ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 3, 2010

『ユリシーズ』ご愛読の皆様へ To Our Readers

『ユリシーズ』ご愛読の皆様へ

日頃より『ユリシーズ』ならびに「ユリシーズ・オフィシャル・ブログ」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。幸いにも、季刊誌としてスタートした『ユリシーズ』はすでに4号を数え、年齢にして満一歳を無事迎えることができました。これもひとえに皆様のおかげであり、深謝に絶えません。時に頂戴している皆様からの様々な声に対して、そのひとつひとつにお応えするゆとりのなかった私のこれまでの非礼については、この場を借りて深くお詫び申し上げる次第です。今後ともたゆまぬご指導ご鞭撻を賜ることができれば幸甚の至りです。

いま、私なりに、はっきりと理解していることがあります。それは、『ユリシーズ』がクリエイティヴな読者を、性別や年齢や職種に関係なく、望外にも数多く有している、という事実です。そのような事実を踏まえた上で私は、美しく、ユニークで、大胆で、示唆に富む音楽雑誌を必死になって作ることで、皆様からの温かいご声援に誠意をもって応えたいという気持ちを持ってまいりました。これは私一人のことではありません。あえて申し上げるまでもないことですが、本誌アドヴァイザリー・ボード(河添剛、鈴木泉、平 治、森田敏文)も、デザイナーたち(河添剛+倉茂透)も、また同様であります。『ユリシーズ』に関わるスタッフ全員のこの気持ちは、むろん今後とも変わることはありません。その旨、ここできちんとお約束しておきたいと存じます。

その気持ちに立脚した上で、私たちは今、『ユリシーズ』をよりいっそう充実した内容に改変しようと奮闘しているところです。私たちは数多くの会議を重ねた末、発刊から一年が経過したことに安心することなく、『ユリシーズ』に自ら鞭を打とうと決断し、雑誌の内容や方針にくまなく真摯な反省を凝らす傍ら、一方で、優秀なスタッフの増強ならびに新部門の発足(一つは「ユリシーズ・ショップ」の開設です。詳細は後日、オフィシャル・ブログにて発表させていただきます)と、新たな冒険にも着手し始めました。その成果を一刻も早く皆様に見ていただきたい、ぜひ新しくなった『ユリシーズ』に胸躍らせていただきたいという思いで日夜頑張っておりますが、そのせいで、大変心苦しいことではありますが、当初お約束していた第5号の11月発売を延期せざるをえなくなったことを、ここでご報告しなければなりません。本当に申し訳ありません! しかし今はただ努力の時、献身の時、改新の時と覚悟を決め、従来以上のできばえの『ユリシーズ』を、近日中に発刊することを目指していく所存です。誠に恐縮ではありますが、読者の皆様のご理解を、そして皆様と皆様が愛する音楽とこれからもともにありたいと懇願する新装版『ユリシーズ』への熱いご期待を、伏してお願い申し上げる次第です。

第5号については、詳細が決まり次第、当ブログにて正式にご報告してまいります。そこで、もしお気づきの点がありましたら、どうぞご遠慮なく忌憚ないご意見を賜れたらと存じます。危機に瀕しているとさえ噂されている私たちの昨今の音楽文化の中で、『ユリシーズ』が真剣に果たそうとしている音楽的・文学的・社会的・批評的役割にとって、皆様からのご指導がいかに重要なものであるかは、今さら強調するまでもありません。再度、変わらぬご鞭撻を心よりお願い申し上げる次第です。

加藤彰(『ユリシーズ』編集長)


To our readers,

 The quarterly magazine "ULYSSES" already has the fourth issue and one year has passed safely from the beginning. I would like to express my sincere gratitude for all the passionate support from you! However, we have decided not to settle for the existing success of "ULYSSES" but to whip ourselves. We are in the midst of a struggle over seeking various possibilities, along with reflections on its past contents and policy of our magazine to produce new "ULYSSES", which will make you feel more satisfied. 

But, I hate to say, this hard working has become unexpectedly prolonged and I must let you know that we are unable to publish "ULYSSES" fifth issue in November.

Thank you very much for your understanding. We will announce later here when the fifth issue is out. Please don't miss the renovated and more fulfilled "ULYSSES"! 

Akira Kato (Editor in chief from "ULYSSES")

No comments: