ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jun 18, 2011

ブリジット・セント・ジョンwith林拓『ジョリィ・マダム』へのユリシーズ・ボーイズからの反響 Various Reactions from The ULYSSES Boys on "Jolie Madame" of Bridget St. John with Taku Hayashi

先頃リリースされたブリジット・セント・ジョンwith林拓のライヴ盤『ジョリィ・マダム』のことを、ユリシーズ・ボーイズがはしゃぎながら絶賛しているわ!

河添剛さんいわく、「聴く前に『ジョリィ・マダム』を褒め、聴いた後にもう一度褒める。これがマナーってもんだろ。だってこれは2011年のベスト・アルバムの1枚だからね」って。

平治さんいわく、「『ジョリィ・マダム』を聴いた者がそれを賞賛するのは義務だと思うね」って。

鈴木泉さんいわく、「優美なdecency/decentな優美さに満ち溢れた贈り物。ライヴの場に居合わすことのできなかった全ての者を激しく嫉妬させるが、その嫉妬すらいつの間にか消えてしまう」って。

河添さんと一緒に『ジョリィ・マダム』のジャケット・デザインを担当した倉茂透さんいわく、「儚くてかけがえのないものが、最も力強く、美しいものだったのだ」って。

レコード・ショップ「レコンキスタ」を最近オープンさせたばかりの清水久靖さんいわく、「奇を衒うこともなく、注釈をつけることもなく、とても率直な歌の作品です。この歌の中に流れている鋭い感性を、より多くの人と共有したいと強く思いました」って。

みんな、ありがとう! 『ジョリィ・マダム』をまだ買っていない人は、すぐにレコンキスタとコンタクトを取って! 運が良ければブリジット・セント・ジョンと林拓のサイン付ポスターがまだもらえるかもしれないわ! レコンキスタのホームページはここよ。http://www.reconquista.biz/

嬉しいことに、ブリジット・セント・ジョンとアルバムで共演したロスのエリザ・ランダッツォからは、こんなメッセージが届いたの。「とても美しいアルバム。ジャケット・デザインから音に至るまで。何てゴージャスな芸術作品なの!」って。エリザのソロ・アルバム『Bruises & Butterflies』もぜひ聴いて。アシッド・フォークの名盤なのよ! ユ リシーズ・ボーイズ全員が褒めているの。

一方、『パラレログラムズ』の伝説、偉大な芸術家、デヴェンドラ・バンハートが愛してやまないリンダ・パーハックスは、「早く『ジョリィ・マダム』を聴きたいわ。待ちきれない!」って言ってくれているわ。きっと、『ジョリィ・マダム』の魔力はとてもグローバルなんだわ!



Hi!  The ULYSSES Boys now praise with joy the live album "Jolie Mademe" by Bridget St. John with Taku Hayashi, that's come out here recently.

According to Tsuyoshi Kawasoe, "Praise 'Jolie Madame' before you listen to.  Praise again after you listen to.  This is the good manners, isn't it?  For 'Jolie Madame' is one of the best albums in 2011".

According to Osamu Taira, "I believe everyone who listens to 'Jolie Madame' is under an obligation to appreciate highly the album".

According to Izumi Suzuki, "A gift of a graceful decency / a full of decent grace.  The album makes everyone who didn't see the lives feel much jealous, but such a feeling will slip away so easily".

According to Toru Kurashige who worked with Tsuyoshi Kawasoe for the cover design of "Jolie Mademe", "The fragile but precious things in this album are the strongest and the most beautiful".

According to Hisayasu Shimizu who has started the record shop Reconquista recently, "This is a very plain song album without making a display of their eccentricity nor without saying anything in explanation of their conducts.  I do love to enjoy a great sensitivity in such songs by Bridget and Taku with many people".

Thanks, boys!  If you have not bought "Jolie Madame" yet, contact Reconquista immediately!  You will also get a poster signed by Bridget and Taku with "Jolie Madame" if you are lucky!  Visit here: http://www.reconquista.biz/

Much pleasantly, Elisa Randazzo from LA, who had played with Bridget St. John in Elisa's album "Bruises & Butterflies", gives a message.  "It's so beautiful -- from the design to the contents -- such a gorgeous piece of art!".  Guys, please listen to her album, too.  That's a masterpiece of acid folk!  All ULYSSES Boys praise the album highly as you may have known well.

On the other hand, Linda Perhacs, the great legendary artist of "Parallelograms", who Devendra Banhart has loved deeply for long, says kindly, "I want to listen to the album very soon.  Can't wait!".  I think, probably the fascinating power of "Jolie Madame" is global!

No comments: