ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jan 27, 2011

スワンズが気になる… Curious about SWANS...

My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky / Swans

今月末に初来日するサイモン・フィンのことも気になるけど、3月に来日するスワンズのことも気になるわ。だって私はデヴェンドラ・バンハートの大ファンで、デヴェンドラをデビューさせたヤング・ゴッド・レコーズを運営しているのはマイケル・ギラで、そのマイケル・ギラはスワンズの中心メンバーなんだもの。スワンズを無視することは、デヴェンドラ・ファンには絶対許されないことよね。スワンズが3月15日(火)は東京・渋谷CLUB QUATTROで、3月17日(木)は大阪・心斎橋CLUB QUATTROでライヴをすると聞いて以来、私の気持ちがずっとそわそわしているのも不思議なことではないわ。

でも、私、スワンズのことはよく知らないの。というか、私が知っていることといえば、実は、スワンズというバンド名が私自身のお気に入りだということくらい!(スワンってステキよね? 私、スワンの大きな絵柄が入ったロング・スリーヴTシャツも持っているのよ) でも、バンド名ってとても大事だと思うわ。カッコ悪い名前のバンドは信用しちゃいけないって、生前マーク・ボランは言っていたのよ。

スワンズのことをユリシーズ・ピープルはどう思っているのかしら。平治さんは、1月11日付のこのブログの中で、2010年のベスト・アルバムの1枚にスワンズの14年ぶりの新作『My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky』を選んでいたわ。彼の評価は信用できる。また、大昔にスワンズのライヴを東京で見たという編集長の加藤彰さんも、彼らを絶賛しているの。「現在のスワンズには、スーパー・ヘヴィな音からフォーキーな歌ものまである」って。一方河添剛さんは、スワンズのサポート・アクトとして出演する若干20歳のジェームス・ブラックショウにも関心があるみたい。「僕は彼のアルバムを2年前に買ったんだよ。彼は12弦ギターをプレイしながら、おぞましい儚さと、凶悪な優しさと、さりげない情念表現を醸し出している。カレイドスコピックなマントラの世界。彼は一種の天才かもね!」って言っている。なるほど、なるほど、なるほど。スワンズの3月の来日は、ユリシーズ・ピープルにとっても他人事ではないようね!

I am curious about Simon Finn, who is coming to Japan for the first time at the end of this month, but also curious about Swans coming in March.  Because I am a big fan of Devendra Banhart, and Young God Records that has made him debut is run by Michael Gira, and Michael Gira is a core member of Swans.  For Devendra fans, it is impossible to ignore Swans.  It is no wonder that I have been fidgety since I heard of their live shows at CLUB QUATTRO in Shibuya, Tokyo on Tuesday, March 15 and at CLUB QUATTRO in Shinsaibashi, Osaka on Thursday, March 17.

But I don't know much about Swans.  Actually all I know is that I just like the name of the band!  (Don't you think swans are nice?  I have a long-sleeved T-shirt with a big swan design.)  But the band name is very important.  According to Marc Bolan, do not trust the band with uncool name.

How do Ulysses people think about Swans?  Osamu Taira has chosen "My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky", the recent Swans album after a 14-year interval, for one of the 20 Best Albums of 2010 in this blog on January 11.  We can trust his choice.  Also, Akira Kato, our editor-in-chief saw their live show a long time ago.  And he raves about them.  "The current Swans has an attractive variation from super heavy sound to folkie songs."  On the other hand, Tsuyoshi Kawasoe is also interested in James Blackshaw, who is only 20 years old and playing as a supporting act for Swans.  "I purchased his album 2 years ago.  He creates casual pathos expression of disgusting ephemerality and brutal tenderness while playing the twelve-string guitar.  It is a world of kaleidoscopic mantra.  Perhaps he is s kind of genius!"  I see, I see, I see.  For Ulysses people, Swans Japan tour in March is not an affair of other people!

No comments: