ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 3, 2011

TRAUMARISでのサイモン・フィン Simon Finn at TRAUMARIS

私みたいなにわかファンがこんなことを発言する権利はあるのかしら? でも、30日に恵比寿はTRAUMARISで行なわれたサイモン・フィンの公演は、本当に、本当に、素晴しかったの。「Fades (Pass The Distance)」、「Hiawatha」、「Big White Car」、それにあの名曲「Jerusalem」といったクラシックから、「Walkie Talkie」、「Accidental Life」、「Rich Girl With No Trousers 」、「Zoo」、「The Chauffeur」といった最近の曲まで披露してくれた彼のソロ・パフォーマンスは、CDでは到底味わえないような生々しいエネルギーが噴出していたわ。あのユニークなエネルギーをどう説明すればいいのかは分らないけど、でもサイケデリックなムードとは違うような気がするの。もちろん、ただの虚無とも狂気とも違う。彼は不安への感受性が人並み外れて強いアーティストなんじゃないかしら。心に刺さったとげのような印象が残ったわ。そしてそのとげはひどく奇妙な形をしているの。

でも、素顔のサイモンはとても親切で心の優しい常識人よ。ライヴ終了後は、ファンの人たちと歓談したり、サインの求めには気さくに応じたりしていて、この落差には正直ビックリ。そして彼は『ユリシーズ』の読者のためにメッセージもくれました。嬉しい! その場に居合わせたユリシーズ・ピープルも全員大はしゃぎだったわ。私はその返礼に、彼が興味を持っているというオリガミをプレゼントしたの。

さて、最後に加藤彰編集長のメッセージ。「TRAUMARISでのライヴにお越しいただきましたファンの皆様、TRAUMARISのスタッフの皆様、キャプテン・トリップ・レコーズの皆様、そしてもちろんサイモン・フィン氏には、深く深く御礼を申し上げます。皆様のおかげで音楽と音楽をめぐる環境がよりいっそう豊かなもの、親密なものとなりました。このたびのライヴ・パフォーマンスは永遠に記憶にとどめられるものと確信いたします。本当にありがとうございました」。


Do I, a new and fickle fan of Simon Finn like me, have the right to say anything like this?  But Simon Finn's show at TRAUMARIS in Ebisu on January 30th was really really amazing.  He played his classics like "Fades (Pass The Distance)", "Hiawatha", "Big White Car" and his masterpiece, "Jerusalem", and also he played his recent songs like "Walkie Talkie", "Accidental Life", "Rich Girl With NoTrousers", "Zoo", "The Chauffeur" - his solo performance has spewed the raw energy that you cannot feel from the CD.  I don't know how to explain that unique energy but I think the atmosphere is different from psychedelic.  Of course it is not void nor mad.  He may be an artist with great sensitivity of fear out of the common.  He left me an impression of like the thorn in my heart.  And the thorn is a strange-shaped one.

But real Simon is very kind and compassionate plain common-sense man.  After the show, he talked with fans and responded to requests for his autograph.  Honestly, I was surprised by the gap. He even gave "ULYSSES" readers a message.  Great!  All the ULYSSES people there were very happy too.  In reciprocation, I have given Simon Origami, in which he is interested.

Lastly, this is a message from Akira Kato, the editor in chief of ULYSSES.  "We deeply appreciate the fans who came to TRAUMARIS, staff at TRAUMARIS, everyone at Captain Trip Records, and of course Mr. Simon Finn.  Everyone made the music and the environment surrounding the music affluent and intimate.  I believe this live performance will be remembered forever.  Thank you very much again."

Photo (c) Lee Elle



No comments: