ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 9, 2010

御礼!タワー・レコードでのトーク・イヴェントはつつがなく終了いたしました! Talk Show at Tower Records Went Off Well - Thanks!

アロハ!皆さんの中には、先日タワー・レコード渋谷店で開催された『ユリシーズ』のトーク・イヴェントに駆けつけてくれた方もいると思うわ。楽しかったでしょ? 以下は編集長の加藤彰さんからのイヴェント報告と心からの感謝の言葉よ。

「9月4日のイヴェントにお越しいただき、本当に、本当に、ありがとうございました。立ち見客まで出た会場の盛況ぶりには大変な勇気をいただきました。ご来場いただいた方々にも、そしてイヴェントのセッティングのために様々なご尽力をしていただいたタワー・レコードのスタッフの方々にも、心より御礼申し上げます。また、イヴェントにいらっしゃることができなかった方々とはまたの機会にお目にかかることができればと存じます。実際、有意義でもあり楽しくもあるイヴェントでした。こうしたイヴェントを介して読者の方々との友好関係を深めることは実にナイスだ、と河添剛はしみじみ言っております。
その河添剛と、鈴木泉、司会の私の、いわば『ユリシーズ』実働部隊の3人が、大貫憲章氏をゲストに展開することのできた過日のトーク・イヴェントでは、終始和やかなムードの中、雑誌をめぐる様々な環境についての真摯な議論をきっかけに、多岐にわたるトピックをご紹介できました。この12月に3度目の来日を果たすことが決まったブリジット・セント・ジョンを話題にしつつ、いかなる時でも彼女の全アルバムを常備しているがゆえにタワレコ渋谷店は宇宙一偉大なCDショップであると河添剛は勢いよく断言しました。一方、ロック好きが嵩じて哲学者になってしまったと告白する鈴木泉は、60年代後半の音楽の素晴しさを豊かな雄弁で説き明かしていきました。また、トラフィック、ペンタングル、インクレディブル・ストリング・バンド、ケヴィン・エアーズ、エントランス・バンド、裸のラリーズの楽曲を流しながらのトークでは、特に大貫憲章氏の軽妙な個性が炸裂。さながらロック・ミュージックのアラビアン・ナイトといったラジオDJの風情がそこには生まれて、さすがはロック歴4億年の大貫さんだなあとあらためて感心させられました。あっという間の2時間で、言い尽くせないことはもちろんいっぱい残ったとはい うものの、私達自身にとっても楽しい経験になったのでした。
『ユリシーズ』をご愛読する皆様と再びお目にかかれる日を楽しみにしておりま す。再度、ありがとうございました!」



写真は、左から鈴木泉さん、河添剛さん、大貫憲章さん、加藤彰さん。彼らは言葉と音楽で結びついた友情をとても大切にしているんだと思うわ!


Aloha!  I guess some of you have come to our talk show at Tower Records Shibuya the other day.  Wasn't it fun?  Below is the report and appreciation from Mr. Akira Kato, the editor in chief.

"Thank you very, very much for coming to our event on September 4th. We were encouraged by the success that we even had standing audiences. I would like to sincerely thank you to those of you who has come to the event and also to the staff at Tower Records who have made every effort for the arrangements. And I hope to have another chance to see those who couldn't join us. Actually, it was a fruitful and pleasant event. Tsuyoshi Kawasoe says with feeling that it is really nice to deepen our friendship with readers.

Tsuyoshi Kawasoe, Izumi Suzuki and I as a host, three of us as a kind of actual working unit of 'Ulysses', could introduce different topics prompted by the serious discussion about the various environment with a special guest, Mr. Kensho Onuki, in a friendly atmosphere throughout the talk event the other day. Tsuyoshi Kawasoe has affirmed loudly that Tower Records Shibuya is the greatest CD shop in the universe because at anytime it is perfectly stocked with all the CDs of Bridget St. John, who will make her third visit to Japan in December. And Izumi Suzuki, who confesses that he has become a philosopher for his love to rock music, explains the beauty of music in the late 1960's with his rich eloquence. While playing tunes of Traffic, The Pentangle, The Incredible String Band, Kevin Ayers, The Entrance Band and Les Rallizes Dénudés, Mr. Kensho Onuki's witty personality has exploded. He looked just like a radio DJ from The Arabian Nights of rock 'n' roll, and again I was impressed by him, who is worthy of being with four hundred million years experience of rock music. The two hours went by surprisingly fast and of course we could not talk everything, but it was a pleasant experience for us too.

We are looking forward to meeting the readers of 'Ulysses' again. Thank you again!"


From L to R: Mr. Izumi Suzuki, Mr. Tsuyoshi Kawasoe, Mr. Kensho Onuki and Mr. Akira Kato.  They value the friendship with words and music!


No comments: