ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 23, 2010

Bridget St. John, live at TRAUMARIS, Tokyo

ハロー! さる18日は、「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」の最終日。東京・恵比寿はカフェTRAUMARISを会場に、ユリシーズ主催で行なわれたこのコンサートは、入場者数を30名に限定したスペシャル・イヴェントになりました。

ブリジット・セント・ジョンは1時間半にわたってプレイしてくれました。「Ask Me No Questions」(言うまでもなく、ブリジットの偉大な古典!)、「Jolie Madame 」(ケヴィン・エアーズの名曲よ!)、「River」(こちらはジョン・マーティン の名曲!)、「Body Breaks」(デヴェンドラ・バンハート のキュートな曲!)などの様々な曲に加え、この日のためだけに、他の日には披露しなかった「If You Got Money」とか「Back To Stay」(こちらもジョン・マーティンの名曲 ね!)、それとステキな新曲(冬をテーマにした曲なの。さしずめ「Winter Lullaby」といったところかしら?)をひとつ、歌ってくれたわ。 曲間にはおしゃべりもたっぷり。サイドギターを弾き、彼女とデュエットした林拓のことは、ブリジットは「ケヴィン・エアーズとおんなじようにしてくれる素晴しいミュー ジシャン」と、いつものあの優しい口調で語っていたけど、これには本当に納得させられちゃった。そう、林拓もステキだったの! 今回のツアーをきっかけに、彼のファンの数は間違いなく急増したと思うわ!

会場は終始、とても親密なムードに包まれていたわ。そう、涙ぐんでいる人たちも含めて、全員がハッピーだったんです。でも、それだけではなかったわ。最後にビックリ! 「皆さんに差し上げたいものがあるの。メリー・クリスマス!」と言って、ブリジットは来場者のひとりひとりに手渡してくれたのが、何とCD-R! レーベル面には彼女自身の手書きで「BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman」とあって、これにはもう来場者は大仰天、大興奮、大感激! 椅子からずり落ちた人までいたくらいよ! 何てゴージャスなクリスマス・プレゼント! それにしても、あらためて思いました。ブリジットは本当に心優しい人。このCD-Rを介して、彼女はあの素晴しいマイケル・チャップマンのことをもっとみんなに知ってもらいたがっているのね。彼女は他人のために尽くすことが好きな、とても、とても、とても親切な人なのよ。

だから、そんな彼女を傷つける人って、絶対に許せないわよね。最近、サンフランシスコの4 Men With Beardsというレーベルが、彼女に黙って『Songs For the Gentleman 』や『Thank You For...』をアナログ盤で再発したのよ。それってブートレッグということじゃない? このことにブリジットは失望しているわ。ずるい人、約束を平気で破る人、お金に汚い人が、ミュージック・ビジネスの世界にはたくさんいるのね。

ライヴ終了後に、ユリシーズの河添剛さんはブリジットとひそひそ話。「ブリジ ット、音楽とは何と残酷な形式でしょう。音楽は始まれば必ず終わってしまう。 終わるな、終わるなと、こちらは必死になって念じているのに!」「ウフフ。だったらCDを繰り返し聴くといいのよ。そうやって、音楽を記憶にとどめればいいの」「それは難しいですよ。だって、美しい記憶ほど僕から簡単に逃げ出してしまうんです!」

彼女が頻繁に来日してくれたらいいのにね! でも、とても残念なことに、2011年にブリジットが来日することはないわ。彼女のスケジュール表には早くもいろんな予定が詰まっていているそうなんです…。


Hello!  December 18th was the last day of "Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi".  It was a special event by Ulysses, limited to only 30 audiences, at TRAUMARIS cafe in Ebisu, Tokyo.

Bridget St. John played for an hour and a half.  She sang not only "Ask Me No Questions" (Obviously, a great classic of Bridget!), "Jolie Madame" (A great song of Kevin Ayers!), "River" (This is a great song of John Martyn!),
"Body Breaks" (A cute song of Devendra Banhart!) and others, but also "If You Got Money", "Back To Stay" (This is John Martyn's great song as well!) and a beautiful new song (a winter theme song - we can call it "Winter Lullaby") for the first time during this tour.  She talked a lot between the songs.  She called Taku Hayashi, who played the side guitar and sang duet, "a great musician who plays as Kevin Ayers" in a gentle tone as always.  I agreed with her as he was so fantastic!  I believe the number of his fans has increased rapidly after this tour!

The cafe was in the intimate mood from beginning to end.  Everyone was happy including those who were moved to tears.  But there was more.  At the end of the show, there was a big surprise! "I have something to give each of you.  Merry Christmas!", she said and gave each of the audiences a CD-R by hand!  On the surface, it says "BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman" in her own handwriting.  The audiences were amazed, excited and moved so much!  Some even fell of the chair! What a gorgeous Christmas present!  I once again felt that Bridget is a very kindhearted person.  She wanted to introduce us that great Michael Chapman through this CD-R.  She is a very very wonderful person, who likes to do her best to others.

So those who hurt her are unpardonable.  Recently a San Francisco based label called 4 Men With Beards released her classic albums "Songs For The Gentlemen" and "Thank You For..." in the vinyl edition, but it was without her permission.  These must be bootlegs?  Bridget was disappointed with that, anyway.  I guess there are so many sly dogs, stingy guys and big liars in the music business world.

After the show, there was a whispered conversation between Bridget and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES.  "Bridget, what a cruel form music has.  Once music starts, it always has the end.  I pray eagerly it will have no end though!"  "I recommend you to listen to the CDs repeatedly.  Then you can keep music in your memory"  "It is hard for me! Beautiful memories always run away easily from me!"

It would be so nice if she comes to Japan frequently!  However, unfortunately, Bridget will not play in Japan in 2011 as she has been fully scheduled already...

No comments: