ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 9, 2011

秋の読書  Reading in Autumn

ああ、私はとんでもないうっかり女だわ! こんなにステキな本を皆さんに紹介し忘れていたなんて! デニス・モリスが1979年に撮影したパブリック・イメージ・リミテッド(PIL)の写真集『A BITTA PIL』(パルコ出版) は本当に、本当に、素晴しい本なの。今年の春に発刊され、最近は重版されたばかりなのよ。あなたも絶対買うべきだわ! 

私の大親友でユリシーズ・ボーイズのひとりの河添剛さんが、「ロック・ミュージック史には特権的な年代があるんだよ。1967年、1968年、1969年、1972年、1977年、そして1979年だ」といつも言っているの。すると、1979年のPILのイメージには絶対的に強力なものがあると言って過言ではないと思うのよ。初期のPILはカッコよかったってあらためて実感するわ。ジョン・ライドンには革命家のオーラがあったし、キース・レヴィンはまぎれもなく天才的な音楽家だし、ジャー・ウォーブルにはベーシストとして特別異様な何かがあったわ。この写真集はその事実を私達にはっきりと教えてくれるの。ああ、大変! 血が騒ぎ出した!

セックス・ピストルズを撮ったことでも名高いデニス・モリスが、すごい写真家であることは今さら言うまでもないことなんだけど、私は『A BITTA PIL』の表紙デザインも大好きなの。日本の週刊誌 『アエラ』を模したこの表紙は、『イタリアン・ヴォーグ』(フロントのジョン・ライドン)、『タイム』(バックのジャー・ウォーブル)、『マッド』(インサイドのキース・レヴィン)、『ヒム』(同じくインサイドのジム・ウォーカー)などの雑誌を模したPILの歴史的なファースト・アルバムのジャケットへの、気の利いたオマージュでしょ? こうでなくっちゃね! 

ジョン・ライドン。げっそりとやせこけた、蒼白い顔。恐怖に向かって見開かれた眼差し。写真の静謐なイメージの奥からも、彼の表現主義者的な情念が今もほとばしってくるわ……。

"A BITTA PIL" / PARCO, Tokyo, Japan

Oh, I'm a badly careless woman, that forgot to tell you about such a wonderful photobook!  I want to emphasize that the photobook called "A BITTA PIL" (PARCO, Tokyo, Japan) by Dennis Morris who took Public Image Ltd. (PIL) in 1979 is really, really awesome.  It was published in spring this year, and has been reprinted recently.  Don't forget to get one!

Tsuyoshi Kawasoe, my best friend and one of the ULYSSES Boys, always says, "There are some very special years in the rock music history.  They are 1967, 1968, 1969, 1972, 1977 and 1979".  So I believe the images of PIL in 1979 are absolutely powerful.  They were really cool at that time, that I'm sure again.  John Lydon had an aura of a son of revolution, Keith Levene was a genius for music obviously, and Jah Wobble had something fantastic specially.  This photobook can show us the truth again.  Oh, my!  My blood starts to boil!

It's needless to say that Denis Morris who was also the photographer of Sex Pistols is great, but I want to emphasize my big love to the cover of "A BITTA PIL" at the same time.  The cover design, that imitates the Japanese weekly magazine "AERA", is an attractive homage to the cover design of the PIL's historic first album that imitates "Italian Vogue" (see the front cover appearing John Lydon), "TIME" (see the back cover appearing Jah Wobble), "Mad"(see the inside appearing Keith Levene), and "HIM" (also see the inside appearing Jim Walker), isn't it?  Good job!

John Lydon.  His lean and pale face. His look that opens to a fear.  Deeply from even the silent photographic image, his expressionistic passion still gushes out...

No comments: