ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 2, 2010

サイモン・フィンがやって来る! Simon Finn is coming!

『ユリシーズ』の熱心な読者ならサイモン・フィンを知らない人なんか絶対にいないと思うわ。1970年の不吉な処女作で、アシッド・フォークの大傑作『Pass The Distance』の作者として有名な、あの恐るべきイギリス人よ。その後、フィンは長い長い沈黙を経て『Magic Moments』(2005年)でいきなり復帰したかと思ったら、『Accidental Life』(2007年)、そして最新作『Rats Laugh Mice Sing』と、驚くほど順調にアルバムをリリースし続けているわ。そんな彼の作品について、『ユリシーズ』の中で平治さんは「外部空間に展開されることのない彼の精神の内部における、ダイナミズムの禁欲的表現」と述べていて、それを「パスカル的」と形容しているの。言い得て妙ね! 私の世代にとっては、サイモン・フィンはカナダに拠点を構えながら、時々シックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスのようなフリーク・フォークのアーティストなんかと競演したりもする、ニヒルなくせに空手(カラテよ!)も得意な、サイケデリックなストレンジ・ガイという印象なんだけど、確かに平さんの指摘には納得させられるものがあるわ。

そこで、ニュース! サイモン・フィンが来年早々来日して(初めての来日ですって! でも、彼は無事に税関をくぐり抜けることができるのかしら?)、東京で2回ライヴをやるのよ! これはぜひ見なくっちゃ! 彼を日本に呼ぶことを決めた、例によって怖れを知らないキャプテン・トリップ・レコーズさんによれば、フィンのスケジュールは以下の通りよ。驚きよねえ、何と彼は日本でライヴ・レコーディングまで敢行しちゃうつもりなのね!

2011/1/28(金)
場所:MANDA-LA2(吉祥寺)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
サイモン・フィンのソロ・ライブ。ロングセット。ライブ・レコーディングを予定。(100名限定のLIVE)

2011/1/29(土)
場所:UFO Club(東高円寺)
http://www.ufoclub.jp/
競演:工藤冬里、割礼

「リー、両日ともやばいよ。まずいことになったな!」と、河添剛さん。「12月のブリジット・セント・ジョンのコンサートで、僕は心身ともに清めるつもりでいたんだよ。でも、サイモン・フィンのせいで元の木阿弥じゃないか……」。そうこぼしながらも、彼ときたら妙に嬉しそう。つられて私まで嬉しくなってきちゃった!

とにかく、ユリシーズ・ピープルによると、サイモン・フィンの来日公演は、それ自体としてとんでもない一大事なのよ。笑ってばかりもいられないわ。ゆとりなんてない。事態は緊急を要しているの。私達はみんなして、この事件の目撃者にならなければならないというわけ。あなただってそう思うでしょう?


I believe you all know Simon Finn if you are an avid reader of "ULYSSES".  He is a formidable British, and is known well as an artist of "Pass The Distance", which is a great masterpiece of acid folk but also it is his inauspicious debut album in 1970.  After a long long silence, he suddenly came back releasing "Magic Moments" in 2005.  Then he has released "Accidental Life" in 2007 and his latest album "Rats Laugh Mice Sing" at a surprisingly smooth pace.  Regarding his works, Mr. Osamu Taira writes in "ULYSSES", "It's the stoical expression of dynamics in his spirit that never influences the outside of himself", and he adds, "Such an expression is the one of a Pascalien".  Admirably put! His words can really carry conviction to me, though Simon Finn, at least for our generation, seems just a psychedelic starange guy, who is nihilistic but a good karate player, and sometimes shares stages with freak folk artists such as Six Organs of Admittance.

And here is a news for you!  Simon Finn will come to Japan early next year (It is his first visit!  I wonder if he can slip through customs safely.) and have 2 gigs in Tokyo.  We must see them!  According to Captain Trip Records, who is not afraid of deciding to invite him, his schedule is as follows.  It's surprising that he's planning to do live recording in Japan!

Friday, January 28, 2011
Venue: MANDA-LA2 in Kichijoji
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
Simon Finn solo live show.  Long set. Live recording.  (Limited to 100 audiences.)

Saturday, January 29, 2011
Venue: UFO Club in Higashi Koenji
http://www.ufoclub.jp/
Playing with Tori Kudo (Maher Shalal Hash Baz) and Katsurei

"Oh, no, Lee. This is awkward!" said Mr. Tsuyoshi Kawasoe.  "I was going to purify myself in mind and body at Bridget St. John's shows.  But if I go to Simon Finn's shows, I will be no better than before!", he complained but he looked very happy.  I was influenced by him and got happy too.

Anyway, Ulysses People say Simon Finn's Japan tour is amazingly big thing itself.  I can't go on laughing.  We don't have much time to waste.  It is just a matter of urgency.  We all have to be witnesses of this event.  Don't you think so, too?

No comments: