ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 10, 2012

グレゴリー・ロゴーヴ・インタヴュー(パート1)  Gregory Rogove Interview (Part1)

(English follows.)
彼の世代の中では最も才能あるアメリカのアーティストのひとり、グレゴリー・ロゴーヴ。プリーストバード、デヴェンドラ・バンハートとのユニットであるメガプス、さらにデヴェンドラのバンドであるザ・グロッグスでの活動は、作曲家ならびにドラマーとしての彼の名を私達音楽ファンの脳裡にはっきりと印象づけてきたわ。「グレッグのドラミングは、ジョン・ボーナムのドラミングがそうであったように人間精神を熱狂させる強烈なパフォーマンスそのものだけれど、その本質は実は彼自身のデリカシーに支えられた純粋に音楽的なものなんだよ」と、ユリシーズ・ボーイズのひとりである河添剛さんはいつも私にそう語っているわ。

ところが、そんなグレゴリー・ロゴーヴが最近ニッティング・ファクトリーからリリースした待望のソロ・アルバム『PIANA』では、彼はまったくドラムをプレイしていないし、歌も歌っていないの。DVD付のこのアルバムは、瞑想的で寡黙な美しいピアノ曲だけで全篇が構成されているの。さすがの私もこれにはビックリしたわ! グレッグ、あなたは一体何を考えてこのアルバムを作ったの? あなたの中に何か大きな変化が起こったの? いろいろな疑問が頭を駆け巡りながらも、でも私は『PIANA』が2012年を代表する本当に素晴しいアルバムだと確信しているところよ。

そんなわけで、私、思い切ってグレッグにインタヴューを申し込んでみたの。私は彼の大ファンなんだもの、もうじっとしてはいられなかったんだわ! 幸いにも、彼は申し出を快く受けてくれたので、私は飛び上がっちゃったわよ! 彼が心の優しい親切な人で本当に良かった! そして、以下がそのインタヴュー。ぜひ読んで。もちろん『PIANA』は忘れずに買って!
http://www.amazon.co.jp/dp/B005O64VMS



Lee Elle: そもそも『PIANA』というタイトルが興味深いです。このタイトルを逆さに読めばan aip(ape)となりますが、それはあなたがひとりの野蛮な類人猿のように振舞っていたあのメガプスのことを私達に思わず連想させるのです。その意味で、『PIANA』はメガプスとあなた自身の陰画をなす、とても繊細なアルバムだと思われました。メガプスから『PIANA』へのあなたの創造的移行について、そしてなぜ『PIANA』がピアノ曲集であるのかを、まずお話をしてください。
Gregory Rogove: メガプスから『PIANA』への移行は、コインをひっくり返すようなものでね。誰だって無数の感情的な面を持っているわけで、メガプスと『PIANA』はまさにそうした内なるプリズムが煌かせる2つの異なる切り子面を際立たせている。僕が大好きな音楽のいくつかはソロ・ピアノものなので、そういうレコードを作ってみたかった。それと、メロディやマテリアルをミニマルにするだけじゃなくて、それぞれの楽曲のアレンジも手掛けてみたかったんだ。


Lee Elle: 作曲者であるあなたが、レコーディングではご自身でピアノを弾かなかった理由は?
Gregory Rogove: 作曲と演奏の間にはものすごい違いがあるんだよ。ジョン・メデスキ(『PIANA』の演奏者)はピアノ演奏における真の巨匠だ。彼は信じられないくらい優美で巧みなプレイをする。ピアノの名手ってやつ。僕なんかかないっこない。


Lee Elle: あなたにとって曲作りは簡単なことですか?『PIANA』の作曲にはどれくらいかかりましたか?
Gregory Rogove: 作曲が大好きでね。いつもいろんなアイディアを書き留めている。『PIANA』はここ数年の間溜め込んでいたそんなアイディアの中から生まれた。数ヶ月ほどメキシコ・シティに行って、そこで楽曲を完成させたよ。


Lee Elle: 楽曲の瞑想的で瀟洒な佇まいはいずれも親密な家具のようで、部分的に(諧謔的でない場合の)エリック・サティを連想させますが、サティからインスピレーションを受けたことはありますか?
Gregory Rogove: サティは大好きだ。サティは僕がピアノを弾くきっかけになった人だよ。僕は彼の音楽からエモーショナルなインパクトとテクニック上のシンプリシティを聴き取り、いくつか自分でも弾けるよう勉強できないかなって思ったんだ。で、「グノシエンヌ」とか「ジムノペディ」は弾けるようになったよ。それと、ドビュッシーのプレリュードはありえないくらい素晴しいよね。いつか自分でも何曲かは演奏できるようにするよ。サティとドビュッシーは友達の関係だったんだ。


Lee Elle: それにしても、あなたの曲はなぜメランコリックなのでしょうか。
Gregory Rogove: ただメランコリックってわけじゃなく希望に満ちているものだという風に僕はずっと思っていたけどね。


Lee Elle: あなたはピアノ曲の印象派であるように思われます。そんなあなたから見て、フリップ&イーノや『グレイ・スケール』のデヴィッド・カニンガムがやっていたようなかつてのシステマティックな実験音楽についてどうお感じになりますか?
Gregory Rogove: 先にも言ったとおり、僕は印象主義者のピアノ・ミュージックを愛しているわけだけど、フリップとイーノのコラボも好きだよ。ドローンをベースとする実験音楽だと、僕が心底のめりこんでいるのはラ・モンテ・ヤングの「Well Tuned Piano 」と「 B Flat Dorian Blues 19 X 63 」だなあ。


Lee Elle: なぜ『PIANA』にDVDも作られたのでしょうか?『PIANA』はインストルメンタル・アルバムですが、ただのインストルメンタルではないという可能性を示したのですか?ソロ・アルバムという孤独から解放されたかったのですか?あなたの音楽は何か視覚的なものを持っているということを意図的に示したのですか?
Gregory Rogove: 共同作業も好きだしひとりでこつこつ作業することも好きな僕にとって、DVDを付けることは解決策になったよ。アレンジされ、楽器を増やした曲をいっぱい耳にすることは刺激的なことだった。音楽をリミックスするってことに関してね。それと、DVDにすることで楽曲は視覚的傾向を強めるから、作品の再解釈ということに関してその面での探索も深めていけたように思うよ。


Lee Elle: 将来的に『PIANA』のようなピアノ曲のアルバムをまた制作したいと思われますか?
Gregory Rogove: そうしたいなあ。近い将来にパーカッションに集約したレコードを作りたいって思っているんだよね。でも、その前に歌もののレコードも作りたいんだ。歌とか歌詞とかその他のものが入っているようなやつをね。曲はもう書いているところだよ。今はそのデモをこしらえることに夢中になっているよ!









Gregory Rogove is one of the most talented American artists among his generation.

His activities in Priestbird, Megapuss (a unit with Devendra Banhart), and The Grogs (Devendra's band) have clearly impressed our mind with his name as a composer and a drummer.

"Greg's drumming is exactly an intense performance that enthralls minds of men as John Bonhams' was, but actually its essence is purely musical which is supported by his own delicacy" Tsuyoshi Kawasoe, one of the Ulysses Boys,
always says to me.

But he doesn't play drums nor sing at all in a much-anticipated solo album "PIANA", which Gregory Rogove has recently released from Knitting Factory.  This album with DVD only consists of meditative and quiet beautiful piano pieces from start to finish.  Even for me, it was amazing.  Greg, what was in your mind when you were making this album?  Were there great changes in your mind?  Various questions go through my mind but I am confident that "PIANA" is a really great album which represents the year 2012.

So, I went ahead and asked Greg for an interview.  As I am a big fan of him, I could not keep still.  Luckily, he accepted my request so I jumped up and down!  Thank God he is a pure-hearted kind person!  The following is the interview.  Please read.  And don't forget to get "PIANA"!
http://www.amazon.co.jp/dp/B005O64VMS


Lee Elle: Firstly, the album title "PIANA" is so interesting.  It's "an aip (ape)" in reading this backward, that can be reminded Megapuss immediately where you behaved like a wild anthropoid ape.  In this sense, we feel "PIANA" is a very delicate album that shows a negative of Megapuss or yourself.  For a start, please tell us about your creative change from Megapuss to "PIANA", and why "PIANA" contains only piano music.
Gregory Rogove: The transition from Megapuss to doing PIANA is like the simple flip of a coin.  Every person has multiple emotional facets and Megapuss and PIANA simply focus on two different aspects of that internal prism.  I was inspired to to make a record like this since some of my favorite pieces of music are solo piano.  Also, I wanted not only the melodies and material to be minimal but also the arrangement of each piece.


Lee Elle: Why didn't you play the piano by yourself during the recording sessions though you are the composer of all pieces?
Gregory Rogove: There is a big difference between the composing and the execution of music.  John Medeski is a true master at his instrument.  He plays with incredible grace and dexterity.  He is a virtuoso - something that I am not on the piano.


Lee Elle: Is it easy for you to write music?  How long did it take you to write the pieces in "PIANA"?
Gregory Rogove: I love writing music.  I am always writing sketches and taking down ideas.  PIANA was born from a number of such sketches that I had accumulated over the past few years.  I went to Mexico City for two or three months to turn those sketches into finished pieces.


Lee Elle: The meditative and elegant feeling in each piece is like an intimate furniture, and that reminds Eric Satie (not ironic Satie in this case) partly.  Have you ever been inspired by the works of Satie?
Gregory Rogove: I love Satie.  He is the reason I started playing piano.  I heard the emotional impact and technical simplicity of his music and thought that I could learn to play some of them.  I learned a few of the Gnossiennes and Gymnopedies.  Debussy's preludes are also incredible.  I hope to one day be able to play some of those pieces.  Satie and Debussy were friends.


Lee Elle: Why do all your pieces sound so melancholic, by the way?
Gregory Rogove: I always thought of them as not just melancholic but hopeful.


Lee Elle: I think you are an impressionist of piano music.  On the other hand, how do you feel about the systematic experimental music in the past by Fripp& Eno and "Gray Scale" of David Cunningham?
Gregory Rogove: I love impressionist piano music as I mentioned above.  I like the Fripp and Eno collaboration.  What I truly love in droned based experimental music is the Well Tuned Piano and B Flat Dorian Blues 19 X 63 of LaMonte Young.


Lee Elle: Why did you make DVD for "PIANA"?  "PIANA" is an instrumental album but did you want to show the possibility that it was not just instrumental?  Did you want to be free from loneliness as a solo album?  Did you intend to tell that your music shows something visually?
Gregory Rogove: I love collaboration but also love working alone so the DVD solved the contradiction.  I heard a number of the pieces arranged and expanded for instruments so that was the impetus for the musical remixes.  Also, the pieces are so visually oriented that it only seemed right to explore that aspect for re-interpretations as well.


Lee Elle: Would you like to make another album with piano music like "PIANA" in the future?
Gregory Rogove: I would love to.  I'm thinking I'd like to do a focused percussion record in the near future.  But before that I want to make a record of songs, with singing and lyrics etc.  I'm already in the process of writing.  So far I'm very excited about the demos!

No comments: