ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 18, 2011

美しい孔雀/アネット・ピーコックの再発された処女作『I'm The One』 Beautiful Peacock / Annette Peacock's reissued debut album "I' m The One"

孔雀は美しくてゴージャスな鳥。アネット・ピーコックはまるで孔雀ね。

彼女のデビュー・アルバム『I'm The One』(RCA、1972年)が自身のレーベルironicから再発されたのは、つい先日のこと。公式なCD化はこれが初めてね。ティモシー・リアリー、アルバート・アイラー、サルバドール・ダリ、ゲイリー・ピーコック、ポール・ブレイと親密で、デヴィッド・ボウイからはとっても尊敬されていた、アヴァン/フリー・ジャズのサークルに身を置いていたこの歌手の、記念すべきアルバム『I'm The One』の再来を、ユリシーズ・ボーイズのひとり河添剛さんは待望してい たわ。

「アネット・ピーコックは本当に素晴しいよ。彼女はエレガントで、パワフルで、エロティックな作曲家だ。とても才能がある。僕は彼女の78年の崇高なアルバム『Xドリームス』が一番好きだけど、みんなにはまず『I'm The One』を絶対勧めたいな。ところで、彼女の音楽を聴くと、僕はすごくセックスをしたくなるんだけど、君は?」と、河添さん。バカね、内緒よ、その問いについては。

暗い親密さを持つ『I'm The One』の魅力について、今、人はもっと関心を寄せるべきだと思うわ。バンドは信じられないくらいグルーヴしているし、彼女のムーグ・シンセサイザーもとてもステキよ。ユニークで、ロマンティックで、スリリングで、官能的なの、彼女の音楽全体が。彼女は70年代の孔雀だったんだわ。彼女は新たな「夜明けの口笛吹き」だった。私も彼女のアルバムが好き。

ironicから直接買ったら、ジャケット面にアネットがサインしてくれたよ、と河添さんが嬉しそうに言っていたわ。私はお店でCDを買うのが好きなんだけど、でも、残念ね。今の東京のCDショップでは、彼女のアルバムを見つけることはとても困難なの。私もironicから買ったわ。

"I'm The One" by Annette Peacock


Peacock is a beautiful and gorgeous bird. Annette Peacock is like a peacock.

Recently the CD version of her debut album "I'm The One" (original LP was released from RCA Victor 1972) has been on the way officially for the first time, from her own label called "ironic".  A woman, and a singer, in avant/free-jazz circles, who had connection with Timothy Leary, Albert Ayler, Salvador Dali, Gary Peacock and Paul Brey has been respected by David Bowie, and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES boys have been eagerly waiting for "I 'm The One" to be reissued.

"Annette Peacock is really great. She is a talented composer with her elegant, powerful, erotic music.  She is genius.  I personally love her sublime "X Dreams" of 1978 the best, but I would like to recommend you "I'm The One" firstly.  Incidentally, I want to make love when I listen to her music, how about you?" said Tsuyoshi.  Naughty boy, Tsuyoshi, I don't want to answer such a foolish question!

I believe you should get more interested in the beauty of the darkly intimate "I'm The One".  The core crew could groove, and her Moog was attractive.  How unique, romantic, thrilling, and sensual her music is.  Now I think she was a peacock of the 70's.  She was another "piper at the gates of dawn".  I also love her album.

According to Tsuyoshi Kawasoe, with much pleasure, Annette gave her autograph on the front cover of the CD when he ordered directly to ironic.  I do prefer buying at CD shops but unfortunately it is difficult to find "I'm The One" in Tokyo.  I bought the one from ironic, too.

No comments: