ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 31, 2010

サイモン・フィンとクリスマス Christmas Time with Simon Finn

Rats Laugh Mice Sing / Simon Finn

みんなはもうサイモン・フィンの2009年の最新作『Rats Laugh Mice Sing』はお聴きになりましたか? 実は先日、私は初めておそるおそるトライしてみました。クリスマス・イヴのステキな夜のことでした。私ってバカね。でも、このアルバムをプレゼントしてくれた私の親切なボーイ・フレンドは、私よりももっと絶対にバカなんだわ。みんなもそう思うでしょ? ユリシーズの河添剛さんも、平治さんも、「そいつは絶対にバカだ」って力強く断言してたわ。ありがとう。でも、私に言わせれば、1月30日に「サイモン・フィン 40名様限定スペシャル・ライヴ」をオーガナイズしてしまうユリシーズ・ピープルも絶対にバカよ! ハッピー・ニュー・イヤー!

Have you already listened to Simon Finn's latest album "Rats Laugh Mice Sing" released in 2009?  Actually I have tried it gingerly a little while ago - it was on Christmas Eve.  I am crazy.  My sweet boyfriend kindly gave me this album.  I am sure he is crazier than I am.  Don't you think so?  Mr. Tsuyoshi Kawasoe and Mr. Osamu Tiara of ULYSSES have asserted "he is absolutely crazy".  Thanks.  However, in my opinion, ULYSSES people are also crazy enough to organize "Simon Finn special additional performance, limited to 40 guests" on January 30th!  Happy New Year!

Dec 29, 2010

サイモン・フィン追加公演 Simon Finn Additional Performance

2011年1月に奇跡の初来日を果たすサイモン・フィン。ユリシーズ主催による40名様限定の追加公演が遂に決まりました!

【ユリシーズ・プレゼンツ サイモン・フィン 40名様限定スペシャル追加公演】
* 2011年1月30日(日)
* 会場:恵比寿 TRAUMARIS http://traumaris.jp/space.html
* 定員:40名様限定
* 開場:17:30
* 開演:18:00
* チケット料金:5,000円+1 drink(恵比寿公演限定お土産付き)

* Opening Act:秋元カヲル

追加公演のチケットをご予約の方は、メールにて下記の事項をご連絡下さい。受付終了次第、ご予約完了の返信をお送りいたします。代金は、当日会場での清算となります。

ご予約メールはこちらまで: simonfinn2011.ebisu@gmail.com
* チケット枚数
* お名前
* お電話番号
注)上記3点を必ずお知らせください。ご記入漏れがございますと、ご予約いただけない場合がございます。

チケットお申し込み時にいただいた個人情報は、他の用途では使用いたしません。また、第三者に開示譲渡はいたしません。

なお、Simon Finn Live in Tokyo 2011 の公演日程につきましては、以下のサイトをご覧下さい。
キャプテン・トリップ・レコーズ   http://captaintrip.co.jp/


Simon Finn will miraculously visit Japan for the first time in January 2011.  And finally, his additional performance, limited to 40 guests, has been decided!

[ULYSSES presents Simon Finn special additional performance, limited to 40 guests]
* Date: January 30, 2011 (Sunday)
* Venue: TRAUMARIS in Ebisu  http://traumaris.jp/space.html
* Limited to 40 guests only.
* Doors open: 17:30
* Show starts: 18:00
* Ticket price: 5,000Yen + 1 drink (Including a special Ebisu-show souvenir.)

* Opening Act:Kawol (Kaoru Akimoto)

To reserve tickets for this additional performance, please send below information by email.  You will receive a confirmation by email once your reservation is processed.  Please pay at the reception on the day.

To reserve tickets, please email to: simonfinn2011.ebisu@gmail.com

* Number of tickets
* Your name
* Your phone number
Please make sure to include all the information above, otherwise you may not be able to reserve your tickets.

Your personal information which was used to reserve tickets will not be used for anything else.  And it will not be made available to a third party.

For more information on Simon Finn Live in Tokyo 2011, please visit the website below.
Captain Trip Records  http://captaintrip.co.jp/

Dec 24, 2010

メリー・クリスマス! Merry Christmas!

メリー・クリスマス! そして、ハッピー・ニュー・イヤー! 5月以来このブログを読んでくれている40カ国の人々すべてに「ありがとう」を言わせてください。そして、『ユリシーズ』第5号の刊行まで今しばらくお待ちくださいますよう。

♪So this is Christamas, and a happy New Year!  We would like to say THANK YOU for all from 40 countries who have read this blog since May 2010.  We would be much grateful if you kindly keep waiting for "ULYSSES" #5 for a while.  Thank you very much for your patience.

Dec 23, 2010

Bridget St. John, live at TRAUMARIS, Tokyo

ハロー! さる18日は、「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」の最終日。東京・恵比寿はカフェTRAUMARISを会場に、ユリシーズ主催で行なわれたこのコンサートは、入場者数を30名に限定したスペシャル・イヴェントになりました。

ブリジット・セント・ジョンは1時間半にわたってプレイしてくれました。「Ask Me No Questions」(言うまでもなく、ブリジットの偉大な古典!)、「Jolie Madame 」(ケヴィン・エアーズの名曲よ!)、「River」(こちらはジョン・マーティン の名曲!)、「Body Breaks」(デヴェンドラ・バンハート のキュートな曲!)などの様々な曲に加え、この日のためだけに、他の日には披露しなかった「If You Got Money」とか「Back To Stay」(こちらもジョン・マーティンの名曲 ね!)、それとステキな新曲(冬をテーマにした曲なの。さしずめ「Winter Lullaby」といったところかしら?)をひとつ、歌ってくれたわ。 曲間にはおしゃべりもたっぷり。サイドギターを弾き、彼女とデュエットした林拓のことは、ブリジットは「ケヴィン・エアーズとおんなじようにしてくれる素晴しいミュー ジシャン」と、いつものあの優しい口調で語っていたけど、これには本当に納得させられちゃった。そう、林拓もステキだったの! 今回のツアーをきっかけに、彼のファンの数は間違いなく急増したと思うわ!

会場は終始、とても親密なムードに包まれていたわ。そう、涙ぐんでいる人たちも含めて、全員がハッピーだったんです。でも、それだけではなかったわ。最後にビックリ! 「皆さんに差し上げたいものがあるの。メリー・クリスマス!」と言って、ブリジットは来場者のひとりひとりに手渡してくれたのが、何とCD-R! レーベル面には彼女自身の手書きで「BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman」とあって、これにはもう来場者は大仰天、大興奮、大感激! 椅子からずり落ちた人までいたくらいよ! 何てゴージャスなクリスマス・プレゼント! それにしても、あらためて思いました。ブリジットは本当に心優しい人。このCD-Rを介して、彼女はあの素晴しいマイケル・チャップマンのことをもっとみんなに知ってもらいたがっているのね。彼女は他人のために尽くすことが好きな、とても、とても、とても親切な人なのよ。

だから、そんな彼女を傷つける人って、絶対に許せないわよね。最近、サンフランシスコの4 Men With Beardsというレーベルが、彼女に黙って『Songs For the Gentleman 』や『Thank You For...』をアナログ盤で再発したのよ。それってブートレッグということじゃない? このことにブリジットは失望しているわ。ずるい人、約束を平気で破る人、お金に汚い人が、ミュージック・ビジネスの世界にはたくさんいるのね。

ライヴ終了後に、ユリシーズの河添剛さんはブリジットとひそひそ話。「ブリジ ット、音楽とは何と残酷な形式でしょう。音楽は始まれば必ず終わってしまう。 終わるな、終わるなと、こちらは必死になって念じているのに!」「ウフフ。だったらCDを繰り返し聴くといいのよ。そうやって、音楽を記憶にとどめればいいの」「それは難しいですよ。だって、美しい記憶ほど僕から簡単に逃げ出してしまうんです!」

彼女が頻繁に来日してくれたらいいのにね! でも、とても残念なことに、2011年にブリジットが来日することはないわ。彼女のスケジュール表には早くもいろんな予定が詰まっていているそうなんです…。


Hello!  December 18th was the last day of "Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi".  It was a special event by Ulysses, limited to only 30 audiences, at TRAUMARIS cafe in Ebisu, Tokyo.

Bridget St. John played for an hour and a half.  She sang not only "Ask Me No Questions" (Obviously, a great classic of Bridget!), "Jolie Madame" (A great song of Kevin Ayers!), "River" (This is a great song of John Martyn!),
"Body Breaks" (A cute song of Devendra Banhart!) and others, but also "If You Got Money", "Back To Stay" (This is John Martyn's great song as well!) and a beautiful new song (a winter theme song - we can call it "Winter Lullaby") for the first time during this tour.  She talked a lot between the songs.  She called Taku Hayashi, who played the side guitar and sang duet, "a great musician who plays as Kevin Ayers" in a gentle tone as always.  I agreed with her as he was so fantastic!  I believe the number of his fans has increased rapidly after this tour!

The cafe was in the intimate mood from beginning to end.  Everyone was happy including those who were moved to tears.  But there was more.  At the end of the show, there was a big surprise! "I have something to give each of you.  Merry Christmas!", she said and gave each of the audiences a CD-R by hand!  On the surface, it says "BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman" in her own handwriting.  The audiences were amazed, excited and moved so much!  Some even fell of the chair! What a gorgeous Christmas present!  I once again felt that Bridget is a very kindhearted person.  She wanted to introduce us that great Michael Chapman through this CD-R.  She is a very very wonderful person, who likes to do her best to others.

So those who hurt her are unpardonable.  Recently a San Francisco based label called 4 Men With Beards released her classic albums "Songs For The Gentlemen" and "Thank You For..." in the vinyl edition, but it was without her permission.  These must be bootlegs?  Bridget was disappointed with that, anyway.  I guess there are so many sly dogs, stingy guys and big liars in the music business world.

After the show, there was a whispered conversation between Bridget and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES.  "Bridget, what a cruel form music has.  Once music starts, it always has the end.  I pray eagerly it will have no end though!"  "I recommend you to listen to the CDs repeatedly.  Then you can keep music in your memory"  "It is hard for me! Beautiful memories always run away easily from me!"

It would be so nice if she comes to Japan frequently!  However, unfortunately, Bridget will not play in Japan in 2011 as she has been fully scheduled already...

Dec 17, 2010

ブリジット・セント・ジョンと林拓からのメッセージ Messages from Bridget St. John and Taku Hayashi


From Bridget St. John


Bridget St. John Japan Tour with 林拓」 は、今日が東京初日。ああ、なんて素晴しい夜! これを書きながら、私は今も彼らのライヴに幻惑されたままよ。もう何にも言えないくらい。ゲストの直枝政広(カーネーション)もとっても クールだった。彼はブリジットの大ファンなんですって! 私、明日もあさっても彼らのライヴに行くわ! ブリジットは「ジョリィ・マダム」なの。この意味、分る?

ブリジット・セント・ジョンと林拓から、『ユリシーズ』の読者へのメッセージをもらったの。彼らはとっても心が温かい人なのね! ステキ!


From Taku Hayashi

Today was the first day of "Bridget St. John Japan Tour with Taku Hayashi" in Tokyo.  Oh, what a greeeeeaaaaat evening it was!  I am still dazed by their performance, in writing this blog.  I am almost losing words, as you see.  Masahiro Naoe from Carnation played as a guest, and he was sooooo cool too!  They say he is also a big Bridget St. John fan!  I have decided to go to their concerts both on Friday and Saturday as well!  Bridget is a Jolie Madame.  You know what I mean?

Glad to have got words for the readers of ULYSSES from Bridget St. John and Taku Hayashi.  They are really warm-hearted people!  Fantastic!

Dec 11, 2010

『ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special』刊行! "ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special" is out now!

遂に『ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special』ができ上がったわ。表側は「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」のコンサート・ポスター、裏側はインタヴューやテキストや写真を満載した一種の新聞なんだけど、これにもユリシーズ・ピープルは全然手を抜いていないのね。だって、驚くほど美しいデザインなのよ! まさにオススメの逸品だわ。これはブリジット・セント・ジョンのどのコンサート会場でも販売されるの。ライヴの記念にぜひお買い求め下さい(と、編集長の加藤彰さんが言っています)。

加えて、同じく彼女のコンサート会場で販売されるロング・スリーヴTシャツとトートバッグも完成したの。何と、Tシャツは刺繍入りよ。すごくキュート! ステキなの! これが会場限定販売なんて、何だかもったいない気もするわ! もちろんこちらも強力にオススメよ! ああ、私、何だかひどく興奮してきちゃった……。


Finally, "ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special" is out just now.  The face is a poster of "Bridget St. John Japan Tour with Taku Hayashi" and the back is a kind of newspaper with full of interviews, texts and rare photos of Bridget.  Ulysses people have worked very hard for this too and the design is surprisingly beautiful!  You must get one.  This edition will be sold at all the concert venues. Please buy one as a souvenir, says Mr. Kato, the editor in chief.

In addition, long-sleeved T-shirts and tote bags have been made - they will be sold at the concert venues too.  The T-shirt has embroidery on the face of Bridget St. John.  It looks very cute and quite nice!  You can get these only at the venues and I feel it is a big shame!  Of course, you must get them too!  Oh, am I getting too excited...?

Dec 10, 2010

WISH YOU WERE HERE (We miss you, John)

ジョン、あなたがいなくて寂しいわ! あれから30年が経過したのね!

(ブリジット・セント・ジョンもジョン・レノンの大ファンなのよ。彼女は今度のライヴでも何かをジョンに捧げるのかしら。日本にやってきたとき、彼女は2001年には「イマジン」を、2006年にはジョンに捧げる歌「ソング・フォー・ジョン 」を歌ったの。私は彼女が好き。彼女の歌が好き。そして、彼女がジョンに寄せている愛情も好き。ブリジット、ずっと私たちの側にいて。私たちのために歌い続けて。彼女に早く会いたいわ!)


We miss you, John!  30 years has passed since then! 

(Bridget St. John is a great John Lennon fan like us.  I wonder if she dedicates something special to John again, in her very forthcoming shows in Japan.  I remember, she played "Imagine" in 2001, and played "Song For John" to be dedicated to him in 2006 in Japan.  I love her.  I love her songs.  I also love her big love to John.  Bridget, stay with us forever.  Keep on singing for us.  I want to see her soon, soon, soon!  Can't wait at all!)

Dec 5, 2010

アンダーグラウンド? Underground?

不思議ねえ。世間には『ユリシーズ』をアンダーグラウンド・ミュージックの専門誌だと思っている人達がいるみたいなの。でも、それは違うわ。ユリシーズ・ピープルはみんなが好きな音楽も大好きよ。

たとえば、編集長の加藤彰さん。彼はボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ、キンクス、サンディ・デニーの大ファンよ。河添剛さんはビートルズ、マーク・ボラン(河添さんは2005年にT・レックスの研究書まで出版しているの)、ドノヴァン、シド・バレット、レッド・ツェッペリン、アバ、セックス・ピストルズ、フランソワーズ・アルディの大ファン。平治さんはビートルズ、サイモン&ガーファンクル、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、マーク・ボラン、ミッシェル・ポルナレフの大ファン(それ以外にもたくさん!)。鈴木泉さんはビートルズ、ローリング・ストーンズ、マーク・ボラン、ジミ・ヘンドリックス、ルー・リード、パティ・スミス、頭脳警察の大ファン。彼らは全員、ポップ・ミュージックのクラシックにもとっても興味があるのよ! ちなみに私はジョアン・ジルベルト、キース・リチャーズ、グラム・ロック時代のデヴィッド・ボウイが好き。

だから、ユリシーズ・ピープルの関心は、みんなの関心でもあるわ。ただ、ユリシーズ・ピープルは、ポップ・ミュージックの中から特別な何かを発見することに長けている批評家達でもあるの。いずれそれがもっと明白になると思うわ。だって彼らはポップのクラシックについてたくさんのことを語る準備ができているのだから。みんな、『ユリシーズ』第5号に期待して!

Strange.  There seem to be some people who think of "ULYSSES" as a magazine specialized in underground music.  It must be a misunderstanding.  For ULYSSES people also love music you love.

For example, Mr. Akira Kato, the editor-in-chief, is a fan of Bob Dylan, The Rolling Stones, The Kinks and Sandy Denny.  Mr. Tsuyoshi Kawasoe is a crazy fan of The Beatles, Marc Bolan (He even published a critical study on Marc Bolan / T.Rex in 2005), Donovan, Syd Barrett, Led Zeppelin, ABBA, Sex Pistols and Françoise Hardy.  Mr. Osamu Taira is a great fan of The Beatles, Simon & Garfunkel, Pink Floyd, King Crimson, Marc Bolan, Michel Polnareff and many many others.  Mr. Izumi Suzuki is a big fan of The Beatles, The Rolling Stones, Marc Bolan, Jimi Hendrix, Lou Reed, Patti Smith and The Brain Police.  They are also much interested in the pop classics as you see! Incidentally, I am in love with João Gilberto, Keith Richards and David Bowie of his glam rock era.

So ULYSSES people share your taste.  But, remember, ULYSSES people are the critics too who are good at finding something special from pop music.  I believe you will understand such a thing much more obviously in the future.  I know they are getting ready to write many things on the pop classics.  Guys, let’s wait and read "ULYSSES" #5 to be out!  Thank you!

ブリジット・セント・ジョン、追加公演のお知らせ Announcement of Bridget St. John's Additional Performance

ブリジット・セント・ジョンをめぐる、またまたステキなニュース。彼女の追加公演が決定したの! ユリシーズの発案で、12月18日(土曜日)に、東京・恵比寿のアートブック・ショップNadiff内のカフェTRAUMARISでもライヴが行なわれるのよ。コンサートの詳細ならびにチケット購入については、http://bridget-concert.ciao.jpでお確かめを。でも、急いで。何と、こちらは30人限定のライヴなの! それと、追加公演にご来場の方々には、もれなく恵比寿公演限定のスペシャルお土産をお持ち帰りいただけます、ですって!

なお、「ユリシーズ・ショップ」 の代表者である山下潤一郎さんによると、追加公演会場では、「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」のために特別にデザイン・制作したポスター/パンフレット(表面がポスターで、裏面が読み物中心のツアー・ パンフレットになっているのよ。そしてこれを、ユリシーズ・ピープルは「ULYSSES emergency edition: Bridget St. John special」と呼んでいるわ)、トートバッグに加えて、恵比寿公演限定Tシャツも販売するそうよ。かわいい刺繍が入った、すごくクールな、ロングスリーヴのTシャツですって! Wow! お小遣いをたくさん残しておかなきゃね!



Another good news about Bridget St. John.  Her additional performance has been suddenly decided by an idea of "ULYSSES"!  The show is on Saturday, December 18, at TRAUMAIRIS cafe in a famous art book shop NADiff in Ebisu, Tokyo.  For details, please visit http://bridget-concert.ciao.jp. Hurry up, guys!  This is a very special event for only 30 lucky audiences!  Besides, you all get a special limited gift if you come to the show!  

According to Mr. Jun-ichiro Yamashita, the representative of "ULYSSES Shop", we will have beautiful posters/pamphlets which has been specially designed and printed for "Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi" (the face is a poster and the back is a tour pamphlet mainly with texts and rare photos.  ULYSSES people call it as "Ulysses Emergency Edition: Bridget St. John Special"), tote bags, and in addition to T-shirts limited to the Ebisu show.  It is a super cool, long-sleeved T-shirt with cute embroidery!  Wow!  You have to have some money to spend!

ブリジット・セント・ジョンのアルバムが出る! Bridget St. John's new album!

緊急ニュース! ブリジット・セント・ジョンの3度目の来日を記念して、彼女のレア・トラックスだけを集めたアルバム『ハロー・アゲイン』が急遽Pヴァインからリリースされるわ! 日本独自の編集盤! そう、日本に住んでいる人なら誰でも簡単に手に入れることができるアルバムよ!

収録されているのは全部で14曲。驚いたことに、デビュー前の貴重な音源が何 と4曲も含まれているというの。2010年に作られた曲もあるそうよ。ということは、1968年から現在までの彼女の歴史を一望できる内容だというわけね。画期的なアルバムじゃないかしら? ジャケット・デザインとライナーノーツを担当したのは、『ユリシーズ』でお馴染みの河添剛さんよ。 

発売日は12月22日よ。ただし、それに先駆けて、彼女のコンサート会場では独占的に先行発売されるんですって。嬉しいわ! 会場で『ハロー・アゲイン』を買って、ブリジットにぜひサインをしてもらいたい!

"Hello Again" by Bridget St. John

Urgent news!  To commemorate Bridget St. John's third visit to Japan, P-Vine Records urgently releases the album "Hello Again", which has only rate tracks.  It is a complilataoin album unique to Japan.  In short, you can get it easily if you live in Japan! 

It contains 14 tunes.  Amazingly, it has 4 tunes before her debut.  There are songs written in 2010 too.  It means it has a great view of her history from 1968 to present.  It is a revolutionary album, isn't it?  The cover design and sleeve notes are by Mr. Tsuyoshi Kawasoe, whose name is familiar to the readers of "Ulysses". 

The official release date is December 22.  But prior to the launch of the album, it will be on sale exclusively at her concert venues.  Nice surprise!  I will get "Hello Again" there and get an autograph from Bridget!

Nov 21, 2010

ビートルズ、そして/あるいはエントランス・バンド The Beatles / The Entrance Band

昨年同様、今年の秋もビートルズはすごい人気。 Why? 彼らのことが嫌いな人間なんて、この世には絶対存在しないと思うわ。それどころか、彼らはこれからますます人気者になっていくんじゃないかしら。

『ユリシーズ』第4号を読んだ人なら、もう知っていることよね。エントランス・バンドもビートルズの大ファンなの。ジョン・レノンに心酔しているガイ・ブレークスリーが選んだフェイヴァリット・ソングは、案の定、次の通りよ!

「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」
「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」
「ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」
「カム・トゥギャザー」
「アイ・ウォント・ユー」
「イン・マイ・ライフ」
「エニー・タイム・アット・オール」
「ツイスト&シャウト」(ガイによれば、この有名なカヴァー曲には音楽史上初の激越なヴォーカルが記録されているというの)

すごくいい趣味! 彼らしいわ! でも、彼が「ヤー・ブルース」、「グラス・ オニオン」、「アクロス・ザ・ユニヴァース」、「アイ・アム・ザ・ウォーラス 」を選んでいないのは不思議ね! もしかすると、彼は好きな曲がたくさんありすぎて、ついうっかり選ぶのを忘れてしまったのかもしれないわ。

ビートルズとエントランス・バンドには共通点があるわ。それは、メンバーに一人、左利きのプレイヤーがいるということよ!

あなたはどんなビートルズ・ソングが好き? 私は「ジュリア」が好きよ。「ヘイ・ジュード」とか「トゥ・オブ・アス」も好き。そして、好きなアルバムは絶対に『ホワイト・アルバム』。昔、とってもセクシーなボーイフレンドが私にプレゼントしてくれたの。だから、よけい好きなアルバムね!

話変わって、これはニュース。エントランス・バンドはまもなくアルゼンチンに行くのよ。彼らはそこで数ヶ月間滞在しながら新作をレコーディングするの。新しい局面を迎えている彼らは、よりディープでヘヴィなアンサンブルを追求するそうよ。ワオ!


There is another Beatles boom going on this fall as last year.  Why?  Because we all love them!  In fact, I guess they will be more popular.

You already know that The Entrance Band is a big fan of The Beatles if you have read "ULYSSES" #4.  Sure enough, Guy Blakeslee, who is fascinated with John Lennon, has chosen his favorite songs as below!

"Tomorrow Never Knows"
"Strawberry Fields Forever"
"Happiness Is a Warm Gun"
"Come Together"
"I Want You"
"In My Life"
"AnyTime At All"
"Twist and Shout" (According to Guy, the first agitated vocal in the music history has been recorded in this famous cover song.)

Very good taste!  This would be just like him!  But I wonder why he did not choose "Yer Blues", "Glass Onion", "Across the Universe" and "I Am the Walrus"!  Probably he has forgotten to choose them accidentally as he has too many favorite songs.

The Beatles and The Entrance Band have something in common.  They both have one left-handed player in the band.

What is your favorite Beatles' song?  I like "Julia". I also like "Hey Jude" and "Two of Us".  And my favorite album is definitely "White Album".  A very sexy boyfriend gave it to me in the past.  That's why I like this album more!

On another note, this is news.  The Entrance Band will go to Argentina soon.  They will stay there for a few months and start recording the new album.  As they are entering the new phase, they will pursue deeper and heavier ensamble.  Wow!

Nov 20, 2010

Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓  Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi

"Under Tokyo Skies" by Bridget St. John

12月にはブリジット・セント・ジョンが日本にやってくるわ! 『ユリシーズ』が絶賛する京都在住のアシッド・フォーク・シンガー林拓さんと一緒に、京都、名古屋、東京で、計4回コンサートをするのよ。詳しくはこちらを見て。 http://bridget-concert.ciao.jp

先日コンサートのチラシを手に入れたんだけど、とてもステキよ。キュートなデザインなの。しかも、河添剛さんのこんなポエティックな言葉まで掲げられているわ。

To know You Is To Love You...
ブリジット・セント・ジョンを聴くこと、それは彼女を愛すること。
彼女のライヴに駆けつけること、それはこの日本で彼女を3度目に愛すること。
それは彼女とステージで競演する林拓の才能を見出し、彼の音楽も愛すること。
真冬がその重苦しいとばりをおろす前、
晩秋の穏やかな日々を思い出させる、豪奢だが褪せた色が美しいマントのような彼らの音楽を、
その魅力の優美と神秘を、ただひたすら愛すること。 


そう、私達は、そんなマントに抱かれるように、彼らの音楽にくるまれるのよ。それは音楽を愛するというより、むしろ音楽に愛される、という感じかしら。きっとそうよ。でも、そんな幸福はめったに訪れないものよね?

ブリジット・セント・ジョンの来日が、本当に、本当に、待ち遠しい!


Bridget St. John is coming to Japan soon in December!  She will have 4 concerts in Kyoto, Nagoya and Tokyo with an acid folk singer Taku Hayashi, who has been highly praised by "ULYSSES".  For the details, please visit the following website: http://bridget-concert.ciao.jp 

I have got a concert flyer and it is very nice.  The design is so cute. Besides there are poetic words of Mr. Tsuyoshi Kawasoe.  

To Know You Is To Love You... 
To listen to the songs of Bridget St. John is to love her. 
To rush into her concert is to love her for the third time in Japan. 
It is to find the talent of Taku Hayashi who will share the stage with her, 
And it is to love him too. 
It is to love earnestly their music 
Like a gorgeous and beautifully faded mantle that is reminiscent of the quiet days of late autumn, 
And it is to love the grace and enigma of their bewitching, 
Before the heavy robe of midwinter falls. 

To listen to their music means to be loved by their music, not to love their music.  It is like to wear a mantle, isn't it?  It is a rare case for our lives, anyway.  

Can't wait for her coming!

Nov 14, 2010

ありがとう、パズ(エントランス・バンド)! ありがとう、デヴ ェンドラ・バンハート! Thank you, Paz (The Entrance Band)! Thank you, Devendra Banhart!

エントランス・バンドのベーシスト、パズ・ランチャンタンが、自身のブログ「THE PAZARAZZI」で、『ユリシーズ』第4号を紹介してくれているの! しかも、河添剛さんの謎めいた言葉「エントランス・バンドの音楽は、廃墟のようなものとなってしまったブルースの上に掛かる虹である」(The music of The Entrance Band is a rainbow over the blues music like a ruin) まで引用されているわ! パズ、本当にありがとう。私達は、彼女が音楽家としても、ひとりの女性としても美しいことをよく知っているわ。でも、それだけではなくて、彼女はとても親切で、温かい心の持ち主なの。みんな、彼女のこと、そして彼女が在籍しているエントランス・バンドのことを、決して、決して、忘れないで! 

心根の優しさという点ではデヴェンドラ・バンハートもパズと同様よ。彼は自分のホームページで『ユリシーズ』のことを以前から友達と呼んでいて、私達が頼みもしないのにリンクを貼ってくれているの。ありがとう、デヴェンドラ! 美しく、子供のように愛くるしく、無頓着で、不思議な才能に恵まれたあなたのことも、私達は忘れないわ! あなたの絵画を展示中のMoCA (LA)に、本当は今すぐにでも駆けつけたい気分なのよ! 大好き、デヴェ!

愛と友情はお金では買えない貴重なものよ("Can't Buy Me Love" by The Beatles)。『ユリシーズ』も、『ユリシーズ』が強く支持するアーティスト達も、それをよく心得ているの。私達は皆、世界中のありとあらゆる人たちと繋がりたい。これは生前のジョン・レノンの夢だったわ。でも、それは彼だけの夢ではない("Imagine" by John Lennon)。『ユリシーズ』もその夢を追い続けているの。パズやデヴェンドラのように。あなたのように。

"What Will We Be" by Devendra Banhart


"The Entrance Band" by The Entrance Band

Paz Lenchantin, the basist of The Entrance Band, has introduced "ULYSSES" #4 in her own blog "THE PAZARAZZI"!  And she has quoted Mr. Tsuyoshi Kawasoe's  mysterious words "The music of The Entrance Band is a rainbow over the blues  music like a ruin".  Thank you very much, Paz. We know that she is very beautiful as a musician and also as a woman.  But in addition, she is very kind and has a warm heart.  Please keep her and The Entrance Band in your heart! 

In terms of good-hearted, Devendra Banhart is the same as Paz.  He has been  calling "ULYSSES" a friend in his homepage and kindly provided a link.  Thank you, Devendra! We will never forget you, who is beautiful, adorable like a child,  nonchalance and blessed with mysterious talent.  I really feel like going to the MoCA in LA, where your works are on view right now!  I love you, Dev! 

Money can't buy love and friendship, which are precious.  (Sing "Can't Buy Me Love" by The Beatles.)  Both "ULYSSES" and the artists strongly supported by "ULYSSES" know about it.  We all have a desire to connect to others in the world.  And it was John Lennon's dream too.  But it is not his dream only (Sing"Imagine" by John  Lennon), "ULYSSES" has been chasing that dream too.  It is like Paz and Devendra.  It is like you.

Nov 8, 2010

『ユリシーズ』、20年の船旅  A 20-year voyage of "ULYSSES"

ハイ! 加藤彰編集長から『ユリシーズ』第5号の発刊が遅れるというアナウンスが公式に出たことは、すでにみんなも知っているわよね。私、ちょっとがっかりしちゃった。だって、私も『ユリシーズ』の愛読者なんだもの。発売をいつも楽しみにしていて、4号まではいつもHMV渋谷店で購入したものよ…。(第5号以降はどこで買おうかしら?)

でも、別に深刻にならなくてもいいのよね! だって、雑誌は廃刊になったわけではないし。ホメロスによれば、ユリシーズの船旅は20年続くのよ。『ユリシーズ』は存続中よ。

現に、12月のブリジット・セント・ジョンと来年1月のサイモン・フィンの来日コンサートには、『ユリシーズ』は関わりを持っているの。そう、ちょっとした「介入」ね。ただし、ユニークで、チャーミングで、クリエイティヴなかたちをとった、『ユリシーズ』ならではの「介入」。この「介入」は、『ユリシーズ』の新部門「ユリシーズ・ショップ」の代表者である山下潤一郎さんが、加藤さんをはじめとするユリシーズ・ピープルとともに、それに様々な関係者たちと綿密な相談を重ねながら、着々と進めていることなのよ。面白そう、でしょう? でも、詳細はまだ明かせないんですって!

ところで、記憶力のいい読者の人なら、山下さんの名前はピンと来るでしょう? 『ユリシーズ』第4号のために、ジョー・ボイドやマイク・マキナニーに会いにロンドンまでわざわざ飛んでいった人が彼。あの時彼はシド・バレットの妹さんにも会おうとしていたみたい(互いのスケジュールがどうしても合わず、実現はしなかったけど)。山下さんは活動的なの! 


Hi!  You already know that Mr. Kato, our editor in chief, has officially announced that the fifth issue of "ULYSSES" will be delayed.  I am a little disappointed.  Because I am a great reader of "ULYSSES" like you.  I have been looking forward to the new issue.  And I used to buy one at HMV Shibuya until now...but where can I get one from now on...?

But we don't have to be so serious!  Because we are not closing down the magazine.  According to Homer, the voyage of Ulysses will continue for 20 years.  "ULYSSES" is still existing.

In fact, "ULYSSES" will be involved in the Japan concerts of Bridget St. John in December and Simon Finn in January.  It is just an interposition.  But this "interposition" is a unique, charming and creative one in the way of "ULYSSES".  The "interposition" is carried forward steadily by Mr. Junichiro Yamashita, who is the representative of "ULYSSES SHOP", our new department.  Now he discusses carefully with "ULYSSES people" including Mr. Kato, and various parties.  It sounds interesting, isn't it?  But they cannot make public the details yet!

Incidentally, you must remember Mr. Yamashita's name if you are a reader with good memory.  He has flown all the way to London this summer to interview Joe Boyd and Mike McInnerney.  At that time, he even tried to meet with a sister of Syd Barrett.  (But their schedule did not permit.)  He is an active person!

Nov 3, 2010

『ユリシーズ』ご愛読の皆様へ To Our Readers

『ユリシーズ』ご愛読の皆様へ

日頃より『ユリシーズ』ならびに「ユリシーズ・オフィシャル・ブログ」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。幸いにも、季刊誌としてスタートした『ユリシーズ』はすでに4号を数え、年齢にして満一歳を無事迎えることができました。これもひとえに皆様のおかげであり、深謝に絶えません。時に頂戴している皆様からの様々な声に対して、そのひとつひとつにお応えするゆとりのなかった私のこれまでの非礼については、この場を借りて深くお詫び申し上げる次第です。今後ともたゆまぬご指導ご鞭撻を賜ることができれば幸甚の至りです。

いま、私なりに、はっきりと理解していることがあります。それは、『ユリシーズ』がクリエイティヴな読者を、性別や年齢や職種に関係なく、望外にも数多く有している、という事実です。そのような事実を踏まえた上で私は、美しく、ユニークで、大胆で、示唆に富む音楽雑誌を必死になって作ることで、皆様からの温かいご声援に誠意をもって応えたいという気持ちを持ってまいりました。これは私一人のことではありません。あえて申し上げるまでもないことですが、本誌アドヴァイザリー・ボード(河添剛、鈴木泉、平 治、森田敏文)も、デザイナーたち(河添剛+倉茂透)も、また同様であります。『ユリシーズ』に関わるスタッフ全員のこの気持ちは、むろん今後とも変わることはありません。その旨、ここできちんとお約束しておきたいと存じます。

その気持ちに立脚した上で、私たちは今、『ユリシーズ』をよりいっそう充実した内容に改変しようと奮闘しているところです。私たちは数多くの会議を重ねた末、発刊から一年が経過したことに安心することなく、『ユリシーズ』に自ら鞭を打とうと決断し、雑誌の内容や方針にくまなく真摯な反省を凝らす傍ら、一方で、優秀なスタッフの増強ならびに新部門の発足(一つは「ユリシーズ・ショップ」の開設です。詳細は後日、オフィシャル・ブログにて発表させていただきます)と、新たな冒険にも着手し始めました。その成果を一刻も早く皆様に見ていただきたい、ぜひ新しくなった『ユリシーズ』に胸躍らせていただきたいという思いで日夜頑張っておりますが、そのせいで、大変心苦しいことではありますが、当初お約束していた第5号の11月発売を延期せざるをえなくなったことを、ここでご報告しなければなりません。本当に申し訳ありません! しかし今はただ努力の時、献身の時、改新の時と覚悟を決め、従来以上のできばえの『ユリシーズ』を、近日中に発刊することを目指していく所存です。誠に恐縮ではありますが、読者の皆様のご理解を、そして皆様と皆様が愛する音楽とこれからもともにありたいと懇願する新装版『ユリシーズ』への熱いご期待を、伏してお願い申し上げる次第です。

第5号については、詳細が決まり次第、当ブログにて正式にご報告してまいります。そこで、もしお気づきの点がありましたら、どうぞご遠慮なく忌憚ないご意見を賜れたらと存じます。危機に瀕しているとさえ噂されている私たちの昨今の音楽文化の中で、『ユリシーズ』が真剣に果たそうとしている音楽的・文学的・社会的・批評的役割にとって、皆様からのご指導がいかに重要なものであるかは、今さら強調するまでもありません。再度、変わらぬご鞭撻を心よりお願い申し上げる次第です。

加藤彰(『ユリシーズ』編集長)


To our readers,

 The quarterly magazine "ULYSSES" already has the fourth issue and one year has passed safely from the beginning. I would like to express my sincere gratitude for all the passionate support from you! However, we have decided not to settle for the existing success of "ULYSSES" but to whip ourselves. We are in the midst of a struggle over seeking various possibilities, along with reflections on its past contents and policy of our magazine to produce new "ULYSSES", which will make you feel more satisfied. 

But, I hate to say, this hard working has become unexpectedly prolonged and I must let you know that we are unable to publish "ULYSSES" fifth issue in November.

Thank you very much for your understanding. We will announce later here when the fifth issue is out. Please don't miss the renovated and more fulfilled "ULYSSES"! 

Akira Kato (Editor in chief from "ULYSSES")

Nov 2, 2010

サイモン・フィンがやって来る! Simon Finn is coming!

『ユリシーズ』の熱心な読者ならサイモン・フィンを知らない人なんか絶対にいないと思うわ。1970年の不吉な処女作で、アシッド・フォークの大傑作『Pass The Distance』の作者として有名な、あの恐るべきイギリス人よ。その後、フィンは長い長い沈黙を経て『Magic Moments』(2005年)でいきなり復帰したかと思ったら、『Accidental Life』(2007年)、そして最新作『Rats Laugh Mice Sing』と、驚くほど順調にアルバムをリリースし続けているわ。そんな彼の作品について、『ユリシーズ』の中で平治さんは「外部空間に展開されることのない彼の精神の内部における、ダイナミズムの禁欲的表現」と述べていて、それを「パスカル的」と形容しているの。言い得て妙ね! 私の世代にとっては、サイモン・フィンはカナダに拠点を構えながら、時々シックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスのようなフリーク・フォークのアーティストなんかと競演したりもする、ニヒルなくせに空手(カラテよ!)も得意な、サイケデリックなストレンジ・ガイという印象なんだけど、確かに平さんの指摘には納得させられるものがあるわ。

そこで、ニュース! サイモン・フィンが来年早々来日して(初めての来日ですって! でも、彼は無事に税関をくぐり抜けることができるのかしら?)、東京で2回ライヴをやるのよ! これはぜひ見なくっちゃ! 彼を日本に呼ぶことを決めた、例によって怖れを知らないキャプテン・トリップ・レコーズさんによれば、フィンのスケジュールは以下の通りよ。驚きよねえ、何と彼は日本でライヴ・レコーディングまで敢行しちゃうつもりなのね!

2011/1/28(金)
場所:MANDA-LA2(吉祥寺)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
サイモン・フィンのソロ・ライブ。ロングセット。ライブ・レコーディングを予定。(100名限定のLIVE)

2011/1/29(土)
場所:UFO Club(東高円寺)
http://www.ufoclub.jp/
競演:工藤冬里、割礼

「リー、両日ともやばいよ。まずいことになったな!」と、河添剛さん。「12月のブリジット・セント・ジョンのコンサートで、僕は心身ともに清めるつもりでいたんだよ。でも、サイモン・フィンのせいで元の木阿弥じゃないか……」。そうこぼしながらも、彼ときたら妙に嬉しそう。つられて私まで嬉しくなってきちゃった!

とにかく、ユリシーズ・ピープルによると、サイモン・フィンの来日公演は、それ自体としてとんでもない一大事なのよ。笑ってばかりもいられないわ。ゆとりなんてない。事態は緊急を要しているの。私達はみんなして、この事件の目撃者にならなければならないというわけ。あなただってそう思うでしょう?


I believe you all know Simon Finn if you are an avid reader of "ULYSSES".  He is a formidable British, and is known well as an artist of "Pass The Distance", which is a great masterpiece of acid folk but also it is his inauspicious debut album in 1970.  After a long long silence, he suddenly came back releasing "Magic Moments" in 2005.  Then he has released "Accidental Life" in 2007 and his latest album "Rats Laugh Mice Sing" at a surprisingly smooth pace.  Regarding his works, Mr. Osamu Taira writes in "ULYSSES", "It's the stoical expression of dynamics in his spirit that never influences the outside of himself", and he adds, "Such an expression is the one of a Pascalien".  Admirably put! His words can really carry conviction to me, though Simon Finn, at least for our generation, seems just a psychedelic starange guy, who is nihilistic but a good karate player, and sometimes shares stages with freak folk artists such as Six Organs of Admittance.

And here is a news for you!  Simon Finn will come to Japan early next year (It is his first visit!  I wonder if he can slip through customs safely.) and have 2 gigs in Tokyo.  We must see them!  According to Captain Trip Records, who is not afraid of deciding to invite him, his schedule is as follows.  It's surprising that he's planning to do live recording in Japan!

Friday, January 28, 2011
Venue: MANDA-LA2 in Kichijoji
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
Simon Finn solo live show.  Long set. Live recording.  (Limited to 100 audiences.)

Saturday, January 29, 2011
Venue: UFO Club in Higashi Koenji
http://www.ufoclub.jp/
Playing with Tori Kudo (Maher Shalal Hash Baz) and Katsurei

"Oh, no, Lee. This is awkward!" said Mr. Tsuyoshi Kawasoe.  "I was going to purify myself in mind and body at Bridget St. John's shows.  But if I go to Simon Finn's shows, I will be no better than before!", he complained but he looked very happy.  I was influenced by him and got happy too.

Anyway, Ulysses People say Simon Finn's Japan tour is amazingly big thing itself.  I can't go on laughing.  We don't have much time to waste.  It is just a matter of urgency.  We all have to be witnesses of this event.  Don't you think so, too?

Oct 23, 2010

秋の読書 Autumn Reading

ハロー!今、エントランス・バンドは様々な方面から注目されているのよ。そのことがよく分かるステキなヴィジュアル・ブックを、ここで2冊紹介するわ。

まず、『The Selby is in Your Place』(Abrams刊、ニューヨーク)。これは、トッド・セルビーがニューヨーク、ロス、パリ、ロンドン、東京、シドニーで様々なジャンルのアーティスト達の自宅を撮影した、とても美しくて、クールで、ユニークな写真集なの。好奇心を充たす「有名人のお宅拝見」本とも、ヒップなインテリア本とも言うことができるような。で、その中に、エントランス・バンドのガイ・ブレークスリーと彼のガール・フレンドで映像作家のマクシミラ・ルーカックスの愛の巣(大きな山荘)が大きく紹介されているわ。人里離れたローレル・キャニオンのライフスタイルを体現する、ずば抜けてヒップな彼らの家!彼らはたくさんの本と、サイケデリックなコラージュやポスターと、古いジュークボックスと、珍しいレコードと、美しいアクセサリーとに囲まれて生活しているのね。傾斜の大きい庭には、そんな2人が寝そべりながら愛し合うためのロマンティックなハンモックが吊るされているわ。こういう素晴しい写真を見ていると、ガイのこと、そしてエントランス・バンドのことが、以前よりもっと気になってくる!

そして、もう1冊が『My Freedamn! 9』(Cycleman books刊、大阪)ね。カリフォルニア在住の写真家で古着のエキスパートである田中凛太郎さん(Rin Tanaka)さんによる、ものすごくゴージャスな、 そして60年代と70年代のファッションを深く知りたいと思っている私達の世代全員にとって永遠の教科書にもなるような、レコード盤サイズのファッション・ブックよ。でも、それだけではないの。スリップケースを外して本の表紙を見れば、そこには何とエントランス・バンドのライヴ・フォトが飾られているの!しかも、彼らのフォトは本文中にも大きく見開きで扱われていて、もうたまらないの!こんな素晴しいファッション・ブックのために彼らの写真をあしらった田中凛太郎さんのセンスにも感激したわ。田中さんはファッションだけではなくロックのこともよく分かっている人なのね……。

これら2冊の本を読んでいると、あらためて実感するわ。エントランス・バンドはやっぱりすごくカッコイイ。エントランス・バンドは今日のアメリカを代表するライヴ・バンドよ。彼らの強烈なグルーヴ、頭が真っ白になるようなサイケデリック感覚、荒々しくてセクシーで文句なしのパフォーマンスは、今や唯一無二じゃないかしら。しかもガイはシド・バレットみたいにカッコイイし、パズは男の子達を虜にしてしまうし、デレクはすごくフレンドリーなナイス・ガイ。彼らは絶対に理想のトリオに決まっているわ!

第4号の『ユリシーズ』には、彼らについての長い記事が掲載されているの。上記2冊の本と併せて読み返すことをオススメするわ!

"The Selby is in Your Place" (Abrams, New York)

"My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka)

Hello, guys!  The Entrance Band has attracted the attention of various fronts.  I am introducing two beautiful visual books that will explain it. 

First one is "The Selby is in Your Place" (Abrams, New York).  This is a beautiful, cool and unique photo book which Todd Selby has taken photographs of all sorts of artists' homes in New York, LA, Paris, London, Tokyo and Sydney.  You can call it as "Visiting celebrity homes" to satisfy your curiosity or a hip interior book.  A love nest (a big lodge) of Guy Blakeslee of The Entrance Band and his auteur girlfriend, Maximilla Lukacs is in this book.  They are the embodiment of the Laurel Canyon lifestyle and their house is super hip!  They live with many books, psychedelic collages and posters, an old jukebox, rare records and beautiful accessories. In the steep garden, there is a romantic hammock that they can lie and love each other.  Seeing these wonderful photographs, I got more interested in Guy and The Entrance Band!  

Another book is "My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka).  It's a very gorgeous fashion book of the vinyl LP size by Rintaro Tanaka (Rin Tanaka), a California-residing photographer and an expert of old clothes, and it can be an eternal textbook for all of our generation who wish to know about fashion in the 60s and 70s in more depth.  But it's got more. If you take it out of the slip case, a live photograph of The Entrance Band appears on the cover!  And there are double-page photos spread of theirs in the book, that are so irresistible! I was impressed with Rintaro Tanaka's taste of putting these photos for such a great fashion book.  He must be a person who is aware of not only fashion but rock 'n' roll music! 

Reading these two books, I realize again that that The Entrance Band is really cool.  They are one of the greatest bands in America today.  Their extreme groove, psychedelic feeling as if your mind go blank, their rough and sexy performance which is entirely satisfactory are like no other bands.  In addition, Guy looks cool like Syd Barrett, Paz enslaves boys and Derek is a very friendly nice guy.  They are absolutely the best ideal trio!  

The long article on them is in "Ulysses" #4.  Please read it again along with above two books!

Oct 18, 2010

林拓の東京公演を観て Have been to Taku Hayashi's live show in Tokyo

林拓の最終日の東京公演を観ました(10月13日、七針)。西沢信亮(サーランギ)&井上春緒(タブラ)によるインド音楽の即興演奏(ゲストは林拓!)、イタリア・ツアーを控えたmuffinのプレイ(自作曲に加え、シビル・バイヤーのカヴァー曲も披露!)に続き、メインの林拓が登場。彼は1時間ほどプレイしたわ。大部分はソロで、そして2曲ではバックを加えて(ベースに古川博一、サーランギに西沢信亮、コーラスにてるり)。どれもこれも素晴しい!振幅の大きな、とても官能的なヴォーカル。不思議な野性味をたたえた自由な叙情性。即興性の高いギター・プレイは、時々パーカッシヴになりながら、ほのかなラテン・フレーヴァーも醸し出しているの。ステージ上の彼は、最初はシャイに見えたけど、プレイ中は終始とってもかっこよかった。私は彼の素晴しいアルバム『五月三十二日』を何度も聴いたことがあるわ。でも、昨夜のライヴはそのアルバムの100倍も良かったのよ。会場には河添剛さんと清水久靖さんもいて、ライヴ終了後には2人とも大きな笑顔。当然よね?昨晩は、林拓が京都在住のひとりのアシッド・フォーキーを超えて、とうとう私達全員にとってのシンガー・ソングライターになった偉大な夜だったのだから!




ライヴを見逃した不運な人には朗報があるわ。林拓は、今度は12月にツアーをするの。しかも、あのブリジット・セント・ジョンとともに!信じられないわ!でも、本当のことなの!この企画を実現するために、『ユリシーズ』も全面的に協力したのよ!詳細は以下をチェックして!

http://bridget-concert.ciao.jp/ 

このことで続報があれば、随時ここでもお知らせします!とにかく今は、彼とブリジットが一緒になってどんなステージを展開するのかを想像しながら、12月の到来を首を長くして待つしかないのね!

念のため、ブリジット・セント・ジョンのロング・インタヴューは、スーパー・レアな写真やディスコグラフィなどとともに、『ユリシーズ』創刊号に掲載されています。真摯な語り口による、貴重な、歴史的な、最高のドキュメンタリーよ。彼女に会見するために、河添剛さんはわざわざニューヨークに出向いたの。彼はブリジットの熱狂的なファンでもあるから…。


I have been to Taku Hayashi's final show in Tokyo on October 13th at Nanahari. Shinsuke Nishizawa (sarangi) and Haruo Inoue (tabla drums) played an improvisation of Indian music with Taku Hayashi as a guest. Muffin, who will do the Italian tour very soon, played her own songs and a cover of Sibylle Baier, followed by Taku Hayashi, the main artist of the night. He played for about one hour. He played solo for almost but for two songs he had backing. (bass: Hirokazu Furukawa, sarangi: Shinsuke Nishizawa, chorus: Teruri) Everything was great! His vocal was luscious with large vibration. And his songs had lyrical freedom with mysterious wildness. His guitar play was highly extemporaneousness and sometimes became percussive and gave delicate Latin flavor. At the beginning he looked a little shy on the stage, but soon he became really cool in playing. I had listened to his great album "May 32nd" many times but his live show was a hundred times greater than that. Mr. Tsuyoshi Kawasoe and Mr. Hisayasu Shimizu were there too and both were with a big smile after the show. No wonder. That night was when Taku Hayashi went from just one of the acid folkie living in Kyoto to a singer-songwriter for all of us!




For those who have unfortunately missed his show this time, we have good news. He will tour again in December and this time with Bridget St. John! Can you belive it? But this is true! And "Ulysses" is giving full corporation to make it happen! Please visit below for more details:

http://bridget-concert.ciao.jp/

I will let you know when I have an update on this. We can only wait for December, imagining how they will play together. Just to be sure, I would like to remind you that the long interview with Bridget St. John is in the first issue of Ulysses with super rare photographs and her discography. It is an important, historic and great documentary with sincere-spoken style. Mr. Kawasoe went to New York last year to interview her and he is a crazed fan of Bridget...

Oct 11, 2010

林拓コンサート Taku Hayashi Live Show

ハイ!今日は林拓さんのコンサートよ!とっても楽しみ!

10月11日(月・祝)午後3時から、浅草・木馬亭の「両国フォークロアセンター40周年記念ライブ」で。料金は前売り3,500円、当日4,000円。その他詳細は http://folkloren.exblog.jp/ 。


Hi!  Taku Hayashi's show is today!  Can't wait!
On Monday (National holiday), October 11th 3pm at Mokubatei in Asakusa "Ryogoku Folklore Center 40th anniversary Live" .  Price: JPY3,500 Advance, JPY4,000 Day of the show.  For details please visit: http://folkloren.exblog.jp/ . 


Oct 2, 2010

林拓コンサート Taku Hayashi Live Shows

ユリシーズ3号のディスク・レヴューで、河添剛・平治・清水久靖の3氏より絶賛された京都在住のアシッド・フォーキー林拓(はやし たく)。ブリジット・セント・ジョンとの共演も噂されているそんな林の、待望の東京公演が遂に決定!
10月11日(月・祝)午後3時から、浅草・木馬亭の「両国フォークロアセンター40周年記念ライブ」で。料金は前売り3,500円、当日4,000円。その他詳細はhttp://folkloren.exblog.jp/
12日(火)午後7時から、東高円寺・UFO CLUB(電話:03-5306-0240)で。
13日(水)、八丁堀・七針(電話:03-6806-6773)で。共演にMuffin。開演、料金その他詳細はhttp://ftftftf.com/

Taku Hayashi, an acid folkie living in Kyoto, has received rave reviews from those three people - Tsuyoshi Kawasoe, Osamu Taira and Hisayasu Shimizu in Disk Reviews in "Ulysses" #3.  He is rumored to play with Bridget St. John as well... and finally, the long-awaited Hayashi's shows in Tokyo have been announced!
On Monday (National holiday), October 11th 3pm at Mokubatei in Asakusa "Ryogoku Folklore Center 40th anniversary Live" .  Price: JPY3,500 Advance, JPY4,000 Day of the show.  For details please visit: http://folkloren.exblog.jp/ .
On Tuesday, Oct 12th 7pm at UFO CLUB (Phone: 03-5306-0240) in Higashi Koenji.
On Wednesday, October 13th at Nanahari (Phone: 03-6806-6773) in Hacchobori.  Playing with Muffin.  For details please visit: http://ftftftf.com/ .

Sep 28, 2010

この夏私が胸をときめかせたこと What Made Me Excited This Summer.

この夏の素晴しい思い出。エントランス・バンドのメンバー達と東京で再会したこと。ロスで美しいネックレスを買ったこと。それと、ヴェティヴァーのアンディ・キャビックとフルーツ・バッツのエリック・D・ジョンソンによるボビー・チャールズのカヴァー「I Must Be In A Good Place Now」を発見したこと(優しくて、夢想的で、透明感があって、それはもう本当に素晴しいデュエットなの!ゆっくりと流れていく時間の中で蘇生したようなこの名曲は、今では果てしない永遠に属しているんだわ!ああ、この2人が一緒に歌っているところを、いつかぜひナマで見たい!)。



Wonderful memories of this summer - Reunited with the members of The Entrance Band in Tokyo.  Got a beautiful necklace in LA.  And discovered Bobby Charles' "I Must Be In A Good Place Now" performed by Andy Cabic of Vetiver and Eric D. Johnson of Fruit Bats.  It is such a gentle, starry-eyed, transparent and great duet!  This classic, as if it has revived in the slow passage of time, belongs to endless eternity.  I really want to see these two sing together live some day!

Sep 26, 2010

これはビックリ! It's a Surprise!

編集長の加藤彰さんからの話。聞いてビックリよ。『悍』(HÀN)という名前の左翼雑誌の第4号が、「嗚呼、左翼〜自己批判“左翼のダメなところ”」という特集を組んで、衰退著しい左翼勢力を立て直すための処方箋として、歴史的に重要な論文を18本紹介したの。論文の書き手はいずれもそうそうたる面々(だそうよ)。上野昂志、鶴見俊輔、竹内好、寺山修司、高野雅夫、永山則夫、橋川文三…そして、河添剛!『ユリシーズ』の河添さんよ!これは一体どういうことかしら?大慌てで『悍』を読むと、そこには『ユリシーズ』2号で河添さんが頭脳警察について書いたテキスト「左翼とは何か」の大部分が抜粋されているの。無断転載だな、と加藤さんは言って、ちょっと憤慨していたわ。当然よね。
この件については、河添さん本人から以下のようなコメントをもらったわ。
「左翼がダメな理由が僕には分かったよ。彼らは礼儀知らずってことさ。人の書いた原稿を転載したけりゃ、まず相手の許諾を取らなきゃいけないよね。それと、僕は右翼も左翼も保守も嫌いなんだ。彼らは鈍感で、狭量で、ヒステリーで、大概いがみ合っている。でも僕は文学と芸術を愛する人間なんだよ。そして僕が書いたことは左翼には役に立たない。僕は“処方箋”なんか決して書かない。僕は政治屋でもヤブ医者でも売文業者でもない。書くことはサーヴィス業とは違うのさ!」
なるほど…。
ただ、私にもひとつ分かったことがあるわ。左翼の人でも音楽が好きで、『ユリシーズ』を読んでいる人がいるってことよね。そう言う私に河添さんは、火星人も『ユリシーズ』の読者になったらいいねと応じて、笑っていたわ!☺


This is a story from Mr. Akira Kato, our editor in chief. It's a big surprise. A leftwing magazine called "HÀN" has featured "Oh, left-wing 〜 self-criticism 'what is bad about left-wing' " in the 4th issue and introduced 18 historically important treatises as prescriptions to rebuild the left-wing influence which has been obviously on the wane. An impressive lineup of writers (I heard) - Koshi Ueno, Shunsuke Tsurumi, Yoshimi Takeuchi, Shuji Terayama, Masao Takano, Norio Nagayama, Bunzo Hashikawa...and Tsuyoshi Kawasoe! Mr. Kawasoe from "Ulysses"! What's the story? I went through "HÀN" in a big hurry - and most of the text from "What is left-wing?", which Mr. Kawasoe has written about The Brain Police (Zuno Keisatsu) in "Ulysses" #2, was excerpted there. Mr. Kato said it was an unauthorized use and he was resented a bit. No wonder.
Regarding this, I got a comment from Mr. Kawasoe himself as below.
"Now I understand the reason why left-wing is bad. They are not polite. If you want to reprint the article that someone has written, you have to get a permission to do so first. And I don't like right-wing, left-wing and conservative. They are insensitive, intolerant, hysteric and usually jostle. But I am a person who just love literature and art. And what I write cannot be useful for left-wing. I never write a 'prescription'. I am not a politician, a bad doctor nor a literary hackworker. Writing is different from service business."
I see...
But I understand one thing. Left-wing people love music too and some of them have read "Ulysses". Mr. Kawasoe said to me "I wish Martians also became readers of 'Ulysses' " with a smile! ☺

Sep 9, 2010

御礼!タワー・レコードでのトーク・イヴェントはつつがなく終了いたしました! Talk Show at Tower Records Went Off Well - Thanks!

アロハ!皆さんの中には、先日タワー・レコード渋谷店で開催された『ユリシーズ』のトーク・イヴェントに駆けつけてくれた方もいると思うわ。楽しかったでしょ? 以下は編集長の加藤彰さんからのイヴェント報告と心からの感謝の言葉よ。

「9月4日のイヴェントにお越しいただき、本当に、本当に、ありがとうございました。立ち見客まで出た会場の盛況ぶりには大変な勇気をいただきました。ご来場いただいた方々にも、そしてイヴェントのセッティングのために様々なご尽力をしていただいたタワー・レコードのスタッフの方々にも、心より御礼申し上げます。また、イヴェントにいらっしゃることができなかった方々とはまたの機会にお目にかかることができればと存じます。実際、有意義でもあり楽しくもあるイヴェントでした。こうしたイヴェントを介して読者の方々との友好関係を深めることは実にナイスだ、と河添剛はしみじみ言っております。
その河添剛と、鈴木泉、司会の私の、いわば『ユリシーズ』実働部隊の3人が、大貫憲章氏をゲストに展開することのできた過日のトーク・イヴェントでは、終始和やかなムードの中、雑誌をめぐる様々な環境についての真摯な議論をきっかけに、多岐にわたるトピックをご紹介できました。この12月に3度目の来日を果たすことが決まったブリジット・セント・ジョンを話題にしつつ、いかなる時でも彼女の全アルバムを常備しているがゆえにタワレコ渋谷店は宇宙一偉大なCDショップであると河添剛は勢いよく断言しました。一方、ロック好きが嵩じて哲学者になってしまったと告白する鈴木泉は、60年代後半の音楽の素晴しさを豊かな雄弁で説き明かしていきました。また、トラフィック、ペンタングル、インクレディブル・ストリング・バンド、ケヴィン・エアーズ、エントランス・バンド、裸のラリーズの楽曲を流しながらのトークでは、特に大貫憲章氏の軽妙な個性が炸裂。さながらロック・ミュージックのアラビアン・ナイトといったラジオDJの風情がそこには生まれて、さすがはロック歴4億年の大貫さんだなあとあらためて感心させられました。あっという間の2時間で、言い尽くせないことはもちろんいっぱい残ったとはい うものの、私達自身にとっても楽しい経験になったのでした。
『ユリシーズ』をご愛読する皆様と再びお目にかかれる日を楽しみにしておりま す。再度、ありがとうございました!」



写真は、左から鈴木泉さん、河添剛さん、大貫憲章さん、加藤彰さん。彼らは言葉と音楽で結びついた友情をとても大切にしているんだと思うわ!


Aloha!  I guess some of you have come to our talk show at Tower Records Shibuya the other day.  Wasn't it fun?  Below is the report and appreciation from Mr. Akira Kato, the editor in chief.

"Thank you very, very much for coming to our event on September 4th. We were encouraged by the success that we even had standing audiences. I would like to sincerely thank you to those of you who has come to the event and also to the staff at Tower Records who have made every effort for the arrangements. And I hope to have another chance to see those who couldn't join us. Actually, it was a fruitful and pleasant event. Tsuyoshi Kawasoe says with feeling that it is really nice to deepen our friendship with readers.

Tsuyoshi Kawasoe, Izumi Suzuki and I as a host, three of us as a kind of actual working unit of 'Ulysses', could introduce different topics prompted by the serious discussion about the various environment with a special guest, Mr. Kensho Onuki, in a friendly atmosphere throughout the talk event the other day. Tsuyoshi Kawasoe has affirmed loudly that Tower Records Shibuya is the greatest CD shop in the universe because at anytime it is perfectly stocked with all the CDs of Bridget St. John, who will make her third visit to Japan in December. And Izumi Suzuki, who confesses that he has become a philosopher for his love to rock music, explains the beauty of music in the late 1960's with his rich eloquence. While playing tunes of Traffic, The Pentangle, The Incredible String Band, Kevin Ayers, The Entrance Band and Les Rallizes Dénudés, Mr. Kensho Onuki's witty personality has exploded. He looked just like a radio DJ from The Arabian Nights of rock 'n' roll, and again I was impressed by him, who is worthy of being with four hundred million years experience of rock music. The two hours went by surprisingly fast and of course we could not talk everything, but it was a pleasant experience for us too.

We are looking forward to meeting the readers of 'Ulysses' again. Thank you again!"


From L to R: Mr. Izumi Suzuki, Mr. Tsuyoshi Kawasoe, Mr. Kensho Onuki and Mr. Akira Kato.  They value the friendship with words and music!


Sep 4, 2010

ユリシーズ・トーク・イヴェント開催 (3) Saturday Evening with ULYSSES People (3)

ハイ!もうすぐタワーレコードでトーク・イヴェントが始まるわ。とっても楽しみ!

Hi!  The talk show at Tower Records will start soon.  Can't wait!

http://twitter.com/TOWER_Books

『ロンナイ』の大貫憲章さんもやってきます!本日18時より雑誌「ユリシーズ」トークショー!!豪華出演は加藤彰氏、河添剛氏、大貫憲章氏、鈴木泉氏。(座席予約受付中☆03-3496-3661)(MR) http://tinyurl.com/2cybygb

http://tower.jp/blog/shibuya/entries/69102

Aug 27, 2010

ユリシーズ・トーク・イヴェント開催 (2) Saturday Evening with ULYSSES People (2)

ハイ!タワーレコード渋谷店7Fさんがたった今、9月4日(土曜日)のトーク・イヴェントの事をツイートしてくれたの。予約もできるんですって!  Please come and join us!

Hi!  Tower Records Shibuya 7F has just tweeted about our talk show on Saturday, September 4th!  You can reserve a seat too!  Please come and join us!

http://twitter.com/TOWER_Books

【定例イベWordsWorth】9/4(土)18時~雑誌『ULYSSES(ユリシーズ)』トークショー。「スウィンギング・ロンドンからブリティッシュ・サイケデリアへ」(仮)出演:加藤彰氏×河添剛氏!観覧フリー!座席ご予約受付中です!☆03-3496-3661(YM)

Aug 26, 2010

ユリシーズ・トーク・イヴェント開催 Saturday Evening with ULYSSES People

アロハ!みんな、元気かしら?今日も暑いわね!…でも、そんなことばかり話しているのって退屈じゃない?
ユリシーズからイヴェントのお知らせよ。9月4日(土)午後6時から、タワーレコード渋谷店7階のタワー・ブックスで、編集長の加藤彰さんと河添剛さんと鈴木泉さんが、スペシャル・ゲストと一緒に楽しいトーク・ショウを開催するの。音楽のこと、アーティストのこと、雑誌のことを話すそうよ。ユリシーズ・ピープルはコミュニケーションが好きなのね。  Please come and join us! 
あ、それとね、言い忘れていたけど、入場料は無料なのよ!  See you then!

Aloha!  How are you all?  It was very hot today...  But it is too boring to keep talking only about the weather, isn't it?
This is the event announcement from ULYSSES.  We will have an interesting talk show at Tower Records Shibuya (on the 7th floor).  It starts at 6pm on Saturday, September 4th.  Akira Kato (our editor in chief), Tsuyoshi Kawasoe and Izumi Suzuki (and probably we will have a special guest too) will talk about music, artists and magazines.  The ULYSSES people love to communicate.   Please come and join us!
And this event is FREE!  See you then!

Aug 25, 2010

『ユリシーズ』第4号 "Ulysses" #4

ハイ!『ユリシーズ』第4号の内容を改めてご紹介するわ。

Hi!  These are the contents of "Ulysses" #4.


OPINION
知られたくない若者たち 永江朗

音楽|を|と|の|遠くまで 近藤康太郎

ジョー・ヘンリー・インタヴュー Joe Henry Interview
クリエイション、パフォーマンス、プロデュースの源泉について
ディスコグラフィ&プロダクション・ワーク Discography & Production Work

ジェームス・チャンス・インタヴュー James Chance Interview
ファンキー、パンク&エレガントなノー・ウェイヴの生き証人
ディスコグラフィ Discography

エントランス・バンド・インタヴュー The Entrance Band Interview
ブルース、サイケデリア、アシッド・ロックを幻視する、
LAの最も魅惑的なトリオとの会見
ディスコグラフィ Discography

特集 スウィンギング・ロンドンからブリティッシュ・サイケデリアへ From Swinging London to British Psychedelia

巻頭エッセイ
Shadow of Your Smile 「残照」への追憶

クロストーク
新しさへの批判・伝統への批判
河添剛×鈴木泉×福島恵一

マイク・マキナニー・インタヴュー Mike McInnerney Interview
灰色の街を塗り替えた伝説のデザイナー 山下潤一郎

カラー・グラビア
マイク・マキナニー作品集

ジョー・ボイド・インタヴュー Joe Boyed Interview
UFOクラブをつくった音楽プロデューサーと巡るロンドン・アンダーグラウンドの旅
山下潤一郎

ジョー・ボイド・プロデュース作品集『white bicycles』
世界をリードしたロック/ポップのドキュメントを聴く
大貫憲章

スウィンギング・ロンドン・フォト・アルバム Photo Album Swinging London

PSYCHEDELIC FREAK OUT!
102枚のアルバム・ガイド The 102 Trippiest British Albums of All Time
大貫憲章/河添剛/鈴木泉/平 治/福島恵一/古川博一

カラー・グラビア スウィンギング・ロンドン・フォト・ギャラリー Photo Gallery Swinging London

七尾旅人インタヴュー Tavito Nanao Interview
そして無限に増殖し広がっていくもの――彼が描く音楽と未来
湯浅学

七尾旅人小論
分裂と統合、そしてその向こう 江口正登
七尾旅人ディスコグラフィ さわやか Discography

前野健太インタヴュー Kenta Maeno Interview
あたらしい朝 磯部涼

短期集中連載
LOST IN THE '80s
[第2回]テレヴィジョン・パーソナリティーズ Television Personalities

ダン・トレイシー・インタヴュー Dan Treacy Interview
心の中では 俺は囚人 清水久靖

クロストーク
テレヴィジョンが受像したポップ・ミュージックの歪んだ亡霊
河添剛×清水久靖×平 治

テレヴィジョン・パーソナリティーズ・ディスコグラフィ  Television Personalities Discography
河添剛/清水久靖/平 治

[連載]
Greeting from ULYSSES

[ユリシーズ レ・ヴァリエテ]
◎奇跡の軌跡に勇気をもらう スタッフ・ベンダ・ビリリ 松山晋也
◎ワイルド・サイケを歩け Finders Keepers サラーム海上
◎FRICTION LIVE in Seoul “息”と場の流動 間奈美子
◎AND THE LIFE GOES ON 山下達郎「街物語」への雑感 吉留大貴
◎米インディペンデント・アート・マガジンの高度なロック性 河添剛
◎フットボールデカスロン 虹釜太郎
◎ブリテン的労働者階級とロックの距離感 ブレイディみかこ
◎オルタナティヴ・メディアとしてのビッグイシュー 今井晋
◎ジジェクによる『こうもり』/『こうもり』によるジジェク 石川義正
◎連載 DJ SUPERNATURALISM 大貫憲章
◎連載 Check the Wardrobe 松井清

DISC REVIEW
河添剛/平 治/清水久靖/松山晋也/サラーム海上/高橋芳朗/磯部涼/小川真一/五十嵐正/福島恵一

ユリシーズ #4 Ulysses #4

ハロー!今日発売の『ユリシーズ』#4の表紙は七尾旅人さんよ!もちろんインタビューも掲載されているわ。


Hello!  We have Tavito Nanao on the cover of "Ulysses" #4, which is out today!  Of course we have an interview with him too.

Aug 21, 2010

編集長より From the Editor in Chief

ハイ!今日は編集長の加藤彰さんから緊急のメッセージを紹介するわ。

「8月25日発売の『ユリシーズ』No. 4について、あらためてご紹介したいと思います。以前も申し上げたように、特集は『スウィンギング・ロンドンからブリティッシュ・サイケデリアへ』です。100枚を超えるディスク・ガイド、鼎談、インタヴューをまじえたロンドンでの取材記事、評論、レア写真を含むこの特集は、1967年を頂点とする“イギリスのユース/ロック・カルチュアにおける全面的自由の表現”を多角的に再検証するものであり、まさしく『ユリシーズ』ならではの驚異的に充実した内容になっております。
しかし、もちろんわれわれは、いたずらに回顧的姿勢を貫く姿勢に立っているのではありません。特集で議論された“自由”という主題は、その実現に多くの障害が聳え立つこの現在にも延長されていきます。今回われわれは七尾旅人、前野健太、エントランス・バンドといった現在の注目すべき才能にも多くのページを割きました。1967年のロンドンに思いを馳せることは、必然的に、現在の音楽とそこに認められる“自由の表現”を真摯に捉えることに結びつくのです。そんなわけなので、われわれは七尾旅人のポートレイトを今号の表紙とすることに、いささかの躊躇もなかったという次第です。
誓ってお約束いたしますが、われわれは決して読者の皆様のご期待を裏切らない。のみならず、ご期待以上のことをするために、できる限りの努力をしたのだとすら自負しております。『ユリシーズ』No. 4を、どうかお見逃しなく!」

発売日は8月25日ね。24日ではなかったのね!今度の水曜日がとっても楽しみだわ!
(画像をクリックするとよく見えるわよ。)



Hi!  Today I 'm introducing you the urgent message from Akira Kato, the editor in chief!

"I would like to reintroduce "Ulysses" No. 4 , which will be out on August 25. As I have said here before, the feature article is 'From Swinging London to British psychedelia'.  It includes the disk guide of over 100 albums, the three-way conversation, the story with interviews in London, criticism and rare photographs,  and re-examines 'the total freedom in English youth/rock culture' with 1967 at the top from various perspectives.  And this is truly phenomenally fulfulling contents for 'Ulysses'.
But, of course, we don't take a stance of retrospective unnecessarily.  The subject 'Freedom', which is discussed in the feature article, should be extended to the present when there are many difficulties to realize it.
This time, we have devoted much space to the current remarkable talents such as Tavito Nanao, Kenta Maeno and The Entrance Band.  Giving more than a passing thought to London in 1967 invariably links sincerely to get hold of the current music and 'freedom of expression' of it.  So we had no  hesitation in having the portrait of Tavito Nanao on the cover of the next issue.
I promise on my honor, not only we will keep trust with you, we believe to have done the best we can do to go beyond your expectation.  Don't miss 'Ulysses' No. 4!  Thank you!"

 It will be out on the 25th, not on the 24th. It's Wednesday next week!
 (Click image to enlarge. )

Aug 16, 2010

HMV渋谷店が閉鎖! HMV Shibuya Will Be Closed!

みんな、もう知っていることよね。8月22日をもって、HMV渋谷店が閉店になるの。タワー・レコードやディスク・ユニオンと並んで、HMV渋谷店は東京の、そして日本の、リアルな音楽文化を作ったわ。ここ数年は、品揃えもすごかった。改装前の2階(ワールド・ミュージック専門のフロア)と3階(ロック専門のフロア)なんて、私が大好きなロスのアメーバ・ミュージックに匹敵する、気迫の内容だったのよ。HMV渋谷店はまさに日本一グレイトなCDショップだったと思うわ。しかも、『ユリシーズ』の絶大な理解者でもあったの。ものすごく熱心に宣伝していたし、バックナンバーも全部揃っていたのよ。
私自身も、『ユリシーズ』はいつもHMVで買ったわ。私はHMVの熱意を愛していたの。
なのに、どうしてこうなってしまうの? 音楽を愛するすべての人たちにとって、これは絶対に悲劇よ。ジョニー・サンダースが歌った「Everybody's born to lose」なんてヴィジョンを、私は絶対に信じたくない。こうなる前に、私達にできることは何もなかったのかしら? 

As you already know, HMV Shibuya store will close on August 22.  It has been creating real music culture in Tokyo and also in Japan along with Tower Records and Disk Union.  HMV Shibuya store had a powerful and large selections for the past few years.  The selections on the second floor (World Music floor) and the third floor (Rock floor) before the renovation were almost equal to my favorite Amoeba Music in LA.  HMV Shibuya store has been the greatest CD shop in Japan indeed.  And it has been our great supporter too.  It has promoted "Ulysses" with great enthusiasm and has got all the back issues too.
Needless to say, I always get "Ulysses" from there.  I really love its enthusiasm.
But why does this happen?  This is a big tragedy for all the music lovers.  I don't want to believe the vision of "Everybody's born to lose" in Johnny Thunders' song.  I wonder if we could do something for HMV Shibuya before such a sad incident.

http://www.asahi.com/english/TKY201006100380.html

Aug 15, 2010

『ユリシーズ』、『Cue』より取材を受ける "Cue" Interviews "Ulysses"

早稲田大学の学生さんたちが刊行している、今話題のフリー・ペーパー『Cue』が、『ユリシーズ』を取材したのよ。最新号(vol.18)に掲載中なの。
取材には、多忙でてんてこ舞いのみんなに代わって河添剛さんが応じたわ。彼は、音楽批評の重要性(音楽は思考を誘発し、批評は思考を深める、と彼は考えているのね)や、美しいデザインの雑誌なら必ず備えている物質としての官能性(彼によれば、物質は人間を恍惚とさせるらしいの)や、雑誌という名の「社会」について(雑誌はそれ自体が社会だと彼は言っているわ)、楽しそうに喋っているの。『ユリシーズ』の宣伝担当者としては、まあまあの働きぶりかしら??? 
最新号の『Cue』は、フリクションのレックにも取材しているのよ。大学生が作っているフリー・ペーパーのコンテストで第2位の栄冠に輝いた雑誌だけあるわ。目の付け所がいいのね!

In the current issue (vol. 18) of free paper called "Cue", which is published by students at Waseda University, has interviewed Tsuyoshi Kawasoe representing "Ulysses".
Other staff were busy except for him.  Tsuyoshi talked pleasantly about the importance of music criticism (he emphasizes music induces thoughts and criticism deepens it.), the sensuality as material, which a magazine with beautiful design always should have (he believes the material will make you feel ecstasy.) and the "society" called a magazine (he thinks a magazine itself is a society).  So he did a decent job for a public relations person for "Ulysses".
"Cue" interviewed Reck from Friction in the current issue too.  As "Cue" was the second place and crowned with Laurel - They know good things!

Aug 14, 2010

エントランス・バンドとの会見(パート3) An Interview with The Entrance Band (Part 3)


実は、エントランス・バンドの来日は今回が初めてじゃないの。今年4月11日に東京・青山で行なわれたサーフ・イヴェント「Freakwaive Tour 2010」に招かれたのが最初。彼らは強烈な演奏をぶちかまして、私達を死ぬほど驚かせたわ。ジミ・ヘンドリックスとブルー・チアーとシド・バレットの唐突な出会いが21世紀の地球でとうとう可能になった、という印象よ。その場にいた“ユリシーズ・ピープル”も全員言葉を失っていたわ。
8月24日に発売される次の『ユリシーズ』には、そのときの会見のことがクールな写真と一緒にバッチリ掲載されるわ。ぜひ読んでね(と、編集長の加藤さんが言っています)。エントランス・バンドをめぐる世界で最初の真剣なテキストになるそうよ! 大特集「スウィンギング・ロンドンからブリティッシュ・サイケデリアへ」と併せて読むと、きっととっても面白いんじゃないかしら?
最後に、先日の会見のこぼれ話を少々……。


ボルチモアの高校生の時は音楽、美術、文学、スケートボードに夢中だったガイ。最初のバンドではベース・プレイヤーだったそうよ。彼のママは美術教師、パパは麻薬中毒患者の更生を助けている医師、年齢が近くて仲のいい弟さんは何とロック・クライマーよ! 
それと、嬉しいことに、ガイは私が大好きなヴェティヴァーを褒めてくれたわ。
マルチ・プレイヤーのパズは、ギター、ベース、ピアノ、ヴァイオリンを巧みに弾きこなすの。でも、ステージではベース・プレイヤーに徹することが好きみたい。それと、彼女は写真を撮ることにも興味を持っているのよ。彼女ならきっと写真家としても成功すると思うわ!


デレクはいつか東京のクラブでDJをしたいって。彼はありとあらゆる音楽を熱心に聴いているわ。ケヴィン・エアーズで一番好きな曲は「レディ・レイチェル」。今オススメのアーティストのひとりはグルーパー。次回東京に来たら買いたいのは、はっぴいえんどのファースト・アルバム(CDじゃなくて、昔のヴァイナルの方ね。彼にはオリジナル盤への強いこだわりがあるのよ)。
画家でもある河添剛さんが、彼らのためにとてもサイケデリックなシルクスクリーン・ポスターを作ってプレゼントしたら、3人とも大喜びだったわ! 今まで僕らのために作られたポスターの中で、これが一番かっこいいって! フレームに入れて、部屋に飾りたいって! それを聞いて、河添さんも嬉しそうな笑顔。どんな会見でも、友好的なのが一番ね!



Actually, this wasn't the first visit to Japan for The Entrance Band.  Their first visit was when they were invited to the surf event called "Freakwaive Tour 2010" on April 11 this year.  Their extreme performance knocked us out to death.  Their impression was that the sudden encounter of Jimi Hendrix, Blue Cheer and Syd Barrett became possible on the earth in the 21st century finally.  "Ulysses people" there were blown away too.
The next issue of "Ulysses" will be published on August 24th and the interview with The Entrance Band in April will appear with their cool photographs.  (Enjoy! - from Mr. Kato, our editor in chief.)  It will be the first serious text on The Entrance Band in the world!  I think it will be very interesting to read it along with the featured article "From Swinging London to British Psychedelia".
Lastly, some anecdota on the interview as below;
Guy was into music, art, literature and skateboarding when he was a high school student in Baltimore.  He was a bass player for his first band. His mother is an art teacher, his father is a doctor helping drug rehabilitation.  His brother is a rock climber, they are close in age and good friends!  And I was delighted when Guy praised my favorite band Vetiver.
Multi-instrument player, Paz, plays the guitar, bass, piano and violin with great skills.  But she likes to devote herself playing the bass on the stage.  She's also interested in taking photographs - I think she will be successful as a photographer too!
Derek wants to do the DJing at a club in Tokyo one day.  He listens to music of all sorts with enthusiasm.  His favorite Kevin Ayers' song is Lady Rachel.  One of his recommended artists is Grouper.  He wants to buy the first album of Happy End (as the original vinyl edition, not as CD) next time in Japan.  He just focuses on originals.
Tsuyoshi Kawasoe, who is an artist too, made a very psychedelic silkscreen print and gave it to them - they were very delighted.  They said that it was the best poster ever created for them! And they want to frame it and put it on the wall!  Tsuyoshi was very happy.  For the interviews, it is best to have a friendly atmosphere!

Aug 12, 2010

エントランス・バンドとの会見(パート2) An Interview with The Entrance Band (Part 2)

河添剛さんの用意した質問状に、エントランス・バンドのガイ・ブレークスリーとデレク・ジェームスがせっせと書き込んでくれました!まるで夏休みの宿題をこなしていく子供のように!以下をお読み下さい!そして、ありがとう、エントランス・バンド!大好きよ!

Guy Blakeslee and Derek James of The Entrance Band have filled out the questionnaire from Tsuyoshi Kawasoe. They were like kids working on their homework during summer holiday! Please read below and thank you, The Entrance Band! I love you!




8月2日 月曜日、エントランス・バンドとともに

回答者=ガイ・ブレークスリー&デレク・W・ジェームス(The Entrance Band)
質問状=河添剛

こんにちは、エントランス・バンド!
ガイ、フジロックでの演奏はどうだった?
ガイ「すごかったよ。とても霊感に満ちたものだった!(最初に僕らがプレイした)フィールド・オブ・へヴンってステージは美しい所なんだ。樹が生い茂っている森の中にあってね。僕らの音楽を共有しうるエネルギーでいっぱいだったのさ。(2度目にプレイした)クリスタル・パレスってテントでは、僕らはとりわけその場に生じた偶発事を堪能できたよ」

パズ、フジロックは愉しんだ? 以前知らなかったようなバンドを新たにそこで発見することはできた?
(ガイが代わって)「パズも、そしてバンド全員そうなんだけど、キティ、デイジー&ルイスというイギリスのグループがすごく気に入った」

デレク、日本のバンドは観た?
デレク「それが何も観れなかったんだ!ものすごく残念。だって僕は長いこと日本の音楽のファンだったんだからね。好きなバンドはゴースト、ボアダムス、ボリス、アシッド・マザーズ・テンプルズ、にせんねんもんだい、灰野敬二などなど。ああいうのは大方フジロックにはしっくり来ないのかもしれないけど。真にポピュラーな音楽を扱う、もっとコマーシャルな性格のイヴェントであるフジロックにはね。僕自身の音楽の趣味はもっとアンダーグラウンドなカルチュアと結びついているんだ。いつか僕が愛する偉大な日本のアーティストなりバンドなりと一緒にプレイできたらなあ」

ガイ、日本のファンに何か言って。
ガイ「アリガトウ!僕らは日本の人々のスピリットとエネジーが大好きなんです!日本でもっとライヴができるような日を心待ちにしているし、そうなったらすぐに僕らは日本に戻ってきたいです!」

パズ、フジロックであなたのベース・プレイに興奮したみんなにメッセージを。
(パズ、不在のため無言)

デレク、『ユリシーズ』の読者に何か
デレク「『ユリシーズ』に載る僕らの記事を読んでくれてありがとう。それと、粗っぽい音楽の精神を絶やさずにいてくれることにも感謝!」

ガイ、次のアルバムについて話してくれますか?
ガイ「目下、そのアルバムのための新曲を書いているところなんだ。何か新しくて他とは違うものが生まれている最中で、ものすごく興奮しているよ。僕らの音楽を聴いたことがあるあらゆる人達にとって、次のレコードはひとつの驚異になるでしょう」

パズ、あなたのソロ・アルバムについて話してください。
(パズに代わって、河添から注釈)パズには悲痛なまでに詩的なソロ作品『Songs For Luci』(Black Tent Press)がある。

デレク、デヴィッド・ヴァンダーヴェルドとはまだ一緒に仕事をしているのかな?それと、君もデヴィッドと同じくマーク・ボランのファンなの?
デレク「エントランス・バンドの方が忙しくて、最近ではあんまりデヴィッドとはやっていないんだけど、でもまた一緒に仕事をするんだよ。だって僕らは親友だからね。デヴィッドはシークレットリー・カナディアンから『サマー・タイム・ヒッツ』というタイトルのEPを出したばかりなんだけど、これがすごいんだ!それと、イエス、僕はマーク・ボランの大ファンだよ。『ビヨンド・ザ・ライジング・サン』、『ベイビー・ストレンジ』、『ニジンスキー・ハインド』みたいな曲が特に好きだなあ…」

この惑星にいることについて今日の気分は?
ガイ「地球に生きるってことが興味深い時代になったね。山ほどの邪悪なエネジーが地球や僕らの生ける大地を汚しているというまさにその理由から、新たな意識に目覚めつつある人類が数多く存在するようになったんだ。僕ら自身のヴァイブレーションを愛のエネジーに集中させ、新たな現実を創造するためにともに働くことが、僕はとても大切だと感じている。多くの困難を伴おうとも、僕は憎悪ではなく愛をもって戦いに挑みたい。どんな生を選択するかが、今はとても重要だよ…選択が手遅れになる前にはね。鍵を握るのは愛だ。(イラストとともに)頭で感じろ。心で思考しろ」
デレク「この世にとどまっていられる時間なんか、もうあんまりないかも。だから、エネジーを自己鍛錬に向け、有意義な時間を持とうよ!」

みんな、ありがとう!エントランス・バンドにでっかい成功を!
ガイ「世界一なめらかに書けるペンに感謝!」

Aug 9, 2010

エントランス・バンドとの会見(パート1) An Interview with The Entrance Band (Part 1)

フジロックに出演したエントランス・バンドと、8月2日に東京のホテルで会ったわ!『ユリシーズ』の読者なら、彼らのことはお馴染みよね。創刊号ではローレン・デュコフのパーティで河添剛さんとバンドのリーダーのガイ・ブレークスリーとが抱き合っている写真が掲載されていたし、第2号では「ベスト・アルバム2009」のページでガイが選者のひとりになってくれたわ。エントランス・バンドは『ユリシーズ』のお気に入りのバンドのひとつよ。彼らと会えてよかった!
ガイはとても神秘的で、恥ずかしがり屋で、物静かな思索家肌の人。やっている音楽と全然違うわね! その上、並外れて親切なのよ。やせっぽちで、背が高くて、ハンサムね。普段はメガネをかけていることが多くて、ブルースとボブ・ディランとヨーグルトが好物なの。(私も昨日フローズンヨーグルトを食べたわ。)キュートねえ!
パワフルなドラマーのデレク・W・ジェームスは、誰もが友達にしたくなるような陽気な人。熱狂的な音楽マニアでもあるので、彼と一緒にレコード屋回りをしたら、その日には家に帰れないわよ! もちろん彼もまた意地悪とは正反対の人ね。ガイと同様にとても親切で、ユーモラスで、オープンな性格。ナイス・ガイっていうのは彼のためにあるような言葉よ!
天才的なベース・プレイヤーのパズ・ランチャンタンは、頭がからっぽのセクシーな女なんかとは正反対の魅力の持ち主。セクシーでビューティフルであることは本当なんだけど、彼女の思慮深さ、音楽に賭ける情熱、ちょっと内気なところが、外見に勝っているの。
私、以前彼女と話したことがあるのよ! この日もパズとはたくさん話したかったんだけど、彼女ったら湘南に遊びに行ってしまっていて、ホテルになかなか戻ってこなかった……。ガイがいかにもすまなそうな顔つきをしていたわ……。
そんなわけで、会見はガイ、デレク、『ユリシーズ』を代表して河添さん、それと私の計4人(パズは最後の2分で私たちに合流し、それから全員大慌てで成田に飛んで行ったわ!)。そして、このブログのために、河添さんが面白い形式でインタヴューを試みたの。質問状を用意して、2人にあれこれ書いてもらうという形式。次回はそれを紹介するわ!Bye!

We saw The Entrance Band at their hotel in Tokyo on August 2nd! They played at Fuji Rock Festival on July 31st. I guess they are already familiar to the "Ulysses" readers. We had a photograph of Tsuyoshi Kawasoe and the leader of the band, Guy Blakeslee hugging each other at Lauren Dukoff's party in the first issue, and Guy was one of the selectors of "The best album in 2009" in the second issue. The Entrance Band is one of the favorite bands of "Ulysses". Yeah! We were so lucky to be able to see them!
Guy is a very mysterious, shy and quiet thinker type person. He is so different from the music he is playing! And he is incredibly kind. He is skinny, tall and very beautiful. He wears glasses usually and his favorites are blues, Bob Dylan and yogurt. (I had frozen yogurt yesterday.) He is so cute!
Derek W. James is a powerful drummer and a cheerful person that everyone wants to become a friend with. He is an enthusiastic music fan, so if you go to record shops with him, you can't go home that day! He is also complete opposite of spite. He is very sweet like Guy, humorous and open-minded. The word "nice guy" is for him!
The genius bass player, Paz Lenchantin, is a very attractive person, who has an allure of complete opposite of a sexy girl with an empty skull. She is really sexy and beautiful but she is very thoughtful, full of passion for music and a little shy - and those come before her appearance.
I have talked with her before! I wanted to talk with her a lot this time but she had gone to Shonan and did not come back... Guy was with a regretful face in front of me indeed.
So the interview was four of us - Guy, Derek, Tsuyoshi (representing "Ulysses") and me. (Paz joined us for the last two minutes, and then they rushed to Narita Airport in a big hurry!) And for this blog, Tsuyoshi interviewed them with a hand-written format. He made a questionnaire and they filled it out. I will post it next time! Bye!

Jul 27, 2010

ありがとう! Thank You!

今日1,500PVになったの!ありがとう!
Hitting 1,500 page views today! Thank you!

Jul 24, 2010

編集長より From the Editor in Chief

ハロー! 今回は、『ユリシーズ』編集長の加藤彰さんからのメッセージを掲載するわ!

「目下『ユリシーズ』は第4号を制作中です。次号もまた、大きな特集とその周囲を飛び交う様々な小さな記事とで構成される“宇宙” になります。ただ、その“宇宙”が以前のそれと違うのは、そこにイギリス製のティー・ポットのような形をしたUFOまで飛んでいるからです…。『ユリシーズ』は遂にブリティッシュ・サイケデリアの幻想に大胆に踏み込んでいきます。ロンドンで敢行された、驚くべきインタヴューがあります。珍しい写真、100枚を超えるアルバムの紹介、サイケを巡る討議もあります。示唆にも資料性にも富む『ユリシーズ』ならではの内容です。発売日は8月25日。乞う、ご期待!」

ブリティッシュ・サイケデリアの幻想? 何だかすごくエキサイティングじゃない?


Hello! Today I will post the message from Mr. Akira Kato, the editor in chief!

"At the moment, we are working on "Ulysses" #4. Next issue will be "space" again which is composed by big feature articles and small articles swirling around them. But this "space" is different from the former one as there is an English teapot-shaped UFO flying... "Ulysses" has finally stepped into the fantasy of British psychedelia. There is a surprising interview which has been pressed ahead in London. There are rare photographs, over 100 albums introduction and discussions on psychedelia. These are the contents of "Ulysses" which is highly suggestive and also full of useful data. It will come out on August 25th. Don't miss it!"

Fantasy of British psychedelia? That sounds very exciting, doesn't it?