ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 23, 2010

秋の読書 Autumn Reading

ハロー!今、エントランス・バンドは様々な方面から注目されているのよ。そのことがよく分かるステキなヴィジュアル・ブックを、ここで2冊紹介するわ。

まず、『The Selby is in Your Place』(Abrams刊、ニューヨーク)。これは、トッド・セルビーがニューヨーク、ロス、パリ、ロンドン、東京、シドニーで様々なジャンルのアーティスト達の自宅を撮影した、とても美しくて、クールで、ユニークな写真集なの。好奇心を充たす「有名人のお宅拝見」本とも、ヒップなインテリア本とも言うことができるような。で、その中に、エントランス・バンドのガイ・ブレークスリーと彼のガール・フレンドで映像作家のマクシミラ・ルーカックスの愛の巣(大きな山荘)が大きく紹介されているわ。人里離れたローレル・キャニオンのライフスタイルを体現する、ずば抜けてヒップな彼らの家!彼らはたくさんの本と、サイケデリックなコラージュやポスターと、古いジュークボックスと、珍しいレコードと、美しいアクセサリーとに囲まれて生活しているのね。傾斜の大きい庭には、そんな2人が寝そべりながら愛し合うためのロマンティックなハンモックが吊るされているわ。こういう素晴しい写真を見ていると、ガイのこと、そしてエントランス・バンドのことが、以前よりもっと気になってくる!

そして、もう1冊が『My Freedamn! 9』(Cycleman books刊、大阪)ね。カリフォルニア在住の写真家で古着のエキスパートである田中凛太郎さん(Rin Tanaka)さんによる、ものすごくゴージャスな、 そして60年代と70年代のファッションを深く知りたいと思っている私達の世代全員にとって永遠の教科書にもなるような、レコード盤サイズのファッション・ブックよ。でも、それだけではないの。スリップケースを外して本の表紙を見れば、そこには何とエントランス・バンドのライヴ・フォトが飾られているの!しかも、彼らのフォトは本文中にも大きく見開きで扱われていて、もうたまらないの!こんな素晴しいファッション・ブックのために彼らの写真をあしらった田中凛太郎さんのセンスにも感激したわ。田中さんはファッションだけではなくロックのこともよく分かっている人なのね……。

これら2冊の本を読んでいると、あらためて実感するわ。エントランス・バンドはやっぱりすごくカッコイイ。エントランス・バンドは今日のアメリカを代表するライヴ・バンドよ。彼らの強烈なグルーヴ、頭が真っ白になるようなサイケデリック感覚、荒々しくてセクシーで文句なしのパフォーマンスは、今や唯一無二じゃないかしら。しかもガイはシド・バレットみたいにカッコイイし、パズは男の子達を虜にしてしまうし、デレクはすごくフレンドリーなナイス・ガイ。彼らは絶対に理想のトリオに決まっているわ!

第4号の『ユリシーズ』には、彼らについての長い記事が掲載されているの。上記2冊の本と併せて読み返すことをオススメするわ!

"The Selby is in Your Place" (Abrams, New York)

"My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka)

Hello, guys!  The Entrance Band has attracted the attention of various fronts.  I am introducing two beautiful visual books that will explain it. 

First one is "The Selby is in Your Place" (Abrams, New York).  This is a beautiful, cool and unique photo book which Todd Selby has taken photographs of all sorts of artists' homes in New York, LA, Paris, London, Tokyo and Sydney.  You can call it as "Visiting celebrity homes" to satisfy your curiosity or a hip interior book.  A love nest (a big lodge) of Guy Blakeslee of The Entrance Band and his auteur girlfriend, Maximilla Lukacs is in this book.  They are the embodiment of the Laurel Canyon lifestyle and their house is super hip!  They live with many books, psychedelic collages and posters, an old jukebox, rare records and beautiful accessories. In the steep garden, there is a romantic hammock that they can lie and love each other.  Seeing these wonderful photographs, I got more interested in Guy and The Entrance Band!  

Another book is "My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka).  It's a very gorgeous fashion book of the vinyl LP size by Rintaro Tanaka (Rin Tanaka), a California-residing photographer and an expert of old clothes, and it can be an eternal textbook for all of our generation who wish to know about fashion in the 60s and 70s in more depth.  But it's got more. If you take it out of the slip case, a live photograph of The Entrance Band appears on the cover!  And there are double-page photos spread of theirs in the book, that are so irresistible! I was impressed with Rintaro Tanaka's taste of putting these photos for such a great fashion book.  He must be a person who is aware of not only fashion but rock 'n' roll music! 

Reading these two books, I realize again that that The Entrance Band is really cool.  They are one of the greatest bands in America today.  Their extreme groove, psychedelic feeling as if your mind go blank, their rough and sexy performance which is entirely satisfactory are like no other bands.  In addition, Guy looks cool like Syd Barrett, Paz enslaves boys and Derek is a very friendly nice guy.  They are absolutely the best ideal trio!  

The long article on them is in "Ulysses" #4.  Please read it again along with above two books!

No comments: