ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 15, 2012

グレゴリー・ロゴーヴ・インタヴュー(パート2)  Gregory Rogove Interview (Part2)

(English follows.)
注目のソロ・アルバム『PIANA』について語ってくれたグレゴリー・ロゴーヴは、次に、彼の人生、音楽観、友人のことなどについていろいろ話してくれたの。ありがとう、グレッグ! でも、話を聞けば聞くほど私は彼のライヴ・パフォーマンスが恋しくなってくる!……
ああん、もうイヤ、私、絶対我慢ができないわ! グレッグ・ロゴーヴの来日を誰か実現させて! 彼に興味を持った良識的プロモーターの方々は、手遅れになる前に即刻彼に連絡をとることをおススメします!


Lee Elle: あなたは大変厳格で宗教的な家庭環境の中で育ったと聞きますが、そんなあなたがポップ・ミュージックに魅了されていく過程は一体どこにあったのでしょうか。また、あなたの学生時代の音楽的ヒーローは誰だったのですか。
Gregory Rogove: 間違った情報が流れているんだね。アーミッシュ達が周りを取り囲む町で僕が育ったのは本当の話だけど、僕自身はアーミッシュのコミュニティには決して属していなかったんだよ。でも僕は、彼らから遠く離れたところにいて、彼らと、語のあらゆる意味において驚くべきその生活様式とに、ひたすら感嘆していたなあ。


Lee Elle: なぜあなたはインド楽器を学ぶためにインドに留学したのですか。あなたはインド音楽のどこに魅了されたのでしょうか。
Gregory Rogove: ヒンドスタンの音楽に類するものなんかないよね。感情表現における信じられないような深奥さ、焦点の定まった内面的表現、豊かな芸術的技巧などを思うとね。僕はタンブーラのドローンが大好きだ。僕はそれぞれのラーガに表れる様々な特色が大好きだ。僕はヒンドスタンの人々がリズムやテンポに注意を傾けるその仕方が大好きだ。楽曲は長大で、そのひとつひとつの着想が異なる様々なアングルから求められていることが、僕は大好きだ。厳しい技術的修練を経て遂にはその熟達者が自由の高みの感覚にたどり着けることが、僕は大好きだ。


Lee Elle: どれくらいの楽器を弾けるのですか。
Gregory Rogove: いくつかの楽器を鳴らしまくってはいるけれど、もっと上手になれたらなあと思っているよ。


Lee Elle: メガプスの新作を心待ちにしているのですが…予定はありますか。
Gregory Rogove: デモ音源ならあるんだけど、でも、メガプスとしてこれから何をいつするのかについては確かなことが決まっていないんだ……。


Lee Elle: 今は何をしているのですか。デヴェンドラ・バンハートの新作には参加する予定ですか。
Gregory Rogove: 前にも言ったように、次のアルバムのための曲を書いているよ。それと、デヴェンドラの新作のことを訊ねてくれるのは楽しいね。ちょうど今日、それのためにドラム・パートをレコーディングしたばかりなんだよ。それに明日はパーカッションとバック・ヴォーカルをレコーディングするんだ。デヴェンドラの新作は本当にビューティフルだよ。彼には興奮させられちゃうな。


Lee Elle: フランスのファッション誌『L'Officiel』がそうであるように、ジャーナリズムはここ近年、あなたを含むロスの様々なアーティスト達のことを「ニュー・ヒッピー」と呼んでいます。「ニュー・ヒッピー」とは60年代のフラワー・チルドレンと有名なエンターテイナーを意味するヒップスターの中間の存在を意味する呼称で、その代表的な人物のひとりとしてデヴェンドラ・バンハートの名も挙がったりもしていますが、あなた自身は「ニュー・ヒッピー」と呼ばれることにどんな気持ちを抱きますか。
Gregory Rogove: ガール・フレンドのダイアナ・ガルシアに出会うまでのハイ・スクール時代には、僕はヒッピーだなんて言われたこともなかったけどね。今じゃダイアナは、以前の僕以上にずっとヒッピーだよ。


Lee Elle: ロサンゼルスの、またロサンゼルス以外のミュージシャンやアーティストの誰に最近興味がありますか。
Gregory Rogove: ラッキー・ドラゴンズ、バッチィ・フェゴ、ニコル・シモーネ、僕も関わっているリヴィング・サクリファイス、ライのことは、僕は大好きだよ。


Lee Elle: 今何か特別な予定はありますか。(イベントやツアーなど)
Gregory Rogove: 何人かの大好きなアーティスト達と、まもなくアメリカの東海岸と西海岸を回る予定なんだ。そこで僕達はそれぞれ単独にソロ作品を披露しながら、ひとつのショウを構成する。僕は『PIANA』を演るよ。アーケイド・ファイアのサラ・ヌーフェルドは力強いソロ・ヴァイオリンを、メデスキ・マーティン&ウッドのビリー・マーティン、僕にとってドラムの師匠みたいな彼は、パーカッションの即興を、ボン・アイヴァーのコリン・ステットソンはごっついバス・サックスのソロを演る。東海岸には4月中旬に、西海岸には5月初旬に行くよ。すごくわくわくしているところなんだ。リンクを教えるよ。もっと詳しい情報が分かるからね。
http://www.gregoryrogove.com/yobananaboy/news/Entries/2012/3/6_PIANA_Tour_w__Billy_Martin%2C_Colin_Stetson%2C_Sarah_Neufeld.html


Lee Elle: 私はあなたと、あなたのお友達のことも好きです。今、リトル・ジョイとノア・ジョージソンは何をしていますか。ノアのことはどう思いますか。彼と一緒に仕事をするのはどうですか?
Gregory Rogove: 何か嬉しいねえ。僕は僕で君のことが好きだよ。で、ノアとはかなりうまくいっているよ。彼はいい。というか、彼はベストだ。彼と一緒に仕事をするのってとっても楽ちんなことでさ。僕達は好みがほとんど同じなので、難なく一緒にいろいろなプロジェクトに取り組めるんだよ。


Lee Elle: ぜひ日本に来て下さい!  ♥
Gregory Rogove: 日本には行きたいです! 日本で『PIANA』ライヴを演らせてもらえませんか?!


photo © Mariana Garcia


photo © Mariana Garcia


After talking about "PIANA" which draws public attention now, Gregory Rogove kindly told various things on his life, his vision on music, his friends and so on.  Thank you Greg!  But more I hear his story, more I miss his live performance!...
Oh no, I cannot stand it!  Can anyone make Gregory Rogove's visit to Japan come true?  If you are a promotor with common sense and interested in him, I suggest you to contact him immediately before it is too late!


Lee Elle: I've heard that you grew up in a so strict and religious home background.  Please tell me how you find the process to be involved with pop music.  Also, please tell me your heroes in the music world during your school boy days.
Gregory Rogove: That must be a mistake.  I grew up in town that is surrounded by the Amish but I was never part of that community.  I just admired them and their incredible style (in every sense of the word) from afar.


Lee Elle: Why did you go to India to study the Hindu instruments?  Tell me please, on the attractions of the Indian music you found.
Gregory Rogove: What is there not to like in Hindustani music: incredible depth of emotion, focused personal expression, and masterful artistic dexterity.  I love the the tambura's drone.  I love the varied colors of different ragas.  I love the way they bend rhythmic time.  I love that the pieces are long and that each idea is explored from a variety of different angles.  I love that the technical training is so demanding that eventually the masters reach an heightened sense of freedom.


Lee Elle: How many musical instruments can you play?
Gregory Rogove: I bang around on a couple instruments but wish I could play more well.


Lee Elle: I am looking for the next Megapuss album...do you have any plans?
Gregory Rogove: We have a bunch of demos but I'm not sure what we'll do with them, or when . . .


Lee Elle: What have you been doing at the moment?  Are you going to participate in Devendra's new album?
Gregory Rogove: I writing a new record as I believe I mentioned before.  Funny that you should ask about Devendra's new album since I just recorded some drums for it today.  And tomorrow I'm going to record some percussion and vocals.  It sounds really beautiful.  I'm excited for him.


Lee Elle: For there years, various journalists, including the French fashion magazine "L'Officiel", have called many young artists in LA such like you "the new hippies".  They say "the new hippie" means the existence between the flower child of the 60's and the hipster as a famous entertainer, that is represented by Devendra Banhart for example.  How do you feel when you are called "a new hippie"?
Gregory Rogove: I hadn't been called a hippie since I was in high school until my I met my girlfriend, Diana Garcia. Now she's more of a hippie than I ever was.


Lee Elle: Which musicians and artists in LA, and not in LA, are you interested in recently?
Gregory Rogove: I'm a fan of Lucky Dragons, Butchy Fuego, Nicole Simone, (our) Living Sacrifice, Rhye


Lee Elle: Do you have any special plan now? (Events, tour etc...)
Gregory Rogove: I'm doing a tour on the East and West coast of the States with a few of my favorite people/artists.  We are each going to do our solo pieces separately but all part of one show.  I'll be playing the PIANA songs.  Sarah Neufeld (Arcade Fire) will play her vibrant, solo violin works, Billy Martin (Medeski Martin & Wood), my drum dad, will be playing his spontaneous percussion compositions, and Colin Stetson (Bon Iver) will play his massive solo bass saxophone pieces.  The East Coast run will be in mid-April and the West Coast run will be in early May.  I really excited.  Here's a link with more info about it.
http://www.gregoryrogove.com/yobananaboy/news/Entries/2012/3/6_PIANA_Tour_w__Billy_Martin%2C_Colin_Stetson%2C_Sarah_Neufeld.html


Lee Elle: I like you, and I like your friends too.  What are Little Joy and Noah Georgeson doing now?  How do you feel about Noah?  Is it easy for you to work with him?
Gregory Rogove: Why thanks. I like you, too.  I feel pretty good about Noah.  He's a okay.  Nah, he's the best.  Very easy to work with.  We mostly like the same things so it makes doing projects together effortless.


Lee Elle: Please come to Japan! ♥
Gregory Rogove: I want to!!!  Can I do a PIANA show there please?!

No comments: