ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 4, 2011

パリの空の下リフは流れる? Riff Under Paris Skies?

アドヴァイザリー・ボードの哲学者鈴木泉さんが、サルトルやデリダも学んだパリの高等師範学校で、リフについて話してきたんですって。鈴木さんは、前からリフについて考えていて、それをもとにフリクションの『ゾーン・トリッパー』のライナーノーツも書いたりしているんだけど、今回はその拡大ヴァージョンで、ドゥルーズ & ガタリっていうフランスの哲学者の「リトルネロ=リフレイン」という考えをロックに適用して、リフの美学と分類学を企てようという話だったらしいの。フランスのイケメン哲学者エリー・デューリングさんが、スティーヴ・ライヒの「エレクトリック・ギター・フェイズ」をかけながら応答してくれたのに対して、鈴木さんは、目の前のパソコンの中に入っている「ゾーン・トリッパー」を流そうと思ったけどやめたんですって。臆病ね。でも、『ユリシーズ』のことはしっかり宣伝してきたらしいわ。

"Zone Tripper" by Friction

Mr. Izumi Suzuki, one of our advisory board members, discussed on riff at École Normale Supérieure, where Sartre and Derrida had studied.  Mr. Suzuki has been thinking about riff for a while and his had written sleeve notes of Friction's "Zone Tripper" based on his thoughts.  This time his thoughts expanded: He tried to establish aethtics / systematics of riff, in applying the concept "ritournelle = refrain" by French philosophers Deleuze & Guattari to rock music.  Then, for a very nice looking French philosopher Elie During who responded him in playing with "Electric Guitar Phase" by Steve Reich, Mr. Suzuki was going to play "Zone Tripper" in his PC in front of him, but he decided not to.  Chicken.  But he made a pitch for "ULYSSES" instead!

No comments: