ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 16, 2011

もう一冊、秋の読書  Reading In Autumn, Again

あなたはジェラード・マランガを知っている? 詩人、写真家、映像作家、資料蒐集家、そして60年代はアンディ・ウォーホルのアシスタントを務めていたアーティストよ。『ニューヨーク・タイムズ』はマランガを「ウォーホルの最も重要な共同制作者」と称したわ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライヴでダンスを振付けた彼のことはロック・ファンの間でもとても有名だと思うけど、実はマランガはウォーホルにヴェルヴェッツを紹介した張本人なのよね。

そんな彼の業績を纏めた『AM (Archives Malanga)』というタイトルの4巻本が、先日アメリカのケイ・プレスからリリースされたわ。すごく興味深い本よ。図版も豊富なの。そして、注目! 『AM2』ではアンガス・マックリーズについての素晴らしいページがあるのよ。

アンガス・マックリーズ。彼はラ・モンテ・ヤング、トニー・コンラッド、ジョン・ケールと共に1961年、ザ・ドリーム・シンジケートというフリー・ミュージック・バンドを結成した人。そして1965年、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを創設し、ルー・リードによってすぐに解雇された人。1974年にカトマンズに居を移した後はディープでトライヴァルでサイケデリックな実験芸術の制作に没頭し、79年、自作の詩やミュージック・テープを未整理のまま残して亡くなってしまった。すごい悲劇。マランガはそんな彼について一種のレクイエムをそこで書いているの。胸に沁みるわ。マランガは彼の友達だったの。彼はアンガスのとても美しいポートレイト写真も撮っていたわ。

私、マランガのテキストのせいでアンガス・マックリーズのアルバムを再び聴きたくなっちゃった。サード・イアー・バンドとかシックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスとかが大好きなユリシーズ・ボーイズも、当然のことながらアンガスに興味があるそうよ。アンガス・マックリーズはアメリカの偉大なアヴァンギャルド・ミュージシャンだったわ。でも、私達は彼の音楽をポップ・ミュージックとして楽しむの。

"Invasion of Thunderbolt Pagoda" Angus MacLise

You know about Gerard Malanga?  He is a poet, photographer, filmmaker, archivist, and artist who was the assistant of Andy Warhol during the sixties.  The New York Times called him "Warhol's most important associate".  I believe that Malanga, who choreographed dance to the music of the Velvet Underground live, is very famous among rock music lovers too, and he's the ringleader in fact who introduced Velvets to Warhol.

The book of 4 volume set called "AM (Archives Malanga)" that shows the career of him has come out recently from Key Press, America.  That's a so interesting book, with full of many plates.  And, attention!  There are fantastic pages on Angus MacLise in "AM2".

Angus MacLise.  In 1961, he joined up with La Monte Young, Tony Conrad, and John Cale to form a free form music group under the banner, The Dream Syndicate.  In 1965, Angus became one of the Velvet Underground's founding members, and then he was fired immediately by Lou Reed.  After he settled in Kathmandu on 1974, he was involved with making deep, tribal, and psychedelic experimental art, but at the time of his death in 1979, he left behind a substantial body of uncatalogued work, both in poetry manuscripts and analog music tapes.  Tragic MacLise.  Gerard Malanga writes a kind of requiem on that Angus MacLise.  It goes straight to your heart.  Malanga was a friend of him.  He was a photographer too who took a so beautiful portrait of Angus.

Now I want to listen to the music of Angus MacLise again, thanks to the text by Gerard Malanga.  The ULYSSES Boys who deeply love Third Ear Band and Six Organs Of Admittance say they're naturally interested in Angus too.  Angus MacLise was the great avant-garde musician in America.  But we can enjoy his works as pop music.

No comments: