ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 31, 2011

コンテンツ  Contents

2011年はあなたにとってどんな年だった? どんなミュージック・ライフを過ごしたの? 私は今たくさんのことを思い出しているところ。何枚かの印象的なアルバムのことを、スペシャルな出来事の数々を、とりわけデヴェンドラ・バンハートに会った8月のことを。私のミュージック・ライフはとても幸せだったわ。

ユリシーズ・オフィシャル・ブログはそんな私の気持ちを率直に反映してきたと思うわ。私は音楽について気ままにいっぱい書いた。私は書いているときいつも楽しい気持ちだったわ。本当よ。

これはあなたの役に立つかしら。今年ここで私が書いてきたことを紹介するわ。

アンガス・マックリーズについて(11月16日)

アネット・ピーコックについて(3月18日、3月19日)

ビートルズについて(9月21日)

バート・ヤンシュについて(10月12日)

ブリジット・セント・ジョン with 林拓について(4月17日、5月27日、6月18日、6月23日)

コウマスについて(11月22日)

デヴィッド・ボウイについて(10月13日)

デヴェンドラ・バンハートについて(2月16日、4月2日、6月12日、6月29日、7月19日、7月21日、7月26日、7月29日、8月8日、8月9日、8月13日、9月3日、9月17日、10月2日、10月29日、11月3日、12月2日、12月11日、12月13日)

ドノヴァンについて(10月9日)

エントランス・バンドについて(3月14日、5月14日、8月22日、11月18日)

フランソワーズ・アルディについて(12月14日)

フリクションについて(3月10日、3月27日)

ジョージ・ハリスンについて(11月30日、12月1日)

リンダ・パーハックスについて(6月25日、7月2日)

リトル・ジョイについて(4月29日、7月17日)

メタル・ボックス・イン・ダブについて(9月30日)

ニッキ・サドゥンについて(5月29日、5月31日)

ピエール・バルーについて(2月15日)

ピンク・フロイドについて(9月18日、12月29日)

パブリック・イメージ・リミテッドについて(8月30日、11月9日)

ローリング・ストーンズについて(6月14日)

ルーサン・フリードマンについて(3月7日)

シルヴァーヘッドについて(11月23日)

サイモン・フィンについて(1月21日、1月27日、2月3日、6月4日、8月26日、9月28日、11月26日)

スワンズについて(1月27日)

シド・バレットについて(4月24日)

林拓について(10月30日)

サーストン・ムーアについて(7月8日)

ヴェティヴァーについて(4月15日)

エトセトラ(1月9日、1月10日、1月11日、1月19日、2月22日、3月4日、3月13日、4月7日、4月9日、4月10日、5月10日、5月11日、5月12日、5月21日、7月18日、9月1日、10月24日、12月20日)

偏った内容ねえ! でも、これがユリシーズなのよ。そして私がデヴェンドラ・バンハートのことをいっぱい書いたのは、私が彼の大ファンだからなのね。今さら言うまでもないことだと思うけど!

親愛なる皆様、読んでくれて本当にありがとう! 愛してるわ! よいお年をお迎えください。そしてまたすぐにお目にかかりましょう!


How was the year of 2011 for you?  How's your music life been this year?  Now I'm remembering many things; Some impressive albums, various special happenings, and especially that meeting with Devendra Banhart in August.  My music life's been quite happy.

I believe ULYSSES OFFICIAL BLOG has reflected such me so honestly.  I have written a lot and freely on music.  I was happy whenever I did so.  Yeah, that's true.

I wonder if this is useful for you.  As below, this is all the contents in ULYSSES OFFICIAL BLOG I've written this year.

*about Angus MacLise (see November 16)

*about Annette Peacock (see March 18 & 19)

*about The Beatles (see September 21)

*about Bert Jansch (see October 12)

*about Bridget St. John with Taku Hayashi (see April 17, May 27, June 18 & 23)

*about Comas (see November 22)

*about David Bowie (see October 13)

*about Devendra Banhart (see February 16, April 2, June 12, 29, July 19, 21, 26, 29, August 8, 9, 13, September 3, 17, October 2, 29, November 3, December 2, 11 &13)

*about Donovan (see October 9)

*about The Entrance Band (see March 14, May 14, August 22 & November 18)

*about Françoise Hardy (see December 14)

*about Friction (see March 10 & 27)

*about George Harrison (see November 30 & December 1)

*about Linda Perhacs (see June 25 & July 2)

*about Little Joy (see April 29 & July 17)

*about Metal Box In Dub (see September 30)

*about Nikki Sudden (see May 29 & 31)

*about Pierre Barouh (see February 15)

*about Pink Floyd (see September 18 & December 29)

*about Public Image Limited (see August 30 & November 9)

*about The Rolling Stones (see June 14)

*about Ruthann Friedman (see March 7)

*about Silverhead (see November 23)

*about Simon Finn (see January 21, 27, February 3, June 4, August 26, September 28 & November 26)

*about Swans (see January 27)

*about Syd Barrett (see April 24)

*about Taku Hayashi (see October 30)

*about Thurston Moore (see July 8)

*about Vetiver (see April 15)

*et cetera (see January 9, 10, 11, 19, February 22, March 4, 13, April 7, 9, 10, May 10, 11, 12, 21, July 18, September 1, October 24 & December 20)

Monomaniac?  Yeah, that's ULYSSES!  And the reason I wrote a lot on Devendra Banhart is that I'm a great fan of him, that's needless to say!

Dearest readers, many thanks!  I love you all!  Have a good year.  See you again very soon!

Dec 29, 2011

シー・エミリー・プレイ  See Emily Play

シド・バレット在籍時のピンク・フロイドが「シー・エミリー・プレイ」をプレイした際のトップ・オブ・ザ・ポップスの幻の映像が遂に発見された、と報じられて1年が経過したわ。結局私達はそれを見ることができずに2011年を終えることになったわけだけど。ブリティッシュ・フィルム・インスティテュートのバカ。

一方のピンク・フロイド側。彼らはすでにたくさんの貴重なライヴ・テープを集めたそうよ。しかも掘り起こし作業はもっと進行するわ。UFOクラブやミドル・アースのテープ。ビル・グラハム・アーカイヴズ。あといくつか。いつの日か私達はシド・バレットがいた初期ピンク・フロイドの全てを知ることができるかもしれないわ。そう信じていたいの。あなたもそうでしょ?





One year has passed since the news said the previously lost Top Of The Pops footage of "See Emily Play"of the Syd Barrett-era Pink Floyd was finally discovered.  This was not unveiled this year in the end, though.  F**k you, the British Film Institute.

On the other hand, people say that Pink Floyd still have plenty of rare stuff.  And they can scare up even more; Tapes from UFO and Middle Earth.  From Bill Graham Archives.  From more to name but a few.  Maybe we'll enjoy all stuff of the Barett-era Pink Floyd someday in the future.  I want to believe so still.  Don't you agree with me, do you?

Dec 20, 2011

風邪をひいた……  Caught Cold...

ひどい風邪をひいてずっと寝込んでるの。熱は高くて、頭も痛くて、体の節々も痛いの。クリスマス前のこの時期に、なんて悪いタイミング。悲しいなあ……。

風邪にいいからとユリシーズ・ボーイズに勧められてジャコバイツとサイモン・フィンを聴いたら、熱はもっと上がったわよ。あいつら、私をだましたのね!

風邪をひいたらどんな音楽を聴けばいい? 教えて! このブログを書きながら私は今聴いているのはヴェティヴァーなの。シンガー=ソングライターに関心がある人にとって、ヴェティヴァーはアメリカの素晴しいグループなのよ。悪くはないチョイスよね。ゲホゲホ。



I've been laid up with a bad cold.  I'm feverish, suffering from a headache, and feeling pain in my joints.  Bad timing, just before Christmas.  So sad, really...

I listened to Jacobites and Simon Finn, both were good for my health according to the ULYSSES Boys, but my temperature went up much higher!  Bad boys, they deceived me!

Tell me, please, what music shoud I listen to when I catch cold!  I'm listening to Vetiver in writing this.  Vetiver is a brilliant group in America, for those who are interested in the works of singers / songwriters.  I make a good choice, don't I?  Cough.

Dec 14, 2011

あなたの微笑の翳り  Shadow of Your Smile

日本ではジェーン・バーキンがとてもポピュラーな存在なんだけど、ユリシーズ・ボーイズはむしろフランソワーズ・アルディが好きなのよ。特に河添剛さんは彼女の熱狂的なファンで、彼はいつも「僕が心から愛している女性」だって言っているわ。河添さんによると、アルディの美は翳りの美、官能の泉、謎めいたエレガンス、やさしさと静穏さと倦怠に溢れる夕べ、真夏の永遠の終わりを意味するそうよ。つまり、彼女が美しいと言うだけでは絶対に不充分だと彼は感じているのね!

アルディといえば、盟友ジャン=マリー・ペリエがいたわ。フランスを代表する著名な写真家で、アルディとは彼女のデビュー時からの大親友のペリエが。そのペリエが先頃満を持して刊行した『フランソワーズ』(シェーヌ刊、パリ)は、まさに要注目の写真集ではないかしら。60年代と70年代の写真を中心にした、数多くのアルディの若々しいイメージを見ることができるの。多くは未発表のイメージよ。いずれにせよ、彼女がとびぬけて美しいパリジェンヌだったことは明らかね。ボブ・ディランも、ミック・ジャガーも、エリック・クラプトンも、デヴィッド・ボウイも、彼女にすごく憧れていたんですって。納得よね……。素晴しい写真の数々。時折挟まれている彼女の飾り気ないユーモラスなコメントもステキ。でも、彼女の微笑と微笑の翳りときたら! 私、彼女にちょっと嫉妬したわ!……

それと、コレクターの人達にはぜひお知らせしなければならないんだけど、この写真集『フランソワーズ』には1900部限定のスペシャル・エディションがあって、そこにはペリエ撮影によるアルディのオリジナル・プリント2枚が封入されているそうなのよ。これはあなたには生涯忘れがたいクリスマス・プレゼントになるかもね。

Françoise par Jean-Marie Périer / Editions du Chêne


Jane Birkin is very popular in Japan, but the ULYSSES Boys prefer Françoise Hardy.  Especially Tsuyoshi Kawasoe is a great fan of her.  He always says, "She's a woman who I really love".  According to him, the beauty of Françoise Hardy means the one of the shadow of something, the fountain of sensuality, the enigmatic elegance, the evening full of gentleness, calmness and ennui, and the eternal end of the mid summer.  In short, he feels it's not enough to say she's a beautiful woman!

You don't forget her close friend Jean-Marie Périer, in thinking of Françoise Hardy.  Monsieur Périer is a famous photographer in France, and he has been her great pal since her debut.  So I think "Françoise" (Éditions du Chêne, Paris) Périer published recently is a really remarkable photobook.  You can see so many fresh images of Hardy, mainly of the 60's and the 70's.  Many of them are previously unpublished ones.  It's obvious she was by far the most beautiful Parisienne, anyway.  They say Bob Dylan, Mick Jagger, Eric Clapton, and David Bowie adored her in those days.  Why not?...  The photobook contains not only wonderful photographs but also her simple and humorous comments at intervals, that's so nice.  But what a smile of her, and what a shadow of her smile!  I'm a little jealous of her!...

By the way, it's a good news for collectors; The special version of "Françoise" is coming out too, that's a limited edition of 1900, containing 2 prints of the Françoise Hardy photographs taken by Périer.  Probably the version must be the unforgettable Christmas present for you.

Dec 13, 2011

Wow  Wow

3年前にインターネット・マガジンとしてスタートしたフランスの『WOW Magazine』が、この夏から紙媒体の季刊誌としても刊行されるようになっていて、現在第2号が発売中。で、その第2号なんだけどね、まさに「ワオ」って感じなのよ。だって、デヴェンドラ・バンハートのヌード写真が掲載されているんだもの! でも、残念! きわどい部分は見えないわ!(笑) 撮影者はインテリア・デザイナーとしても有名なアーティストのアナ・クラス。彼女はデヴェンドラのガール・フレンドで、8月にはデヴェンドラと一緒に東京に来たわ。

それにしても、デヴェンドラは裸になるのが好きなのかしらね。グレッグ・ロゴーヴとのユニット、メガプスでも、ジャケット写真の彼は全裸だったわ(でも、そのときでもきわどい部分は見えなかったわ。その点、前も後も惜しげなくさらけ出した『トゥ・ヴァージンズ』のジョンとヨーコはもっとクレイジーだったのね!)。





The French "WOW Magazine", that has been established as an e-magazine in 2009, has started paper edition since this summer, and the 2nd issue is now on sale.  And, the 2nd issue is "wow" really, for a photograph of naked Devendra Banhart is appeared there!  But what a pity!  You can't see that indecency!  LOL.  The photo is taken by Ana Kras, an artist who is famous as an interior designer too.  She is Devendra's girlfriend, and came to Tokyo together with him this August.

I wonder if Devendra loves to become naked by the way.  He was also totally naked on the cover photo of Megapuss, a special unit with Greg Rogove (Then you couldn't see his indecency too, though.  On that point, John & Yoko of "Two Virgins" that revealed without hesitation both their fronts and backs were much more crazier, I believe!).

Dec 11, 2011

デヴェンドラ・バンハートが東京に来たこの夏を懐かしむ…… Remembering This Summer When Devendra Banhart Came To Tokyo...

ハロー! 金曜日にトラウマリスで行なわれたユリシーズ・イヴェント「私には天使のすかし模様が入っている(The Angel is My Watermark)」にご来場いただいた皆様、本当に、本当に、ありがとうございました(と、ユリシーズ・ボーイズは言っているわ)。この日、私達は全員、デヴェンドラ・バンハートがトラウマリスにやって来て、ステキなチャリティ・ショウをやってくれたあの8月3日のことを、そのドキュメンタリー映像で懐かしみ、またまた胸が一杯になったのよね。デヴェンドラってすごくキュートだった、スウィートだった、誰に対してもフレンドリーに振舞う天使だった……。

そして、このこともぜひ書いておかなくちゃ。ドキュメンタリー映像の上映前には、河添剛さんのスピーチ、秋元カヲル(Kawol)さんや林拓さんのミニ・ライヴもあったの。全部が完全に素晴らしかったわ。河添さんは真面目なコメディアン。秋元さんは本物の音楽家。私が大好きな林拓さんはまさしくアシッド・フォーク界のアンファン・テリブル(恐るべき子供)ね。とても楽しかったわ! そして、来場者には全員、ユリシーズ特製のポスターがプレゼントされたのよ。ユリシーズのポスターはいつもすごくいいデザインだと思うけど、これも私はメッチャ気に入ったわ! 貰って嬉しいプレゼントこそ最高よ! メリー・クリスマス! どうもありがとう! 

金曜日は一種の感謝祭だったという気がするわ。東北の被災者のためにチャリティ・ショウをやってくれたデヴェンドラに捧げるささやかな感謝祭。幸い、年の瀬にこういうイヴェントがあったおかげで、2011年について私達はあらためてたくさんのことを考えることができたように思うわ。

ユリシーズ特製ポスター  A special poster by Ulysses

林拓さん  Taku Hayashi

林拓さん  Taku Hayashi

秋本カヲルさん  Kawol Akimoto

ドキュメンタリー映像  Documentary Film

DB wine!

Hello!  Thank you very very much for everyone who attended the Ulysses event "The Angel is My Watermark" at Traumaris last Friday (so say all of the Ulysses Boys).  That day, we all remembered the August 3rd by watching the documentary film, when Devendra Banhart had come to Traumaris to play a wonderful charity show, and we felt a lump in our throat again.  Devendra had been so cute and so sweet too, and he had been an angel acting friendly to everyone...

Also, I've got to tell you, we had a speech by Tsuyoshi Kawasoe, then Kawol Akimoto (Kawol) and Taku Hayashi played mini live shows before the documentary film.  Everything was perfectly wonderful.  Tusyoshi is a serious comedian.  Kawol is a true musician.   My favorite, Taku is a true "enfant terrible" in acid folk world.   The event was great fun!  And all the participants were presented with a special poster by Ulysses.  Posters by Ulysses are always very beautifully designed, and I love this one so much as well!  It is the best when you receive the gift which makes you happy.  Happy Holidays!  Thank you very much!

I felt like last Friday was a kind of Thanksgiving Day.  It was a small Thanksgiving Day for Devendra, who had had a charity show for the victims in the northeastern Japan.  Fortunately, since we had such an event at the close of the year, we were able to think a lot about the year 2011.

Dec 2, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!3 Devendra Banhart Film Party! 3

あと一週間後に迫った12月9日の「デヴェンドラ・バンハート/映像上映会」の詳細はトラウマリスのホームページを見てね!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

もちろん私も行くわ。ああ、楽しみ!


For more information on "Devendra Banhart / Video Screening" just a week away on December 9th, please visit Traumaris homepage!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

Of course I'll be there.  I can't wait!

Nov 30, 2011

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Living in the Material World

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴが偉大なアーティストであることは言うまでもないことよね。だって彼らはビートルズのメンバーだったんだから。客観的に言って、ビートルズは音楽の偉大な歴史の巨大な一部、なんでしょ? でも、私は昨日、生まれて初めてジョージ・ハリソンを身近に生々しく感じることができたの。一種の天啓ね! それは、マーティン・スコセッシ監督によるジョージのドキュメンタリー映画『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を観たからよ。ああ、私達のステキなジョージ! 彼の音楽、彼の人生、彼の魂は、決して過去に属しているんじゃないわ。彼は今も私達と共にいるの。映画が彼の様々なバックグラウンドをよく伝えてくれたおかげで、私はそのことを遂に深く理解できたんだわ。私は今、彼の大ファンよ! 本当に! 60年代の彼の愛車だったサイケデリックなデザインのミニまで私は好きになっちゃったくらい!

あなたはもう『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を観た? とにかく百聞は一見に如かずで、絶対に観るべき映画だと私は思うわ。レアで貴重なプライヴェート映像もたくさん挿入されているこのとても長い映画について、巧みに構成されている、なんて頭のいい評論家の人達はしたり顔で言うかもしれないけどね。でも、私は、マーティン・スコセッシがジョージの大ファンだったという事実をとっても重視するわ。いわばこれは、ひとりの素晴しいファンが作ったビューティフルで教育的で啓蒙的な映画なの。60年代や70年代を知らない私のような若い世代にもジョージのすべてを存分に教えてくれる映画、それが『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』なのよ。ジョンやポールが好きな人は、ジョージにもっと注目! もちろん、エリック・クラプトンのファン、インド音楽の愛好家、神秘思想に関心を持っている人にも、この映画は絶対にオススメ!

一方、ひと言だけ最後に付け加えておきたいの。60年代からずっとビートルズを追っかけていた人達のことを、私、ちょっぴりうらやましく思っちゃったわ……。


ジョージのミニ / George's Mini

Needless to say, John, Paul, George and Ringo are great artists.  Because they were the members of The Beatles.  Objectively speaking, The Beatles is a big part of the great music history, isn't it?  However, yesterday George Harrison sprang closely and vividly to life for me for the very first time.  I believe my experience was a kind of revelation!  That's because I saw "Living In The Material World", the documentary film on George, directed by Martin Scorsese.  Oh, our sweet George!  His music, his life, and his soul never belong to the past.  He's still with us all.  I suppose I finally understood that deeply, thanks to the film that also told his various backgrounds.  Now I'm a great George Harrison fan really!  I'm falling in love even with his psychedelically decorated Mini, his favorite car in the 60's!

Have you already seen "Living In the Material World"?  It's something that has to be seen to be believed anyway, and I think it's a great film absolutely.  On this very long film that also contains so many rare and precious private footage, I suppose, some clever critics say proudly it's well composed.  But I give prominence definitely to the fact Martin Scorsese is a big fan of George.  So to say, this is a beautiful, educational and enlightening film made by a fantastic fan.  The film that tells enough about all on George even to me too who don't know the 60's and the 70's, that's "Living In The Material World".  I do ask the John or Paul fans to watch George more! Of course, the film must also make much content to the Eric Clapton fans, the Indian music lovers and those who are interested in the spiritual things.  Highly recommended film!

One thing I want to add lastly, by the way.  Now I envy a little those who have been The Beatles manias since the 60's...

Nov 26, 2011

サイモン・フィンの限定DVD  A Limited Edition DVD of Simon Finn

2004年が2枚のアルバムを発表したデヴェンドラ・バンハートの年であったように、そして2010年が3枚のアルバムを発表したブリジット・セント・ジョンの年であったように、2011年はサイモン・フィンの年だったと私は思うの。今年1月に初来日して以来、サイモンはとても生産的で、クリエイティヴで、芸術的な営みの展開に余念がなかったんだもの。彼は『Through Stones』(ハモンド・オルガン が印象的な、危険でとても美しい小品集よ)と『The Distance Between Stones』(ジャパン・ライヴよ! しかもこれはとんでもない超ゴージャスな傑作なの! あなたもぜひ買って!)と、2枚のアルバムをリリースしたわ。『Oral Hygiene』をひっさげて、小説家としてデビューもしたのよ(すごくグロテスクで面白い小説なの)。彼はすごい才能のアーティストね! 知的だし、かっこいいわ! その上、ここだけの話なんだけど、彼は実はとても親切で、魅力的で、にこやかで、フレンドリーな人なのよ。私、彼とは一度、東京で会ったことがあるわ。私は彼に折り紙で作ったオブジェをプレゼントしたら、すごく喜んでくれたわ! 彼は すごく紳士的で、やさしくて、『Pass The Distance』の恐ろしいイメージからは程遠い人なの。

そして、グッド・ニュースよ! 12月中旬に、彼は限定盤DVDをリリースするの! タイトルは『The Ghost with Green Thumb』。短編映画『Once Upon a Time on Earth』で賞 にも輝いた俊英イアン・ホザーサルの監督で、サイモンの「The Ghost with Green Thumb」と「Big White Car」の映像が見られるの。サイモン・フィンの初のプロモーション映像ってわけね! しかも、そのDVDにはライヴ映像も収録されるので、ぜひ手に入れなくっちゃ! ああ、すごく興奮する!

その上、そのDVDのジャケットのアートワークは、ユリシーズの河添剛さんが手掛けたのよ! 河添さんは相変わらずとってもファンキーなのね! すごくいい仕事をしているじゃない? 河添さんいわく、「僕は自分の仕事にとても満足しているよ。なぜなら僕はサイモン・フィンのファンだからね。だから、手抜きなんかしなかったのさ!」って。私はこのアートワークがとても好きよ! ステキ!

DVDは250枚限定なの。入手は難しいかしら。でも、日本の人は、キャプテン・トリップ・レコーズから12月中旬に買うことができるはずよ。このDVDはあなたのステキなコレクションになると思うの。絶対にオススメよ!



2004 was the year of Devendra Banhart who released 2 albums, 2010 was the year of Bridget St. John who released 3 albums, and, I believe, 2011 is the year of Simon Finn.  Since this January when Simon came to Japan for the first time, he has been so productive, creative and artistic.  He released two albums; One is "Through Stones" (This is a so beautiful and dangerous collection of his short pieces, that impresses the sound of hammond organ on my mind), and another is "The Distance Between Stones" (Live recordings in Japan!  Extremely great and super gorgeous masterpiece!  Never forget to buy that!).  Besides, he published his first novel called "Oral Hygiene" (Funny but grotesque story).  He is so talented, intelligent and cool!  And, this is a secret between us, he is a much kind, attractive, smiling, friendly person.  I've met him in Tokyo.  I gave him an object made of origami, then he was so happy with that!  He was very gentle and sweet even to me, and I immediately found he was much far from the terrible public image of "Pass The Distance".

And, it's a great news!  A limited edition DVD called "The Ghost with Green Thumbs" of Simon Finn will come out in the mid of December.  Featuring two films on his songs "The Ghost with Green Thumbs" and "Big White Car" directed by young talented Ian Hothersall, who made the award winning si-fi short "Once Upon a Time on Earth".  Ah, those are the very first PV of Simon Finn!  Also, the DVD includes live footage.  I will definitely get a copy!  I'm excited now!

Additionally, the artworks for the front and the back covers of the DVD are by Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES!  Tsuyoshi's so funky as before!  Good job, isn't it?  Tsuyoshi says, "I'm much content with my works, for I'm just a Simon Finn fan.  So I did my best!".  Yeah, Tsuyoshi, I love your artworks!  Wonderful!

The DVD is limited to only 250 copies.  I wonder if it's hard to get one.  But I believe it's probably easy for Japanese to buy it from Captain Trip Records.  I'm sure "The Ghost with Green Thumbs" must be the definite one for your nice collection on music. I do recommend you to have it!

Nov 23, 2011

シルヴァーヘッド、来日!?  Silverhead, coming to Japan!?

驚きよ! 一体どうなってるの? シルヴァーヘッドが来年4月に2度目の日本公演をするって聞いたわ! メンツはセカンド・アルバムのときのそれ。つまり、マイケル・デバレス(ヴォーカル)、ロビー・ブラント(ギター)、ロッド・ロック・デイヴィス(ギター)、ナイジェル・ハリスン(ベース、後にブロンディのメンバーになった人よね)、ピート・トンプソン(ドラムス)よ。奇蹟よね。信じられない!

このニュースに、ユリシーズ・ボーイズは一様に興奮しているの。河添剛さんいわく、「ロック・シーンにマイケル・デバレスが台頭するときは、常に決まってシーンそのものが凋落する時期である」って。平治さんいわく、「世界が終わる前に公安の手入れがあるかも」って。ユリシーズ・ボーイズはおかしな人たちね! とても変な喜び方をするのよ!

若い私がシルヴァーヘッドを知ったのは最近のことよ。彼らがグラム・ロック・バンドだったのかなんてわかんないわ。でも、すごくかっこいいって思うの! 72年のファースト・アルバムに収録されている「ロング・レッグド・リザ」を聴いて。73年のセカンド・アルバムに収録されている「ハロー・ニューヨーク」を聴いて。シルヴァーヘッドはワイルドよ。卑猥よ。退廃的よ。その上、マイケル・デバレスは凄まじいヴォーカリストで、しかもものすごい美貌の持ち主なの。彼は今、LA在住の有名な俳優ね。クリント・イーストウッドの映画『ピンク・キャデラック』には、悪玉のボスとして出演していたっけ。

ところで、彼らのセカンド・アルバムの邦題は「16才で犯されて」だったんですって! それを許した当時の日本って、信じられないくらいアナーキーな国だったのねえ!





AMAZING!  What's going on?  People say that Silverhead will come to Japan next April to play for the second time!  The members are the ones in their second album.  In short, Michael Des Barress (vocal), Robbie Blunt (guitar), Rod Rock Davies (guitar), Nigel Harrison (bass. Nigel became a member of Blondie after Silverhead broke up) and Pete Thompson (drums).  What a miracle.  Unbelievable!

All of ULYSSES Boys feel excited at the news.  Tsuyoshi Kawasoe says, "Whenever Michael Des Barress appears on the music scene, the scene starts to be ruined".  Osamu Taira says, "Before the end of the world for Silverhead's appearing, I'm afraid if a raid is made by the public peace office".  ULYSSES Boys are funny!  They are good at showing the very strange ways to be pleased!

I'm young, so it's recently that I knew about Silverhead.  I have no idea if they were glam rockers really.  But I think Silverhead is so cool!  Listen to "Long Legged Lisa" from the first album in 1972.  Listen to "Hello New York" from the second album in 1973.  Silverhead is wild, dirty, and corrupt.  Additionally, Michael Des Barress is an outstanding vocalist, and he looks so good.  Now Michael is a famous actor who lives in LA.  I remember he appeared in Clint Eastwood's film "Pink Cadillac" as a role of the boss of the terrorist group.

By the way, they say the title of their second album in the Japanese edition was "Raped at the age of 16"!  Japan was crazy enough to allow such a super bad title at that time!

Nov 22, 2011

コウマス来日!  Comus, Coming to Japan!

きゃー! ものすごいことになったわ! コウマスが来年2月に東京で初の来日公演をすることが急遽決定したの! 怖い! でも、気になって仕方がない! だって、コウマスはコウマスよ。1971年にファースト・アルバム『First Utterance』をリリースして以来、ダークでアンダーグラウンドでアシッドでプログレッシウ゛なフォーク・グループの代名詞であり続けた彼らのことは、真剣な音楽ファンの間では伝説以上の存在だったはずでしょ? スペース・オディティ期のデヴィッド・ボウイが彼らの大ファンだったことはもうロック史の神話よね? 誰がコウマスを前にして冷静でいられるというの? 私はコウマスが嫌いな人たちが嫌いよ! ユリシーズ・ボーイズも同意見よ! ライヴはぜひ見なくちゃ! もう、いやーん!

以下は東京公演の詳細よ! キャプテン・トリップさん、ありがとう! 今はそれ以外何も言うことはないわ。
"First Utterance" / Comus

Eek!  This is an inconceivable news!  Suddenly Comus has decided to come to Tokyo next February to play in front of the Japanese audience for the first time!  What a terror!  But we want very badly to pay attention to the news!  Because Comus is Comus.  Since their first album called "First Utterance"came out in 1971, Comus who's been a synonym for the dark, underground, acid and prog folk group has been more than a legend among serious music lovers.  David Bowie of the Space Oddity era was a big Comus fan, that is a great myth in the rock music history.  So, I wonder who can take a calm attitude toward Comus.  I hate those who hate Comus!  ULYSSES Boys agree with me!  Why not?  So we have to rush into the Comus concerts!  Oh, no!

The details on the Comus in Tokyo are as below.  Thanks, Captain Trip Records!  I can say nothing but so at present.

*****
COMUS Live in Japan 2012

*Roger Wootton (Guitar & Vocals)
*Glenn Goring (Guitar)
*Bobbie Watson (Vocals & Percussion)
Jon Seagroatt (Flute & Percussion)
Dylan Bates (Violin)
Ray Bailey (Bass)
*original member

February 4th.(Sat.) & 5th.(Sun.)
at LIVE HOUSE FEVER, Shindaita TOKYO
Adv. 8,500Yen / Door 9,000Yen
4th.(Sat.) Open & Start 19:30
5th.(Sun.) Open & Start 17:30

DJ:HISAO KAWADA (disk union)

<ご予約・お問い合わせ>
info@captaintrip.co.jp
(電話での対応は受け付けておりません。)

<Further Information>
www.captaintrip.co.jp

<新代田 LIVE HOUSE FEVER>
http://www.fever-popo.com/
〒156-0042 東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F
TEL:03-6304-7899
*新代田駅(京王井の頭線)徒歩30秒


Presented by
TIME MACHINE PROJECT
CAPTAIN TRIP RECORDS
COCO International Inc.
POSEIDON

Nov 18, 2011

エントランス・バンドのポスター!  The Poster For The Entrance Band!

ワオ! 見て! すごーい! ユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんが再びとんでもなくカッコイイポスターを作ったわ! 今回彼らが手掛けたのはエントランス・バンド(私達の大好きなLAのバンド!)のポスターで、バンドの待望の新作のプロモーション用として使われるそうよ。「ポスターは全部アメリカに送るんだよ」と、河添さん。でも、私のために1枚残しておいて! 欲しい!

ひと言で言うと、カッコイイバンドのためのカッコイイポスターね。ロック・ミュージックにとって、これこそ理想的よ。あなたもそう思わない?


Wow!  Look!  Greeeeeeaaaat!  Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES have worked together again to make such an extremely cool poster!  This time, they designed a poster for The Entrance Band, our favorite rock band from LA, and the poster is for the promortion for their long-awaited new album.  Tsuyoshi says, "I'm going to send all of them to America".  But, please, keep one for myself!  I want to get the poster!

In short, it's the cool poster for the cool band.  Ideal is that, for rock / pop music!  You don't agree with me, do you?

Nov 16, 2011

もう一冊、秋の読書  Reading In Autumn, Again

あなたはジェラード・マランガを知っている? 詩人、写真家、映像作家、資料蒐集家、そして60年代はアンディ・ウォーホルのアシスタントを務めていたアーティストよ。『ニューヨーク・タイムズ』はマランガを「ウォーホルの最も重要な共同制作者」と称したわ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライヴでダンスを振付けた彼のことはロック・ファンの間でもとても有名だと思うけど、実はマランガはウォーホルにヴェルヴェッツを紹介した張本人なのよね。

そんな彼の業績を纏めた『AM (Archives Malanga)』というタイトルの4巻本が、先日アメリカのケイ・プレスからリリースされたわ。すごく興味深い本よ。図版も豊富なの。そして、注目! 『AM2』ではアンガス・マックリーズについての素晴らしいページがあるのよ。

アンガス・マックリーズ。彼はラ・モンテ・ヤング、トニー・コンラッド、ジョン・ケールと共に1961年、ザ・ドリーム・シンジケートというフリー・ミュージック・バンドを結成した人。そして1965年、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを創設し、ルー・リードによってすぐに解雇された人。1974年にカトマンズに居を移した後はディープでトライヴァルでサイケデリックな実験芸術の制作に没頭し、79年、自作の詩やミュージック・テープを未整理のまま残して亡くなってしまった。すごい悲劇。マランガはそんな彼について一種のレクイエムをそこで書いているの。胸に沁みるわ。マランガは彼の友達だったの。彼はアンガスのとても美しいポートレイト写真も撮っていたわ。

私、マランガのテキストのせいでアンガス・マックリーズのアルバムを再び聴きたくなっちゃった。サード・イアー・バンドとかシックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスとかが大好きなユリシーズ・ボーイズも、当然のことながらアンガスに興味があるそうよ。アンガス・マックリーズはアメリカの偉大なアヴァンギャルド・ミュージシャンだったわ。でも、私達は彼の音楽をポップ・ミュージックとして楽しむの。

"Invasion of Thunderbolt Pagoda" Angus MacLise

You know about Gerard Malanga?  He is a poet, photographer, filmmaker, archivist, and artist who was the assistant of Andy Warhol during the sixties.  The New York Times called him "Warhol's most important associate".  I believe that Malanga, who choreographed dance to the music of the Velvet Underground live, is very famous among rock music lovers too, and he's the ringleader in fact who introduced Velvets to Warhol.

The book of 4 volume set called "AM (Archives Malanga)" that shows the career of him has come out recently from Key Press, America.  That's a so interesting book, with full of many plates.  And, attention!  There are fantastic pages on Angus MacLise in "AM2".

Angus MacLise.  In 1961, he joined up with La Monte Young, Tony Conrad, and John Cale to form a free form music group under the banner, The Dream Syndicate.  In 1965, Angus became one of the Velvet Underground's founding members, and then he was fired immediately by Lou Reed.  After he settled in Kathmandu on 1974, he was involved with making deep, tribal, and psychedelic experimental art, but at the time of his death in 1979, he left behind a substantial body of uncatalogued work, both in poetry manuscripts and analog music tapes.  Tragic MacLise.  Gerard Malanga writes a kind of requiem on that Angus MacLise.  It goes straight to your heart.  Malanga was a friend of him.  He was a photographer too who took a so beautiful portrait of Angus.

Now I want to listen to the music of Angus MacLise again, thanks to the text by Gerard Malanga.  The ULYSSES Boys who deeply love Third Ear Band and Six Organs Of Admittance say they're naturally interested in Angus too.  Angus MacLise was the great avant-garde musician in America.  But we can enjoy his works as pop music.

Nov 9, 2011

秋の読書  Reading in Autumn

ああ、私はとんでもないうっかり女だわ! こんなにステキな本を皆さんに紹介し忘れていたなんて! デニス・モリスが1979年に撮影したパブリック・イメージ・リミテッド(PIL)の写真集『A BITTA PIL』(パルコ出版) は本当に、本当に、素晴しい本なの。今年の春に発刊され、最近は重版されたばかりなのよ。あなたも絶対買うべきだわ! 

私の大親友でユリシーズ・ボーイズのひとりの河添剛さんが、「ロック・ミュージック史には特権的な年代があるんだよ。1967年、1968年、1969年、1972年、1977年、そして1979年だ」といつも言っているの。すると、1979年のPILのイメージには絶対的に強力なものがあると言って過言ではないと思うのよ。初期のPILはカッコよかったってあらためて実感するわ。ジョン・ライドンには革命家のオーラがあったし、キース・レヴィンはまぎれもなく天才的な音楽家だし、ジャー・ウォーブルにはベーシストとして特別異様な何かがあったわ。この写真集はその事実を私達にはっきりと教えてくれるの。ああ、大変! 血が騒ぎ出した!

セックス・ピストルズを撮ったことでも名高いデニス・モリスが、すごい写真家であることは今さら言うまでもないことなんだけど、私は『A BITTA PIL』の表紙デザインも大好きなの。日本の週刊誌 『アエラ』を模したこの表紙は、『イタリアン・ヴォーグ』(フロントのジョン・ライドン)、『タイム』(バックのジャー・ウォーブル)、『マッド』(インサイドのキース・レヴィン)、『ヒム』(同じくインサイドのジム・ウォーカー)などの雑誌を模したPILの歴史的なファースト・アルバムのジャケットへの、気の利いたオマージュでしょ? こうでなくっちゃね! 

ジョン・ライドン。げっそりとやせこけた、蒼白い顔。恐怖に向かって見開かれた眼差し。写真の静謐なイメージの奥からも、彼の表現主義者的な情念が今もほとばしってくるわ……。

"A BITTA PIL" / PARCO, Tokyo, Japan

Oh, I'm a badly careless woman, that forgot to tell you about such a wonderful photobook!  I want to emphasize that the photobook called "A BITTA PIL" (PARCO, Tokyo, Japan) by Dennis Morris who took Public Image Ltd. (PIL) in 1979 is really, really awesome.  It was published in spring this year, and has been reprinted recently.  Don't forget to get one!

Tsuyoshi Kawasoe, my best friend and one of the ULYSSES Boys, always says, "There are some very special years in the rock music history.  They are 1967, 1968, 1969, 1972, 1977 and 1979".  So I believe the images of PIL in 1979 are absolutely powerful.  They were really cool at that time, that I'm sure again.  John Lydon had an aura of a son of revolution, Keith Levene was a genius for music obviously, and Jah Wobble had something fantastic specially.  This photobook can show us the truth again.  Oh, my!  My blood starts to boil!

It's needless to say that Denis Morris who was also the photographer of Sex Pistols is great, but I want to emphasize my big love to the cover of "A BITTA PIL" at the same time.  The cover design, that imitates the Japanese weekly magazine "AERA", is an attractive homage to the cover design of the PIL's historic first album that imitates "Italian Vogue" (see the front cover appearing John Lydon), "TIME" (see the back cover appearing Jah Wobble), "Mad"(see the inside appearing Keith Levene), and "HIM" (also see the inside appearing Jim Walker), isn't it?  Good job!

John Lydon.  His lean and pale face. His look that opens to a fear.  Deeply from even the silent photographic image, his expressionistic passion still gushes out...

Nov 3, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!2  Devendra Banhart Film Party! 2

12月9日の「デヴェンドラ・バンハート/映像上映会」の詳細はトラウマリスのホームページを見てね!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

From Traumaris homepage

For more information on "Devendra Banhart / Video Screening" on December 9th, please visit Traumaris homepage!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

Oct 30, 2011

林拓ポスター  The Taku Hayashi Poster

ワオ! 林拓のポスターをユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんが手掛けたんですって! ソロ・アルバム『五月三十二日』やブリジット・セント・ジョンとのジャパン・ツアーを記録したライヴ・ドキュメントの傑作『ジョリィ・マダム』などで知られる京都のシンガー=ソングライター林拓のことは、以前からユリシーズ・ボーイズは高い評価を与えていたわ。だから、今回ユリシーズ・ボーイズの2人が林拓のポスターを制作したことは当然の成り行きだったのね。見て! とてもカッコイイポスターよ! 私も欲しい! でも、これって主に京都の町の中でしか見ることができないのかしら???



Wow!  Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES have designed the Taku Hayashi poster recently!  ULYSSES Boys have highly appreciated this Kyoto-based singer-songwriter Taku Hayashi for these years who's well known as the artist of a solo album "On May 32nd" and a great masterpiece "Jolie Madame" recorded live in Japan with Bridget St. John.  So, it's so natural two of ULYSSES Boys made his poster, isn't it?  Look!  So cool poster!  I want to get one!  But I wonder if they can be only seen mainly in Kyoto???

Oct 29, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!  Devendra Banhart Film Party!

みんな、こんにちは! 今日はとても楽しいお話をするわ! 12月9日(金曜日)、東京の恵比寿はあのトラウマリスで、「私には天使のすかし模様が入っている(The Angel Is My Watermark)」というフィルム・イヴェントがユリシーズ主催で行なわれるの。8月3日にあったデヴェンドラ・バンハートのあの素晴しいチャリティ・ショウを、秋元カヲルさんの尽力で遂に完成したドキュメンタリー・フィルムから懐かしむという主旨よ。またしても忘れがたい体験になるわ! でもそれだけではないの。刺激的なミニ・ライヴや興味深いトークショウも一緒に楽しめるの! ワオ!

イヴェントの詳細についてはトラウマリスのホームページをチェックしてね。http://www.traumaris.jp/
ありがとう!

忘れないで。12月9日はぜひトラウマリスに駆けつけて。そして、みんなして一緒に、天使のすかし模様が入っているデヴェンドラ・バンハートを再び愛し、彼のことを語り合い、楽しくお酒を飲みましょう! このイヴェントについての情報はこれからもお伝えし続けるわ。怠け者のユリシーズ・ボーイズに代わってね! アハハ! 



Hello, folks!  Today I let you know a very happy news! On December 9th (Friday), ULYSSES will be proud of presenting a film event called "The Angel Is My Watermark" at Traumaris, Tokyo.  You'll watch a great documentary film by Kawol Akimoto, that shows the Devendra Banhart's charity show on August 3rd.  You will have an unforgettable experience again!  But, not only that but also you will enjoy stimulous mini-live concerts and interesting talkshow then!  Wow!

For further information, visit http://www.traumaris.jp/
Thank youuuuuu!

Don't forget to rush into Traumaris on December 9th!  And, let's love Devendra Banhart with the angel's watermark again, talk about him, and enjoy glasses of wine all together!  I will tell you more about this event again soon, instead of lazy ULYSSES Boys!  Ha,ha,ha!

Oct 24, 2011

悲しい秋  Sad Autumn

悲しい秋。ボブ・ディランの『ザ・タイムズ・ゼイ・アー・ア=チャンジン』やジョージ・ハリソンの『オール・シングス・マスト・パス』などのジャケット写真で知られる世界的に著名な写真家のバリー・ファインスタインが、先日80歳で亡くなったの。そして一方、テレヴィジョン・パーソナリティーズのリーダーのダン・トレイシーは、脳の内出血を取り除く手術を受けた後に危篤状態に陥ってしまったの(事件性の疑いがあるので、ロンドン警察が捜査に入っている模様)。ダン・トレイシーは私達全員にとってお馴染みのアーティストだったわ。『ユリシーズ』4号には、15ページほどにわたってテレヴィジョン・パーソナリティーズのとても充実した特集記事が掲載されていたもの。そして、同じ号のエントランス・バンドの記事の中では、ガイ・ブレークスリーがテレヴィジョン・パーソナリティーズを絶賛していた……。

本音を言えば、私、悲しいお話をここで書くのは好きじゃないの……。

Barry Feinstein's Website

Sad autumn.  The world-famous photographer Barry Feinstein who is the artist of the covers of Bob Dylan's "The Times They Are A-Changin' ", George Harrison's "All Things Must Pass" and so on, has died at 80 the other day.  And, on the other hand, The Television Personalities' frontman Dan Treacy is reportedly in a critical condition following an operation to remove a blood clot on his brain (It's not clear how Treacy sustained the injury.  But police are investigating).  You know, Dan Treacy has been a familiar artist to all of us.  A substantial 15-page long article on The Television Personalities appeared in "ULYSSES" vol. 4.  Also, in the interview of The Entrance Band in the same issue, Guy Blakeslee expressed great admiration for The Television Personalities...

Honestly, I don't like to write such sad stories here...

Oct 13, 2011

デヴィッド・ボウイが?  David Bowie?

世界的に有名な日本の写真家であるミスター鋤田正義の超ゴージャスなデヴィッド・ボウイ写真集『Speed of Life』が、この秋遂に英ジェネシスから刊行されようとしているまさにその直前に、一部の人達がボウイはすでに引退したんだと言っているの。それって本当のこと? 私は絶対に信じないわよ。ボウイのいないロック・シーンなんか想像できるわけないじゃない!

1971年のデヴィッド・ボウイ。女装姿の彼はすごく美しかった。でも彼は私達のすぐそばに今もいるわ。写真はまるでタイムマシンね! 今の私には写真集が刊行される日がとても楽しみなのよ。

The Man Who Sold The World / David Bowie

Hunky Dory / David Bowie

Just before the English publisher Genesis finally releases the world famous Japanese photographer Masayoshi Sukita's David Bowie photo book called "Speed of Life" this autumn, some people say that Bowie has already retired.  Is that true? I never believe that though.  You can't imagine the music scene without David Bowie at all!

David Bowie in 1971.  The man in woman's disguise was so beautiful.  But he's still very close to us.  Photograph is like a time-machine!  Now I'm looking forward to the day when the photo book "Speed of Life" comes out.

Oct 12, 2011

バート・ヤンシュの死  Bert Jansch Has Passed Away

私がドノヴァンのアルバム『サンシャイン・スーパーマン』を買ったその日にバート・ヤンシュはロンドンで亡くなったんだわ……。新聞には、大変な影響力を持つ伝説的なこのフォーク・ミュージシャンは10月5日に肺がんのため67歳で亡くなったと書いてあった……。

ドノヴァンの『サンシャイン・スーパーマン』の収録曲「Bert's Blues」と、『メロウ・イエロー』の収録曲「House of Jansch」は、両方ともバート・ヤンシュに捧げられた曲だったのよ。ギタリストとして、バート・ヤンシュはたくさんの人たちから尊敬されていたの。ジミー・ペイジ、ジョニー・マー、ニック・ドレイク、グレアム・コクソン、ニール・ヤング、バーナード・バトラー、ポール・サイモンからも(と、ボーイ・フレンドが私に教えてくれたわ)。ああ、でも残念なことに、私は若いので、バートが友達と1967年に結成した偉大なグループ=ペンタングルを全然知らないの! 知らないことが今はすごく悲しい・・・。 

でも、これだけは知っているの。バート・ヤンシュの23枚を数えるソロ・アルバムの最後は2006年発表の『ザ・ブラック・スワン』だということを。なぜかと言うと、そのアルバムには私が大好きなデヴェンドラ・バンハート、ノア・ジョージソン、オットー・ハウザー(ヴェティヴァー)、ベス・オートン、ピート・ニューサムが全面参加しているからなの。『ザ・ブラック・スワン』は、少なくとも私にとっては、21世紀のフリーク・フォーク・アルバムだったわ。今でも大好きなアルバムよ。デリケートで、スリリングで、深くて、しかも寡黙なアルバム。

バート・ヤンシュはとても寡黙な人だったそうよ。彼のキャリアを支えたジョン・バーロウは、BBCのインタヴューで「彼はとても物静かな人だった。みんなはよく、彼は喋らない人だねえと言っていた。でも、あんな風にギターを弾く人が、なぜおしゃべりでなければいけないんだ?」って語っていたわ。

私、ペンタングルも聴いてみたいな……。

The Black Swan / Bert Jansch

Bert Jansch passed away in London when I bought Donovan's "Sunshine Superman"...according to the newspaper, the legendary and highly influential folk musician died aged 67 from lung cancer on the 5th October...

You know, both 'Bert's Blues' in "Sunshine Superman" and 'House of Jansch' in "Mellow Yellow" by Donovan were dedicated to Bert Jansch.  Bert has been long respected by Jimmy Page, Johnny Marr, Nick Drake, Graham Coxon, Neil Young, Bernard Butler and Paul Simon too (says my boyfriend).  Ah, but unfortunately, I'm not familiar with great Pentangle at all that Bert formed with his friends in 1967 for I'm too young!  That's what I'm sad now...

However, one thing I know; Bert has recorded 23 albums under his own name, and the most recent of which was "The Black Swan" in 2006.  For, my favorite artists such like Devendra Banhart, Noah Georgeson, Otto Hauser (of Vetiver), Beth Orton, Pete Newsom played with him in the album.  "The Black Swan" has been a 21st century freak folk album at least for myself.  I still love that.  It's a delicate, thrilling, deep and quiet album.

People say Bert was a very quiet guy.  John Barrow, who helped the musician throughout his career, told the BBC, "He was very quietly spoken.  People used to say to me, 'he doesn't talk much, does he?'  But when he could play the guitar like that, why should he be talking?"

I want to listen to The Pentangle too...

Oct 9, 2011

ドノヴァンの傑作『サンシャイン・スーパーマン』のスペシャル・エディション  Donovan's Masterpiece "SUNSHINE SUPERMAN stereo special edition"

こんにちは! そして、イエィ、私、遂に先日買ったのよ! ドノヴァンの大傑作『サンシャイン・スーパーマン』のステレオ・スペシャル・エディションを! これはEMIからリリースされた紙ジャケ仕様の2枚組CDで、アメリカ盤のステレオ・アルバムとイギリス盤のモノ・アルバムで構成されているの。もちろん、ボーナス・トラックも満載よ! すごーくグレイト!

シングル盤「サンシャイン・スーパーマン」は、1966年9月、最初はイギリスではなくてアメリカでリリースされたの。ナンバー1ヒットになったわ。アルバムの方は、ビルボード・チャートで11位まで行ったのよ。このアルバムはたぶん、世界で最初に成功したサイケデリック・フォーク・ロック・アルバムだと言うことができると思うわ。 ねえ、 ビートルズの『サージェ ント・ペパーズ』の1年半前にレコーディングされたのがこのアルバムだということを忘れちゃダメなのよ。60年代、ドノヴァンはビートルズと並ぶポピュラーかつ才能豊かなイギリス人アーティストだったことは、みんなもよく知っていると思うわ。当時、彼のことを嫌いな人なんてこの世にはいなかったはずよ! 彼はルックスもいいのね(本当に可愛い男の子だったのよね、ドノヴァンは!)。でも、彼のことは今なおもっともっと愛した方がいいんだわ! 彼は絶対に革新的だったの。もちろん彼はザッパとは違うけどね。

実際、ドノヴァンは素晴しいソングライターなのよ。彼の曲は信じられないほど美しいの。彼がたとえばポール・マッカートニーに匹敵するようなメロディ・メイカーであることは明らかよ。『サンシャイン・スーパーマン』の中では、私は特に「レジェンド・オブ・ア・ガール・チャイルド・リンダ」や「セレスト」が好き。それに、ボーナス・トラックでは「ブリージィズ・オブ・パッチュリ」と「スーパーラングズ」に驚かされたわ。ちなみに彼のヴィブラートするジェントルな声は、マーク・ボランやブリジット・セント・ジョンのヴォーカル・スタイルに明らかに影響を与えているんじゃないかしら。

私がこのアルバムを買ったきっかけは、河添剛さんが監修したディスク・ガイド本『アシッド・フォーク』を読んだからよ。彼はそこでドノヴァンのことをいっぱい書いているの。私もドノヴァンのことにもっと詳しくなりたいな。私が持っているドノヴァンのアルバムは、まだ3枚だけなの・・・。


"Sunshine Superman Stereo Special Edition" / Donovan 

"Screentests" by Gerard Malanga & Andy Warhol, 1965
(c) The Tsuyoshi Kawasoe Collection

Hi, loves!  And, yeah, I finally bought Donovan's "Sunshine Superman stereo special edition" the other day!  This is a 2 CD set as a paper sleeve edition released from EMI, comprised of new US version stereo album and original UK mono album, with full of bonus tracks of course!  Sooooo great!

In September 1966, 'Sunshine Superman' hit No.1 released firstly in US not UK, and its parent album climbed to No.11 on Billboard's album charts.  I believe, probably this is the earliest successful psychedelic folk rock album in the world.  Hey, never forget this was recorded at least a year and a half before "Sgt. Pepper" of The Beatles.  You know well, during the sixties Donovan was regarded as a popular and talented British artist equal to The Beatles.  Everyone must have loved him at that time.  He looked so good (Donovan was a really pretty boy!).  However, you should still love him more!  He was definitely innovative.  He was different from Zappa though.

In fact, Donovan is a great songwriter.  His songs are incredibly beautiful.  It's obvious that he is a talented melody maker equal to Paul McCartney for example.  I love especially 'Legend Of A Girl Child Linda' and 'Celeste' in the album.  Also, I'm amazed with 'Breezes Of Patchuli' and 'Superlungs' from bonus tracks.  Incidentally, I suppose his vibrating gentle voice inspired much the way of singing by Marc Bolan and Bridget St. John.

The reason I bought this album is that in the past I had read a disc guide book called "Acid Folk", supervised by Tsuyoshi Kawasoe.  Tsuyoshi writes a lot on Donovan in "Acid Folk".  Now I want to know more about Donovan.  But unfortunately I have only 3 Donovan albums at the moment...

Oct 2, 2011

デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティの思い出  Momeories on The Devendra Banhart Fan Party

もう秋ね。でも私は8月に東京で会うことができたデヴェンドラ・バンハートのことがまだ頭から離れないの。とっても楽しかったんだもの! あなただってそうでしょ? 

今日はみんなにステキな映像をご紹介するわ。そこで、東京でのデヴェンドラの姿を一部確認することができるの。もちろん、8月3日にトラウマリスで行なわれたユリシーズ主催の「デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティ」の模様もね(まあ、ものすごく楽しそうに振舞っているユリシーズ・ボーイの河添剛さんの姿もあるわ!)。あれはスペシャルなチャリティ・ショウだったわ! 和気藹々とした雰囲気の中で、私達は全員、デヴェンドラとともに、あるいは導きの星のような彼のおかげで、"BIG LOVE"を実感していたの。 

そういえば、先日ユリシーズの読者の方からステキなお手紙をもらったの。その方は福岡在住の熱心なデヴェンドラ・バンハート・ファンで、トラウマリスでのファン・パーティにもわざわざ足を運んでくれたそうよ。で、その方が教えてくれたんだけど、あの時デヴェンドラがファンにサインをするためにページを破ったのは自分のパスポートではなくて、パスポートにそっくりな外見をした手帳なんですって! なるほど、そりゃそうよねえ! 私っておかしな勘違いをしていたんだわ! 8月13日にこのブログで書いたことは、一部訂正ね。ご教示に感謝します。ありがとう!


Fall has come.  But the meeting with Devendra Banhart last August in Tokyo is still hauting my mind.  That was so enjoyable indeed, in fact!  You felt so too?

Today I 'm pleased to show you a beautiful video.  You can find Devendra in Tokyo partly here.  Needless to say, you can see also how the things of The Devendra Banhart Fan Party presented by ULYSSES were going on at Traumaris on the 3rd of August (Wow, ULYSSES boy Tsuyoshi Kawasoe looks so happy on the video!).  It was a very special charity show!  Everything was so friendly there, and all of us felt "BIG LOVE" with Devendra or thanks to Devendra like a guiding star.

By the way, I got a beautiful letter from a ULYSSES reader the other day.  She's a great Devendra Banhart fan living in Fukuoka, and she says she came all this way to join The Devendra Banhart Fan Party at Traumaris.  So, according to her, Devendra, in writing his autograph at that time, tore a leaf off his notebook just like a passport, not his real passport!  Indeed, you are right!  I must have misunderstood ridiculously!  I have to correct partly regarding my writing of August 13th in this blog.  I deeply appreciate your kind information.  Thanks!

Sep 30, 2011

キース・レヴィンとジャー・ウォブルの新プロジェクト  "Metal Box In Dub"の来日! "METAL BOX IN DUB feat. Jah Wobble & Keith Levene" will come to Japan!

昨夜ユリシーズ・ボーイの河添剛さんからとってもショッキングなニュースを聞いたの! ええ、すごく嬉しいニュース! パブリック・イメージ・リミテッド(PIL)のオリジナル・メンバーの2人、キース・レヴィン(ギター&キーボード)とジャー・ウォブル(ベース)が、新プロジェクト「METAL BOX IN DUB」を結成して、来年2月に日本公演をすることが正式に決まったんですって! ワオ! 世紀の大事件じゃない? そこにジョン・ライドンがいないのは残念だなんて言わないで! これは見逃してはダメなのよ! 河添さんはまるで子供のように興奮していたわ。当然よね! 音楽史における最高のアルバムの一枚であるPILの『Metal Box (Second Edition)』は、あなただって大好きでしょ?

公演は2012年2月3日(金)、4日(土)、5日(日)にGarden(下北沢、東京)、7日(火)にMuse(大阪)で行なわれるの。チケットは急いで買って! 主催はヴィニール・ジャパンよ! 相変わらずグレイトな仕事をしているのね、ヴィニール・ジャパンは! 大好きよ!

でも、ひとつ心配なことがあるわ。METAL BOX IN DUBは本当に来日するのかしら。来日前にキースとジャーが喧嘩別れしなければいいんだけど。『MOJO』の昔の記事によると、ジャー・ウォブルを軽蔑しているジョン・ライドンはキース・レヴィンと再び一緒に仕事をしたがっているけど、ジョンのことを激しく嫌悪しているキースはジャー・ウォブルとのコラボを熱望し、一方気難しいキースを毛嫌いしているジャーはジョン・ライドンのことが好きらしいの。PILの人間関係って本当に難しいわ!

キース・レヴィンのことを詳しく知りたい人には、『ユリシーズ』創刊号がオススメよ! 長大なインタヴューとディスク・ガイドが掲載されているの。キースは本物の天才よ。彼のように革新的で表現力豊かなミュージシャンは、ダサい80年代ニュー・ウェイヴ・シーンにはいなかったわ。嘘じゃないわよ。

From Vinyl Japan website

Last night Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES Boy let me know a very shocking news!  Yeah, that's a pleasant one!  According to his saying, Keith Levene (guitar & keyboard) and Jah Wobble (base), who are the founded members of Public Image Ltd. (PIL), have formed a new project called METAL BOX IN DUB, and they will play in Japan next February!  Wow!  It's the salient event of the century, isn't it?  Don't say John Lydon doesn't take part in the project!  Don't miss out, guys!  Tsuyoshi was extremely excited like a child, that's normal!  You also love PIL's "Metal Box (Second Edition)" deeply, one of the most important albums in the popular music history, don't you?

METAL BOX IN DUB will play on the 3rd (Fri), 4th (Sat) and 5th (Sun) of February, 2012 at Garden, Shimokitazawa, Tokyo and on the 7th (Tue) at Muse, Osaka.  Hurry up to get the ticket!  The shows are presented by Vinyl Japan.  They do a great job as before!  I love Vinyl Japan!

However, I have one anxious thing.  I wonder if METAL BOX IN DUB really come to Japan.  I have a fear that Keith and Jah will fall out to break up before the concerts in Japan.  According to the old article in MOJO, John Lydon who dislikes Jah Wobble wants to work with Keith Levene again eagerly, Keith who looks down on John seriously wants to collaborate with Jah, and Jah who hates that crab of Keith prefer working with John.  As you see, it's quite difficult for the original PIL members to communicate each other!

For those who want to know more about Keith Levene, I do recommend to read the first issue of ULYSSES.  You can read the Keith Levene long interview and his discography.  Keith is a really genius.  No innovative and expressive musicians in the new wave scene of the uncool eighties existed aside from him.  That's obviously true.

Sep 28, 2011

ありがとう、サイモン・フィン!  Thank You, Simon Finn!

シアトルから戻って、先日ようやくサイモン・フィンのジャパン・ライヴ『The Distance Between Stones』を買うことができたの(新宿のディスク・ユニオンで)。で、聴いてただちに思ったの。これは本当に本当に素晴しいアルバムだわ。すごく生々しいの。ソロ・アコースティック・ライヴなのに、鬼気迫る迫力なの。やたら難癖をつけたがるあの『ニューヨーク・タイムズ』でさえ彼を「今週のベスト・アクト」に選出したことがあるのも、思えば当然のことだったのね。でも、それだけではないの。劇的でもあるし静謐でもある彼の音楽は、このライヴ盤で遂に石ころのように裸形化したの。そして、裸形化したサイモンは以前にもまして漆黒の色に染まりきっているの……。 

選曲もいいわ。サイモン・フィンのアンソロジーとして楽しむこともできるゴージャスな内容なの。でも、何というアンソロジーなの! このライヴ盤をリリースしたのは「インディ・レーベルの覇者」キャプテン・トリップ・レコーズよ。キャプテン・トリップ・レコーズのおかげで、サイモン・フィンの初来日の記憶は永遠のものになったわ。 

そして、オドロキ! サイモンは、ライナーノーツの中で、ユリシーズの加藤彰さんと河添剛さんに加えて、私のことについても触れてくれていたの! しかも、「ラヴリーなリー・エル」ですって! 「ラヴリー」? ワオ! きっと彼は、トラウマリスで私がプレゼントした折り紙のことを今でもすごく喜んでくれているのね! サイモン、ステキな言葉をありがとう! 

でも、私のことをラヴリーと言ってくれるサイモン・フィンもラヴリーな人だと私は思うわ! そして『The Distance Between Stones』は、ひとりのラヴリーなイギリス人男性によ る真に恐るべき傑作。この世の真実がほしいと願う人にとって、これは畏怖すべきアルバムよ。彼は最悪の年に最高の作品を発表したんだわ。 

彼の歌は終わらない。エルサレム! エルサレム! エルサレム!……


Simon Finn "The Distance Between Stones - Live in Japan 2011"

Back from Seattle, I finally bought Simon Finn's "The Distance Between Stones", recorded live in Japan, at Shinjuku Disc Union the other day.  So, just after listening to that, I immediately felt it was a really, really great album.  Yeah, it's sooooo vivid.  It's just a solo acoustic live album, but ghastly.  Now I think that it was normal even faultfinder NEW YORK TIMES had selected Simon Finn as "the best live performer of the week".  But, not only that.  His fiery / tranquil music is finally denuded like a stone in the album.  Also, denuded Simon Finn is much more steeped in pitch-darkness than before...

I also love its selection of his songs.  It's so gorgeous, for you can enjoy this album as an anthology of Simon Finn.  But what an anthology!  It's released by Captain Trip Records, the champion of indie label.  I believe our memories on Simon Finn's first Japan concerts will be forever thanks to Captain Trip Records.

And, what a big surprise!  In the sleeve notes for the album, Simon kindly mentions not only Akira Kato and Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES but also ME!  He writes, "lovely LEE ELLE"!  "Lovely"?  Wow!  Probably he still feels happy with the origami I gave to him at Traumaris!  Thank you very much for your sweet words, Simon!

But I think Simon Finn who thinks of me as a lovely person is also a lovely person!  And "The Distance Between Stones" is a really terrible masterpiece by a lovely English man.  This is an awesome album for everyone who wants some truth in the world.  I believe Simon released the best album in the worst year.

His songs have no ends.  Jerusalem! Jerusalem! Jerusalem!...

Sep 21, 2011

ザ・ビートルズ!  The Beatles!

先日はシアトル旅行のことを話したわよね。シアトルは私が大好きなヴェティヴァーが所属するサブ・ポップ・レコーズの拠点よ。でも、旅行中の私はそんなことも忘れて、スモーク・サーモンを作ったり、野生のブルーベリーを摘んで朝食用のパンケーキの材料にしたり、ハイキングを楽しんだりしていたの。雪を頂く山々の美しさときたら、言葉を失うほどだったのよ。 

そして、夜は読書。窓の外に見えるきらきらした星々に時々心を奪われながら、私が読んでいたのは『ローリング・ストーン』のスペシャル・エディション『ザ・ビートルズ:全アルバム・ガイド』よ。つい最近刊行されたばかりのこのスペシャル・エディションは、ビートルズが「ラヴ・ミー・ドゥ」でレコード・デビューしてから50年の歳月が流れたことを私達に思い出させてくれるわ。これはいい本よ。『プリーズ・プリーズ・ミー』から『レット・イット・ビー』までの各アルバムについて、とても深い歴史的記述があるの。全曲解説もあるし、珍しい写真もあるし、グラハム・ナッシュやジェームス・テイラーをはじめとする様々な人達の寄稿もあるの。オススメよ!  

みんな、知ってる? 「LOVE」という単語が最も使われているビートルズのアルバムは『ハード・デイズ・ナイト』(70回)、その次は『プリーズ・プリーズ・ミー』(65回)よ。一番使われていないのは『レット・イット・ビー』(6回)なの。興味深いでしょ? これはこの本の「The Beatles Albums by the Numbers」というページに出ていたわ。 

ちなみに、私にとって印象深かったのは、ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンの言葉よ。「ひとたび最初の成功を収めるや、ビートルズは大衆に訴える楽曲作りの手法を自分達が持っているということに気がついたのだ」と彼は証言しているの。まあ! 天才ビートルズでも、成功するまでは自分の才能に自信がなかったのかしら?  

多くの人達にとって、ビートルズのアルバムは60年代を定義するものよね。でもビートルズは今なお世界中で最も愛されているバンドなの。解散から40年が経過し、ジョン・レノンの死から30年が、ジョージ・ハリスンの死から10年が経った後でも。そのことを私は今あらためて実感しているところよ。今年こそ映画『レット・イット・ビー』を観ることができないかしら? 私、あの映画は一度も見たことがないの……。


I told you about my trip to Seattle the other day.  Seattle is a home ground of Sub Pop Records where my favorite band Vetiver belongs.  But I forgot that during my stay in Seattle, in making smoked salmons, gathering wild blueberries for pancakes for the breakfast, and enjoying picnic.  I almost lost my words, surrounded by the beautiful mountains covered with snow.

And, I read at night.  Sometimes attracted by the twinkle stars looking through the windows, I was involved with "THE BEATLES: The Ultimate Album-by-Album Guide" as the ROLLING STONE special edition.  This edition, published recently, reminds us that 50 years have almost passed since The Beatles released their first record "Love Me Do".  This is a good publication.  From "Please Please Me" to "Let It Be", the album-by album guide takes you deep into every Beatles disc.  Including track-by-track breakdowns of every LP, gorgeous rare-photos, and appreciations by Graham Nash, James Taylor and others.  Highly recommended!

You know?  As for the mentions of LOVE, "A Hard Day's Night" is the most (70 times).  "Please Please Me" is the second most (65 times).  "Let It Be" is the least (6 times).  Interesting, isn't it?  I found the fact on the page called 'The Beatles Albums by the Numbers' of the publication.

Incidentally, the words of producer George Martin was so impressive for myself.  He said, "Once The Beatles had their first success, they realized they had a way of writing songs that would appeal to the public".  Amazing!  I wonder if even the genius Beatles had no self-confidence before they had their success?

For many people, the Beatles albums define the Sixties.  But they remain the world's favorite band, 40 years after they broke up, 30 years after John Lennon's death, and 10 years after we lost George Harrison.  That is what I realized again after reading "THE BEATLES: ...".  Will we be able to see the "Let It Be" film finally before the end of this year?  In fact, I've never seen it before...

Sep 18, 2011

シド・バレット在籍時のピンク・フロイドの集大成アルバム?  Possible Syd Barrett Immersion Set?

みなさん、こんにちは! 私はしばらくシアトルを旅行していたの。楽しかったわ! でも、飛行機の中はとても退屈。仕方がないので『Uncut』の最新号(マーク・ボランが表紙の号よ)を読んでいたんだけど、そうしたらビックリしたわ! そこにとんでもない記事が掲載されていたの! それはピンク・フロイドの偉大なドラマーであるニック・メイソンのインタヴュー記事のことよ。要約すると、ニックはこう言っているわ。 

ニック・メイソン「『スクリーム・ザイ・ラスト・スクリーム』、『ヴェジタブル・マン』、その他の、1967年にレコーディングされた未発表曲をリリースしたいと思っている。また、デッカで1965年にレコーディングした『ルーシー・リーヴ』、『アイム・ア・キング・ビー』、『ウォーク・ウィズ・ミー・シドニー』、『ダブル・オー=ボー』、『ルイ、ルイ』といったリズム&ブルースの曲も。デモ・テープの存在は確認済みだよ。そのコピーを僕は持っている。そうした曲を含め、シド・バレット在籍時のアルバム『夜明けの口笛吹き』と『神秘』をセットにしてまとめてリリースしたらいいと個人的には思っているんだよ。だって、『ジャグバンド・ブルース』は、ある意味シドの訣別の辞のような曲だからね。このセットは来年夏あたりにリリースできると思うよ」 

未発表のままになっているシド・バレット在籍時代の楽曲も集めたすごいアルバムができる可能性があるということね! ちなみに、昨年リリースされたシド・バレットの新しいベスト盤『アン・イントロダクション・トゥ・シド・バレット』には、部分的に67年の未発表のマテリアルがミックスされていたのよ。 

いずれにしても、ニックのこの発言には驚いたわ。ということは、今月に発売開始になるピンク・フロイドの新たなデジタリー・リマスター・エディション中、ファースト・アルバムとセカンド・アルバムは買わなくていいということ? 来年夏が来るのをじーっと辛抱強く待ち続ける方が賢明ということかしら? でも、絶対待ちきれないわよね?……

"夜明けの口笛吹き / The Piper At The Gates Of Dawn"

"神秘 / A Saucerful Of Secrets"

Hello, guys!  I've been to Seattle for a while, that was fun!  But I was so tired in the plane that I read a new copy of UNCUT (Marc Bolan cover), and then AMAZING!  I found a feature and Nick Mason, a world famous great drummer of Pink Floyd incredible interview!  In short, Nick told the interviewer as below;

Nick Mason: I would love to do an official release of the Syd Barrett-era Pink Floyd album containing 'Scream Thy Last Scream', 'Vegetable Man' and other unreleased 1967 tracks.  Also, with the demo at Decca from 1965 including very R'n'B like 'Lucy Leave', 'I'm A King Bee', 'Walk With Me Sydney', 'Double O-Bo', 'Louis, Louis', and so on.  I've already known of the tape's existence and I have a copy of it.  Personally I think an immersion set that twins "The Piper At The Gates Of Dawn" with "A Saucerful Of Secrets" including such other Barrett-era stuffs.  'Jugband Blues' on "Saucer" is Syd's song and it's his farewell moment in a way.  I estimate that 1965-68 "Immersion" set will probably come out next summer.

There is potentially the material to make a surprising album with unreleased Barrett-era stuff!  Incidentally, a few Barrett-era Floyd tracks that never got released, which were mixed recently as part of "An Introduction To Syd Barrett" (released in 2010).

I was so surprised to read Nick's words, anyway.  So we don't have to buy the 1st and the 2nd albums of Pink Floyd from the newly digitally remastered edition to come this month?  I wonder if it's wiser that we'll look forward to the next summer patiently.  But, can't wait at all!  Don't you agree with me?...

Sep 17, 2011

寄付金領収書  Receipt

当ブログにて先日ご報告いたしましたように、私共ユリシーズは、8月3日にトラウマリスで行なわれました「デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティ」での収益金を、東日本大震災・被災者支援事業に役立てるべくジャパン・プラットフォームに寄付いたしました。ここに、ジャパン・プラットフォームよりその領収書が届きましたことを謹んでご報告申し上げます。 重ねて、パーティにお越しいただき寄付をしてくださったみなさま、ならびに当パーティの発案者であるデヴェンドラ・バンハート氏には、心より感謝を申し上げます。みなさまの温かいお心遣いが被災地の復興の一助となることを、私共ユリシーズは信じて疑いません。本当に、本当に、ありがとうございました。
――『ユリシーズ』編集部

As reported on this blog the other day, we Ulysses donated the proceeds from "Devendra Banhart Fan Party" held on August 3rd to Japan Platform to support emergency assistance for the victims of North-East Japan Earthquake and Tsunami.  We are pleased to inform you that we have received the receipt from Japan Platform.  Again, we would like to express our thanks to everyone who attended the party and made a donation, and also to Mr. Devendra Banhart, who first came up with the idea of this party.  We Ulysses believe without a doubt that your thoughtfulness will be of some help to reconstract the affected area.  Thank you very much.
 --The editors of "Ulysses"

Sep 3, 2011

募金への御礼  Thanks for Your Donations

8月3日にトラウマリスで開催されましたチャリティ・ショウ「デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティ」では、多くの方々から温かいご支援を賜ることができました。「パーティ」での収益¥238,690(約$3,070)は全額、NGO「ジャパンプラットフォーム」(http://w3.japanplatform.org/top.html)がおこなっている東日本大震災・被災者支援事業の寄付金として、8月31日に「TRANSNATIONAL POP MUSIC MAG. ULYSSES」 名義でお振り込みいたしました。
「パーティ」にお越しいただいたみなさま、ならびにチャリティ・ショウの発案者であるデヴェンドラ・バンハート氏には、この場を借りてあらためて心からの感謝の意を表明したいと思います。本当にありがとうございました。
私達は全員、被災地の一日も早い復旧を願ってやみません。
              ――『ユリシーズ』編集部





We deeply appreciate warm support from many people for the charity show "the Devendra Banhart Fan Party" at TRAUMARIS on August 3, 2011. All the proceeds, ¥238,690 (About US$3,070) from the "Party", have been remitted as donation to support emergency assistance for the victims of North-East Japan Earthquake and Tsunami by NGO "Japan Platform" (http://www.japanplatform.org/E/index.html) under the name of "TRANSNATIONAL POP MUSIC MAG. ULYSSES" on August 31, 2011.
We would like to take this opportunity to express our appreciation to everyone who attended the "Party" and also to Mr. Devendra Banhart, who first came up with the idea of charity show. Thank you very much.
We are all wishing for the recovery of disaster-stricken areas as soon as possible.
――The editors of "ULYSSES"

Sep 1, 2011

ドリューのプレイリスト  Drew's Playlist

こんにちは! この夏私はドリューがくれた3枚のCDRを聴くことが多かったわ。ドリューというのはロスにすんでいる私の友達のことよ。彼はすごく親切で、礼儀正しい、知的な大学生なの。大の音楽好きである彼がユリシーズ・オフィシャル・ブログの読者でもあることはもちろんよ。先日彼はこんなことを言っていたわ、「ユリシーズがデヴェンドラ・バンハートと一緒にやったことをブログで読んで、僕はちょっぴり嫉妬してしまったよ。ユリシーズはなおも僕の心と魂を揺さぶっている。ユリシーズってかっこいいよ!」って。でも、ドリューだってかっこいいのよ。彼はハンサムだし、ギターも上手に弾けるし、ゴールデン・アニマルズのようなステキなバンドとも関係を持っているんだから(みんな、ゴールデン・アニマルズに注目して! ブルージーなサイケデリック・ロックを展開するこのバンドは、まもなくセカンド・アルバムをリリースするのよ。バンドのギタリストはデヴェンドラ・バンハートの友達らしいわ。ドラムは美しいリンダがプレイするの。ゴールデン・アニマルズは2人組のバンドよ)。

で、ドリューがくれたCDRのことなんだけど、それがすごい音楽で一杯なの! 彼の魅力的なセレクションは以下の通りよ。みんなにも彼のセレクションを知ってもらいたくて、私は今日このブログを書いているわ。明らかに彼の音楽の趣味はユリシーズの趣味とおんなじよね! 良い趣味ってことよ! あなたもそう思わない?

他の人の音楽の趣味を知るのって、私にはいつも面白いことよ。知れば友達になれるものね! たぶん私は聞き上手よ。世界中のいろいろな人達から様々な良いことを教えてもらえたら、私はすごくハッピーよ!



Hello!  I've often listened to the 3 CD-Rs Drew gave me this summer.  Drew is my good friend living in LA, and he is a very kind, polite and intelligent university student.  Of course, he is a great music lover and one of the readers of ULYSSES Official Blog.  The other day, he said, "In reading the ULYSSES' adventure with Devendra Banhart, I must admit I am a little bit jealous.  I know ULYSSES is still vibrant in mind and soul.  ULYSSES is a cool cat!!!".  But Drew is a cool cat, too.  He is handsome, plays the guitar well, and has a connection with a cool band like Golden Animals (Guys, look at Golden Animals!  The blues-psychedelic rock band will release the second album soon.  They say the guitarist is a friend of Devendra Banhart.  The drummer is beautiful Linda.  Golden Animals is duo.)

So, the CD-Rs Drew gave me are full of great music!  His attractive selection is as above.  I 'm writing this blog today, to let you know that. Obviously, his taste on music is ULYSSES' one!  Good taste!  Don't you think so, too?

It's always interesting for me to know other people's taste on music.  I'll be your friend if I know!  Probably I'm a good hearer.  I would be very happy if I'm told various good things by the people from all over the world!

Aug 30, 2011

紙ジャケになったPILの名作  Masterpieces of PIL in Paper Sleeve Edition

ねえ! この夏が終わる前にぜひ言っておきたいことがあったの! 日本では今パブリック・イメージ・リミテッド(PIL)の全アルバムが紙ジャケ化されているのよ。そのうち数枚を買った私は、特に『フラワーズ・オブ・ロマンス』にぞっこんよ! あなたは何かもうゲットした?  とにかく私は初期PILを熱烈におススメするわ。当然よねえ ?

もちろん、初期PILはユリシーズ・ボーイズにとってもすごく重要なバンドなの。河添剛さんと平治さんは『パブリック・イメージ』と『セカンド・エディション』(『メタル・ボックス』ね!)が猛烈に好き。2人によれば、今初めてPILのことが好きになっても遅すぎることはないって。イエィ! その通りよ!

Flowers of Romance / PIL

Hey!  I have something not to forget to tell you, before the end of this summer!  All albums of Public Image Limited (PIL) in beautiful paper sleeve edition (mini LP format) are on sale now in Japan.  I've gotten some, and I'm fond of especially "Flowers of Romance"!  Have you already gotten any albums?  I highly recommend you to try to listen to early PIL anyway.  Why not?

Of course, early PIL is very important for every ULYSSES Boy.  Tsuyoshi Kawasoe and Osamu Taira love "Public Image" and "Second Edition" (Metal Box) so deeply.  According to both of them, it's not too late you start to love PIL now for the first time.  Yeah!  That's right!

Aug 26, 2011

サイモン・フィンのライヴ・アルバム!  Simon Finn's Live Album is Coming Very Soon!

ワオ! 遂にサイモン・フィンの待望のジャパン・ライヴ・アルバムが登場するわ! タイトルは『The Distance Between Stones』。発売元はもちろんキャプテン・トリップ・レコーズよ(「キャプテン・トリップはインディの覇者」だとボーイ・フレンドから教えられて以来、私はずっと、このレーベルのことを偉大だなあって思ってきたの)。先日、このアルバムの詳細を知ってビックリしたわ! 本当にクレイジーよ! とんでもなく豪華な内容なの!

CD1: 2011年1月29日MANDA-LA2でのライヴ・パフォーマンスを収録。
CD2: 同年1月30日UFO CLUBでのライヴ・パフォーマンスを収録。
ボーナス DVD: 40分のスペシャル映像を収録。
ブックレット: 36ページ。フル・カラー。写真多数。サイモン・フィンによるライナーノーツ。
特製ボックス: 2枚のCD、DVD、ブックレットを収めた美しいボックス。

それだけではないのよ! キャプテン・トリップ・レコーズに直接予約をすると、先着200名にもれなくスペシャルなプレゼントがついてくるわ! それは、1月31日TRAUMARISでのライヴ・パフォーマンスを収録したCDなの! この日のライヴについてはユリシーズも全面的にサポートしたから、個人的にはとても感慨深いプレゼントだと言うこともできるけど、それにしてもキャプテン・トリップ・レコーズは相変わらず気前が良すぎるわ! あなたもそう思わない?

アルバム発売日は9月10日。限定500セットなの。だから、予約を急いで!  http://www.captaintrip.co.jp 

ユリシーズ・ボーイの河添剛さんからはこんなメッセージをもらったわ。「『The Distance Between Stones』が、2011年のベスト・アルバムのひとつになることは必至だよ。サイモン・フィンのソロ・パフォーマンスは距離(distance)を廃絶する神秘的なロマンティシズムそのものだと僕は思う。このアルバムはもうひとつの『Pass The Distance』なんだ」って。

ユリシーズ・ボーイの平治さんはこう言っているわ。「相変わらず気が利くよ、キャプテン・トリップ・レコーズは!」って。

そして、サイモン・フィン自身からはこんなメッセージがあったの。「リー・エルが言うように、僕はアシッド・フォークのシンガーなんかじゃないんだよ。僕は詐欺師なのさ!」って。

いいえ、サイモン、あなたは偉大なアーティストよ!

"The Distance Between Stones" / Simon Finn

Wow!  Simon Finn's eagerly-awaited live album recorded in Tokyo is coming finally!  Its title is "The Distance Between Stones".  Released from Captain Trip Records, of course (I've always believed the greatness of Captain Trip Records since my boyfriend said, "This is a champion of indie label in Japan").  The other day I was so surprised to know about the details of this album!  How crazy indeed!  Amazingly super gorgeous contents!

CD1: Recorded live at MANDA-LA2, Tokyo, on the 29th Jan., 2011.
CD2: Recorded live at UFO CLUB, Tokyo, on the 30th Jan., 2011.
Bonus DVD: Special footage for 40 minutes long.
Booklet: Full color 36 pages booklet.  Including many photos.  Notes written by Simon Finn.
Special Box: contains 2CD + Bonus DVD + Booklet.  Beautiful design!

Not only that!  Very special gifts will be presented to the first 200 people who reserve directly to Captain Trip Records!  It's a CD recorded live at TRAUMARIS, Tokyo, on the 31st January!  A thousand emotions crowd on my mind with the gift, when I look back upon the live performance at TRAUMARIS ULYSSES supported totally.  Anyway, Captain Trip Records is too generous as always!  Don't you feel so too???

"The Distance Between Stones" is coming out on the 10th September!  Limited edition of 500 only!  Guys, pre-orders are advised!!!  http://www.captaintrip.co.jp 

Now Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES Boy says to me, "Obviously, 'The Distance Between Stones' will be one of the greatest albums of 2011.  I think Simon Finn's solo performance is the mysterious romanticism itself that can get rid of the distance between you and him.  This live album is another 'Pass The Distance'".

Osamu Taira of ULYSSES Boy says, "Captain Trip Records is always considerate!".

And, much pleasantly, Simon Finn gave a message to me, "As Lee Elle said, I'm not an acid folk singer!  I'm just a fraud!"

No, Simon, you are a really great artist!