ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 31, 2016

真夏の夜の恐怖  Horror in the midnight summer

(English follows)
きゃー! 怖い! これは誰? レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジよね、もちろん。いつもはステキな彼だけど、演奏中はこんな顔していることもあったのね。何だか妖怪みたい……。 

ところで、長らく待たされている彼のソロ・アルバムは一体どうなっているのかしら? ニュースはないの?


Eek! How fearful! Who is this? Jimmy Page of Led Zeppelin, of course. His face was sometimes like a ghost during his playing, though he was usually cute and beautiful...

What is going with his long-awaited solo album? Any news?

Jul 30, 2016

こんなローリング・ストーンズ写真って見たことない!  Never seen such a photograph of Rolling Stones before!

(English follows)
これはローリング・ストーンズのポートレイト写真?

イギリスの現代美術家キース・ヘインズは今回ローリング・ストーンズのアルバム51枚の背だけを並べて美しい写真作品を限定制作したの。可笑しいけど興味深いわ。色はとってもポップだし。それと、『ブラック・アンド・ブルー』の目には注目よ! ちなみにキース・ヘインズはそれ以前にデヴィッド・ボウイのアルバムの背を並べてこういう仕事をしているわ(今年の5月7日のブログを参照のこと!)




Is this a portrait photograph of the Rolling Stones?

This time, British contemporary artist Keith Haynes recreates the spines of 51 Rolling Stones albums to form this beautiful limited edition. Funny but interesting. The colors are really pop. Also, check out the eye of “Black and Blue”! By the way, he has already made such like a work with David Bowie albums before (See my blog on May 7, 2016).

Jul 24, 2016

お気に入りのヴィヴィアン・ゴールドマン  My Favorite Vivien Goldman

(English follows)
私の最近のお気に入りはヴィヴィアン・ゴールドマンの再発盤『Resolutionary (songs 1979-1982)』。クール・ミント味のポスト・パンク。ダブ。夏にピッタリ! 「パンク・プロフェッサー」と呼ばれている彼女は物書きで、ブロードキャスターなんだけど、1979年から82年まではミュージシャンでもあったのね。このアルバムにはすごいメンツが参加しているわ。PILのジョン・ライドンとキース・レヴィン、レインコーツのヴィッキー・アスピナル、ポップ・グループのブルース・スミス、前衛音楽家のスティーヴ・べレスフォードとデヴィッド・トゥープ、偉大なロバート・ワイアット。もちろんフライング・リザーズもね! すごくおススメするわ!


My recent favorite re-issued album is "Resolutionary (songs 1979-1982)". Cool-mint tasted post-punk rock. Dub. Good for the summertime! Vivien, who is called a "punk professor", is writer/broad caster, but was also a working musician between 1979 to 82. You'll find her great musical crew; PIL's John Lydon and Keith Levine, The Raincoats' Vicky Aspinall, The Pop Group's Bruce Smith, avant-garde artists Steve Beresford and David Toop, great Robert Wyatt, and The Flying Lizards of course! Highly recommended!

Jul 20, 2016

ジミ・ヘンドリックスのアパート  Jimi Hendrix Apartment

(English follows)
ジミ・ヘンドリックスが1968年から69年までガールフレンドのキャシー・エッチンガムと住んでいたロンドンのアパートが一般公開されていて、彼が部屋をどんなふうに使っていたかを見ることができるわ。意外と地味な部屋? でも、彼には良かったのよ。「僕自身の最初の本物の家だ」と、彼は恋人に言っていたの。それに、クリスチャン・ロイドの本『Hendrix at Home: A Bluesman in Mayfair』によれば、部屋を借りていた当時は隣人がいなかったおかげで、ジミ・ヘンドリックスはそこで好きなだけ大きな音を出しながら音楽を作ることができたの。

アパートの場所は23 Brook Street, Londonよ。クラシックの作曲家ヘンデルが住んでいた家のお隣。夏休みはロンドンに行って2人の偉大な音楽家の家を訪ねてみる?





The London apartment where Jimi Hendrix lived with his girlfriend Kathy Etchingham in 1968-69 has opened to the public, restored to look just how the rock star used it. Such a plain living unexpectedly? But Jimi felt comfortable. He said "It's my first real home of my own" to his lover. Also, according to Christian Lloyd's book "Hendrix at Home: A Bluesman in Mayfair", Jimi had no neighbors when he rented the flat, so he could make music as loud as he wanted.

The apartment address is 23 Brook Street, London. It's next to the house composer George Frideric Hendel. Would you go to London in the summer vacation to visit at the 2 great musicians places?