ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 21, 2011

ザ・ビートルズ!  The Beatles!

先日はシアトル旅行のことを話したわよね。シアトルは私が大好きなヴェティヴァーが所属するサブ・ポップ・レコーズの拠点よ。でも、旅行中の私はそんなことも忘れて、スモーク・サーモンを作ったり、野生のブルーベリーを摘んで朝食用のパンケーキの材料にしたり、ハイキングを楽しんだりしていたの。雪を頂く山々の美しさときたら、言葉を失うほどだったのよ。 

そして、夜は読書。窓の外に見えるきらきらした星々に時々心を奪われながら、私が読んでいたのは『ローリング・ストーン』のスペシャル・エディション『ザ・ビートルズ:全アルバム・ガイド』よ。つい最近刊行されたばかりのこのスペシャル・エディションは、ビートルズが「ラヴ・ミー・ドゥ」でレコード・デビューしてから50年の歳月が流れたことを私達に思い出させてくれるわ。これはいい本よ。『プリーズ・プリーズ・ミー』から『レット・イット・ビー』までの各アルバムについて、とても深い歴史的記述があるの。全曲解説もあるし、珍しい写真もあるし、グラハム・ナッシュやジェームス・テイラーをはじめとする様々な人達の寄稿もあるの。オススメよ!  

みんな、知ってる? 「LOVE」という単語が最も使われているビートルズのアルバムは『ハード・デイズ・ナイト』(70回)、その次は『プリーズ・プリーズ・ミー』(65回)よ。一番使われていないのは『レット・イット・ビー』(6回)なの。興味深いでしょ? これはこの本の「The Beatles Albums by the Numbers」というページに出ていたわ。 

ちなみに、私にとって印象深かったのは、ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンの言葉よ。「ひとたび最初の成功を収めるや、ビートルズは大衆に訴える楽曲作りの手法を自分達が持っているということに気がついたのだ」と彼は証言しているの。まあ! 天才ビートルズでも、成功するまでは自分の才能に自信がなかったのかしら?  

多くの人達にとって、ビートルズのアルバムは60年代を定義するものよね。でもビートルズは今なお世界中で最も愛されているバンドなの。解散から40年が経過し、ジョン・レノンの死から30年が、ジョージ・ハリスンの死から10年が経った後でも。そのことを私は今あらためて実感しているところよ。今年こそ映画『レット・イット・ビー』を観ることができないかしら? 私、あの映画は一度も見たことがないの……。


I told you about my trip to Seattle the other day.  Seattle is a home ground of Sub Pop Records where my favorite band Vetiver belongs.  But I forgot that during my stay in Seattle, in making smoked salmons, gathering wild blueberries for pancakes for the breakfast, and enjoying picnic.  I almost lost my words, surrounded by the beautiful mountains covered with snow.

And, I read at night.  Sometimes attracted by the twinkle stars looking through the windows, I was involved with "THE BEATLES: The Ultimate Album-by-Album Guide" as the ROLLING STONE special edition.  This edition, published recently, reminds us that 50 years have almost passed since The Beatles released their first record "Love Me Do".  This is a good publication.  From "Please Please Me" to "Let It Be", the album-by album guide takes you deep into every Beatles disc.  Including track-by-track breakdowns of every LP, gorgeous rare-photos, and appreciations by Graham Nash, James Taylor and others.  Highly recommended!

You know?  As for the mentions of LOVE, "A Hard Day's Night" is the most (70 times).  "Please Please Me" is the second most (65 times).  "Let It Be" is the least (6 times).  Interesting, isn't it?  I found the fact on the page called 'The Beatles Albums by the Numbers' of the publication.

Incidentally, the words of producer George Martin was so impressive for myself.  He said, "Once The Beatles had their first success, they realized they had a way of writing songs that would appeal to the public".  Amazing!  I wonder if even the genius Beatles had no self-confidence before they had their success?

For many people, the Beatles albums define the Sixties.  But they remain the world's favorite band, 40 years after they broke up, 30 years after John Lennon's death, and 10 years after we lost George Harrison.  That is what I realized again after reading "THE BEATLES: ...".  Will we be able to see the "Let It Be" film finally before the end of this year?  In fact, I've never seen it before...

No comments: