・ギター)、パズ・ランチャンタン(ベース、ヴァイオリン、インディアン・フルート)、ヘザー・トロスト(ヴァイオリン、インディアン・フルート)、そしてベン・トリンブル(パーカッション)。言うまでもなく、パズはエントランス・バンドのあのパズよ! ジョセフィンの表現力豊かな歌と、パズのややバロック的なアレンジを、ぜひ注意して聴いて! 繰り返すけど、『Blood Rushing』は本当にすごいアルバムなのよ! オススメよ!……

ジャケットのグラフィックはすごく意味深ね。アメリカは彼女の作品を堪能できるほど寛容なのかしら? でも、『ユリシーズ』と同じくらい私が信頼しているアメリカのグレイトな音楽誌『WIRE』の最新号は、ジョセフィンが表紙なのよ(ちなみに『WIRE』は、灰野敬二を表紙にした最初のアメリカの雑誌なの!)。そして、ジョセフィンのイギリス・ツアーは10月29日から11月6日まで。

ねえ、みんな。このアルバムは絶対レコードかCDで買いましょう。ダウンロードはもうダメよ。だって、一体誰が初めてダウンロードした音源のことなんか覚えているというの?

"Blood Rushing" / Josephine Foster


WIRE #343 September 2012

Aloha!  About Josephine Foster I told you here before.  Her new album "Blood Rushing", the 6th album of her, has finally come out on Monday (September 17th) from Fire Records.  It's an extraordinarily wonderful album and you must lose your words!

"Blood Rushing" is a folk-rock album to explore the connection between her acoustic songs, Native American and traditional Indian music.  Unlike the superb "Graphic As A Star" (2009) that's an essential work of acid folk and "Anda Jeleo" that's based on Andalusian popular music, this album is focused on the musical side.  No doubt, that's one of the most greatest albums in 2012!  From Josephine herself, who is accompanied on these ten songs by Victor Herrero (electric and Spanish guitar), Paz Lenchantin (bass, violin, Indian flute), Heather Trost (violin, Raramuri Indian flute) and Ben Trimble (percussion).  You know, Paz is the member of The Entrance Band!  Please listen carefully to Josephine's expressive songs and Paz's slightly baroque arrangements.  I'm saying again, "Blood Rushing" is a really amazing album!  Highly recommended!...

The cover art is meaningful.  America is generous enough to enjoy her album?  However, Josephine is on the cover of this month's "WIRE", that's as great as "ULYSSES" I've loved to read (By the way, "Wire"is the first American magazine that Keiji Haino was on the cover!).  And her UK tour is from 29th October to 6th November.

Guys, let's buy "Blood Rushing" in the vinyl or the CD edition.  No downloads.  For nobody can remember their first download.  You agree with me?

No comments: